CoCoSiA(ココシア)

気になる人についつい話しちゃう19個の話題とは?(女性編・男性編)


気になる人ができたら、相手が自分に好意を持っているかどうか気になりますよね。

もしくは、この人もしかして自分のことが好きなのかな?と思ってしまうような時もあるのではないでしょうか?

この記事では、気になる人についつい話しちゃう話題を男女別でご紹介していきます。

このような話題が出てきていれば、相手もあなたを気になっているかもしれません!

気になる人についついやっちゃう話題ってありませんか

気になる人についつい話してしまう話題っていうのは意外とあります。

例えばですが、後に触れますが男性はあまりプライベートなことを公に話すような事はあまりありません。

ですので、家族の話が出てきたらかなり心を開いてもらっている状態と言う事は間違いないようです。

このように、気になる人に話す話題はある程度決まってくるところがあります。

気になる人についつい話しちゃう9個の話題(男性編)

では、初めに男性が気になる人について話してしまう話題について取り上げてきましょう。

先ほども少し触れたように上地の話など、女性からすると誰にでも話すようなことでも男性はそこまでおおっぴらにしないことからこの話題が出てくるとあなたに気がある、もしくはある程度気を許していると言うことが言えるようです。

1.家族の話

先ほども触れたように、家族の話が出てくるのはかなりあなたに心を開いている状態です。

著者はもう少しで40代ですので過去いろいろな男性と話すことがありましたが、やはり男性が家族の話をするのはなかなか珍しいです。

仕事上で付き合いがある人でも、あまり家族の話をしたがらない人は多かったです。

ですので、会社で、子供の誕生について朝礼で話す時にも少々渋っていたような人もいます。

このように、家族の話と言うのはある程度心を許している人でないとあまり話したくないっていうのが男性の特徴のようです。

ただ、女性の場合は家族の話すのは非常に普通の発言であることから、なかなか男性がそのような話をするのは珍しいことに気がつかないと、実はあなたに気があるということを見過ごしてしまう可能性があります。

ですので、男性が自分の家族の話をし始めたとしたら、心を開いてもらっている、もしくはあなたに気があると思って間違いないです。

2.好みの女性の話

好みの女性についても気がある人でないとなかなかしない話です。

もし、女性としてのお付き合いを考えていない人にそのような話をするとしたら、このような話をすることから、告白されると言う話の流れになった時に断らないといけない事から、かなり困った事態になることがあります。

ですので好みの女性の話をすると言う事はある程度心を開いている状態といえますし、何よりその好みの女性が皆さんに近いタイプとになると、間接的な告白をされた可能性もあります。

例えばですが、皆さんが髪の長い女性だったとして、「髪の長い女性が好きなんだ。」と言う事言われたら、かなりどきっとしますよね。

このように、間接的な告白する可能性もありますし、もしかしたら好みの女性に近づいてほしいと言うような願いを持っている可能性もあります。

ただ、経験上どちらかと言うと好みの女性の話をこちらから振ってから話し始めると言うよりかは、男性自らが好みの女性の話をすると言う話の流れになった方がより皆さんに気がある可能性が高いように思います。

3.失恋話


男性にとって失恋話と言うのは非常にハードルが高いようです。

著者には兄がいますが、妹の著者には絶対に失恋の話をしませんでした。

つまり、かなり手痛い経験であることから、男性はそのような弱みをさらけ出すのは不得手としています。

女性は失恋をしたら周りにさんざん愚痴って、そこから立ち直っていくことであっさりしていますが、男性はそのような話をしたから心に傷を残している可能性があります。

このような話を女性にするって言う事は、自分の弱みをさらけ出すことができていると言うことから、男性は非常に心を開いている可能性が高いです。

もちろん、こちらから話を振ってから話し始めると言うよりかは、自らが話し始めた方が、より男性が皆さんに心を開いている状態であるという可能性が高くなります。

ですので、男性の話の話題の出し方に注目していきましょう。

こちらから振ると、普通に話す人も多いことからなかなか難しいですが、自分からそのような話をしてくれるかどうかというのが1つの基準のようです。

4.質問攻め

質問が出ると言う事はつまり興味があるということです。

例えばですが、著者が通ってた19歳から30歳くらいの方が入れる学校で年上の方がいましたが、そうした面接の仕事もしたことがあって、就職説明会などにも参加したことがあるようです。

その時に、質問が出るか出ないかというのも採用の期限だったようです。

ですので、質問が出ない人は採用せず、質問した人を採用すると言うことがあったようですね。

このように、質問と言うのは興味があるかどうかの基準になります。

それは仕事の話ばかりではなく恋愛でも同じです。

皆さんに興味があるからこそいろいろな疑問が浮かぶのです。

ですので、皆さんに質問攻めにしてくると言う事は皆さんに気があるという可能性は非常に高いです。

しかも、食べ物の好みなどのもそうですが、これからの結婚の考え方、将来の事などなど、そのような話が出てきたらもしかしたらお付き合いをしてゆくゆくは結婚したいと考えている可能性もあります。

5.将来の話

基本的に男性は、女性のように仕事を辞めると言うような選択を取りにくいところがあります。

やはり男女平等になったとは言え、まだまだ男性が一生仕事をし続けると言うのは変わりないところがあります。