日本にとっては「よく分からない国」というのはたくさんありますよね。

普段の生活の中で個人的につながりがなければよく分からないという国があるでしょう。

それは他の国にとっての日本も同じ立場にあるということです。

ですが、このグローバルな世界の中で、それは何となく寂しいことでもありますよね。

日本に訪れてくれる外人の方もたくさんいますし、できる限り色々な国のことを学びたいですよね。

少し気になって調べ始めたことがきっかけで、その国に深くかかわることになるかもしれません。

今回は、そんな中でもミャンマーという国のこと、ミャンマー人の特徴について見てみることにしましょう。

日本人にとっては、確実に名前は知っているけれど、旅行先としてはメジャーな国ではないというミャンマーについては、知らないことがたくさんあるということも多いでしょう。

ですが、実はミャンマーはとても親日的ですし、交流をしやすい人が多いとも言われています。

そういった国の方のことを何も知らないというのは寂しいものだと思いませんか?

ミャンマーという国について詳しく見てみることは初めてかもしれませんが、良い機会だと思ってミャンマーについて調べてみることにしましょう。

️ミャンマー人の特性!日本人と相性がいい噂は本当?

ミャンマー人について知っていることは何かありますでしょうか。

ミャンマーについては知らないことの方が多いという人もたくさんいるでしょう。

旅行先としてもヨーロッパやアメリカほどにはメジャーではないため、名前しか知らない、アジアの国であるということしか知らないという人はとても多いはずです。

ですが、実はミャンマー人は日本人ととても相性が良いと言われているんですよ。

もちろん、日本人が全員同じ性格をしているわけではないというのと同様に、ミャンマー人にも色々な個性を持った人間がいます。

だからこそ、「○○人は」というくくりに入れて大丈夫ということにはなりません。

ですが、全体的な雰囲気としては、ミャンマー人は真面目で大人しく日本人としては振り回されることもないので、付き合いやすいのではないでしょうか。

親日の面もありますから、一緒に話していても難しい問題に直面することのあまりにない国民であるといえるでしょう。

ここでは、あまり関わる機会が荷ようにも思えるミャンマー人の特徴について見てみることにしましょう。

️ミャンマーという国


まずはミャンマーという国について見てみるのが良いかもしれません。

そもそもどこにあるのか分からないという人もいるでしょう。

ミャンマーは東南アジアにある国で、インドシナ半島に属しています。

北西インドが合って、隣国はタイやラオスというと分かりやすいのではないでしょうか。

1974年に国名がミャンマーに変わる前までは「ビルマ」と呼ばれていました。

子の呼び方を知っている日本人は多いでしょうが、この国がミャンマーであると知識が結びついていない人もいるかもしれませんね。

軍事政権の国としても知られており、アウンサンスーチーさんの活躍をマスメディアによって知っているという人もいるでしょう。

国の地形についても見てみることにしましょう。

小さい国のように思われてしまうかもしれませんが、実は国の面積で言うと日本より大きく、約2倍ほどもあると言われています。

国の豊かさとしては低い方であり、どちらかというと貧しい国の方に入っているかもしれません。

それはアジアの中でも最貧国と言われていることからも分かるのではないでしょうか。

言語はビルマ語と言われてもいますが、英語が通じる地域でもあるようですね。

英語が必修とされていることもあり、旅行に行っても英語さえ喋れれば問題なく過ごすことができるはずです。

宗教観としては仏教だけではなくイスラムやキリスト教も混ざって入るでしょうが、多くの人は敬虔な仏教徒のようですね。

生活の中でも仏教の教えを意識しているという人が多く、そういった面では日本とは全く違うというところがあると考えられるのではないでしょうか。

️ミャンマー人の特徴【女性編】

国については上述の通りでしたが、それではそこに住んでいる人にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここからは、いよいよそのミャンマー人の特徴について見てみることにしましょう。

