人には様々な能力があり、それぞれ得意な能力や苦手な能力などあるでしょう。

また、持っていれば人生を送る中で役に立つ能力もあれば、そんな能力あっても役に立たないよね、なんて能力もあります。

あなたは、どのような能力を持っていますか?

そんな今回のテーマは『洞察力』です。

目に見えない部分の状況や雰囲気などを読みぬく能力のことを洞察力といいますが、あなたには洞察力は備わっているでしょうか?

また、あなたの周囲には、このような洞察力が高い人は存在するでしょうか?

もしいるとすれば、その人は他の人とは違うオーラであったり、雰囲気を出していませんか?

「洞察力ってなに?まったくイメージができない?」そんな人もいると思います。

今回の記事を読み終えた時には洞察力の全てがわかっていることでしょう。

洞察力が深いといわれる人はどんな人なのか、どんな特徴を持つのかを紹介していきます。

洞察力を磨けばいろいろ得をする


洞察力は、そう簡単に手にすることができない人間の能力です。

「よし、洞察力をどんどん高めよう」と考えたとしても、実際にはどのように洞察力を磨けば良いのかもわからないことでしょう。

しかし、洞察力は磨くのが大変ですが、磨くだけの価値は大いにあります。

人間力が高い人でないと洞察力を高める事は難しいかもしれません。

洞察力があれば、仕事もうまくいきますし、出世願望がある方にとっては誰かの上に立った時には必要な能力になります。

また、私生活などでの生活などもうまくでしょう。

相手がどのような気持ちでいるのか、どんな心境なのか?といったところにも気を配れる様にもなりますし、余裕を持った気持ちになれることでしょう。

また、人に気が使えるようになりますし、相手が求めている事をいち早く察知し行動できるようになるので、異性にもモテるようになるかもしれません。

尊敬もされますし、どんどん人との繋がりも増えていきます。

洞察力を磨き高めていく事で数えきれないくらいの得をします。

誰かに尊敬されたり、心から信頼されたいなんて考えている人は、洞察力を磨くことに力を注いだ方が良いかもしれません。

洞察力が深いと言われる人の共通点

実際には、あなたの周りにも洞察力が深いと感じている人は存在するのではないでしょうか?

