CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

引き出しを増やす12個の方法。頭の引き出しで会話のレパートリーを増やそう!

会話のレパートリーが多く、頭の引き出しが多ければ多いほど、盛り上がったり仕事に活かせたりと様々なメリットが多くあります。

簡単に言うと頭の回転がとても速いということにもなるので、臨機応変に動けるというのも特徴です。

他にも頭の引き出しが多い人は、人生が楽しくなるのかもしれません。

様々な思いや考え、自分の人生はこの様に生きたい!となった時の行動力など、ポジティブな考えをすればするほどより楽しい人生が送れます。

このようにたくさんのメリットがあると聞いて、頭の引き出しが多い人になりたいと思う人は多いのではないでしょうか?

そんな人のために引き出しを増やす12個の方法というものがあります。

今回は、どの様な方法があるのかをご紹介していきますよ。

この記事の目次

頭の引き出しが多い人になりたい!

頭の引き出しが多い人になりたい!と思ったことはありませんか?

頭の引き出しが多い人というのは特徴があると思います。

その1つに、会話をしていると常に新しい話題が入ってますよね?

次の日も喋る機会があると、昨日とは違う全く新しい話題が多く入ってきてるのではないかと思います。

引き出しの多い人になるというのは、それほど会話のレパートリーが増えるということになります。

そのため、いろいろな人と喋れることができたり、会社での仕事などにも活かせることができるのです。

では逆に頭の引き出しが少ないという人の特徴というのはどの様な人のことを言うのでしょうか?

頭の引き出しが少ないと仕事などでも臨機応変にあまり動けなくなるのです。

臨機応変に動けないと様々なところで苦労しますよね?

