社会人になると、これまで使うことがなかったような言葉などを日常的に使ったりすることが多くなります。

なぜならば、社会人になると責任がある立場に身を置くようになるので、当然ながら話し方や話す内容などはそれまでとは大きく変化するようになるからです。

また、単純にプロとして様々な言葉などを発していく中で、適切な表現方法であったり、その場に沿った言い回しなどを用いる必要性が生まれることもあるからです。

例えば簡単な例を挙げるとすれば、社会人になって接客という仕事を行うようになった場合、当然ながら相手に対して失礼のない言葉を使って接客をする必要性が生まれます。

ため口を使って相手と接していれば、当然相手は不快な気持ちになりますし、企業のイメージが傷つけられてしまい、大きな問題に発展してしまいます。

なので、それを防ぐためには相手に対して不快にならないような言葉遣いを身につける必要性が生まれるということです。

また、専門的な分野で仕事を行う場合、いわゆるその分野においてのビジネス用語というものを扱ったりする機会が生まれたります。

例えば、金融業界であったり、IT業界などにおいては専門用語などは頻繁に用いられたりすることが多いです。

専門用語以外での表現ももちろんありますが、やはり専門用語のほうが利便性の高い言い回しになることもあり、覚えておく上で損になるようなことはまずありません。

また、自分は使わなかったとしても周りが使用しているのであれば、最低限意味くらいは理解しておかないと意思疎通の面で大きな問題が出てくる可能性もあります。

そこで、今回はビジネスの場面で用いられているビジネス用語に着目し、使用率の高い言葉でもあるガバナンスという言葉をテーマにして、ガバナンスの意味についてご紹介します。

ガバナンスがどういう意味を持っているのか、ガバナンスという言葉はどのように使うべきなのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

ガバナンスという言葉について

昔と比べてビジネス用語を仕事で使っているという人はとても多くなっていると思います。

昔は専門職についている人しかビジネス用語を使ったりすることはなかったかもしれませんが、今ではビジネス用語は一般的な会社でも用いられたりしている場合があります。

もちろんこれは会社によってよりけりなので、あくまで使ってる会社が増えているだけで使っていない会社なども存在しています。

しかしながら今後の流れを考えてみると、これからより多くの会社がビジネス用語を使い始める可能性があるのではないか、と考えることができます。

なので、ビジネス用語に関してはある程度の意味くらいは知っておく必要性がありますし、言葉によっては一般常識レベルの知識に位置づけられる可能性もあります。

だからこそビジネス用語がとても身近な存在になりつつあるということを踏まえた上で、知らないビジネス用語を学ぶ姿勢を持つ必要性が生まれています。

そこで、今回はガバナンスという言葉について着目し、ガバナンスという言葉を正しく認識できるきっかけとして活用していただきたいと思います。

ガバナンスという言葉は、おそらく普段ビジネス用語を使ったりしているわけではない人でも耳にしたことがあるような言葉だと思います。

それぐらい、今ではたくさんの方に認知されている言葉であり、比較的用いられやすい言葉でもあると考えることができます。

なので、ガバナンスという言葉を知らない方は、ガバナンスという言葉はどのような意味を持っている言葉なのか正しく判断をできるようにしておきましょう。

ガバナンスとは?

ガバナンスという言葉はビジネス用語の中では有名なであり、利用頻度が高い言葉として位置づけられています。

そして、様々な言葉が存在しているビジネス用語の中でも比較的重要性が高い言葉として用いられたりすることも多いです。

しかしながら、そもそもガバナンスという言葉の意味合いを理解していなければガバナンスという言葉を用いたり、理解することもできないと思います。

なので、まずはガバナンスという言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

一見するととても難しい言葉の印象を受けますが、意味を正しく理解していればそれほどまでに難しい言葉でもありません。

まずは正しい意味を理解して、ガバナンスという言葉の正しい使い方理解できるように基礎知識を学んでいきましょう。

統治

ガバナンスという言葉がどのような意味を持っているのかと言いますと、ガバナンスという言葉には「統治」という意味が挙げられます。

考えてみると、私たちが生きている、今の世の中に関しては様々なことが統治されていると考えることができます。

例えば、仕事場に関しても統治されていますし、生活する上でも最低限統治されている環境の中で生きていると考えることができます。

ガバナンスとは、そのような統治ということに対してもそうですが、統治されている体制や方法などに対しても適用することができる意味を持っています。

つまり、統治という言葉に関係する様々意味合いを持っている言葉であり、広い意味合いで用いることができる言葉であると考えることができます。

しかし、統治という言葉に関しては、なかなか日常生活で頻繁に用いたりするような言葉でもありません。

なので、統治という言葉の意味自体があいまいになってしまったり、よくわからないと感じている方も多いと思います。

そこで、統治という言葉の意味はどのような意味なのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

ガバナンスという言葉の意味を理解する上で、統治という言葉の意味を解釈することはとても重要なことなので、正しく理解できるようにしてください。

統治とは?