いまいちピンときていない人にも、洞察力が深い人の共通点を紹介していきます。

このような共通点を多くもっている人は、おそらく洞察力が鋭い人といえるでしょう。

今後洞察力を磨いていくのであれば、まさに現在洞察力が鋭い人の行動を見て学ぶのもありなので、しっかりと把握しておきたいところです。

経験豊富

洞察力が深い人というのは、今まで色々な経験をしている人が多いです。

その経験を糧にどんどん洞察力が磨かれているということでしょう。

実際にはどんな経験かというと、辛い事や楽しい事、嬉しい事や泣きそうなこと、それぞれ感情が突き動かされる様々シチュエーションや場面を経験しているということです。

状況によってどうすればいいのか、その経験を活かして考えたり行動すことができます。

そのため、相手の考えていることを察したり、目の前の問題を解決していくことが得意な人も多いようです。

コミュニケーション能力が高い


洞察力が深い人というのは、人とのコミュニケーション能力が高い人が多いです。

自分がどのようにすれば相手が喜ぶのかもわかれば、相手を怒らせてしまうのかという部分もわかっています。

そのため、人とコミュニケーションを取ることも得意なのでしょう。

ですから、いつも様々な人とコミュニケーションを取っていますし、新しい人とも積極的に会話ができます。

どんな職位の方に対しても会話を合わせることができるテクニックも持っているという人も少なくありません。

特に自分を取りつくろうとはせずに、自然な形でのコミュニケーションを取る事ができます。

普段から人の様子や動きをチェックしている


人間観察力に長けており、常に周囲の人たちや近くにいる人たちの様子や動きをチェックしています。

そうすることによって、様々な流れや状況を読み取ることができますし、この人がどういう人で、あの人はどういう人なのかというのを常に把握することができています。

なので、何かあった時にはいつも的確なアドバイスであったり、明確な助言をすることもできるようです。

こういったことは、洞察力なしでは難しいでしょう。

気配りや心配りができている人は多くいますが、洞察力をフルに使って人間観察や様子をチェックしている人はなかなかいないことでしょう。

これは、やろうと思ってできることではないですし、目の前のことばかり考えている人にはできないことといえます。

物事の一歩先をいつも考えている


先見の明にも長けているのが、洞察力の高い人の共通点です。

いつもその時の状況などを読めているのはもちろんのこと、この先どうなっていくのか?という一歩先の物事を考えています。

いくつかのパターンを考えていることが多く、どのような状況になってもそれに対応できる策なども頭の中には詰まっています。

仕事の場面では非常に役に立つ能力で、今月の売上ばかり考えている人はなかなか将来的にも売上を伸ばす事は難しいでしょう。

しかし、来月、3ヶ月先、半年先、1年先、5年先を常にイメージし、将来的に売り上げがどうなっているのかという先を読んで計画を立て実行している人は、会社で良い業績を上げている人が多いです。

もちろん、洞察力が高い人は、このように先のことをイメージし予測し、今自分が何をすべきかを考え行動しています。

雑誌やニュースをよく見ている


洞察力の高い人は、時代の状況を読む事にも長けている人が多いです。

これは、自然と読み込むことができるのか?といえばそうではありません。

そうした状況を把握するために、個人的に努力をしているという賜物でしょう。

普段から雑誌やニュースをよく見てることが多く、自分の興味が引いた事や今後自分や周りの人生に必要だと思ったことは、とことん勉強し学んでいきます。

何が凄いかというと、もちろん雑誌やニュースを読んだり見たりして勉強することは凄いですが、一番は常に何かを学んでいかなくてはいけないということ自覚し、それを、実践しているところが挙げられるでしょう。

口だけだったり、行動に移せない人は多いですが、洞察力が深い人はそういったことがいかに無駄かということがわかっているのでしょう。

とにかく自分を磨く事をやめない、意識の高い部分は共通する点かもしれません。

いろんな人と交流している


洞察力が鋭い人は、そのコミュニケーション能力の高さからいろんな人と交流している事が多いです。

もちろん人種の垣根を越えて外国人であったり、自分とは全く接点がない人とでも交流を深めようとします。

普通の人であれば、自分の生活に関係ない人であったり、全く接点のない人であれば、交流はしないでおこう、交流する必要はないだろうと考えるかもしれません。

ですが、洞察力が深いと言われる人は、色々な人と交流することによって、何か自分にきづけるものがないかと考えます。

常に学ぼうという意識が高いので、色々な物事や人に興味を持つのです。

そうやって、色々な人との交流をする経験によって、さらに洞察力が高まっていきます。

経験をたくさん積んで色々な人に触れ合う事で、自分の人間力が向上する事に気づいているのかもしれませんね。

恋愛上手

洞察力が深いと言われる人は、異性にモテる傾向があるようです。

なので恋愛も非常に上手という特徴があります。

人間観察力が高く、常に周囲の人がどんな様子でどんな状況かを理解しています。

そして、自分がどのような行動を取れば好かれるか、自分の興味がある人が振り向いてくれるのかということを理解しているので、男女関係は非常にうまくいくことが多いでしょう。

アピールするのも上手ですし、相手が今何を求めているのかを察することも得意です。

さらに、人間的な魅力もあるので、そのような洞察力のある人から言い寄られた場合、嫌な気持ちはしません。

また、押しても反応のない相手にはしつこくもしませんし、無理なら無理で切り替えも早いです。

そういったことから、恋愛上手ということがいえます。

洞察力を鍛える方法


洞察力があることがいかに得な事で、いかに日常の生活に役に立つのかを理解していただけたはずです。

では、この洞察力というのは生まれ持った時に身につけている人しか手に入れられない能力なのでしょうか?

