お喋りしている時に、毎度毎度、自分の話ばかりするタイプの人っていますよね。

「私って〜だからさ」「私は〜だけどね!」と、どんな話題にも自分の話を差し込んでくる人は、なんだかちょっと面倒です。

他の人が話していてもすぐに割り込んできたり、自分の考え方や自分の経験を長々と語ったり…。

正直に言うと「聞いてないんだけどな…」「別にあなたの話は知りたくない」と思っている人も多いと思います。

️自分の話しばかりをする人って何を考えている?

自分の話ばかりする人は、なぜ人の話に耳を傾けず、上手に会話を成り立たせることができないのでしょうか。

話している本人は、自分の好き勝手で喋っているので楽しいのかもしれません。

しかし聞き手側としては、苦痛以外のなにものでもありません。

「どうしてこの人は自分のことばかり話すんだろう」…と、相手の行動心理が全く理解できずに、不思議に思うこともあるでしょう。

️自分の話ばかりをしている人の心理

自分の話ばかりをする人のことを「自己中心的」「お喋りな人」と片づけてしまうのはちょっと早いかもしれません。

自分のことばかり話してしまう人の心理は、実は意外と奥深いものである可能性もあります。

1、自分に興味を持って欲しい

自分のことばかり話すということは、話し相手に自分のことを知ってほしいと思っているケースもあります。

ただ、「話したいから」ではなく「自分に興味を向けてほしいから」という気持ちで自分のことを話す場合は、話し相手に対して好意的な感情を持っていることが大多数。

好きな人に自分のことをよく知ってほしいと思う気持ちなら、きっと理解できるでしょう。

そのアピール方法がやや強引で、自分中心になってしまっているのは否めませんが、自分に構ってほしくて一生懸命話していると思うと少し可愛く見えてくるのではないでしょうか。

2、相手が聞き上手な人だから

話を聞いてくれる相手が、聞き上手な人だと、ついつい話に熱が入ってどんどん話し込んでしまうことってありますよね。

喋るのが好きな人だと尚更、気持ちよく話をさせてくれる聞き上手な相手が目の前にいると、調子に乗って沢山話してしまうのでしょう。

なので、あなたに向かって「話を聞いてほしい」という人がいるのなら、あなたが聞き上手だということかもしれません。

話しやすい相手には、いろいろなことを聞いてほしくなってしまうものです。

聞き上手な人は、包容力があり、頼りがいを感じられるので、あまりお喋りじゃない人でも、ついつい色々なことを話したくなってしまうものです。

3、気分が乗っている


良いことがあったときや、お酒が入っているときなど、気分がいい時の人は、口が達者になるものです。

テンションが上がっているときは、何をしていても楽しいものですが、人から注目されて話すのは、さらに気分がいいでしょう。

どんなに気分が良くても、一人でいたら特に楽しくも何ともありませんが、近くに自分の話を聞いてくれる人がいるだけで、気分はどんどん良くなっていきます。

気分がいい時に周りからチヤホヤされると、それはもう幸せでしょうから、注目されたい一心で口も良く回るのでしょう。

4、ストレスが溜まっているから

気分が良い時とは正反対で、ストレスが溜まってる時に口数が多くなる人もいます。

イライラした気持ちがどうにも収まらず、口から溢れるように零れ出てしまうのでしょう。

気持ちに歯止めが付かないほど、ストレスを抱え込んでいる時は、周りのことに構っている余裕なんていうのもありませんから、どうしても自分中心の発言が増えてしまいます。

イライラした気持ちを形にすることで、フラストレーションが解消されることも多いので、精神的に追い詰められているときや、余裕がない時には自分の話をすることが多くなってしまうようです。

