CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

会話のキャッチボールが下手な人に共通する15個の特徴と改善方法


コミュニケーションは生きていく上で必須で、会話のキャッチボールが必要となってきます。

この記事では、会話のキャッチボールが下手な人に共通する15個の特徴と改善方法をご紹介していきたいと思います。

会話のキャッチボールが苦手だと感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

会話のキャッチボールって?

会話のキャッチボールとは、何かの質問に対し答え、その上で話題を振り、また相手に答えてもらうということを繰り返します。

どちらかが一方的にはならず、お互いに同じ位に話すことで会話のキャッチボールが成立します。

会話のキャッチボールが下手な人に共通するの15個の特徴

会話のキャッチボールが苦手だったり下手な人もいます。

会話のキャッチボールが下手な人にはどのような特徴があるのでしょうか。

もしその特徴に当てはまるようであれば、改善する必要もあるかもしれません。

少し鍛錬が必要にはなっても、慣れればきっと会話のキャッチボールが上手くなることでしょう。

1.相手の話を聞いていない

まず相手の話を聞いていない状態だと、会話のキャッチボールが難しいです。

質問していてそれに答えてはいるのだけれど、なぜかずれていると感じてしまうような回答しかできないのは、相手の話を聞いていない可能性があります。

相手が聞いてきたことに対して的確に答えていなければ、なかなか会話が成立しません。

2.自分が話してばかりいる


多くの人は自分の話を聞いてほしいと思っています。

しかし会話のキャッチボールを成立させるために相手の話も聞き、それから自分も話すということを心がけている人が多いです。

しかし、ついつい自分の話ばかりをしてしまうということもあります。

相手の話を聞いているふりをして自分の話題に持っていってしまう人は、やはり会話のキャッチボールが上手とは言えないでしょう。

3.返事が一言で終わってしまっている

会話がなかなか続かない人は、返事が一言で終わっているという場合があります。

例えば「○○は好きですか?」と聞かれたら、「はい、好きです」と答えて終わりというようなことも考えられます。

「趣味は何ですか?」と聞かれて、「釣りです」と答えて終わりだと会話が広がりません。

4.リアクションが小さい

リアクションが小さいと、自分と話したくないのかなという不安に駆られてしまうことがあります。

よほど周りのことを気にしない人でない限りは、話すのをやめてしまいたくなるかもしれません。

相手との会話に興味があるということを示すためにも、ある程度リアクションは大きめな方がいいでしょう。

5.相手の立場に立って考えられない

ちゃんと話も聞いているし、きちんと返事を返しているけれど会話が下手な人は、相手の立場に立って考えられていない可能性があります。

会話は一人でするものではないので、相手の立場に立って考えることは大切です。

6.相手の表情を見ていない

会話のキャッチボールが下手な人は、空気を読めていない場合があります。

そして空気が読めない人は、相手の表情を見ていない傾向があります。

会話を成立させるためには、やはり相手の表情を見て、相手がどう感じているのかを考えながら会話をすることも必要です。

相手のことを考えずに会話を進めてしまうと、会話のキャッチボールが下手だと思われてしまうでしょう。

7.相手が理解していないのに次の話へ行ってしまっている

相手が理解していないのに次の話に進んでしまうと会話キャッチボールが難しくなってしまいます。

したがって、相手がちゃんと理解していそうかとどうかはきちんと表情を見たり、言葉を聞いたりして判断していく必要があります。

8.声が小さく話すスピードが速い

声が小さく話すスピードが速い人は、相手によく聞こえていない場合もありますので、結果的に会話のキャッチボールができなくなります。

言いたいことが相手に伝わらなければ、会話は成立しません。

言葉のキャッチボールをするには、まずは自分の言いたいことが伝わらなければ始まりませんので、相手に伝わるような声のボリュームや速さを考えましょう。