答えはNOで、努力することができれば洞察力を鍛える事は可能です。

もちろん、そう簡単に身につけれる能力ではないかもしれませんが、毎日コツコツと当たり前のことを意識するだけで、洞察力を手にすることができると思います。

では実際に、どのようにして洞察力を鍛えていくのかをお伝えしていきます。

日常生活から意識してみる


洞察力を鍛えるには、日常生活の細かい部分から意識を高めていきましょう。

洞察力はなんとなく生活しては、鍛えることは難しいです。

日ごろから、洞察力を高めようと意識することが必要になります。

洞察力に大切な事は、気付くことです。

何より目に見えない部分を深く読み解く能力なので、普通の感覚でいては鍛える事はできないでしょう。

自分の神経を集中させ、常に敏感にアンテナを張る事が大切です。

何気ない日常の中で、何か1つでも違いを見つける


毎日を普通に生活をしていれば、特に変わり映えのない1日になるはずです。

そんな何気ない日常の中でも何かの変化を見つけましょう。

そのような細かい変化に気付けるのも洞察力を鍛える上で必要なことです。

洞察力が深いと言われる人は、何もない状況からでも何かにきづき変化を与えることができる人です。

こういったことは、普段から意識をしていないと気付くことができないことので、そういった感覚を普段から養いましょう。

また、いつもと少し違う行動をしてみてもいいかもしれません。

少しでも違う行動をとることで、視野が広がり何か気付きがあることもあります。

周囲の人の話に耳を傾けてみる


周囲の人の話から何か気付くことは多いので、周囲の人の話にはなるべく耳を傾けるようにしましょう。

意識を高めクセづけしていくことによって、相手の気持ちを考えることができたり、相手が何を求めているのかを気付くことができるでしょう。

苦手な人でも積極的にコミュニケーションを取る


普通の人は、自分の気が合う人や自分に都合の良い人としか、付き合ったりコミュニケーションを取ったりしないかもしれません。

自分から好んで苦手な人とコミュニケーションを取る人はなかなかいないと思いますが、洞察力を高めるにはそういった苦手な事にもどんどん挑戦していきましょう。

苦手な人にも事情があり、その人なりに考えていることがあります。

それを何も考えずに避けているのではなく、積極的にコミュニケーションをとって理解しようとすることが大切です。

相手が何を思っているのか求めているのか、相手の視点を持つことができれば、洞察力が深いと言われる人になることができるかもしれません。

縦のつながりを広げる


縦のつながりも自分を成長させ、洞察力を高めるためには必要になってきます。

自分の年代の人とばかり付き合っていると、見えてくるものも見えない場合があります。

どうしても同世代の人とでは価値観が近いですし話しやすいです。

しかし違う世代の人と付き合う事で、人それぞれの価値観が大きく違ってきます。

そこで、この年代の人はこういったことを大切にするんだと非常に勉強になることでしょう。

またこのような縦の繋がりを広げる事で、様々な会話に対応できるようになるので、どんな人とも楽しく会話ができるようになるでしょう。

物事を客観的に見てみる

物事を見る際には、自分の感情や考えを含めるのではなく、できるだけ客観的にみるようにしましょう。

自分の意志や感情が入った考え方と、客観的にみる考え方というのは全く違ってきます。

どうしても、自分本意で考えると相手に対して嫌な思いをさせたり、何か反論された場合には感情的になってしまう場合も多いでしょう。

しかし、客観的に物事を見ることができればどんな意見を言われても、それを客観的に受け入れることができるので、素直に人に話しを聞く事ができます。

視野を広げて物事を考える


自分の狭い感覚や価値観のなかで物事を考えていると、非常に狭い視野になってしまうので、視野を広げて物事を考えるクセをつけましょう。

あなたの中では、もの凄いことと思っていても宇宙規模で物事を考えると、非常に小さく感じることもあるのではないでしょうか。

そのくらい視野を広げた考え方であれば、どんなことが起きても動じなくなりますし、小さい事に一喜一憂しなくなります。

心の落ち着いている大人の対応を目指しましょう。

見えないものをイメージするように想像力も鍛える


洞察力は見えないものを察し気付食ことが大切なので、想像力も鍛えなくてはいけません。

仕事や恋愛でもいいので、「この先私がこうしたらどうなるだろう?」など、結果を何パターンか想像してみるのもいいかもしれません。

また、寝る前に何か想像をして、その想像を膨らませるなんていうのも良いでしょう。

想像ならどんなことでも良いです。

何か楽しいことや将来のことなど、しっかりと自分の中でストーリーを組み立てながら想像できるとなお良いですね。

イメージすることは洞察力を鍛えるのに最高の訓練になります。

読書をして想像力を鍛える


読書をすることは洞察力を鍛えるのに有効な方法です。

読書をしてその内容に入り込み、どんどん想像するようにしましょう。

読書をしながらその内容を目で読み、頭の中では場面を想像するんです。

読書をしながら映画を観るような感覚でしょう。

そして、その人物がなぜそのような行動をとるのか、どんな気持ちなのかを想像しながら読むといいですね。

また、自分が主人公ならどうするか、自分が登場人物ならどんな行動をするのかも同時に想像したり、話しを内容とは別の方向にもっていったりと色々と想像の幅を広げていきましょう。