5、自信家で自己主張が激しい


人が話を聞いていて「なんだかイヤだな」と思うタイプは大半、自信家で自己主張が激しい人でしょう。

これまで紹介してきたようなタイプは、「この状況なら仕方ないな」と許せる部分がありますが、ただ自己主張をしたいだけの人にはそうは思えません。

何度聞いたかわからない自慢話を繰り広げ、人が話しているところに割り込んでは自分の意見をひけらかす。

こういう人は、自分のことが大好きで、自信が有り余っているのでしょう。

自分が会話の中心になりたい、話題になりたい、注目されたいという気持ちが前に前に出てきてしまって、話の話題は常に自分のことばかりになってしまいます。

6、承認欲求が強い

「周りの人から認められたい」と商人欲求が強い人は、自分のことを周囲にアピールしようとするあまり、自分の話ばかりをするようになります。

他の人よりも自分が優れているということを、周囲に知らしめたいと考えているので、仕事の話や自分に対する周りからの評価などを話題にすることが多いみたいです。

認められたいという気持ちが強くなると、最終的には「自分が周囲の人より劣っていることが許せない」「周囲を支配する立場になりたい」と支配的な欲求を抱くことになる可能性も高いので、承認欲求が強い人の扱いは注意が必要です。

7、実は寂しがりや

寂しがりやの人は、周りに置いて行かれることを恐れて、周囲の注意を自分に向けようとする傾向があります。

いわゆる「かまってちゃん」と呼ばれる分類の人も、自分の話ばかりをする特徴があります。

TwitterやFacebookといったSNSでも、自分のことを事細かに投稿して周囲の気を引こうとしている節があるのではないでしょうか。

「暇だな~」「寂しいな~」「私のことなんて誰も気にしてないよね…」などと、誰かからの反応を期待するような投稿をして、周りの人から声がかかるのを待っているんです。

こうした寂しがりやのかまってちゃんは、人前になると、とりあえず自分の話をして周りの視線を集めようと躍起になります。

年上の人からは「可愛い」と思われるかもしれませんが、同世代からは鬱陶しいと思われることが多いかもしれませんね。

8、相手の話しを終わらせたい

自分の話をする人は、何もみんながみんな承認欲求が強かったり、自信家なわけではありません。

ただただ、相手の話を聞きたくない一心で、自分の話をして話を中断したりペラペラと長い話を続けるような人もいます。

こういうタイプは、自己中心的で、ちょっと意地悪な性格をしていたり、ひねくれた考えをしてる人が多いです。

実は相手に興味がない

相手の話に興味がないと、いくら話していても楽しくありませんよね。

苦手な人や嫌いな人の話なら、できれば聞きたくないというのが本音だと思います。

聞きたくない話題が出た時、我慢して最期まで聞くか、話を反らして脱線させるか、というのは人によって対応が大きく異なるポイントです。

話をどうにか終わらせようと自分の話をしはじめる人も少なくないと思いますが、その場合、相手にその気持ちを悟られないように上手く話を脱線させる技術が必要になります。

話をわざと変えたことがバレバレだと、心象が悪くなってしまうので注意してください。

9、沈黙に耐えられない

よく自分の話をする人の中には、極度の気遣い屋さんだという人もいます。

その場の沈黙に耐えられず、どうにか場を盛り上げようと自分の話を持ち出して話題作りをしようとしているのです。

はたから見たら「なぜあの人はいつも自分の話ばかりするのだろう」と思われることもあるかもしれませんが、一部の人からは「いつも場を盛り上げようとしている気遣い屋さんだな…」と評価されているかもしれません。

器用な人なら、自分の話ばかりではなく、周囲の人を巻き込んで話を展開させていくことができますが、ちょっと不器用な人は沈黙をやぶるために自分の話をするくらいしか思いつかないので、どうしてもただのお喋りな人に見られがちになってしまいます。

