CoCoSiA(ココシア)

男性が慰めて欲しい時の女性の神対応...(続き2)

通り過ぎ様にぽんと軽く肩を叩きながら、笑顔で「考えすぎないようにね」と声をかけたり、飲み物を渡しながら「無理しないでね」と一言伝えたりするだけでも、男性の心はほっと軽くなると思います。

声をかける内容も、男性の心の負担にならないようにするのがポイントです。

例えば「みんなあなたに期待してるんだよ」とか「早く元気になってね」などの励ましの言葉の場合、男性によってはプレッシャーに感じたり、焦ったりすることがあります。

そのため、「頑張るのもほどほどにね」とか「無理のない程度にね」など、男性に対する気遣いを感じさせる声かけが理想的です。

ほんの一言だけでも声をかけられることで、男性はこちらが自分を気遣っているのだということが伝わり、「早く気持ちを持ち直そう」という気持ちになりやすいです。

説教はいらない

男性が落ち込んでいる時に、最も必要ないと感じているのは、女性からの余計なお説教です。

同性からの説教ですら今は聞きたくないと思っている可能性が高いのに、さらに女性から知った風に説教をされるのは、男性をひどく不快な気持ちにさせます。

例え女性が男性の上司の立場であったとしても、落ち込んでいる男性に対して頭ごなしに説教をするのは、嫌がられる大きな原因となります。

上司であれば尚の事、部下の男性の気持ちを汲み取って、軽く声かけだけをするなり、暫く一人にするなりして男性に自己反省の時間を作ってあげましょう。

3.話をただただ聞いてくれる

女性が誰かに愚痴を零す時、大抵はただ自分の気持ちを相手に聞いてもらいたいだけだと思っていることが多いです。

自分が今どんな気持ちでいるのか、どんなことに対して不満を感じているのかをただ黙って相手に聞いてもらって、さらにそれに共感をしてもらえれば嬉しいと考えていることが多いです。

男性によってはそうした女性同様に、自分の落ち込んでいる原因について、ただ話を聞いて欲しいと考えていることがあります。

ただ黙って、相槌を打ちながら話を聞いてもらうだけでも、男性は「自分の悩みを聞いてもらえた」と満足することが多いです。

話を黙って聞いてくれる

プライドの高い男性ほど、女性には静かに自分の話を聞いて欲しいと考えていることが多いです。

余計なお説教やアドバイスは求めておらず、また下手に励ましや慰めの言葉をかけると、男性によっては「下に見られている」と感じることがあります。

そうした男性の相手をする時には、とにかく黙って、ひたすら相手が満足するまで話を聞いてあげます。

そうすると男性は満足して、こちらがとくに何もしなくても、「気の利く女性だ」と思うことが多いです。

一方で、何かアドバイスを男性が求めている場合には、「何か言って欲しい」と視線や言葉でアピールしてくるため、その時には相手の求めるように言葉を返してあげると良いでしょう。

4.場合によっては怒ってほしい

男性は場合によっては、女性に怒ってほしいと思っていることがあります。

例えば考えてもいい解決方法が浮かばずに、いつまでもうじうじと悩んでいる自分に嫌気が指した時に、男性はそんな自分自身を叱咤する意味でも、こちらに対して厳しい言葉を発してほしいと考えていることがあります。

そのような場合には、大抵は男性の方から「こんな自分に何か厳しい言葉をくれ!」と直接求めてくることが多いです。

もしも男性からそうした要望を受けたなら、遠慮せずに「いつまでもうじうじ悩まずに、さっさと行動したらどう!?」や「後悔したって時間は巻き戻せないのだから、さっさと諦めて次の行動に移りなさい!」など、遠慮なく男性を怒ってあげましょう。

中途半端に気を遣った言葉をかけられるよりも、いっそストレートに怒られた方が良いと男性は考えていますので、その気持ちに応えてあげましょう。

Mな男性にしか通用しないことを理解しよう

男性の方から求めてきたのなら、遠慮なく怒っても問題はありません。

ただし、男性が求めていない場合には、絶対に怒らないようにしましょう。

サバサバした性格の女性ほど、「情けない男性ほど気合いを入れる必要がある」と考えてしまいがちですが、男性は基本的に女性に怒られるとそれを不快に感じたり、余計に精神的なショックを受けたりします。

また、「女のお前に何が分かる!」と逆上する可能性もあり、そうなったらお互いに罵倒し合う最悪の結果になりかねませんので、男性から求められない限りは、頭ごなしに怒るのは止めましょう。

女性が男性を怒るといった励まし方が通用するのは、男性が精神的にMの場合だけですので、十分に注意しましょう。

5.何も言わずに側にいる

慰めの言葉をかけるでもなく、アドバイスをするでもなく、落ち込んでいる男性に対して何もせずにただ側にいるというだけでも、男性にとっては慰めになっていることがあります。

誰もが沈黙を気まずいものだと考えてしまいがちですが、時に「沈黙は金なり」です。

何も言わずに、ただ黙って男性の側にいるだけでも、男性は女性から暖かな温もりの気配や気遣いの感情を感じ取っています。

そして、あえてこちらが何も言わないことを有難いと感じる男性は少なくありません。

周りから何かを言われてこれ以上傷つきたくないと思っている男性や、プライドの高い男性、静かに考え事がしたい男性など、さまざまなタイプの男性に効果的な対応方法でもあります。

一方で、一人になりたい男性や、何か声をかけて欲しいと考えている男性にとっては、「放っておいてほしい」や「何も言わないなら何で側にいるんだよ」などと思われてしまうため、男性が今求めているものを敏感に感じ取れるように意識しましょう。

6.年下男性は褒めてあげるのが効果的

相手が年下男性の場合には、説教をするよりも褒めてあげる方が効果的です。

年下男性の場合、女性が年上だということは理解していながらも、やはり男としてのプライドがあります。

そのため、上から慰めの言葉をかけられるよりも、褒めてもらえた方が「自分のことを認めてくれている」という喜びの感情が芽生えやすいです。

男性は元々年齢差に関係なく、女性から尊敬されたり、褒められたりすることを嬉しいと感じやすいため、落ち込んでいる男性を褒めることで男心をくすぐることになり、男性は気を持ち直しやすくなります。

そのため、年下男性を励ます時には、「いつもよく頑張ってくれているよね」「あなたの努力はみんな認めてるよ」など、褒めながら励ましの言葉をかけると良いでしょう。

上手な褒め方について詳細はこちら >

7.休息を取るように促す

つい頑張り過ぎてしまう男性の場合、自分が一生懸命に頑張っていることを自覚しながらも、その頑張りが他の人よりも足らないと感じていたり、どの程度頑張ればいいのか限度が分からなかったりすることがあります。