統治という言葉にはどのような意味が存在しているのかと言いますと「まとめ、おさめること」という意味合いが存在しています。

他の言葉で表現するとなると、例えば特定の少数者が権力を背景にして集団に一定の秩序を付与しようとすることを意味しています。

少し難しく感じるかもしれませんが、他の言葉で簡単に言い直すとすれば政治という言葉で表現することができると考えられます。

例文にして考えてみると「国を統治する」という言葉などで表現したりすることなどができるようになります。

今私たちが生きているこの世の中に関しては、先ほどのお伝えした通り考えてみると様々な部分が統治されていると考えることができます。

例えば私たちが生きている日本という国に関しては、法律という存在により統治されていると考えることができます。

なぜならば、法律があるからこそ、一定の秩序が保たれており、ある程度平和な世界で生きることができていることに他ならないからです。

もしも今私たちが住んでいる日本において法律がなくなってしまったと考えてみると、大変なことになってしまうということは想像するに容易いことだと思います。

犯罪がはびこり、普通に生活することすらままならない環境になってしまう可能性が十分考えられるからです。

なので今私たちが住んでいる日本が法律で統治されている環境であるということは事実であり、それは平和な世の中を築き上げるために必要な要因であると考えられます。

このように当時という言葉を使って様々な言葉を表現することができるということになります。

もちろん法律だけに対して使用されるのではなく、人が何かを統治したりする面においても表現することもできますので、広い意味合いで用いることができる言葉でもあります。

ガバナンスとガバメントの違いとは?


ここまではガバナンスという言葉がどのような意味を持っているのかということを簡単にご紹介していきました。

ある程度ガバナンスという言葉の意味を理解いただけたところで、ここからはガバナンスという言葉によく似ている言葉についてご紹介していきたいと思います。

ある程度教養がある方ならば、ガバナンスという言葉に似ている言葉である「ガバメント」という言葉についても把握していると思います。

ガバメントという言葉に関しては、ビジネスの場において積極的に用いられたりすること自体はガバナンスよりも少ない言葉ではあります。

しかしながら非常によく似ている言葉であり、意味が混同してしまいやすい言葉としても知られています。

なので、間違って使ってしまったりすることもある言葉なので、意味の違いを理解した上で十分に気をつけながら表現しなければいけない言葉でもあります。

もしもガバメントという言葉の意味を知らないのであれば、この機会にどのような違いが存在しているのか、正しく把握するきっかけとして活用してみてください。

ガバメントの意味とは

ガバメントという言葉がどのような意味を持っている言葉なのかと言いますと「国家の政府、地方公共団体などの行政府、及び統治者」を意味している言葉になります。

先ほど統治するという言葉の意味合いについてご紹介をしましたが、一般的に考えて、統治するということは統治する側の存在がいるはずですよね。

例えば、先ほどご紹介した法律などにおいてもそうですが、そもそも法律を作った側の人間であったり、法律を司っている存在がいるはずです。

また、国を統治するという行動においてもそうですが、日本でいえば天皇であったり、総理大臣、または政治を行っている政府や行政府などが存在しています。

このように統治をしている存在、する側の存在である統治者に対して、ガバメントという言葉は使用されています。

なので、非常によく似ている言葉ではありますが、ガバナンスという言葉とガバメントという言葉に関しては決定的な違いが存在しています。

かなり意味合いが似ている言葉同士ではありますが、同じ意味合いではありませんので、その点をよく注意した上で使い分けるようにしてください。

ガバメントとガバナンス

ガバメントという言葉とガバナンスという言葉について触れていきました。

そして、この二つの言葉に関しては決定的な違いが存在している言葉であり、同じ言葉ではないということをご紹介いたしました。

その上で、改めてガバメントとガバナンスという言葉に関してどのような違いが存在しているのか簡単にまとめてご紹介します。

ガバメントという言葉は先ほどお伝えした通り「国家の政府、地方公共団体などの行政府、及び統治者」を意味している言葉になります。

そして、ガバナンスという言葉は「統治、統治されている体制や方法、まとめおさめること」という意味が存在しています。

つまり、この両者の言葉の意味の違いを考えてみると、統治している存在自体を表す言葉か、統治に関する仕組みや体制を表す言葉か、という違いが見て取れます。

統治する存在自体を表す言葉はガバメント、統治に対する仕組みや体制はガバナンスという言葉で表現されますので、根本的な意味が違います。

正しく理解しておけば、そこまで難しい言葉ではありませんが、呼び方などが似ているので、意味が混同してしまいやすくなります。

なので、正しく理解して使い分けられるようにしておきましょう。

ガバナンスにはどんな言葉があるの?