9.質問力がない

質問するのにも基本的にある程度の力が必要です。

例えば「釣りが好きだ」ということを聞いたのなら、釣りに関する質問をすればどんどん会話が広がっていくでしょう。

しかし、全く違うことを質問してしまうと会話の盛り上がりに欠けてしまうかもしれません。

せっかく釣りのことに関する質問していたのなら、会話が広がるような話題を考えましょう。

10.嫌われるのを怖がっている

嫌われるのを極端に恐れている場合は、なかなか会話のキャッチボールをすることが難しいでしょう。

嫌われるのを怖がっていると、本音で話すことができません。

「こんなこともわからないの?」と言われたらどうしようという不安から質問することも難しくなってくるでしょう。

したがって、無神経な発言などに気をつける必要はありますが、そうではなければ「この人はあまり好きではない」と思われても仕方がないと割り切る力も必要かもしれません。

11.相手の長所を見つけようとしていない

相手の長所を見つけようとしていないと、相手に魅力を感じることは難しいでしょう。

したがって、相手の話に興味を持ち質問したり会話を広げることができなくなってしまいます。

12.相手がどう答えるかを予測できていない

相手がどう答えるかを予測できていないために、予想外のことを聞かれたら固まってしまうと会話のキャッチボールは難しいでしょう。

ある程度は相手がどう答えるのかを予測しておいた方が、会話のキャッチボールがスムーズにいくと思います。

13.表情がこわばっている

会話が苦手な人によくあるのですが、表情がこわばっていると、自分と話していても面白くないのではないかと相手に思わせてしまう場合があります。

相手は会話するときの表情を見ています。

したがって楽しそうに表情をすることが必要です。

14.話を聞くだけで終わってしまっている

話を聞くだけで終わってしまっていると、会話が広がりませんので結果的に会話のキャッチボールが難しくなってしまいます。

会話のキャッチボールは一方通行では成立しませんので、相手がなにか話したことに対して反応するようにしましょう。

15.相手の目を見ていない

凝視しすぎるのは考えものですが、相手の目を見て会話をするのはコミュニケーションの基本ですので、相手の目を見て話すようにしましょう。

それだけでも、会話はスムーズにいくはずです。

会話のキャッチボールがうまくできるようになる改善方法15個


会話のキャッチボールがうまくなるにはどのようにしたらよいでしょうか。

改善方法が色々とありますので、改善方法を見ていきましょう。

1.相手の話に興味を持つ

興味のない話を深く掘り下げたりするのは難しいかもしれません。

会話を続けるためには、相手の話に興味を持つということを心がけるだけでも大分違ってくると思います。

2.相手の話をよく聞くようにする

相手の話をよく聞くように心がけましょう。

ついつい他のことを考えてしまうのであれば、相手のことだけに意識を向けるだけでも違ってくると思います。

3.返事を二言以上で返してみる

返事を「はい」か「いいえ」など必要な言葉だけで返してしまうと、そこで会話が終わってしまう可能性があります。

「はい」や「いいえ」のあとにも、会話が続くような言葉を付け加えて返すようにしましょう。

例として以下を参考にしてみてください。

そうなんですね。そういえば…

この場合は「そうなんですね」と答えた上で、「そういえば…」と話を振っています。

相手に話を振ることで、また相手からも返事が返ってくるので、会話のキャッチボールをすることができます。

はい。私の経験では…

「私の経験」を語ることによって会話を広げています。

「自分の話をすると嫌がられるのではないか?」と思われるところがありますが、やり過ぎなければある程度自分の経験などを話すことは有益です。

そして相手からなにか反応があると思うので、会話を続けることができます。

4.リアクションは大きめにする

オーバーリアクションをする必要はありませんが、リアクションを大きめにしましょう。

自分も誰かに話をしたときに相手のリアクションが薄いと、興味ないのかなと思ってそれ以上話すのをやめてしまうことはありませんか?

