人には様々な能力があり、それぞれ得意な能力や苦手な能力などあるでしょう。

また、持っていれば人生を送る中で役に立つ能力もあれば、そんな能力あっても役に立たないよね、なんて能力もあります。

あなたは、どのような能力を持っていますか?今回テーマに上げるのが洞察力です。

目に見えない部分の状況や雰囲気などを読みぬく能力のことを洞察力といいますが、あなたには洞察力は備わっているでしょうか?洞察力というのは、磨こうと思ってなかなか磨ける能力ではないことは確かです。

しかし、習得が難しいことと引き換えに、洞察力を持っていると得することや、日々の生活または人生において役に立つ事はたくさんあることでしょう。

人間力が高い人は、この洞察力が高いです。

また日々洞察力を磨こうとも努力をしています。

そのくらいこの洞察力があれば、仕事の場面においても活躍できますし、人間関係においても大きな力を発揮してくれる事でしょう。

あなたの周囲には、このような洞察力が高い人は存在するでしょうか?もしいるとすれば、その人は他の人とは違うオーラであったり、雰囲気を出していませんか?「洞察力ってなに?まったくイメージができない?」そんな人もいると思います。

今回の記事を読み終えた時には洞察力の全てがわかっていることでしょう。

これから洞察力を身につけたい方、または洞察力に興味がある方、洞察力の重要さには気付いているけど、自分に身につけることができない、という方のために洞察力が深いといわれる人はどんな人なのか、どんな特徴を持つのかを紹介していきます。

洞察力を磨けばいろいろ得をする

洞察力は、そう簡単に手にすることができない人間の能力です。

「よし、洞察力をどんどん高めよう」と考えたとしても、実際にはどのように洞察力を磨けば良いのかもわからないことでしょう。

しかし、洞察力は磨くのが大変ですが、磨くだけの価値は大いにあります。

とにかく人間力が高い人でないと洞察力を高める事は不可能でしょう。

洞察力があれば、仕事もうまくいきますし、出世願望がある方にとっては誰かの上に立った時には必要な能力になります。

また、私生活などでの人間生活などもうまくいきます。

相手がどのような気持ちでいるのか、どんな心境なのか?といったところにも気を配れる様にもなりますし、余裕を持った気持ちを持てることでしょう。

また、人に気が使えるようになりますし、相手が求めている事をいち早く察知し行動できるようになるので、異性にもモテるようになるでしょう。

尊敬もされますし、どんどん人との繋がりも増えていきます。

洞察力を磨き高めていく事で数えきれないくらいの得をします。

誰かに尊敬されたり、心から信頼されたいなんて考えている人は、洞察力を磨くことに力を注いだ方が良いかもしれません。

洞察力が鋭い人の共通点

実際には、あなたの周りにも洞察力が高いと感じている人は存在するのではないでしょうか?いまいちピンときていない人にも、洞察力が鋭い人の共通点を紹介していきます。

このような共通点を多くもっている人は、おそらく洞察力が鋭い人といえるでしょう。

今後洞察力を磨いていくのであれば、まさに現在洞察力が鋭い人の行動を見て学ぶのもありなので、しっかりと把握しておきたいところです。

いろんな経験をしている

洞察力を磨くには、色々な方法があります。

なにせ目に見えない部分と読みぬく能力できから、そう簡単に手に入るものではないでしょう。

洞察力が鋭い人というのは、今まで色々な経験をしている人が多いです。

その経験を糧にどんどん洞察力が磨かれているということでしょう。

実際にはどんな経験かというと、辛い事や楽しい事、嬉しい事や泣きそうなこと、それぞれ感情が突き動かされる様々シチュエーションや場面を経験しているということです。

洞察力がなければ生きてこれなかったなどの経験も大きいでしょう。

例えばですが、小さい頃、親が離婚し酒乱の父親に引き取られ毎日びくびくした経験をしていた。

このような経験であれば、毎日洞察力を研ぎ澄まさなければ生活はできないでしょう。

どのようにすれば父親とうまく生活できるか、酒乱の父親を落ち着かせる方法は何か?このようにうまく場を収めようとして色々考えるというのも洞察力を磨ける方法になります。

