会話の引き出しというものをご存知でしょうか?

会話をするには常に様々な単語が頭の中で動きまわっていると思います。

ですがこの頭の中の単語をいくつか組み合わせて文章というものができますよね。

この頭の引き出しにある文章というのが多ければ多いほど会話が上手い人ということになります。

会話のレパートリーが多く、頭の引き出しが多ければ多いほど盛り上がったり仕事に活かせたりと様々なメリットが多くあります。

簡単に言うと頭の回転がとても速いということにもなるので、様々なことに対して臨機応変に動けるというのも特徴です。

頭の引き出しが多いというのはそれだけメリットが多く、仕事でも活躍できる人が多いので、会社側からとしても欲しいと思う人材にもなるのです。

他にも頭の引き出しが多いという人は人生が楽しくなるというのも何よりあると思います。

様々な思いや考え、自分の人生はこの様に生きたい!となった時の行動力など、ポジティブな考えをすればするほどより楽しい人生が送れます。

逆にネガティブになってしまうとネガティブの思考が出てきやすくなってしまうというのも1つの特徴です。

頭の引き出し方により、様々な考えが出てくるのでその人がどの様に考えて行動をしているのかで、影響が変わってくるのも特徴の1つだと思います。

引き出しが多い人というのになりたいと思う人は多いのではないでしょうか?そんな人のために引き出しを増やす14個の方法というものがあります。

頭の引き出しは多ければ会話のレパートリーも増えるのです。

メリットがいっぱいある中、どの様な方法があるのか見てみみましょう!

頭の引き出しが多い人になりたい!

頭の引き出しが多い人になりたい!と思ったことはありませんか?頭の引き出しが多い人というのは特徴があると思います。

その1つに会話をしていると常に新しい話題が入ってますよね?次の日も喋る機会があると、昨日とは違う全く新しい話題が多く入ってきてるのではないかと思います。

引き出しの多い人になるというのは、それほど会話のレパートリーが増えるということになり、いろいろな人と喋れることができたり、会社での仕事などにも活かせることができるのです。

では逆に頭の引き出しが少ないという人の特徴というのはどの様な人のことを言うのでしょうか?頭の引き出しが少ないと仕事などでも臨機応変にあまり動けなくなるのです。

臨機応変に動けないと様々なところで苦労しますよね?誰もが頭の引き出しが多い人になりたい!と思っているはずです。

頭の引き出しが多い人のメリット

まず頭の引き出しが多い人には様々なメリットがあります。

恋愛などでも活かせることができ、困った時でも頭の引き出しを活用してどのようにするかというのをどんどん考えが浮かんでくるのです。

考えが浮かぶというのはそれほど頭の回転が速いということになります。

回転が速ければ物事に迅速に対応をすることもできるのです!頭の引き出しが多い人というのはメリットがとても大きく、様々な所で役に立ちます!先ずどの様なメリットがあるのか見てみましょう!

仕事に活かせる

仕事に活かせるというのは何よりもメリットになると思います。

引き出しが多いというのは発言というだけではありません。

「考え」という引き出しにも繋がるのです。

例えば何かの企画があったとして、その企画のアイデアというものを考えると思います。

その時はグループでしているかもしれませんし、1人で考えているということもあると思います。

ですがその時に仕事に活かせるという状態になると、そのアイデアが次々と浮かんでくるようになるのです。

1つや2つというのではなく、様々なアイデアが浮かんでくるので、何かを新しく作るという形ではとても重宝するのです。

他にも作業をするにあたって、効率を求めるような考え方をするようになり、自分にあった行動をするようになります。

場が盛り上がる

場が盛り上がるというのも頭の引き出しが多い人のメリットです。

場が盛り上がるというのは会話が弾んで盛り上がるという意味であり、皆が楽しい雰囲気で過ごすことができます!

頭の引き出しが多い分、いろいろな人と会話をすることができ、どんな相手でも楽しませることができる回転の速さ、巧みに使う言葉など、様々なことを考えてその場を盛り上げることができるのです。

よく宴会などでも中心になって話をしていたりする人がいますよね?その様な人は皆から愛されているということにもなり、頭の引き出しが多い人なのではないでしょうか。

人生楽しい!

