皆さんはおしゃべりは好きですか?

おしゃべりが好きな人にとって、会話の話題は後から後から湧いてくるので尽きないかも知れません。

しかし、中には正直あまり会話が好きではないけれど、付き合いや仕事の都合上会話を無理にでもしなければならない人もいると思います。

また、会話は好きだけど、今一盛り上げるここができない人や、話題が中々思いつかずに悩んでいる人もいるでしょう。

今回は、会話の話題についてお伝えしてゆきます。

絶対盛り上がらない!会話話題NG集

会話をする上でとても大切なことといえば話題選びです。

最初の話題がつまらないものだと、終始話が盛り上がらずにお互い疲れてしまいます。

また、そのような状態が続いてしまうと、相手との人間関係にも支障が生じてしまいます。

例えば恋人との会話で盛り上がらない話題を選んでしまうと、その日のデート自体が台無しになってしまう可能性もあります。

ビジネスでもまとまるはずの商談がまとまらなくなってしまう場合もあります。

ここでは会話をする上で、絶対盛り上がらない、NGな話題集をお届けします。

ここで紹介するような話題は極力避け、相手も自分も楽しめる話題を楽しむようにしましょう。

会話上手になれないのはネタが面白くないから

あなたは、自分は会話が苦手だと思ってはいませんか?