もちろんこれは極端な例ですが、このように洞察力を使わなければ大変な目に合うなんて経験を今までしている人は、非常に洞察力が鋭い人間なはずです。

様々な人とコミュニケーションを取っている


洞察力が鋭い人というのは、人とのコミュニケーション能力がかなり高いです。

人の心を読むのが上手ですし、自分がどのようにすれば相手が喜ぶのかもわかれば、相手を怒らせてしまうのかという部分もわかっています。

なので、人とコミュニケーションを取る事なんてお手のものといったところでしょう。

ですから、いつも様々な人とコミュニケーションを取っていますし、新しい人とも積極的に会話ができます。

まず人見知りをしませんし、どんな職位の方に対しても会話を合わせることができるテクニックも持っています。

特に自分を取りつくろうとはせずに、自然な形でのコミュニケーションを取る事ができています。

普段から人の様子や動きをチェックしている

人間観察力に長けており、常に周囲の人たちや近くにいる人たちの様子や動きをチェックしています。

そうすることによって、様々な流れや状況を読み取ることができますし、この人がどういう人で、あの人はどういう人なのかというのを常に把握することができています。

なので、何かあった時にはいつも的確なアドバイスであったり、明確な助言をすることもできるんです。

こういったことは、洞察力なしではできません。

気配りや心配りができている人は多くいますが。

洞察力をフルに使って人間観察や様子をチェックしている人はなかなかいないことでしょう。

これは、やろうと思ってできることではないですし、目の前のことばかり考えている人にはできないことといえます。

物事の1~3歩先をいつも考えている

先見の明にも長けているのが、洞察力の高い人の共通点です。

いつもその時の状況などを読めているのはもちろんのこと、この先どうなっていくのか?という1~3歩先の物事を考えています。

いくつかのパターンを考えていることが多く、どのような状況になってもそれに対応できる策なども頭の中には詰まっています。

仕事の場面では非常に役に立つ能力で、今月の売上ばかり考えている人はなかなか将来的にも売上を伸ばす事はできません。

しかし、来月、3ヶ月先、半年先、1年先、5年先を常にイメージし、将来的に売り上げがどうなっているのかという先を読んで計画を立て実行している人は、会社で良い業績を上げている人が多いです。

もちろん、洞察力が高い人は、このように先のことをイメージし予測し、今自分が何をすべきかを考え行動しています。

雑誌やニュースをよく見ている

洞察力の高い人は、時代の状況を読む事にも長けています。

これは、自然と読み込むことができるんか?といえばそうではありません。

そうした状況を把握するために、個人的に努力をしているという賜物でしょう。

雑誌やニュースをよく見ています。

そして、自分の興味が引いた事や今後自分や回りの人生に必要だと思ったことは、とことん勉強し学んでいくんです。

何が凄いかというと、もちろん雑誌やニュースを読んだり見たりして勉強することは凄いですが、一番は常に何かを学んでいかなくてはいけないということ自覚し、それを、実践しているところがあげられるでしょう。

大抵の人は口だけだったり、行動に移せない人が大半ですが、洞察力が高い人はそういったことがいかに無駄かということがわかっています。

とにかく自分を磨く事をやめない、意識の高い部分は共通する点でしょう。

いろんな人と交流している

洞察力が鋭い人は、そのコミュニケーション能力の高さからいろんな人と交流している事が多いです。

もちろん人種の垣根を越えて外国人であったり、自分とは全く接点がない人とでも交流を深めようとします。

普通の人であれば、自分の生活に関係ない人であったり、全く接点のない人であれば、交流はしないでおこう、交流する必要はないだろうと考えるのが一般的ですが、洞察力の鋭い人は、色々な人と交流することによって、何か自分にきづけるものがないかと考えます。