誰もが頭の引き出しが多い人になりたい!と思っているはずです。

頭の引き出しを増やす12個の方法

では早速、頭の引き出しを増やす方法をご紹介していきます。

誰でも今日から試せることばかりですので、どの様な方法があるのか細かく見てみましょう。

1.メモを取る

メモを取るというのは頭の引き出しを増やす方法では必須のことです。

ふとしたことでもメモを取っておくことで、後々で見返すことができます。

そして、メモを取ればすぐに忘れてしまうようなことも、記憶に定着しやすく頭の中に新たな単語や出来事を入れることができるのです。

テレビを見ていて興味を持ったことやちょっとした情報などもメモしておくと、頭の引き出しも増え、自然と会話のレパートリーも増えます。

ネットで調べものをしたときも、ただ読むだけでなく、忘れないようにメモに残しておくと良いですよ。

2.なぜ?を考える

全ての物事に対してなぜ?という考えを持つのも引き出しを増やす方法の1つです。

例えば「水は飲める」という文があったとして、なぜ?と考える人は「なぜ水は飲めるのだろう?」と考えることから始まります。

そしてなぜ飲めるのかの原因を探り「こういう事柄があるから水は飲める!」という結果にたどり着くのです。

普段考えているようなことでも、「なぜ?」と疑問を持つことはとても大事なことなのです。

一般的に普通だと思っていてもそれを深く追求することによって、新たな視点で物事を捉えられるようになるでしょう。

3.異なる視点を持つ

異なる視点を持つというのはとても重要なことです。

頭の引き出しが多いという人は、人とは違う観点から物を見ることが多いのです。

自分の立場からの意見と相手からしてみる意見、そして第三者からの意見というように、全ての物事に対して異なる視点から意見を考えることができます。

それをすべて考えた上で、自分はこう思うというような結論を出すことができるのです。

異なる視点を持つというのは最初は少し難しいですが、自分の立場からではなく、第三者の立場を考えてみる練習をしましょう。

そうすることで、他の人が自分の意見を聞いてどう思うかということが分かるようになります。

この様な違う視点というのを持つだけでも、頭の引き出しが増える近道になるのです。

4.辞書を使う

辞書を使うことでも頭の引き出しを多くすることができます。

もしわからない単語や言葉があれば、辞書で正しい意味を調べてみましょう。

ネットでも簡単に調べることができるので、とにかく自分の分からないことが出てきたら調べる習慣をつけるのです。

分からないままにしておけば、いつまでたっても頭の引き出しが増えていくことはありません。

なんでだろう?どういう意味だろう?という疑問が浮かんだら、すぐに辞書で調べるようにすると、知識がどんどん増えていきますよ。

5.いろんな人と交流する

いろんな人と交流をするというのも、頭の引き出しを増やすきっかけになります。

様々な人と交流をすることで、頭の使い方や、対応の仕方など、人とのコミュニケーション能力を高めることができます。

それと同時に多くの人と会話をすることで、自分ではできない経験もその人たちからリアルな話を聞くことができるでしょう。

また自分とは異なる考え方や意見を聞けるので、とても勉強になるのです。

そのようなことをしてくうちに、頭の引き出しや知識なども増えていくはずです。

6.チャレンジする

興味のあることにはどんどんチャレンジしていきましょう。

知識を増やすことがだけが頭の引き出しを増やす方法ではありません。

本やネットの情報でももちろん引き出しを増やすことはできますが、それでも自分の経験こそが一番です。

実際の経験は、自分の感情やリアルな情景も頭の中に残ります。

それを自分の引き出しとして会話のレパートリーに追加すれば、どんな知識にも負けない面白い話ができるでしょう。

7.失敗経験を増やす

失敗経験を増やすというのも1つの方法です。

人というのは失敗から学ぶことが多いです。

失敗から学ぶというのはそこから、何が原因で上手くいかなかったのかというのを考えることになるのです。

これは成功した時より多くの理由が見つかるはずです。

失敗経験とはもうこの様なことをしないためには、どの様に工夫をすれば良いのかを考えることができます。

そしてまた失敗したのであれば、前回と比べて成長できるところがあったのかも見ることができるでしょう。

この様な積み重ねで頭の引き出しもどんどん豊富になっていくのです。

1度経験した苦い思い出というのは必ず記憶に残っていますよね?