やはりリアクションが大きいと、自分の話を聞いて楽しんでいると思ってもらうことができますので、会話のキャッチボールがうまくいくでしょう。

5.相手の立場に立って考えてみる

相手の立場に立つように心がけ、「この人はどのような答えを求めているのか」ということを考えるようにしましょう。

相手が思ったような反応をしてくれることで、会話が楽しいと感じて会話が続いていく可能性があります。

6.相手の表情を見て、会話の内容に興味があるかないか判断する

せっかく会話のキャッチボールをするのであれば、相手の興味のある話をするのが一番です。

そこで気をつけて欲しいのが相手の表情を見ることです。

そこそこに会話のキャッチボールができていると思っていても、表情を見ているとあまり楽しそうではないこともあります。

7.専門用語などは使用せず、相手のレベルに合わせて話す

自分が興味があることについて話す時は、ついつい専門用語などを使ってしまうかもしれませんが、相手の方がそれを知らない場合は理解できないので会話がスムーズにいかなくなってしまいます。

専門用語はなるべく避けて、相手にも伝わるような言葉を選ぶようにしましょう。

8.声は相手に聞こえるくらい大きくゆっくり話す

まずは相手に聞こえなければ会話は成り立ちません。

会話のキャッチボールをする時は相手に聞こえるような声の大きさ、そして相手に伝わるようにゆっくり話すようにしましょう。

9.質問した後は相手の返答を深堀する

質問した後は答えが返ってきますが、できればその返答によってさらに会話を掘り下げていくようにしましょう。

例えば、「いつも何時ごろに帰っているんですか?」と質問したとして、「6時です」という回答が返ってきたとしましょう。

そこで「ご飯の準備とかもあって大変なんじゃないんですか?」などと、相手の答えたことに対してさらに質問をすると会話を広げていくことができます。

10.完璧に話そうと思わない

完璧に話そうとするだけで緊張してしまい、顔が強張ってしまうことがあります。

会話は基本的に楽しむことが第一です。

したがって、完璧を目指さず、会話を楽しむという気持ちを大切にしましょう。

11.相手の長所を見つけて話題にする

また相手の長所を見つけて、それを話題にすることも非常に重要です。

「○○さんは律儀なところがすごくいいですよね!」というような感じで会話にすることによって、話が弾むことがあります。

やはり、自分を認めてくれる人と話すのは心地の良いものです。

したがって、いいところをどんどんと話題に出すようにしましょう。

12.大体相手の返答内容をイメージしておく

相手の方がどのような返答するのかということをイメージしておくといいでしょう。

そして、なるべくワンパターンなリアクションではなく、複数のパターンを準備しておくとより確実です。

13.できるだけ明るい表情で話すことを心がける

会話の時は、先程のアドバイスにも含まれている通り、相手は表情も見ています。

例えば、掘り下げようとしていても面白くなさそうということで会話をやめるということもあるでしょう。

明るい表情で話していることが分かれば、相手も安心して会話を続けることができるでしょう。

14.会話の中から自分が興味のあるキーワードを見つける

相手の方の話を聞いていても、どうしても自分が興味を持つのが難しいジャンルのものがある場合があります。

例えば、基本的に料理が好きではない場合は、料理の話を聞いていてもそんなに興味が持てないかもしれません。

しかし、何も料理は料理をするだけではなく、食べ物を扱う事ですので自分が好きな食べ物の事でしたら掘り下げていくこともできると思います。

15.相手と目を合わせて会話する

凝視する必要はありませんが、基本的に相手の目を見て会話をすることを大切にしましょう。

目を合わせてもらえないとなんだか怪しい感じがしてしまいますので、それを心がけるだけでも楽しい会話になりますよ。

会話のキャッチボールを得意にしてコミュニケーション能力を高めよう

1人の時間も楽しいものがありますが、それにも限度があります。

多くの仲間がいることによって、より楽しくなるというところがあります。

会話のキャッチボールが苦手であればそれを克服して、コミュニケーション能力を高めていきましょう。

ページトップ