CoCoSiA(ココシア)

穏やかな人と付き合うと幸せを感じられる8個の理由


穏やかな人と一緒にいると、自分まで穏やかで優しい気持ちになれるような気がしますよね。

穏やかな人には人の警戒心を解いて心を和ませる、不思議な力があります。

それは穏やかな人のまとっている優しい雰囲気や明るい笑顔によるものなのかもしれませんが、付き合うと自分まで幸せを感じられる瞬間があるでしょう。

穏やかな人と付き合うことでこちらまで幸せを感じる理由や、穏やかな性質の人の特徴、また自分が穏やかな性格になるためにはどうしたらいいのかについてご紹介します!

️穏やかな人と一緒にいると幸せに感じられる8個の理由

穏やかな性質の人と一緒に過ごしていると、不思議と自分まで穏やかな気持ちになったり、幸せを感じられたりすることがあります。

それは穏やかな人が無理にこちらに幸せを感じさせようとしているのではなく、その人の持つ雰囲気や言動、態度などが見ているとこちらに安心感を与えてくれるからでしょう。

人は他人から影響を受けることがあるため、激しい気質の人と一緒にいると、いつの間にか自分まで激しい性格になってしまうことがあります。

また、ネガティブ思考な人と一緒にいることで、本来はそれなりにポジティブ思考だったはずの人が、気付いたらネガティブ思考になってしまっていることもあるでしょう。

それと同様に、穏やかな人と一緒にいると自分まで穏やかな気持ちになれるような気がします。

それだけでなく、ふわふわと幸せを感じられることもあるでしょう。

穏やかな人と一緒にいることで、どうしてそこまで幸せな気分になることができるのでしょうか?以下にその理由を挙げていきます。

1:居心地がいい

穏やかな人の側は、とても居心地がいいです。

穏やかな人はいつもにこにこと笑顔でいるため、こちらまで明るい気分にさせてくれます。

また、元気いっぱいというよりは落ち着いた性格をしているため、一緒にいるとのんびりとした休日に家でゆっくりと過ごしているかのような感覚を覚えることもあるでしょう。

感情の起伏があまり激しくなく、喜怒哀楽の怒哀の感情を頻繁に表に出すこともないため、側にいると安心感を覚えやすいです。

また、何かトラブルがあった時にもパニックになることなく、冷静に物事を考えて判断することができますので、穏やかな人の側にいれば、自分も自然と気持ちを落ち着けることができることも多いです。

人を安心させて、「ここに居てもいいんだ」と思わせてくれる穏やかな人の側はとても居心地が良いため、周りの人からも好かれています。

2:落ち込んでいる時も前向きでいられる

穏やかな人と一緒にいると、落ち込んでいる時にも自然と気持ちが前向きになれます。

穏やかな人は人の話をきちんと聞いてくれて、余計なアドバイスなどのお節介を焼くこともありません。

こちらが求めればアドバイスをしてくれますが、ただ話を聞いて欲しいだけの時にはそんなこちらの気持ちを察して、相槌を打つだけでいてくれます。

おしゃべりな人は人の話に割って入ったり何でも自分の話にすり替えたりと、とにかく自分が話したがる傾向がありますが、穏やかな性格の人はどちらかと言えば聞き上手であるため、こちらが話している時に口を挟むことがなく、思う存分に心情を吐露させてくれるでしょう。

また、親身になって話を聞いてくれることで、「この人は自分のことを認めてくれている」と思わせ、まるで味方でいてくれるような気持ちになります。

自分に味方がいると感じれば、辛い時にも前を向こうという気持ちになれますので、穏やかな人といると落ち込んでいても立ち直ることができるのです。

3:自分に自信がつく

穏やかな人と付き合うと、自分に自信がつきやすくなります。

穏やかな人はとても優しい性格をしているため、人が傷つくようなことは決して言いません。

悩んでいれば「大丈夫だよ」と励ましの言葉をかけてくれ、例えその言葉に何の根拠もなかったとしても、穏やかな人にそう言われるだけで、不思議と本当に大丈夫だという気持ちになることができます。

また、自分が悪いことをした時にはきちんと窘めてくれますが、悪いことをしたという事実だけを窘めて、外見や性格といった他の部分までを否定することはないため、「この人はきちんと自分のことを見てくれている」と感じられます。

そんな穏やかな人は、周りの人によく気を配っていますので、何か変化があれば直ぐに気づきやすいです。

例えば服装や髪型を変えた時には、「雰囲気が変わってすごくいいね!」と褒めてくれることも多く、きちんと良いと感じたことは口にしてくれるため、褒められた側は自分に自信がつきやすいでしょう。

いかにも社交辞令やおべっかのようなことは言わず、正直な気持ちで褒めてくれるため、褒められる側も素直に嬉しいと感じることができるでしょう。

4:自然と笑顔が出てくる


穏やかな人はいつも、にこにこと明るい笑顔をその顔に浮かべています。

それも作った笑顔ではなく、心からの笑顔ですので、見ている方も心が気持ちよく感じることでしょう。

穏やかな人は、根がとても優しいです。

正直すぎる人のように、自分の思ったことは何でも口にしてしまうことはありませんが、相手が傷つかず、嬉しいと感じるであろうことは素直に口にしますし、相手のためになると思ったら優しい言葉で忠告もしてくれます。

そんなふうに人のことをきちんと気遣える優しい性格が、自然と表情にも表れて顔には笑顔が浮かんでいることが多いです。

もちろん時には落ち込むことはありますが、にこにこ笑顔の時には一緒にいると、自分まで自然と笑顔が出てきます。

負の感情は人に伝染しやすいと言いますが、一方で悪意や他意のない笑顔も人の心を和ませるため、一緒にいると笑顔になる人は多いでしょう。

5:安心感が得られる

穏やかな人の側にいると、安心感が得られます。

それは例えば、危険な街を歩く時に武道の達人と一緒にいる時のような安心感とは違います。

また、集団に属することで「自分は孤独ではない」と実感することで得られる安心感でもありません。

穏やかな人といる時には、「自分がありのままの自分でいても許してもらえるだろう」「自分という存在を受け入れてくれるだろう」という安心感が得られます。

本当に心の底から自分を受け入れてくれているかどうかは別としても、穏やかな人は「自分が自分らしくいてもいいのだ」という、精神的な部分で安心感を与えてくれます。

無理をする必要はなく、自分を飾り立てる必要もなく、喜怒哀楽が激しくて弱い部分もある自分のままでいてもいいのだと、そんな自分を受け入れてくれるかのような安心感を不思議と得ることができますので、心の底では自分を認めて欲しいと感じている人にはとくに好かれることがあるでしょう。