その時に同じことはしないと思いつつ行動をすると思います。

失敗経験というのはそれほど人に影響を与えてくれる良いものなのです。

頭の引き出しというのは記憶から出してくるものなので、その記憶が鮮明であればあるほど、より多くのものが引き出せるでしょう。

8.コミュニケーションを取る

コミュニケーションを取るということも頭の引き出しを増やす方法の一つです。

頭の引き出しが多いというのは様々な考えや視点が浮かんでくる人です。

コミュニケーションを取ることでもそれは同じことだと言えます。

コミュニケーションが上手い人は、初対面の人に何を話すのか、仕事先の人にどのようにして今の現状を伝えるのかなど、瞬時に思い浮かぶと思います。

コミュニケーションが取れない人と取れる人の違いというのは、もしかしたら頭の引き出しの数が関係するのかもしれません。

話す内容が次々と出てくるのは、それほど話題が豊富であるということにもなるのです。

相手がどんな人でもコミュニケーションを積極的に取ることで、頭の引き出しは増えていくでしょう。

9.情報を入手する

情報を入手するというのも引き出しを増やす方法です。

普段の生活でも実践している人も多いのではないでしょうか。

情報を入手するというのは普段の生活で皆がやっていることです。

ですが頭の引き出しというのはそれだけでは増えません。

更に情報を入手する必要があります。

ネットなどで検索をして細かく見たり、考えたりすることが頭の引き出しを増やす方法でもあるのです。

情報を入手した際は、更にそのことについて深く考えることが大切です。

10.読書をする

読書をするというのも良いでしょう。

読書というのは様々な知識を頭の中に入れ込むことができます。

自伝を読めば、誰かの人生や考え方を知ることができます。

小説を読めば、物語の主人公が感じる感情を共有することができるでしょう。

それらをそのまま自分の知識として活かすこともできます。

読書をすることは、頭の引き出しを簡単に増やす方法なのです。

11.引き出しをたくさん持ってる人を真似る

引き出しをたくさん持ってる人を真似るという方法もあります。

自分がまず目標としている人を決めて、その人を真似てみると良いでしょう。

すると違いが出てくると思います。

仕事などで同じ作業をしているとして、その人のやり方と自分のやり方に違いがあるかどうかを見てみるのです。

仮にそのやり方が違うとなった場合は、その人の違う見方で仕事を効率良くこなしているということになります。

人を真似るというのは自分を成長させるための近道でもあります。

12.必要な情報であるかどうか見極める

引き出しを増やす方法を実践するときには、必要な情報であるかどうかの見極めということも大切です。

ただ取り入れて発信するだけではなく、本当にこの情報は正しいのかということを常に考えましょう。

すべての情報が正しいとは限りません。

もし会話のレパートリーが増えたとしても、間違った情報を伝えてしまえば信用をなくしてしまうかもしれませんよね。

そうならないためにも、すべてを鵜呑みにせず、自分の意見を取り入れながら答えを出していようにしましょう。

頭の引き出しを増やすためにおすすめの本

では実際に、頭の引き出しを増やすためにおすすめの本をご紹介します。

頭の引き出しが多い人の習慣

この本は、どのようにして頭の引き出しが多くなるのかということがわかりやすく書かれています。

勉強や仕事であまり上手くいかないという人に向けて書いた本でもあります。

そこまで厚い本ではないので読みやすいと思いますよ。

人生を変えるアタマの引き出しの増やし方

頭の使い方や専門知識からビジネスまで、頭の引き出しについて細かく書かれている本です。

ビジネスでも役立つような内容になっているので、是非読んでみてください。

情報入手おすすめアプリ

ここでは、情報を仕入れるためにおすすめなアプリをご紹介します。

自分に合った情報サイトやアプリを見つけ毎日チェックしてみましょう。

どの様なアプリがあるのか見ていきましょう。

ニューズピックス

ニューズピックスは、ビジネスでも役立つような経済情報が満載のアプリです。

ただニュースを読むだけでなく、専門家による解説などもあるため、色々な人の意見を知ることができます。

ニュースに対して自分でもコメントをしたり、誰かのコメントを読むこともできるので、自分の意見を発信したい人にもおすすめです。

グノシー

グノシーは経済面だけではなく、エンタメ系やスポーツなど幅広いニュース情報を取り扱っています。

コラムやIT系、グルメの情報まで、様々なニュースを最新の情報で知ることができますよ。

ニューズピックスはビジネスマン向けですが、グノシーに関しては幅広い年代の人でも興味を持てる内容がたくさんです。

頭の引き出しが多い人の4個のメリット

頭の引き出しが多い人には様々なメリットがあり、様々な所で役に立ちます。

メリットを知れば、もっと頭の引き出しを増やしたいと思えるかもしれません。

1.仕事に活かせる

仕事に活かせるというのは何よりもメリットになるでしょう。

引き出しが多いというのは、発言できるというだけではありません。

「考え」という引き出しにも繋がるのです。

例えば何かの企画があったとして、その企画のアイデアを考えますよね。

頭の引き出しが多い人は、様々なことを知っているのでそれを活かし、たくさんのアイデアが浮かんできます。

何かを新しく作るという時にとても重宝するのです。

他にも作業をするにあたって、効率的に進めることができるでしょう。

また、営業の仕事でも会話のレパートリーが多いため、取引先の方とスムーズに距離を縮めることができるかもしれません。

2.場が盛り上がる

場が盛り上がるというのも頭の引き出しが多い人のメリットです。

場が盛り上がるというのは会話が弾んで盛り上がるという意味であり、皆が楽しい雰囲気で過ごすことができます。

頭の引き出しが多い分、いろいろな人と会話をすることができ、どんな相手でも楽しませることができるのです。

3.人生楽しい!

頭の引き出しが多い人は、コミュニケーション上手でもありますよね。

初対面でもすぐに仲良くなれたり、人と話したりすることが得意なのです。

そのため、周りにはいつも人が集まってきて、楽しい人生が送れるのかもしれません。

4.恋愛でも活かせる!

恋愛では会話というのは必要不可欠ですよね。

頭の引き出しが多い人は、相手を楽しませることができたり、相手の興味のある話題に詳しかったりと、恋愛にも役立つのです。

情報を整理して引き出しを増やそう!(まとめ)

情報というのは常に整理をすることが大事です。

情報を整理しつつ引き出しを増やすことで更に頭の回転スピードが速くなったり、仕事や恋愛、様々な事に対して活かせるのです。

頭の引き出しは増やして損はないので、積極的に増やしていくように心がけましょう。

ページトップ