注意力を高める


危機管理や、注意力を高めることも洞察力を深めることに繋がります。

注意力を高めるということは、何か小さな変化や細かい事に気付くということです。

これは、普段から意識をしていることが大切で、いきなり注意力を高めようと思っても難しいでしょう。

なので、何か歩いている時でも車を運転している時でも、気を抜かないで何か注意すべき点はないか、何か危険は迫っていないかという周囲に気を配る事は大切なことです。

常にポジティブになること

常に前向きに、ポジティブでいることは洞察力を鍛える上で重要です。

ネガティブな気持ちでいると、何かに気付いたり、他の人の変化に気付くことも難しいでしょう。

ネガティブな人は、自分のことしか考えていないことが多く、何かに興味を持つということがあまりないのかもしれません。

「なぜこうなるんだろう?」と問題を解決しようとせず、「もう無理だ」とそこで諦めてしまうので、視野が狭いままです。

しかし、ポジティブであれば心に余裕がありますし、自分のことだけではなく周囲の人にも気を配れます。

しかも物事を変な方向に考えず、必ず良い方向へと変えるので洞察力は鍛えやすいといえるでしょう。

洞察力を鍛えることで得られるメリット


実際に洞察力を鍛える事で得られるメリットとはなんでしょうか?

洞察力を鍛えその能力が向上していくと、自分でも思いもよらないメリットがあるかもしれません。

しかし、それは本気で洞察力を鍛えようと努力をした人にしかわからない、見えないものです。

本当に洞察力を鍛えたいと思うのであれば、すぐに投げ出さずに今回紹介した方法を毎日続けるようにして下さい。

それを頑張った時には、自分でも信じられない力を発揮できるでしょう。

いろんなトラブルから回避できる


高い洞察力を身につけると、何かトラブルが起きても冷静に対処できるようになっていますし、あまり焦る事のない自分がいるでしょう。

物事を客観的にみる事ができるので、何が正しいかもわかりますし、トラブルが起こった時にまず自分が何をやるべきかということをすぐに理解する事ができます。

トラブル回避能力も格段と上がりますから、いろいろなトラブルに巻き込まれる前に自分で気付いて、トラブルが起きそうな場面や場所には近づかないようになります。

人間関係がうまくいく


洞察力が深い人は、他人を冷静に見ることができ、自分がその人とうまく付き合っていくためにはどのような言動で接すれば良いかということがわかっています。

相手の雰囲気や、今どんな感情なのか?という部分にもいち早く察知できるので、フォローをしたり気を使う事もできます。

さらに、苦手な人もあまりいないのでどんどん人間関係がうまくいくことでしょう。

仕事がうまくいく


もちろん仕事もうまくいきます。

ビジネスのシーンにおいて洞察力が優れている人は、かなり仕事ができる人ともいえるでしょう。

先を読む事ができれば、ビジネスにおいて何が大事なのかを見極める目を持つことができます。

または上司や部下にも好かれますし、出世も早い事でしょう。

仕事において自分の売り方も知っていますし、何より誰に対しても平等で接する事ができるのは大きな武器になります。

自分を磨く事ができれば、どんどん仕事がうまくいくことでしょう。

自然とお金が入ってくる


人生がうまくいくと、自然とお金が入ってきます。

洞察力が高いと、仕事もうまくいきますし人間関係もうまくいきます。

また自分を客観的に見て、正しいのかそうではないのかと判断することができるでしょう。

なので自然とお金も入ってきますし、ムダな事にお金を使おうとする心がなくなることでしょう。

お金は使わなければ自然と貯まっていくので、貯金も多くなってくるかもしれません。

早い段階で問題解決ができる


洞察力が高いとこれからトラブルになりそうなことや問題になりそうなことに早い段階で気づけるようになります。

早くきづけば気づくほど、問題解決は早くすみますし、余計なトラブルが起きることは少なくなるでしょう。

何が問題で、何が問題ではないのか、なかなか気づくのは難しいですが、普段からの意識することによって、こういった何も起こらない時からでも先が想像できるようにもなるでしょう。

人生を思いっきり楽しめる


洞察力は自分を成長させるためには大切な要素です。

いわゆる人間力を高めるということにも共通するでしょう。

このような悔いのない人生を歩んでいくと同時に、思い切り人生を楽しめるということにも繋がります。

こうなれば、自分にも自信がもてますし、自分に自信があると本当に人生は楽しくなっていきます。

人生は楽しんだもん勝ちですし、1回きりの人生なので、どうせなら洞察力を磨きに磨いて、大きく人間性を高めていきたいところですね。

そもそも洞察力ってなに?