まずは女性の特徴からです。

ミャンマー人の女性はとても大人しくて、男性に貞節を尽くしているようあところがあると言われていますが、それは本当なのでしょうか。

実際にどのような特徴で、どのようなことをしている人が多いのでしょうか。

日本人と似ているところもあれば全く違うというところもあるはずですよね。

そんなミャンマー人女子について詳しく見てみることにしましょう。

〜性格〜

まずはミャンマー人の性格からです。

ここまでも何度か触れている通り、同じ国の人間だからと言って同じ性質を持っていると言うわけではありません。

全く違う人間はいますから、日本より広い国土を持っているミャンマーの中には、それだけ全く違う人もいるということになるはずですよね。

ですが、同じ教育や同じ文化の中で暮らしていくと、どこかで同じ価値観のようなものがつくられることとなります。

個人によってばらつきはあるものの、国外に出ると明らかに「自分の国は○○」と分かるようなこともあると思います。

ミャンマー人の女性の摂ってのその性質についてご紹介します。

温和で落ち着きがある

まず、ミャンマー人の女性の性格の中で大きなものは、温和で落ち着きがあるというところでしょう。

あまり大きく感情を見せるというようなことはなく、落ち着いている印象を受けるのではないでしょうか。

落ち着きは日本人の女性よりも特徴としてあるようですから、日本人の同年代よりも少し年上のように見えることもあるかもしれません。

柔和なところは、あまり起らないというようなところからも分かるでしょう。

この優しさはもちろんの国柄にもよるところがありますが、それだけではなく、仏教徒としての考え方も背景にあることは確かでしょう。

温和で落ち着きがあるところは、女性としてはとてもメリットになるところだといえるはずです。

何があっても頼りにすることができそうな落ち着いた性質は人好きするものであることに違いありません。

精神的に強くてタフ

温和で落ち着いた性格であるとはいっても、それは折れやすい弱い性質であるという意味では決してありません。

ミャンマー人の女性はむしろ、精神的なところで言うと、強くてとてもタフなようです。

温和で落ち着いているところを見ると、何となく弱そうな印象になってしまうかもしれませんが、それは絶対に違うのです。

優しくて温和であったとしても、ぽきんと折れてしまうようなものではなく、しなやかな柳のようなものだと思うと良いかもしれませんね。

優しくて落ち着いているのに、トラブルが起こったようなとき、精神的に辛いことがあった時などには精神の強さを見せてくるのです。

普段は優しい女性らしいところの方が多いのに、そういうところでは「恰好良い女性」としての姿が大きく見えるのではないでしょうか。

普段の姿とのギャップに驚く人も多いでしょう。

普段の状態では守られる女性という印象が強いかもしれませんが、実際にはきちんと自分の日本の足で立っている系の女性が多いというのは驚きですよね。

親日家


これは女性に限ったことではないかもしれませんが、ミャンマー人はとても親日家が多いように言われていますね。

これは戦前から日本との交流があったからと言われています。

日本に対して悪い感情を持っていないので、日本人であるということを明らかにして旅行に行ってもそれほど危険な目に合うようなこともないでしょう。

また、日本に留学生として訪れているミャンマーの人もいるはずです。

我慢強い

ミャンマー人の女性はとても我慢強いところがあるようですね。

落ち着いているところがありながらもタフというところから、きちんと嫌なことは嫌だと言って抵抗しそうなところがありそうですが、そんなことはありません。

ミャンマー人の女性はとても我慢強いところがあるので、ある程度までは自分が嫌だと思っていることでも我慢して受け入れてしまうようなところがあります。

特に相手が自分より年上の人だとそういうところがありますし、女性としての役割を意識しているというところからも来ているかもしれません。

ちょっとやそっとのことではめげないタフな精神も持っていることですし、我慢強く色々なことを飲み込んで生きているような印象を受ける人が多いですね。

〜恋愛〜

ミャンマー人の女性の性格について見てきましたが、それでは、恋愛面ではいったいどのような特徴を持っているのがミャンマー人の女性なのでしょうか。

ミャンマー人の女性の恋愛はやはり性格を踏まえたところが大きく関係していますが、それだけが影響しているわけではありません。

性格的なものだけではなく、仏教的な考え方に縛られているようなところも大きく影響しています。

恋愛もやはり個人によって付き合い方が違うものですが、宗教的な影響が大きいというところはミャンマー人の中ではかなり大きな影響ですから、やはり国全体の特徴として同じような恋愛観を根底に持っているということもあるのではないでしょうか。

イケメン好き

ミャンマー人の女性はイケメン好きという面を持っていることもあるようですね。

これは万国共通、どこの国の女性でも変わらないようですね。

最終的に男性を顔で選ぶわけではないとはいっても、エンターテインメントの世界の中で人気が出るような端正な顔立ちの男性人気が集まるというのは、当たり前のことなのかもしれません。