実は会話が苦手な人の中には、会話自体が苦手なのではなく、面白いネタが見つからないために会話を盛り上げられない人も結構いるのです。

そのような人は面白い会話のネタを話さずに、盛り上がりにくいネタで話してしまっている傾向にあります。

そのため、盛り上がらないネタを避けて面白いネタだけで話せるようになれば、一気に盛り上がる会話をすることができるようになるでしょう。

面白いネタは、自分が得意とする分野や、相手が好きな話題、流行に出来事などから比較的簡単に見つけることができます。

普段からネタをストックしておき、いざという時に使えるようにしておきましょう。

その上で、今回お伝えする盛り上がらないネタを使わないようにすれば、お得意先や恋人との会話を盛り上げることができるでしょう。

もちろんいきなり面白い会話はできないかも知れませんが、盛り上がらないネタを避けるだけで大分印象は変わるものです。

まずは盛り上がらないネタを知り、意識してそのネタを避けるようにしましょう。

ただし、中にはそのようなネタでの会話が好きな人も少なからずいることも事実です。

会話の相手がそのような人である場合は、あえてその会話に付き合ってあげることも人間関係を円滑にするために必要です。

慣れてきたら、臨機応変に対処できるようになりましょう。

会話で話題にしてはいけない12個のネタ

ここでは、普段の会話において避けるべき、会話で話題にしてはいけないネタを12選お伝えしてゆきます。

ここで紹介するネタは多くの人の共通する盛り上がりにくいネタです。

また、ネタによっては意見の対立を生む可能性もあるものもあるので、注意が必要です。

あえてそのような議論や討論をする必要がある時以外は、話題に出さない方が無難です。

普段の会話は、相手と共通の時間を楽しむために面白いネタを用意しましょう。

それでは、会話で話題にしてはいけない12個のネタについてお伝えします。

1、政治について


何かと紙面を賑わす政治の話題ですが、会話の話題として振るにはあまり向いているとはいえません。

政治の話自体が真面目な話題として捉えられることが多いので、盛り上がるには今一娯楽性がないからです。

もちろん敢えて政治的な会話を好む人や、あなたの政治観を問われる際は、相手に合わせて政治の話題をしても良いでしょう。

しかし、盛り上げようとしている場では、政治の話はしない方が賢明です。

特に10代から20代の若者は、政治の話題に無関心な傾向にあります。

2、宗教について

宗教の話題も避けるべきでしょう。

日本では宗教の自由が認められていますが、誰がどの宗教を信じているかは分かりにくいものです。

仮に相手が信じている宗教を否定するような発言をしてしまった場合、それだけで相手とトラブルが発生する可能性もあります。

また、宗教の勧誘に警戒している人からは、警戒されてしまう可能性もあります。

賛否が分かれる話題だから

政治と宗教の話題に共通することは、どちらも賛否が分かれる話題であるということです。

人によっては熱心なある党の支持者や、ある宗教の信者である場合もあるので、そのような人に政治や宗教の話題を振ると、怒りを買う可能性もあります。

余計なトラブルを作らないためにも、必要と感じる時以外は政治や宗教も話題は避けるようにしましょう。

3、応援しているチームの話し

スポーツなどの応援しているチームの話も禁物です。

スポーツの話自体は盛り上がりやすいネタなのですが、特定のチームを称賛、またはけなす話題は、そのチームのファンや、他のチームが好きな人の不満を生みます。

そのため、お互い好きなチームがあり、良いライバルとして楽しめる人以外には応援しているチームの話は振らないようにしましょう。

感情的になってトラブルを招く恐れがある

熱心なサポーターやファンの中には、感情的になり攻撃的になる人もいます。

余計なトラブルを避けるためにも、応援しているチームの話を、良く知らない人にすることは避けましょう。

4、下ネタ

下ネタは人を選ぶ話題の代表格です。

普通は同性同士で仲の良いグループのみで話題にすることがほとんどでしょう。

もし初対面の人や、下ネタが苦手な女性などに無理に下ネタを振ると、最悪社会問題として扱われ、処罰されかねません。

下ネタは本当に仲良い友達と

政治家や大企業の重要人物によるセクハラが社会的な問題になる場合がありますが、うっかりと発言した下ネタにより、身の破滅を招かないよう、下ネタは本当に仲の良い友達とするようにしましょう。

5、自分の自慢話

自分の自慢話は自分だけが気持ち良くなるだけで、聞かされる方は内心辟易としている場合がほとんどです。

自慢話のたちの悪いところは、話をしている本人は、相手がうんざりしていることに気づきにくいということです。

そのため、知らず知らずのうちに周りから敬遠されてしまう恐れもあるので気をつけましょう。

6、お金にまつわる話

お金や給料の話題も盛り上がりにくい話題です。

年収などに大きな違いがあると、少ない方の人は内心あまり良い気持ちがしないものです。

余計な自慢話にならないよう、お金にまつわる話もあまりしない方が無難です。

7、自分にしか理解できない話し

あまりにも特殊な話題も避けましょう。

例えば、あなたが何らかの学問の専門の学者で、専門用語が飛び交う話をしても、周りの人は付いてゆけないでしょう。

分かりやすく話せるのでしたら別ですが、自分にしか理解できない話も避けた方が無難です。

8、過去の恋愛の話し

過去の恋愛の話は、思い出している本人はイメージが湧くので退屈しませんが、周りの人にとってはあまり興味のある内容とはいいにくいものです。

誰かに催促された時や、恋の相談事の流れの中など必要とされた時以外は、自分から過去の恋愛の話を振ることは避けましょう。

9、親の話し

実の両親の話も避けた方が無難です。

親の話を聞いて盛り上がるのであれば良いのですが、中には両親が離婚している場合や、死別している人もいるので、あまり盛り上がる話題になりにくい可能性があります。

10、家庭環境について

家庭環境についても話題もNGです。

中には人に言えないような家庭の事情がある人もいるので、相手に不快感を与えてしまいます。

家庭環境の話題は、相手が相談してきた場合や、結婚を考えている相手など、必要になったときだけするようにしましょう。

11、夜遊びの失敗談

夜遊びは大人になれば多くに人が多かれ少なかれ経験するものです。

しかし、あえてその失敗談を話題にすると、あなたの信用を失う可能性がある他、相手に気まずい思いをさせてしまう可能性もあります。

12、容姿に関する話題

容姿に関する話題も注意が必要です。

特に相手が気にしているであろう、身体的な特徴を話題にすることは止めましょう。

また、褒めるつもりで言う場合も、相手との関係や距離によってはNGなこともあります。

その辺りは相手により変わるので、ケースバイケースですが、褒めてくれていると感じてもらえる相手以外は避けた方が良いでしょう。

会話上手がよくする話題は?