ここまではガバメントという言葉とガバナンスという言葉の具体的な違いについてご紹介していきました。

ある程度意味の違いを理解いただけたところで、ここからはガバナンスという言葉に関してさらに掘り下げてご紹介していきます。

冒頭でもお伝えした通りですがガバナンスという言葉に関してはビジネス用語として用いられたりすることがとても多いです。

人によっては日常業務の中でガバメントという言葉を使って表現したりすることがよくあるという方もとても多いと思います。

しかしながら普段からビジネス用語を使っていない人からしてみれば、ガバナンスという言葉にはどのような言葉があるのかよくわからないと感じる人も多いと思います。

そこで、ここからはガバナンスという言葉にはどのような言葉があるのかということについていくつか項目ごとにご紹介していきたいと思います。

ガバナンスという言葉を単体で使ったりすることもあれば、ガバナンスという言葉に単語をつけて使ったりすることもあります。

また、ガバナンスという言葉の意味合いではありますが、その他の呼び名の言葉でそれを表現したりすることもあるので、若干使い方が複雑になりがちです。

そのような状況があるということを把握した上で、ガバナンスという言葉を正しく扱えるように関係性のある様々な言葉を身に着けておきましょう。

コーポレートガバナンス

ガバナンスという言葉の表現方法の一つとして「コーポレートガバナンス」という言葉が存在しています。

コーポレートガバナンスとはどのような言葉なのかと言いますと、まずコーポレートには「団体の、企業の」という意味が存在しています。

そして、ガバナンスには「統治、統治されている体制や方法、まとめおさめること」という意味が存在しています。

なので、両者を組み合わせて考えてみると、コーポレートガバナンスには「企業統治」という意味合いが存在しているということがわかります。

そもそも、ビジネスの場面においてガバナンスという言葉が用いられる場合、ほとんどの場合がこの意味合いで用いられるようになります。

政治的な意味合いなどはビジネスの場面で用いられたりすることは少ないので、あくまで企業に関係する言葉として使用されることが多いです。

では、コーポレートガバナンスが意味している企業統治という言葉にはどのような意味が存在しているのか、具体的にご紹介していきます。

企業統治

コーポレートガバナンスとは企業統治という言葉の意味が存在するとこ紹介しました。

では、企業統治とはどのような意味なのかというと、「企業の不正行為の防止と競争力、収益力の向上を総合的にとらえた長期的な企業価値の増大に向けた企業経営のしくみ」です。

