CoCoSiA(ココシア)

別れようと言われたけど別れたくない...(続き4)

もしもしばらくの間距離を置くことになったら、必ずその期間を決めましょう。

期間を決めないといつまで経ってもずるずると距離を置き続けてしまい、終いには自然消滅になってしまうこともあります。

「きちんとよりを戻したい」「別れたくない」という気持ちがあるのなら、しっかりといつまで距離を置くのか期間を決めておくことが大事です。

距離を置いている間は極力連絡は控え、その期間が過ぎたら一度二人で会って話をしましょう。

距離を置いている間に彼氏の方から連絡を取ってくる分には返事をしても構いませんが、自分から連絡をするのは控えます。

そうでなければ距離を置く意味はない上に、彼氏もうんざりしてしまいます。

距離を置いている間はいわば気持ちの冷却期間ですので、この機会に2人の今後について現実的に考えるようにしましょう。

距離を置いている期間に変われるよう努力しよう

別れる手前の距離を置いている期間は、お互いにとっての冷却期間です。

この期間に自分の気持ちやこうなってしまった原因について考えたりしますが、それだけで関係を修復するのは難しいもの。

このようになってしまった原因が分かっていてそれでも別れたくないと思うのなら、彼と前のような関係に戻れるように自分にできる努力をしましょう。

例えば彼が別れたがっている理由が彼女の身勝手さにあるのなら、次に彼氏と会った時にはわがままを言わずに彼の気持ちを何よりも優先して気を配るようにします。

意識して気配りをしていれば、彼はこれまでとの違いにきっと気付くはず。

また、付き合い始めの頃よりも外見に気を遣わなくなったのが原因なら、次に彼と会う時にはきちんとおしゃれをして行きましょう。

不満だった部分を直してくれたと気付けば、彼女の努力を認めて別れを考え直してくれるかもしれません。

距離を置いている間は自分なりにできる努力をして、次に会った時には変わった自分を彼にしっかりとアピールしましょう。

今までできなかった事やしてあげたかったことをやってみよう

久しぶりに会った時に「いつか二人であそこへ行きたい」「あんなことをしてあげたい」と以前思っていたことを一緒にするのも効果的です。

例えば距離を置く前に「一緒に水族館に行きたいね」と話をしていたのなら、久しぶりに会った時には一緒に水族館デートに誘いましょう。

距離を置く前には彼にしてあげられなかったことをしてあげることで、彼に「付き合うことってこんなに楽しいものだったんだな」と思ってもらえるかもしれません。

別れ話になっている時はお互いにギスギスした雰囲気になっており、一緒にいても楽しさや幸福感は感じられないでしょう。

しかし、好きな人と付き合うことは本来とても幸せで楽しいこと。

その気持ちを思い出してもらうことができれば、彼ももう一度前のような関係に戻れるように頑張ろうと思ってくれるかもしれません。

別れを回避!挽回するための行動2選

別れを回避したいのなら、これまで彼があなたに対して抱いてきた不満を解消させる必要があります。

逆の立場で考えたとしても、別れたいと思っている相手から「自分は何も反省しないし努力もしないけど別れたくない」なんて言われたら、ますます相手に対して嫌な気持ちになってしまうと思います。

別れ話をしている時彼の気持ちはとても繊細なものになっているので、その心に余計にひびを入れてしまわないように慎重に行動して別れを回避していきましょう。

別れを回避するには、あなたのこれまでの言動を改善し彼にそれを認めてもらわなければなりません。

そのために必ずすべきことが2つあるので、挽回するためにしっかり努力していきましょう。

別れ話のきっかけを作った理由を取り除く

カップルが別れの危機に陥った時、そこには必ず何かしらの原因が隠されています。

彼に別れ話を持ち出された場合には、彼氏自身もそうですがあなたにも何かしらの原因があることがほとんど。

例えば彼に他に好きな女性ができてしまった時に彼の心変わりを責めてばかりいる女性も多いですが、実際には彼氏を心変わりさせてしまったのには彼女に原因があることも少なくはありません。

そのため彼が別れたいと思うきっかけとなった原因を取り除くことができれば、別れは回避できるかもしれません。

積もり積もって彼の気持ちが冷めることもありますが、それでも一つ一つ改善していくことで気持ちを取り戻すことは可能です。

一緒にいて楽しいと思ってもらえる努力をする

別れる・別れないの話をしている時には、お互いに気持ちに余裕がなく一緒にいても幸せな気持ちになることはできないでしょう。

しかしそんなギスギスした雰囲気が続けば、元のような関係に戻ることは難しくなりそのまま別れの道を選択せざるを得ないことになります。

彼の気持ちを取り戻したいと思うのなら、自分と一緒にいることで楽しい・幸せだと感じてもらえるように努力をしなければなりません。

些細な事ですぐに泣いて責めたり引き止めたりするのではなく、一緒にいる間はにこにこと笑顔で気配りをして彼に「一緒にいて心地いい」と思ってもらえる空間を作れるように心がけましょう。

居心地のいい空間を作ることができれば、彼も急いでそこから逃げ出そうという気にはなりません。

手放したくないと思わせられる自分になろう

彼と別れ話になってしまうことが多い人は、少なからず自分自身に何かしらの原因があることが多いです。

しかし自分ではその原因に気付いていないため、誰と付き合っても長続きしなかったりどこかで破局を迎えてしまいます。