ここからは会話上手がよくする、盛り上がりやすい話題についてお伝えします。

会話が上手い人、場を盛り上げる人は相手の好みのネタや、多くの人に共通する盛り上がりやすいネタを選んで会話をしています。

ビジネスでも恋愛でも、会話を盛り上げることはとても大切です。

人間は会話によって相手を知り、自分を知ってもらい、良い関係を築く生き物だからです。

そのため上手な話題作りはとても大切な、人生を豊かにするために必要なスキルといえます。

とは言え、あまり難しく考えずに、人間ならば誰もが好きそうな話題をネタにすればよいのです。

良いネタが思い浮かばないという人は、ここで紹介する盛り上がりやすいネタを参考に会話をしてみましょう。

それでは会話を盛り上げやすいネタについて、一つ一つ詳しくお伝えしてゆきます。

仕事の話し

仕事は社会人が一番長く時間を費やすものです。

そのため自然と話題も豊富になるので、盛り上げやすいネタといえます。

しかし、自慢話にならないように注意する必要もあります。

地元の話し

地元同士の話は共感も生まれやすくおすすめです。

あるあるネタの定番として、話し上手な人は頻繁に取り入れています。

地元が一緒の人には、進んで地元の話をして、会話を盛り上げましょう。

出身地など

特に出身地が同じ人とは、一気に距離が縮まりやすいので、地元の話題はおすすめです。

出身地や出身校が同じだけで親近感が生まれます。

ありきたりなネタにも聞こえるかも知れませんが、積極的に地元ネタをしてみましょう。

趣味や休日の過ごし方

趣味や休日の過ごし方など、プライベートな話題は盛り上がりやすいネタです。

特に共通の趣味があれば、そのまま友達としての関係が始まる場合もあります。

ただし、趣味が違う相手に無理に話すことはNGです。

同じ趣味や、興味がある人にだけ振るようにしましょう。

恋愛の話し

恋愛の話は盛り上がりやすいネタの鉄板です。

どの世代でも恋愛ネタはウケが良い傾向にあります。

下ネタにならないように注意すれば、誰でも話題にしやすいので、おすすめのネタのひとつです。

初対面の人と会話する時に覚えていてほしいこと

会話を上手に進めるためのプラスアルファとして、初対面の人と会話をする時に覚えていてほしいことをお伝えします。

簡単な二つのポイントを守ることで、よりスムーズに、初対面の人とも会話を進められるでしょう。

プライベートなことは避ける

初対面の人との会話では、特にプライベートに踏み込む話題は避けるようにしましょう。

相手はあなたに警戒をしているかも知れません。

警戒をしていなくても、初対面でプライベートな話をしようとするあなたを、相手は快く思わないでしょう。

プライベートな話題は避け、話が弾みやすい明るい話題をするように心掛けましょう。

当たり障りのない会話をする

初対面の時は、どんな話題が相手を不快にするか分からないものです。

そのため、トラブルになりやすい政治や宗教に関する話題などは避け、当たり障りのない会話をすることです。

そうすることで、段々と会話も進むようになり、関係も良くなってゆくでしょう。

NGな話題を覚えておこう!

いかがでしたでしょうか?会話は話し方も大事ですが、それ以上に話題選びが大切です。

盛り上がりやすいネタを選びさえすれば、自然と饒舌になる自分に気づくはずです。

今回お伝えした、NGな話題を覚えておき、なるべく会話の話題にしないだけでも、あなたの会話術はレベルアップするはずです。

会話が上手になるに従って、仕事やプライベートでも良い結果が生まれてくると思います。

現代社会では如何に円滑なコミュニケーションができるかが、成功するための大きな要因となっています。

あなたも今回お伝えした内容から話題作りのコツをつかみ、盛り上がる会話をして、人生を有意義なものにしてゆきましょう。