CoCoSiA(ココシア)

好きな人と話したい!きっかけ作りの6個の方法や会話を続けるコツを伝授


出会いがあれば別れがあり、また出会いが巡ってきます。

長い人生の中で出会う人は数知れず、毎日すれ違っているだけの他人を含めればとんでもない数の人と毎日出会っているのです。

そんな多くの人の中で、誰かに恋をするというのは奇跡に近いことなのです!

大勢いる中で、心を惹かれてしまう相手がいるということは、運命のほかなにものでもありません!

奇跡のような恋、何もせずに終わらせてしまうなんてもったいないですよね。

せっかく好きな人ができたのであれば、積極的にアプローチをするべきです!

そして、アプローチするにはまず話をできる関係になることが必要です。

今日は、大好きな人がいるのに奥手が災いして話かけることすらできないすべての人へ、その効果的な方法を詳しくご紹介しちゃいます!

せっかく好きになれる相手に出会ったのですから、好きな人と話したいと思ったら後悔のないように勇気を出してたくさんアタックしましょう!

好きな人と話したい!最初のステップはきっかけづくり

大好きなあの人と話したい!でも話したこともないし迷惑がられたら傷つく、、そんな風に、最初の一歩を踏み出せずにいる方は、今も昔もたくさんいますよね。

好きな人には絶対嫌われたくないという思いから、あまりにも慎重に考えすぎて何もできなくなっているのでしょう。

初対面の同性と話すことすら緊張するのに、思いを寄せた人に自分から話かけるなんてなかなかできませんよね。

好きだと意識してしまえば尚更、話そうとすると赤面してしまったり、周りからからかわれるのが嫌で、話すチャンスはどんどん遠のいてしまいます。

そんなハードルの高い「話しかける」という行為ですが、きっかけさえ作ることができれば、実は話かけることはそこまで難しいことではありません。

きっかけづくりに焦点を置いて、自分に合ったアプローチの仕方を考えましょう。

好きな人にアタック!でもどうやって?


好きな人にアタックしたい!自分の思いを伝えたい!

恋する男女の頭の中はそうした欲求でいっぱいになっていることでしょう。

しかし、どうやってアプローチしたらいいのか分からず、誰にも悟られずに消えていく恋心がどれほど多いのでしょうか。

好きな人へのアタックの仕方というものに、こうすれば絶対に成功する!というものはありません。

一人一人感じ方も性格も違う上に、タイミングやその時の相手の機嫌などによっても状況は簡単に変わるため、そこに正しいアプローチの仕方というのは存在しないのです。

しかし!話しかけるきっかけづくりというのは誰にでもできることであり、チャンスを掴む始めの第一歩となるのです。

まずはきっかけづくりに全力を尽くすことを目標に、勇気を出せるように頑張りましょう!

好きな人と話すきっかけ6個

好きな人と話すには、まずはきっかけが必要です。

きっかけさえ作ることができれば、あとは毎日の挨拶やちょっとした会話など近く方法はたくさん出てきます。

きっかけとは色々な角度から作ることができますが、あまりにもわざとらしいきっかけでは、逆に相手から引かれてしまう可能性もあります。

パンをくわえたままぶつかる、最初は嫌な相手を装って近づくなど、まるで少女漫画のワンシーンかのような演出をするのは絶対にやめましょう。

きっかけというのは、できるだけ自然な流れで嘘っぽく見えないことが理想的です。

自然に話かけることにより、相手の警戒心を解いてより近づくことができるのです。

では自然なきっかけとはどのようなものでしょうか?

好きな人と話す際、自然に話かけることのできるおすすめのきっかけ6つを一気にご紹介いたします!

1、親切心で話しかけるor話しかけさせる

親切心で話しかける、または相手から話しかけてもらうようにすると、自然に会話を始めることができます。

初対面の人に急に話しかけられれば、誰でも少し警戒してしまうことでしょう。

まずは相手がどういう人間なのか、無意識に探ろうとしてしまうのが人間のさがです。

そこで、まずは相手を安心させるという意味でも、親切心で話しかけるようにしましょう。

また、どうしても自分からではなく相手から話しかけられたい!という方は、相手の親切心を上手く引き出させることも有効です。

相手の親切心を利用するようですが、これで相手の本性がわかるというメリットもありますので、臆せずにトライしてみてくださいね。

例:〜手伝いますか?

親切心で話しかけるとき、出来るだけ自然に且つ相手が助かるような声がけをすることが好ましいです。

相手が困っているところを上手く見つけて話しかけるのが一番無難でしょう。

例えば、「〜手伝いましょうか?」といった感じに、いきなり距離も近すぎず自然な声がけを意識しましょう。

重たい物や多くの荷物を一人で運んでいるときや、何か大変な作業を必死でやっている場面なんかは声もかけやすいです。

親切心とは人それぞれですので、自分の思う親切が全て相手も嬉しいと感じるかどうかは分かりません。

そのことを十分理解していなければ、このきっかけづくりは失敗に終わってしまいます。

例えば、落ち込んでいるところに突然知らない人が「どうしたの?」なんて話しかけてくると、怪しいにも程がありますよね。

話しかけるときは、プライベートに踏み込みすぎずあくまで初対面だといことを意識して自然な流れを作るようにしましょう。