シャイガール

ミャンマー人はシャイガールだとも言われています。

シャイガールというよりは、肉食系なところが全くないという意味でもあります。

仏教的な考え方が背景にあるというところからも、積極的になることが良いことではないという想いを抱いている人が多いのではないでしょうか。

急展開の恋愛を望んでいる人もいないため、ミャンマー人の女性との恋愛はどこかゆったりした者のように思えるかもしれません。

ゆっくりと仲を深める中で結婚に向かって進むこととなるので、シャイな女性との恋愛というよりは、お嬢様との恋愛というような印象が強いものとなるかもしれません。

どちらにしても、ミャンマー人の女性が自分から強くアピールしているようなことはありませんから、仲良くなって恋愛の雰囲気になったような場合には、男性の方からきちんと恋愛を進めていくことが大切です。

ですが、だからと言って一目ぼれしていきなり迫るようなことをしてしまってはいけません。

いきなり迫るというのは「運命の恋が大切」というミャンマーの中での考え方と異なっていきますから、最初はゆっくり行きつつも、恋愛になってしまったらきちんと男性がリードしてあげるという恋愛をすることが大切です。

怒らない

ミャンマー人の女性は滅多に怒るようなことがありません。

これは確かに性格からしても我慢強くて落ち着いて温和なところがあるので、それが影響しているのではないでしょうか。

どこか女性には女性らしさを求めるような風潮が残っている国でもあるので、そういったところからも、滅多に男性に対して怒ることがありません。

例えば相当に酷いことを下のだと言うわけでもない限り、小さな喧嘩くらいでは完全に怒ってしまうということはないでしょう。

そういった意味ではミャンマー人の女性とは付き合いやすいところがあるのではないでしょうか。

実際に、ミャンマー人の女性を妻にした男性は「とても従順で大人しい」ということを口にすることがあるようです。

最も、この「怒らない」というのは「総統に酷いことをしない限り」という場合に限ります。

怒らないような優しい性質に付け込んで浮気などをしてしまうと話は別です。

怒らないというのは性質的に怒らないというだけで、起れないという意味ではないということはきちんと覚えておきましょう。

付き合ったら一筋

ミャンマー人の女性は、日本人の一部の女性とは違って肉食なところはありません。

その代わりに、きちんと付き合ったら一筋に尽くすというところがあるようです。

きちんとした仏教観を持っている人も多いので、そういった意味で、他にふらふらと目を向けるようなことは考えたこともないという人が多いのです。

それが付き合ったら一筋というところに表れているでしょう。

付き合うまでは男性もきちんとアピールをしなければいけないというところで大変かもしれませんが、付き合ってしまうと、これ以上に良い人はいないと思えるかもしれません。

貞操観念が強い

ミャンマー人の女性の特徴として大きなものは貞操観念がとても強いところなのではないでしょうか。

貞操観念の強さは日本人とは違うレベルの強さだということができるでしょう。

日本人の貞操観念というのは「二股をしない」「浮気をしない」という程度のものであることが分かります。

ですが、ミャンマー人の貞操の観念の強さというのは「婚前交渉は基本的には絶対にしない」というレベルのものです。

これには宗教的な背景が大きいのではないでしょうか。

もちろん、結婚している間の不貞も許されるものではありませんし、婚前交渉をした場合には、女性側が5人の承認を立てることができれば、それだけで結婚をしなければ毛ないという気待ちになっているほどです。

また、男性側の不貞が原因で離婚をした場合には、全ての財産が女性のものとなるなど、かなり厳しく貞操に対する気持ちが強いといえるので花井でしょうか。

女性にもその気持ちがあるので、しっかりと貞操観念に対しての気持ちを持っていますし、意識が日本人の自由な恋愛とは全く違うと思った方が良いでしょう。

️ミャンマー人の特徴【男性編】

ここまではミャンマー人の女性についていて見てきました。

ここからは、今度は男性について見てみることにしましょう。

女性側が穏やかでありながらタフ、恋愛においてはおっとりして謝意でありながらも、きちんと貞操観念を持っているというような特徴でした。

それでは、男性にはいったいどのような特徴があるのでしょうか。

〜性格〜

まずは男性の性格についてです。

男女差というものもありますが、男性の性格を全体的に見てみると、やはりそこまで大きな違いはないように思えますね。

個別にいくつかの特徴がありますので、それらを見てみることにしましょう。

社交的で人懐っこい

まずは、男性の性格の方で大きなものがあるとすれば、それは社交的で人懐っこいというところにあるのではないでしょうか。

全体的に男性陣はそれほどシャイなところはなく、人に対してもオープンに接してくれるような印象がありますね。

どこか親切なところがあると考えても良いかもしれません。

男性だからと言って威張るようなこともなく、心の扉をオープンにしてくれるところがあるというのは、良いところなのではないでしょうか。

接していても気持ちよくいられるので、友人になるのも難しいことではありません。

女性も同じように親しみを持てる人種ではありますが、男性の方がよりオープンに接してくれるところがあると考えると良いでしょう。

生真面目な性格

これは男性でも女性でも変わりなく、生真面目なところがあると考えられます。

ふざけた性格で人に迷惑をかけることを気にしないという人間も中に入るかもしれませんが、やはりどこかで真面目なところが出てくるために、誠実な性格に感じる人が多いのではないでしょうか。