非常に難しい言葉の意味になりますが、コーポレートガバナンスにおける目的は二つ存在しています。

コーポレートガバナンスの目的の一つとしては企業の不祥事を防ぐことであり、もう一つの目的は企業の収益力を強化するということになります。

これらの目的の背景に関係する理由としては、株式会社という組織が世の中に与える影響力の大きさが理由になっています。

株式会社と一言に言っても、その背景には株主は消費者、従業員、そして取引先の会社であったり、系列の会社、そして債権者など、様々な人が関係しています。

つまり、株式会社という組織が世の中の人に与える影響力というものは非常に大きなものであり、それなりの秩序保たなければいけないということになります。

そこでコーポレートガバナンスという言葉が出てきて、その考え方が非常に大事な考え方であり、形成しなければいけない仕組みとして認知されているのです。

これこそがコーポレートガバナンスの意味合いであり、ガバナンスという単語を使った一つの言葉として考えられます。

ITガバナンス

次にご紹介するガバナンスという言葉の表現方法の一つとして「ITガバナンス」という言葉が存在しています。

もともとITガバナンスという言葉に関しては、どちらかといえばコーポレートガバナンスよりも認知度が低い傾向にあると言えます。

しかしながらインターネットの発達によって、その言葉なども次第に注目度を浴びるようになりました。

そして、2002年にみずほ銀行のシステム統合における障害が発生した事件から急激に認知度が上がり、たくさんの人たちが使用するようになっています。

ITガバナンスという言葉に関しては、非常に難しい言葉のように感じてしまいがちですが、意味自体は理解しておけばそこまで難しい言葉ではありません。

先ほどご紹介したコーポレートガバナンスの意味合いを正しく理解した上で、ITガバナンスにはどのような意味があるのか、ご紹介していきます。

コーポレートガバナンスをITの側面から捉えたもの

ITガバナンスという言葉は、簡単に言えば「コーポレートガバナンスをITの側面から捉えたもの」という解釈をすることができます。

どういうことかと言いますと「ITへの投資であったり、効果、リスクなどを継続的に最適化するための組織的な仕組み」のことを意味しています。

しかしながらITガバナンスに関しては非常に広い意味合いを持っている言葉であるともされており、現状明確な定義などは存在していない状況になります。

ただ、経済産業省からは「企業が競争優位性の構築を目的として、IT戦略の策定及び実行コントロールしあるべき方向へ導く組織能力」と定めています。

先ほどもお伝えした通りインターネットの力は今の時代にとっては必要不可欠な存在でもあります。

インターネットが発達したことによって私たちの生活は一変し、非常に利便性が高い生活に変化していますし、ビジネスにおいてもその重要性は変わりません。

インターネットを用いることができなくなった場合、私たちの生活においても、企業の活動においても甚大な影響を与えてしまいます。

それを踏まえて考えてみると、ITガバナンスがいかに大事な考え方であり、仕組みであるかということはすぐにわかるはずです。

なので、ITガバナンスに関してはコーポレートガバナンスと同じくらい大事な考え方であり、仕組みであるということを覚えておいてください。

ガバナンスの正しい使い方とは?

ここまではガバナンスという言葉に関係した言葉についていくつかご紹介していきました。

ガバナンスという言葉に関連した言葉を理解いただけたところで、ここからはガバナンスという言葉の正しい使い方についてご紹介していきたいと思います。

意味を理解していても正しい使い方をすることができなければ、言葉をマスターすることはできません。

また、間違った使い方をすることによって間違った意思疎通を行ってしまうことに繋がりますし、恥ずかしい状況になる可能性もあります。

似ている言葉が複数存在していたり、意味を正しく理解していないと複雑な解釈になってしまう言葉でもありますので、十分注意して使用する必要性があります。

日本ではコーポレートガバナンスが多く使われている

普段からガバナンスという言葉を使っている人からしてみればそこまで難しい使い方にはならないと思います。

しかし、あまり日常的にガバナンスという言葉を使っていない人からしてみれば、どのように言葉を使えばいいのかよくわからなかったりする可能性もあります。

なのでいまいちガバナンスという言葉の使い方がわからない方に関しては、この機会に正しいガバナンスの使い方を理解するようにしてください。

そもそもガバナンスという言葉に関しては統治するという言葉の意味が存在しています。

なので、統治するという言葉を言い換えて使用したりするイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、ビジネスの場面においてガバナンスという言葉を使用する場合、ほとんどの場合が先ほどお伝えしたコーポレートガバナンスという言葉で使われたりします。