常に学ぼうという意識が高いので、色々な物事や人に興味を持つんです。

そうやって、色々な人との交流をする経験によって、さらに洞察力が高まっていきます。

経験をたくさん積んで色々な人に触れ合う事で、自分の人間力が向上する事に気づいているんですね。

恋愛上手

洞察力が鋭い方は、とにかく異性にモテます。

なので恋愛も非常に上手という特徴があります。

人間観察力が高く、常に周囲の人がどんな様子でどんな状況かを理解していますし、自分がどのような行動を取れば好かれるか、自分の興味がある人が振り向いてくれるのかということを理解しているので、男女関係は非常にうまくいきます。

口説くのが上手ですし、相手の心に入るこむのが非常に上手といえるでしょう。

人間的な魅力もあるので、そのような洞察力のある人から言い寄られた場合、嫌な気持ちはしません。

また、押しても反応のない相手にはしつこくもしませんし、無理なら無理で切り替えも非常に早いです。

そういったことから、恋愛上手ということがいえます。

洞察力を鍛える方法

洞察力があることがいかに得な事で、いかに日常の生活に役に立つのかを理解していただけたはずです。

では、この洞察力というのは生まれ持った時に身につけている人しか手に入れられない能力なのでしょうか?答えはNOで、しっかりと努力することができれば、洞察力を鍛える事は可能になります。

もちろん、そう簡単に身につけれる能力ではありませんが、毎日コツコツと当たり前のことを訓練するだけで、驚くぐらいの洞察力を手にすることができます。

実際に、どのようにして洞察力を鍛えていくのかをお伝えしていきます。

日常生活から意識してみる

洞察力を鍛えるには、日常生活の細かい部分から意識を高めていく必要があります。

洞察直はなんとなく生活しては、確実に鍛えられない能力になっています。

日ごろから、絶対に洞察力を高めようとする強い覚悟が必要になります。

洞察力に大切な事は、きづくことです。

何より目に見えない部分を深く読み解く能力なので、普通の感覚でいては鍛える事はできないでしょう。

自分の神経を集中させ常に敏感にアンテナを張る事が大切なことになります。

何気ない日常でも何か1つでも違いを見つける

毎日を普通に生活をしていれば、特に変わり映えのない1日になるはずです。

そんな何気ない日常の中でも何かの変化を見つけましょう。

そのような細かい変化に気付けるのも洞察力を鍛える上で必要なことです。

洞察力が鋭い人は、何もない状況からでも何かにきづき変化を与えることができる人です。

こういったことは、普段から意識をしていないと絶対にきづけないことです。

そういった感覚を普段から養いましょう。

周囲の人の話に耳を傾けてみる

周囲の人の話から何かきづくことのあるので、周囲の人の話にはなるべく耳を傾けるようにしましょう。

こういう風に何かからきづくことは大切で、常に敏感にアンテナを張る必要はあります。

最初はあまりきづくことはできないんですが、意識を高めクセづけしていくことによって何らかの変化にきづくことでしょう。

しかし、聞く耳はしっかりともたなくてはいけません。

素直な気持ちが大切です。

苦手な人でも積極的にコミュニケーションを取る

普通の人は、自分の気が合う人や自分に都合のよい人としか付き合ったりコミュニケーションを取ったりしないでしょう。

自分から好んで苦手な人とコミュニケーションを取る人はなかなかいないと思いますが、洞察力を高めるにはそういった苦手な事にもどんどん挑戦していくことが必要です。

さらに、このような絶対に普段やらないようなことをすると、経験として頭と心に残る事でしょう。

このような経験は洞察力を鍛えるのにもってこいです。

なので、どんどん苦手な人とコミュニケーションを取るようにしましょう。

意外な気づきが得られます。

縦のつながりを広げる

縦のつながりも自分を成長させ洞察力を高めるためには必要になってきます。

自分の年代の人とばかり付き合っていると、見えてくるものも見えない場合があります。