人生が楽しいと感じる人は様々いると思います。

ですが逆に楽しくないと感じる人もいるでしょう。

人によりどの時に楽しいと感じるかは解りません。

仕事中、趣味をしている時など様々な形で人生が楽しいと言える場面が多いです。

頭の引き出しが多いという人はどの様な時に思うか考えたことはありますか?基本的には相手との会話をしている時が一番楽しいと感じているのです。

頭の引き出しが多い分、誰かに喋りたいという気持ちもありながら、相手を楽しませたりしようとすることもあります。

仕事でも取引先相手の人と、初対面ながらいきなり仲良くなっているというようなこともあります。

その時の瞬間や、話をして仲良くなるというような時こそ、頭の引き出しが多い人は人生を楽しんでいるのです。

他の人になると趣味をしている時や、好きな物を食べていたりする時など、1人でいることが多いのですが、この様な人は基本相手とコミュニケーションを取ることで人生を楽しんでいる人も多いのです。

恋愛でも活かせる!

恋愛でも活かせることができます!頭の引き出しが多いということは、例えば好きな人との会話中に無言になってしまうというようなことはありませんか?何も喋らないというような状況になるとお互いが気まづくなってしまうことがありますよね?ですが頭の引き出しが多いと会話が途切れることがありません。

特に、何かトラブルがあったり喧嘩をしたりする際はちゃんと考えて物を言うことができます。

その発言は自分にとっても相手にとっても必要な言葉であり、更に相手との新密度が高まるような言葉を言う時もあるでしょう。

様々な言葉が出る中、どのセリフを言おうかと考えている人もいます。

どの体験談を言おうかとか初対面の人に対しては喋りたいことが逆に多く、途切れるということもなくなります。

恋愛では「会話」というのは必要不可欠な状態なので、この様なタイプの人は恋愛でも活かせるのです!

家庭も円満

家庭も円満であるというのが特徴の1つです。

この様な人は何よりもコミュニケーションを重視し、喋るということが多いですが、家庭を持つようになると常に家族のことを気にかけてくれます。

例えば妻と息子が喧嘩をしたとなっても、中心となって解決などをするでしょうし、家族の仲を取り持つ大黒柱の様な存在にもなります。

家庭が円満でないという人の特徴としては、そのコミュニケーションがうまくいっていないということになります。

言いたいことがあるのに言えない、いつも喧嘩ばかりしていて口を聞かないなど、頭の引き出しが多い人にとってはこの様なことはありえないと考えている人が多いです。

悩みなどがあるならお互い力を合わせて解決していくというようなコミュニケーションを1度たりとも忘れないのも特徴です。

家庭が常に円満だというところはそれほど、家族間でのコミュニケーションを重視しているということになります。

困った時でも大丈夫!

困った時にいざとなると助けてくれたり、大丈夫だと安心させてくれる人が頭の引き出しが多い人に言えることです。

どんなトラブルがあったとしても、その頭を使って様々な解決方法を考えてくれます。

会社などでも納期が間に合わない、何か重要なものを早めに終わらせなければいけないのにまだ終わっていない、というような状況になった際に、様々なアイデアを出して最適化をしようとします。

常に1つの視点から見るのではなく、違った様々な視点から見るというのも特徴です。

それほど考えが次々に浮かんできて、何かあった時に最善の策を取ることができるのです。

困った時にとりあえず頼りになるという人に相談したりしますよね?もしかしたらその人は頭の引き出しが多い人なのではないでしょうか?普段から会話をしていて、様々な会話のネタが出たり、いざとなった時に助けてくれるというような人なのではないでしょうか?

頭の引き出しを増やす方法

頭の引き出しを増やす方法というのがあります。

例えばメモを取るというのはその物ごとを忘れないという意味でもあるので必須です。

他にも辞書を使うというのもあるでしょう。

人というのは知っている一部の意味でしか単語を使いませんが、何か難しい文章などを打つ際に意味を知っていると読みやすいですし、逆に文章を書くとなった時に、間違った使い方をしなくなるのです。

頭の引き出しが多い人は頭が良いというイメージがありますが、決してそうではありません。

様々なことの積み重ねにより記憶をしているということなので、それには様々な原因があるのです。

例えばいろいろな人と交流をしていく上で新たな知識を吸収したり、失敗経験から学ぶことが多いというのも特徴です。

常に物事に対して1つの視点からではなく様々な視点から見るという人も多いはずです。

様々な視点から見るというのはとても重要なことで、頭の引き出しが多いと全てのことに対して違う観点から見ることができるようになります。

気付かなかったことや、そんな方法があったのかというようなこともあるので頭の引き出しは多くて損が無いです!ではどの様な方法があるのか細かく見てみましょう。

メモを取る

メモを取るというのは頭の引き出しを増やす方法では必須のことです。

メモを取ることで日頃のことを忘れないようにする、スケジュールなども管理をする時は必ずメモを取りますよね?ふとしたことでもメモを取っておこうと思い、後々で見返すことで頭の中に新たな単語や出来事を入れることができます。