散々洞察力のことについて書いてきましたが、あなたは洞察力って何かわかりましたか?

「凄い能力で持っていると得する事がたくさんある」というイメージはもっていただけたと思います。

確かにその通りで、誰でも身につけているものではないが、身につけている人は様々な場面で活躍していますし、周囲の人間には重宝されている人でしょう。

では、洞察力の意味を具体的に見ていきましょう。

「観察力」と「洞察力」の違い


観察力は「目に見えるものを見極める力」のことで、洞察力とは「目に見えない部分を見抜く力」となります。

観察力が高い人は多いかもしれません。

色々な事に興味がある人であれば、余計観察力は高いのではないでしょうか?

観察力は誰でも高めることができるでしょう。

例えばあなたが花が大好きな方であれば、花に対しての観察力は非常に高いでしょう。

女性に興味がある男性であれば、女性に対する観察力は高くなるはずです。

人は自分の興味があることに関してはどんどん観察力を高めることができます。

それもそのはずで、自分が興味があったり好きなものですから、観察力が高くなるのは当然のことでしょう。

しかし、何に対しても総合的に観察力が高い人となると話しは別です。

色々なことに興味を持ち、自分からどんどん観察力を高めていける人はなかなかいないでしょう。

洞察力は、目に見えない部分を見極める力ですから、普通の感覚では感じることのできない部分です。

今まで生きてきた経験や、雰囲気を読む力、空気を読む力、人の心理を読む力など必要な力が多いのが洞察力です。

人間関係を円満にするには洞察力を磨く


人間関係を良くするということは、基本的に人に自分から悪い印象を与えないということが考えられるでしょう。

相手に何かを求める前に、自分から何かに気づき動いていく事が大切になります。

この世の中には色々な人がいますし、それぞれ生まれ育ってきた環境は違います。

考え方も違うのであれば、価値観だって大きく違ってきます。

もちろん相性が良い人同士もいることでしょう。

そういった人は自然と引合されていきますし、友達になるのも早いかもしれません。

しかし、友達とさえ付き合っておけば良いのは学生時代までです。

社会人になったら、そうは言ってられません。

会社には色々な人もいますし、色々な年齢の人もいます。

また業務によっては、苦手な人と一緒に仕事をしたり、長時間一緒にいなくてはいけない場面も多いことでしょう。

そんな時に洞察力が無い人であれば、苦手な人とはうまくやっていくことは難しいかもしれません。

仕事は1人でできるものではありませんし、会社の仲間の協力があってこそ成り立つものです。

そのように考えると、やはり人間関係とは本当に大切なものなんだと感じます。

洞察力があれば、人間関係はくうまくき、苦手な人はあまりいなくなるかもしれません。

全ては自分の捉え方なんですが、洞察力がなければそういったことにも気付けないでしょう。

洞察力を磨き、人間関係を円満にしていきたいものです。

洞察力を磨く前に観察力を磨こう


洞察力を鍛えるのはもちろん大切ですが、実は洞察力を身に付けるには観察力が大切です。

観察力とは目に見える部分を見極める能力ですが、まずは色々なことに興味を持ち、色々と観察していかなくてはいけません。

自分の好きな事、興味があることばかり観察していても、本当の観察力というのは身につかないでしょう。

まずは目に見える者を見抜く力を養わなくては、洞察力のような目に見えない部分を見抜く能力は養われないはずです。

日常の生活をただ過ごすのではなく、少しのことに対しても疑問や興味をもち、そういったことをとにかく勉強し調べるクセづけをしていけば、洞察力を磨くことができます。

洞察力だけではなく、人間的にも成長していくことでしょう。

洞察力を磨いて素敵な人生を送ろう!(まとめ)


素敵な人生を送るには、やはり自分が周囲から高い評価を得たり、自分の周りには好きな人ばかりという状態が好ましいでしょう。

そうするためには、周囲に何かを求めるのではなく、まずは自分が変化することが大切なポイントです。

そのような考えを持つために、まずは洞察力を鍛えていきましょう。

今はなくても鍛える努力をすれば間違いなく洞察力は身につきます。