10、相手のことを支配してしまいたい

支配欲が強く、常に周囲を自分の手でコントロールしたいと考えている人は、会話の主導権を握りたがります。

周りの人が勝手に話そうとするのを良しとせず、話内容も話す人も自分の思い通りにしたいと考えています。

自分が話題になるよう仕向けたり、自分が優位に立てる話題を持ちかけたりしながら、その場を支配しようとするので、周囲からすればそれはもう、とても厄介な存在です。

その場の乗りに身を任せて楽しくワイワイ会話することができないので、話していてとても疲れる相手でしょう。

️自分の話ばかりする人への対処法

自分の話ばかりをする人と話していても、あまり楽しくはない…というのが本音ですよね。

一方通行の話は、会話とはいえません。

互いが楽しく、穏やかに言葉を交わし合える関係こそ理想的です。

しかし、意外と自分の話ばかりする人は多いもの。

思わず出くわしてしまった時や、どうにか関係を取り持たなくてはいけない相手の場合、どのように対処をするべきでしょうか。

適当に受け流す

とりあえず、話をしたい相手に対応する時は、適当さが第一です。

話したがりの相手は、その話に対して本気のレスポンスやアドバイスを求めているわけではありません。

ですから、話す内容にいちいち反応して、すべてに全力で応えていたら埒が開きません。

「ふむふむ、なるほどね」「それはいいね」「そうなんですね」など、ある程度の相づちさえ打っておけば別のことを考えていてもバレないでしょう。

聞いてあげるのが優しさ

興味の無い人の話ほど、無意味だと思うものはありません。

好きな人や親しい友人の話なら、ドンドン聞きたいので「それで?」「どうなったの?」と前のめりになり、先を促すように話が運びますが、そうでない場合は違います。

話が早く終わることだけを願っているので、聞く態度や対応が雑になりがちです。

ですが、その場に居合わせてしまったのなら、それはもう避けられない運命です。

なけなしの優しさをかき集めて、ある程度、話を聞いてあげるようにしましょう。

とにかく関わらない

「この人は自分の話ばかりするな…」「特に興味は湧かないな…」と思うような相手とは、恐らくとても相性が悪いです。

どんなにお喋りな相手でも、その人自身に興味があったり、好意的に思える相手なら、同じだけ話す人だとしても「面白い話をする人だな」「話していると楽しいな、もっと聞きたい」と思うはず。