人間の記憶というのは膨大であり、様々な記憶をさせると思いますが、その個数は膨大な数の記憶です。

よく脳が記憶していて体が勝手に動くというようなこともありますよね?それも同じです。

メモを取ることで頭に記憶をする、何かがあるごとにメモという名の記憶をしているのです。

なぜ?を考える

全ての物事に対してなぜ?という考えを持つのも引き出しを増やす方法の1つです。

例えば「水は飲める」という文があったとして、普通だと思いますが、よく考える人は「なぜ飲めるのだろう?」と考えることから始まります。

そしてなぜ飲めるのかの原因を探り「こういう事柄があるから水は飲める!」という結果にたどり着くのです。

普段考えているようなことでも「なぜ?」と疑問を持つことはとても大事なことなのです。

一般的に普通だと思っていても考えを変えるだけでその物の違った見え方、考え方をすることができます。

異なる視点を持つ

異なる視点を持つというのはとても重要なことです。

頭の引き出しが多いという人は様々なことを考えては違う観点から物を見ることが多いのです。

自分の立場からの意見と相手からしてみる意見、そして第三者からの意見というような、全ての物事に対して様々な意見を考えることができます。

その中から全てのことを言い、自分はこう思うというような結論を出すことができるのです。

異なる視点を持つというのは少し難しいですが、自分の立場から言うのではなく、第三者からの立場として言えるようにまずは練習をしましょう。

そうすることで他の人が自分の意見を聞いてどう思うかということが解るようになります。

この様な違う視点というのを持つだけでも頭の引き出しが増える近道になるのです。

辞書を使う

辞書というのはちゃんとした単語の意味が書かれています。

間違った使い方をしていたりしませんか?

辞書を使うことでも頭の引き出しを多くすることができます。

これは今の自分にとって知識が無いというものに関して新たに加えていくものということになります。

例えば「とる」という意味だけでも様々な「とる」がありますよね?物を「取る」や栄養を「摂る」など様々な「とる」という言葉があります。

この意味を新たに知ることで様々な単語のレパートリーが増えるのでとても良いものになるでしょう。

いろんな人と交流する

いろんな人と交流をするというのも頭の引き出しを多くさせてくれます。

これは特定の人達だけでは経験することができないような事を経験することができるからです。

例えばグループワークなどが良い例です。

誰しも同じような人ではなく、得意なことや不得意なことが多くあると思います。

その中でいかに相手のことを知って、その得意なことや不得意なことを分けて仕事をこなすことができるかなど、頭の使い方を学ぶところでもあるからです。

様々な人と交流をすることで、その頭の使い方や、対応の仕方など、人とのコミュニケーション能力を高めることができるので、それと同時に頭の引き出し、知識なども増えていくのでオススメの方法と言えます。

いろんなことに挑戦する

いろんなことに挑戦をするというのもあります。

これはチャレンジ精神とよく会社などで聞くと思いますが、できるものをやり続けるのではなく、様々な新しいことにチャレンジをして経験を得ようというものです。

いろんなことに挑戦をするというのは勇気が必要ですよね?ですがその勇気があったからこそ、様々なことに今まで挑戦できたのではないでしょうか?ゲームや興味のある趣味などもそうですが、皆新しくやり始めることばかりなのです。

会社での仕事も同じです。

挑戦をしようと思う心が頭の引き出しを多くしてくれることでしょう。

失敗経験を増やす

失敗経験を増やすというのも1つの方法です。

これはいろいろなことに挑戦をしたりした後に成功をするか失敗するかというものですが、人というのは失敗から学ぶことが多いです。

例えば常勝しているスポーツチームが負けを知らないというのは誰もが思いますが、その中でも仮に違うチームが勝ってしまい常勝チームが負けた時はその反動が大きいと思います。

失敗から学ぶというのはそこから、何が原因で負けたのか、というのを皆考えることになるのですが、これは勝てたという時よりより多くの原因が見つかるのです。

失敗経験とはもうこの様なことをしないようにどの様に工夫をすれば良いのかを考えることができます。

そしてまた失敗したのであれば前回と比べて成長できる所があったのかを見ることもできます。

この様な積み重ねで頭の引き出しというのもどんどん豊富になっていくのです。

1度経験した苦い思い出というのは必ず記憶に残っていますよね?その時に同じことはしないと思いつつ行動をすると思います。

失敗経験というのはそれほど人に影響を与えてくれる、良いものです!失敗を恐れるなという言葉をよく耳にしますが、その背景にはこの様な意味も含まれていると思います。

頭の引き出しというのは記憶から出していくものなので、その記憶が鮮明であればあるほど、より多くのものが引き出せるでしょう!