日本人にしてみると付き合いやすい人種であることは間違いありません。

真面目過ぎて損をしているように思えるようなところもあるかもしれませんが、それはやはり美徳なので、付き合っていて相手のことを信頼できるなと思うことが多いのではないでしょうか。

人間的に付き合っていく中では、相手のことを信頼できるかということはとても大切なポイントですよね。

真面目に生きている人とはそういった関係性を築きやすいので、ミャンマー人の男性との友人としての付き合いも危なげなく楽しいものとなるのではないでしょうか。

温和で優しい

お温和で優しいところがあるというのも女性と変わりませんね。

やはりそう簡単に怒ったりするようなことはなく、穏やかな性格をしていると考えられるでしょう。

優しいところもたくさんあるので、付き合っていて怖いと思うようなことはないのではないでしょうか。

怒るということも少なく、ミャンマー人は全体的に優しくて穏やかで付き合いやすいと感じるのではないでしょうか。

親は絶対!尊敬している

ミャンマー人の男性で特徴的なのは親は絶対的だと思っていることなのではないでしょうか。

日本人でも親を男性をきちんと大事にしているところはあるでしょう。

ですが、ミャンマー人の場合には仏教的な考え方が背景に入っているので、その尊敬しているというレベルが日本人とは違うのではないでしょうか。

親の言うことは絶対だと思っているので、多少厳しいことを言われていても理不尽だと考えることはないでしょう。

日本人の支店では「どうして反抗しないのだろう」と思ってしまう瞬間もあるかもしれません。

何となく締め付けられているような印象になってしまうこともあるかもしれませんが、ミャンマー人はそれを基本的に親からの愛情だと思っているというところは素直でとても好ましい性質であるといえそうですね。

〜恋愛〜

ミャンマー人の男性の恋愛の特徴についても見てみることにしましょう。

女性は穏やかでありながらタフな性質を全面に出しているような恋愛の仕方をしていますが、男性の方の恋愛はいったいどのようなものになるのでしょうか。

保守的で草食系が多い

ミャンマー人の男性の恋愛観はとても保守的で、どちらかというと草食系が多いようですね。

女性陣の貞操観念も強いですし、それに合わせた恋愛を考えると男性陣もある程度慎重になるところがあるのかもしれません。

基本的に草食系で奥手であるというのは、付き合って仲良くなっていくと、緩やかにお互いの親に紹介をしたりという恋愛の体勢になるため、何も考えずに恋愛ができないというところもあるからなのかもしれません。

ちょっと手を出した女性と結婚しなければいけないというのは、男性にとっては人生が壊れてしまうようなことにもなりかねないものだといえるでしょう。

だからこそ、保守的で草食系な男性が多く、恋愛に対しては慎重に失敗しないようにしているのではないでしょうか。

自分から告白はしない

上述のように、ミャンマー人の男性の恋愛はとても保守的で草食系が多いように言われています。

そして、付き合った女性とは結婚をするという方向に進むことが多く、さらに言えば、ちょっと手を出してしまったというようなことになると、男女ともに人生を狂わされることになります。

そもそも緩やかに進んでいく恋愛なので、いつの間にか親に相談などをして緩やかに結婚まで進んでいく恋愛の仕方をするので、告白をしなくても、きちんと進んでいくという恋愛の特性が、「自分から告白をしない」という男性の特徴を作っているのではないでしょうか。

自分から告白をしないというのは、物足りないと感じる女性もいるかもしれませんが、それは日本人的な感覚だからだといえそうですね。

日本人女性にモテる

ミャンマー人の男性は日本人女性にもてる傾向にあります。

もちろん、グイグイ肉食系に来てほしいと思っているような場合では異なるかもしれません。

ですが、優しくてあまり起ることがない、穏やかに恋愛を進めていくのにきちんとリードしてくれる男性というのは、日本人の女性の恋愛の理想の姿のように思えるところがあるのではないでしょうか。