話す内容に共感できず、つまらないと思うなら、その人と感性が合っていない証拠です。

仲良くなれる友人というのは、同じツボで笑えるということが大切なポイントになります。

笑えるツボが合わず、楽しい気持ちを共有できない相手とは、共に過ごしていても有意義な時間にはならないでしょう。

そういう相手と出会ったら、極力関わらないようにしていくのが最善策です。

とりあえず褒める

自分のことを話す人は、自分のことを認められたい、褒められたいと感じているタイプが大半。

反論すると、より話が長引く可能性があるので、シンプルな褒め言葉で乗り切りましょう。

「凄い」「流石だね」「信じられない」など、相手の気分が良くなるような言葉をかけてあげれば満足するはずです。

相談ならアドバイスをしてあげましょう

自分の話をする人の中には、不器用で真面目すぎるタイプの人もいます。

適当という言葉を知らず妥協ができない人は、何事にも全力全霊で取り組むが故に「どうして?」「なんで?」という悩みや葛藤を抱えてしまうことが多いんです。

「こういう事があってさー!」と自分のことを話しているのには変わりないのですが、その中に本人も気づいていない悩みの種やモヤモヤするポイントがあるケースが多数。

こういうタイプは、そこを指摘して、「こうしたらいいんじゃない?」とアドバイスをしてあげると「確かに!」と素直に受け入れることもあります。

️自分の話ばかりする人に見られる特徴

自分の話ばかりする人には、いくつかの分かりやすい特徴があります。

あなたの周りにいる喋りたがりタイプの人と、特徴を比較しながらチェックしてみて下さい。

ナルシスト

自分のことをペラペラと話す人は、「自分を見てほしい!」「自分のことをもっと知って欲しい!」と思っているナルシストタイプが多いのです。

自分に自信があり、周りの人から注目され、好かれることが当たり前だと思っているので、「凄いね」「流石だね」と褒められることに喜びを感じます。

いかに自分が優れた人間なのか、事細かに語ろうとするので、話す内容はだいたい自慢話のようなものでしょう。

自己評価とプライドが高いことから、上から目線で話すことが多いので、自分の話をしたがる人たちの中でも特に厄介で、周りの人から不快に思われていることが多いでしょう。

【ナルシストな人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

一人っ子

一人っ子の人は、両親や親族から蝶よ花よと可愛がられて育ってきたので、寂しがり屋の人が多め。

兄弟姉妹がいないことから、人と遊ぶことが好きで、お喋りをする相手がいるとマシンガンのように話をしてしまうタイプも。

寂しいから構って欲しい、話を聞いて欲しい、と思う気持ちから、自分の話をすることが増えるのでしょう。

他の人よりも自分に注目して欲しいという欲も、兄弟姉妹を持つ人より強い人が多いみたいです。

O型

O型の人は寂しがり屋でかまってちゃんと呼ばれるようなタイプが多いので、自分の話をしたがるタイプが多いといわれています。

人の意見を受け入れず、自分の決めたことを押し通すような性格の人が多いことからも、周りの話しに耳を傾けない人が多いことが想像できます。

好き嫌いや興味の有無がはっきりしているので、自分の興味のあることについてはトコトン追及して話しますが、そうでないことには上の空。

こうした特徴が強い人は、自ずと自分中心の話題を展開していくでしょう。

【O型の特徴は、こちらの記事もチェック!】

共感性がない人

人の話に共感することができず、自分の意見を曲げない頑固なタイプは、どんな話にも「でも、私は〜」と自らの意見を主張したがります。

普通の場合、相手の話が共感できない内容だとしても、「そうなんだ」「なるほどね」と適当に流すことができますが、柔軟性がない人は、自分の意見以外を受け付けず反論しなければ気が済まないようですね。

話し相手としても、殆どの場合ただ話を聞いてほしいだけで、共感して欲しいわけでも、反論して欲しいわけでもありませんから、こういうタイプはとても面倒です。

口論に発展するケースも多いでしょう。

人の話を聞けない人

人に対してまったく興味を持てない人は、周囲の人の話に耳を傾けません。

こういう人は、周りが何を話していようが、知りたいとも思わないし、掘り下げようとも思わないので、お喋りしていても話が広がりません。

広がる話といえばその本人が興味のあることに限られるので、自ずと自分の話ばかりになってしまいます。

人の話を聞けない人は、会話という会話が成り立たず、自分の言いたいことを散らかすだけなので、話し相手としては最も面倒なタイプです。

相手が自分の話を聞いていないのですから、こちらも真面目に聞く必要はありません。

適当に受け流しましょう。

おしゃべり好き

とにかくお喋りが好きな人は、あれを話そうこれを話そうと、次々に話題が出てきます。

そうすると、必然的に話題の大半が自分に関することになるのも珍しくないでしょう。

一番身近にある話題の提供元は、自分自身なのですから。

お喋り好きの人は話をしたいがために、自分をネタにして話題を展開することも厭わないので、いろいろと明け透けになる人が多いみたいです。

話が面白い人なら、自分の話をしていたにしてもお喋りしている間は聞き手として楽しく過ごせるかもしれませんが、そうでない場合は苦痛な時間ですね。

️まとめ

自分自身の話ばかりする人には、実にさまざまなタイプがいます。

いずれのケースにせよ、話す側よりも聞く側の方が大変だというのは変わりませんね。

あなたの周りに、自分の話ばかりする人がいる場合、紹介してきたどのタイプに当てはまるか考えてみてください。

その人のことを理解すると、「ああ、この人は今自分の承認欲求を満たしているんだな」「場を盛り上げようと頑張っているんだな」…と、対応時に心の余裕を持てるようになります。

冷静にその人を分析して、どんなタイプが分かれば、受け流すコツもわかってくると思うので、これまでよりは気楽に話ができるようになるのではないでしょうか。