コミュニケーションを取る

コミュニケーションを取るということも頭の引き出しを多くする1つの方法です。

頭の引き出しが多いというのは様々な考えや視点が浮かんでくる人です。

コミュニケーションを取ることでもそれは同じことだと言えます。

初対面の人に何を話すのか、仕事先の人にどのようにして今の現状を伝えるのかなど、瞬時に思い浮かぶと思います。

コミュニケーションが取れない人と取れる人の違いというのは頭の引き出しの数でもあると言えます。

仮に喋ることがあるのであれば、その喋る内容が次々と出てくるのはそれほど話題が豊富であるということにもなるのです。

相手がどんな人でもコミュニケーションを取ることで頭の引き出しは増えていくでしょう。

何度も練習する

何度も練習をするというのも1つの方法です。

考え方などもそうですが、1回違う見方をするだけでは物事はうまくいきません。

何度も練習をして繰り返すことで自分で学ぶことが多いと思います。

勉強なども繰り返しして覚えるということをよく聞きますよね?それと同じように何度も練習をすることで、頭の引き出しを増やすことができるのです。

うまくいかないと思っていても、それも何度も練習を積み重ねることでうまくいくことでしょう。

頭の引き出しというのは繰り返すことで覚えたりすることもあります。

何度も練習をするとなると辛いと思う人もいるかもしれません。

ですが、この練習をしなければ引き出しを増やすこともできなくなってしまいます。

常にその様なことを乗り越えながら、頭の引き出しが多いという人は生活をしているのです!

情報を入手する

情報を入手するというのも引き出しを増やす方法です。

これは簡単でありながら、普段の生活でも実践していると思います。

その例の1つがニュースです。

ニュースというのはその時あった出来事を流して皆に情報を伝えますよね?その情報を覚えていたりすると今後警戒などをしたりすると思います。

情報を入手するというのは普段の生活で皆がやっていることです。

ですが頭の引き出しというのはそれだけでは増えません。

更に情報を入手する必要があります。

ネットなどで検索をして細かく見たり、考えたりすることが頭の引き出しを増やす方法でもあるので、情報を入手した際は、更にそのことについて深く考えることが大切です。

読書をする

読書をするというのも良いでしょう。

この読書というのは様々な知識を一気に頭の中に入れ込むことができます。

本を読むというのはそれだけ人をその本の世界に引き込む力を持っているのです。

頭で考えたりする際にも空想を描いたりしますよね?それと同じです。

読書をすることで頭の引き出しが更に増えて、新たな知識を次々と入れることができるようになります。

小さい頃から読書をすると頭が良くなるということを聞かされてきませんでしたか?まさにその通りで、読書をすることで新たな知識が入ると思いますが、それは小説にしろ経済に関することにしろ、自分にとっては良い情報を頭の中に入れることになるのです。

刺激が入るといっても良いでしょう。

鮮明に覚えている本もあるのではないでしょうか?それが今でも励みになるという人もいると思います。

読書をすることで新たな知識を入れ、常に頭の引き出しを多くするようにしましょう!

引き出しをたくさん持ってる人を真似る

引き出しをたくさん持ってる人を真似るという方法もあります!これは自分がまず目標としている人を決めてその人と同じように真似てみると良いでしょう。

すると違いが出てくると思います。

仕事などで同じ作業をしているとして、その人のやり方と自分のやり方に違いがあるかどうかを見るというのが一番でしょう。

仮にそのやり方が違うとなった場合は、その人の違う見方で仕事を効率良くこなしているということになります。

それを見た時に「この様な方法があったのか!」と驚くこともあるのではないでしょうか?人を真似るというのは自分を成長させるための近道でもあります。

そして成長をさせるきっかけにもなるので、人をどんどん真似てみてはどうでしょうか?