言葉の壁もそれほどありませんから、日本人女性にもてるというところがあってもおかしくないでしょう。

最近では、きちんと結婚してくれない男性も多いといいますから、付き合っていくうちにきちんと結婚まで考えてくれそうというところも、日本人女性にとっては恋愛をしていて安心できるところかもしれませんね。

️男女に共通する特性

男女に共通している特徴はいったいどのようなところがあるでしょうか。

ミャンマー人全体としてはどのような特徴を持っているのか軽く見てみることにしましょう。

いつでも落ち着いている

男女ともにいえるのは、ミャンマー人はいつでも落ち着いているというところでしょう。

日本人もそれほど欧米人に比べると感情を表に出さない民族であるように言われていますが、ミャンマー人はそれよりもさらに落ち着いてあまり感情を出すことがありません。

怒ったりすることもありませんし、全体的に落ち着いて穏やかな印象になるのではないでしょうか。

感情の波をそれほど表さずに落ち着いていますが、タフで精神的には強いところがあるというのもミャンマー人の特徴ですね。

ただし、精神的にとても強いところを持っているのは、ミャンマー人の中でも男性ではなく女性の方のようです。

結婚すると女性の方が強くて尻に敷かれることがあるというのは面白いところなのではないでしょうか。

働き者で基本真面目である

基本的に男女ともに働き者で真面目であるというところも長所ですね。

仕事においては、何かの指示を出すときちんとすぐに従ってくれるようなところがあるようですね。

ただし、できないことでもやれと言われると、素直に従ってしまうところがあるようで、そういったところは日本人と違うので気を付けなければいけないところのようです。

働き者で真面目という特徴に加えて、年上の人には基本的に逆らわないという特徴があるからこそ、何も言わずに従ってくれるのです。

基本的になんの指示を出しても従って真面目に仕事をしてくれるところは、日本人ともとても愛情が良いと言われるゆえんなのではないでしょうか。

最近では日本人も真面目ではない人も出てきていますから、働き者という面では日本人よりずっと素直で真面目に働いてくれそうな印象がありますね。

怒らない!とにかく優しい

ミャンマー人は基本的に怒らず優しい性格をしています。

きちんと怒ったりすることがあるのか疑問に思ってしまうほどに、穏やかで優しく接してくれるというところがありそうですね。

また、優しさは自分の知らない人に対しても向けられているようですね。

知らない人であったとしても、親切に接してくれるようです。

そのため、ミャンマーに行って旅行に行ったとしても、周りの人にわかないことを聞いてみると、温かくきちんと答えて道案内などをしてくれるようです。

顔立ちは日本人より

顔立ちは日本人に似ているというのは面白いですね。

確かに、同じアジア人ではありますが、東南アジアほどに離れてしまうと日本人とは全く違うような顔立ちに見えてしまうこともあるはずです。

ですが、顔立ちは日本人よりなので、何となく旅行をしていても親近感を感じることが多いのではないでしょうか。

確かに日焼けの仕方や目元など、日本よりもエキゾチックな印象のある顔立ちではありますが、日本の中でも南寄りになると近い様な顔立ちの気がしますね。

️ミャンマー人は優しい!日本人との相性抜群(まとめ)

いかがでしたか?
ミャンマー人についてはよく知らなかったという人も多いでしょう。

ですが、実はミャンマー人と日本人との相性は抜群です。

優しくて真面目なミャンマー人とは、一緒にいても突かれることなく気軽に話すことができるのではないでしょうか。

もちろん、ミャンマー人にも色々な人がいますから、必ずしも全員と相性が合うと言うわけではありません。

それは、日本人同士の中でも色々なトラブルが起こることからも分かりますよね。

ただ、全体としてはミャンマー人の性質は、全体としての日本人の性質とよく合っているといえるでしょう。

外人だからと言って自分とは全く違う存在であると思う必要はありません。

日本人にとっては外人であることには違いありませんが、それでも、ミャンマー人の中に流れている性質はどこか日本人と似たようなところがあるでしょう。

顔立ちも日本人とミャンマー人はよく似ていると言われています。

英語が堪能な人も多いですから、構えずに交流して見ると楽しい友人が増えるかもしれません。

よく知らない国だからと言って忌避していてはつまらないものです。

グローバルな時代になっているからこそ、色々な国のことについて調べて、色々なところを旅行して見るのも良いですね。

今回はミャンマーという国について調べてみましたが、他の良く分からない国についても調べてみるのは楽しいかもしれません。