つまり、何かを統治するという意味の言葉をを言い換えるのではなく、企業の統制に関して
表現したりするときに使用されるのがほとんどだということです。

なので、ガバナンスという言葉を使うということは、コーポレートガバナンスを意味しているという解釈を持った上で使用すると理解しやすくなるはずです。

企業内で統制がとれているか

ビジネスの場面におけコーポレートガバナンスという言葉を使って表現する場合、大抵の場合は企業内で統制が取れているかどうかということを意味する場合に使われます。

そして、そもそも企業における統制が取れているかどうかということに対して、どのように判断をするのか?ということについてもご説明します。

一般的に企業における統制というものは、内部統制を意味していることがほとんどです。

簡単に言えばトップである経営陣から、末端の存在である一般社員までが、効率よく業務を行えているか、そして業務に参加できているかということが判断基準です。

そして、会社が打ち出している企業方針が周りの人間に対して周知徹底されているかどうかということも非常に重要な判断基準になります。

例えば末端の社員だけが頑張って経営陣である上の立場の人間が仕事を全く行わないような状況は内部統制がとれているとは言い難いですよね。

もちろん経営陣だけが頑張って末端の社員が頑張っていないということも全く同じような状況であると言えます。

そして、経営陣が打ち出した会社全体の企業方針を末端の社員が理解せずに、いい加減に仕事をしているような現状があった場合は内部統制が取れているとは言えません。

このように、企業の中においてしっかりとした統制が取れているかいないかということがコーポレートガバナンスがしっかりしているかしていないかということに繋がります。

逆に言えばコーポレートガバナンスをしっかりと行うことにより、その企業が機能する要因になると考えることができます。

なので、経営においてコーポレートガバナンスをしっかりと行うということが非常に大切なことであり重要なことであるということになります。

だからこそビジネスの場面においてコーポレートガバナンスという仕組みが重要であり、重要度が高い存在になっているのです。

社長から社員までの全員に法令や効率、方針を尊守しているか

ビジネスの場面におけるコーポレートガバナンスという言葉はどのような意味で用いられるのかということをご紹介しました。

意味を正しく理解すれば、コーポレートガバナンスがいかに重要度が高い存在なのかということがお分かりいただけたと思います。

そして、コーポレートガバナンスという言葉に関しては非常に広義的な意味で用いることができるということも言えます。

例えば、ガバナンスを強化するという言葉を考えてみても、非常に様々な意味で使用することができます。

例えば、単純に内部統制を強化するという意味でも解釈できますし、業務の効率化という意味でも解釈ができます。

それだけではなく、意思疎通を図り、方針を共有するという意味合いでも考えることができます。

なので、コーポレートガバナンスという言葉を正しく理解しておけば様々な場面において利便性の高い表現方法を行うことができます。

コーポレートガバナンスの機能しない企業に関しては必ず衰退していくようになりますし、力がなくなっていきます。

ビジネスの場面において、ガバナンスの強化は非常に重要なことであり、一人ひとりが自覚したり、遵守しておかなければいけないことであるということも覚えておいてください。

ガバナンスを使うときと例文

ここまではガバナンスという言葉の使い方についてご紹介していきました。

ある程度ビジネスの場面においてどのように用いられるのかということがわかったところで、ここからはガバナンスという言葉を使う際の例文についてご紹介します。

これまでガバナンスという言葉を用いたことがない方は、ガバナンスという言葉を使った基本的な例文を覚えておくようにしてください。

基本的な使い方さえ分かっておけばそこまで難しい表現方法にはなりません。

様々な場面において、用いることができる便利な言い回しの言葉でもありますので、よく使う言い回しをいくつかご紹介します。

例文.ガバナンスが効いていない

まずはじめにご紹介するガバナンスという言葉を使った例文は「ガバナンスが効いていない」という例文です。

これはどのような意味の例文なのかと言いますと、単純に「内部統制がとれていない」という意味で解釈することができます。

先ほども伝えした通り企業における内部統制とは、トップである経営陣から、末端の存在である一般社員までが、効率よく業務を行えているか、という意味です。

つまり、この例文に関してはコーポレートガバナンスの仕組みが全く機能していないような場面において用いたりすることができる言葉ということです。

企業におけるコーポレートガバナンスの重要性はとても高いものになっています。

コーポレートガバナンスがしっかりと行われていない場合はその企業が衰退していく可能性が高まってしまいます。

なので、企業における危機的な状況において、ガバナンスの問題を指摘する表現方法の一つとして覚えておくようにしてください。

例文.ガバナンスを強化する

次にご紹介するガバナンスという言葉を使った例文は「ガバナンスを強化する」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「内部統制を強化する」という意味で解釈することができます。

この例文に関してもコーポレートガバナンスという言葉の基本的な意味を理解しておけばそこまで難しい例文でもありません。

また、この例文は先ほどご紹介した例文同様、企業におけるガバナンスの機能性の問題を指摘した際に、用いられるような例文でもあります。

企業においてガバナンスは非常に重要であり、会社を機能させる重要な要因でもあります。

企業が活動を行う中で、必ずしっかりとぶれないガバナンスを機能させる必要性があり、その強化を訴えかける際の例文となります。

まとめ

今回はガバナンスという言葉をテーマにして、ガバナンスという言葉の意味や似ている言葉との違いについてご紹介していきました。

難しい言葉だと感じる人もいるかもしれませんが、数あるビジネス用語の中でも非常に重要性が高い言葉のひとつでもあります。

ビジネス用語の使用率は年々高まっており、今後様々な企業で使用されることが予想されます。

そうなった場合に、基本的なビジネス用語を知らないということはとても困ってしまう状況になります。

それを踏まえて考えてみると、多少難しい言葉だったとしても、頻繁に用いられる可能性のある言葉は早い段階で知っておく必要性があります。

ガバナンスという言葉はまさに認知度も高く、重要性の高い言葉でもあります。

なので、この機会に正しい認識を持てるように、意味や使い方などを正しく理解しておくようにしてください。