常に考える癖をつける

常に物事に対して考える癖をつけるというのも頭の引き出しを多くする方法です。

これは頭の回転が早い人なら解ると思うのですが、常にその目の前のことにたいして考えてしまうという傾向があるのです。

例えば普段パソコンをしている時でも「なんでこのパソコンは…」というように考えてしまいます。

また寝る前などでも気になって考え始める人も多いのではないでしょうか?その感覚を常日頃の生活で行うということです。

少し難しいと思う人もいるかもしれませんが、常に考える癖をつけることで、頭の引き出しも自然と多くなるでしょう。

引き出しのしまい方も学ぶ

引き出す方法を学ぶというのは当然ですが、しまい方も学ぶ必要があります。

常にその事に対してどんどん言葉を出したりするのではなく、学ぶことも必要です。

そしてその学ぶときにでもどのようにしてしまうのかが重要になります。

言うのであれば必要な情報であるかどうかの見極めということです。

頭の引き出しが多いという人は常に必要かどうかであるかという見極めもして頭の中にしまいます。

この方法を取らないと頭がパンクしてしまう可能性があるからです。

取り入れて発信するだけではなく、どのようにしてしまうかということも大事です。

常に考える癖の中にはこの様なことも考えている人も多いです。

引き出しを多くするというのは同時にしまい方も学ぶということになるのです。

引き出しを増やすためにおすすめの本

引き出しを増やすためにおすすめの本というものがあります。

あまり解らないという人はおすすめする2冊の本を読んでみてはどうでしょうか?とても解りやすく、興味深い形で書いていることが多いので、直ぐに本の世界に引き込まれたりするでしょう。

本というものは人にとっては情報を仕入れる手段の1つです。

本を読むことで引き出しを増やしたいという情報を得られることができるので、1度手に取って本を見てみてはどうでしょうか?ではどの様なおすすめの本があるのか、その2冊を見てみましょう。

頭の引き出しが多い人の習慣

勉強や仕事であまり上手くいかないという人に向けて書いたような本でもあります。

これはどのようにして人というのは頭の引き出しが多くなるのかということを書いてくれているのでとても読みやすくておすすめです!そこまで厚い本ではないので数時間で読み終わるものです。

困っているという人にはまず読んで欲しい本の1つですね。

学生さんにもおすすめできますよ!

人生を変えるアタマの引き出しの増やし方

頭の使い方や専門知識からビジネスまで、この本はビジネス向けの本とも言えますが、頭の引き出し方というのを細かく書いてくれています。

また時には面白い発想の方法をしているので是非読んでみてはいかがですか?

情報入手アプリ

情報入手アプリというのを駆使して頭の引き出しを増やすという方法もあります。

例えばよくテレビでニュースを見たりしますよね?ですがその時間が無いという人もいます。

そんな時にアプリでの情報入手をすれば良いという形になるのです。

またアプリではなくパソコンでニュースの情報サイトを見るというのも良いでしょう。

情報アプリやサイトは1つや2つだけではなく何十個、何百個といったようなニュース情報が多くあります。

その中で自分にあった情報サイトやアプリを見つけ毎日見てみてはどうでしょうか?ではどの様なアプリがあるのか細かく見ていきましょう。

ニュースピックス

ニュースピックスというアプリがあります。

これはパソコンからなどでも見れるサイトであり、様々な経済に関するニュースを主として更新されています。

他の情報サイトから引っ張っていることもあり、リアルタイムで見る気になることを皆に向けて発信をしたりすることもできます。

情報の共有というのはとても重要であり、このサイトではそれを重視しているかのようなレイアウトをしています。

また、他のSNSアプリなどに共有などもできるので、他の友人たちに情報を発信するという形でも重宝します。

外でも気軽に見ることができるのでオススメのアプリです。

グノシー

グノシーというアプリをご存知でしょうか?こちらのアプリもパソコンから見ることも可能ですし、アプリで見ることもできます。

グノシーはニュースピックスとは違い、経済面だけではなく、他のエンタメ系やスポーツなど幅広いニュース情報を取り扱っています。

コラムの情報からIT系、グルメの情報まで、様々なニュースを最新の情報でお届けしています。

ニュースピックスは働いているビジネスマン向けですが、グノシーに関しては幅広い年代の人でも見れると思います。

仮に情報アプリを探しているとなれば1度グノシーをダウンロードをしてみてはどうでしょう?

情報を整理して引き出しを増やそう!(まとめ)

情報というのは常に整理をすることが大事です。

例えばどんな時でも新たな情報を入れるときには古い情報を捨てたりしますよね。

その時に見極めることが必要にもなりますし、逆に頭の引き出しの容量を上げることもできるのです。

情報を整理しつつ引き出しを増やすことで更に頭の回転スピードが速くなったり、仕事や恋愛、様々な事に対して活かせることができるようになります。

頭の引き出しは増やして損は無いので、積極的に増やしていくように心がけましょう!