フィクサーという言葉はあまり日常で使うことがない言葉なので、知らない人も多いかもしれません。

そこで今回は「フィクサー」とはどういう意味なのか、使い方や例文などをご紹介していきます。

また、実際にこれまでの存在していたフィクサーと呼ばれる人物や、その人物が行ったことなどを具体的に解説していきたいと思います。

この機会にフィクサーという言葉を知り、自分自身の視野や見識を深めてみましょう。

この記事の目次

フィクサーとはどういう意味?

フィクサーとは「事件など裏で処理して報酬を得る人」という意味を持ちます。

政治・行政や企業の営利活動における意思決定の際に正規の手続きを経ずに決定に対して影響を与える手段人脈を持つ人物を指します。

また、財界、政界、外交などの面で、事件や問題を表沙汰にならないように裏でもみ消したり、解決させる人のことを言います。

簡単に言うと「黒幕」のことをフィクサーと呼ぶのです。

フィクサーという言葉は、多くの場合悪い意味で使われます。

事件などを裏で処理する人

表立って行動せず、裏で糸を操り結果的に自分に都合がよくなる状況を作り出したり、報酬を獲得するために行動するような人であるということです。

日本におけるフィクサーも、結果的には自分にとって利益になったり、収益を得るために行動しているような人物がほぼ大半です。

フィクサーという呼ばれるような人達は表立って行動せずに、裏で処理をするような黒幕的な人物のことなのです。

政治・行政や企業の営利活動における意思決定の際に正規の手続きを経ずに決定に対して影響を与える手段人脈を持つ人物

例えば、政治家の選挙において、正規の手段以外の方法で当選するために行動する人物がいます。

そして、このように正規の手続きを行わず、決定に影響を与えるような手段や人脈を持っているような人物のことを、フィクサーと呼ぶことができるのです。

つまり、他の言葉で言い換えるとすれば、「裏の権力者」という呼び方をすることができます。

アメリカでは悪徳弁護士もフィクサーと呼ぶ

私たち日本人が考えているフィクサーという言葉とアメリカ人が考えるフィクサーという言葉は、若干の相違があります。

アメリカでは悪徳な弁護士のこともフィクサーと呼ぶことが多いです。

なぜなら、アメリカの悪徳弁護士は自分の陣営に対して不利になる証拠や商人を裁判から外す手段を行ったりしています。

そして、その逆に相手にとって不利になるような状況を作り出したりするので、フィクサーと呼ばれるのです。

このように、日本とアメリカではフィクサーと呼ばれる対象範囲などが若干相違しているということも覚えておくようにしてください。

フィクサーと呼ばれた人たちを紹介

フィクサーなんて映画の中の話だと思うかもしれませんが、実は現実にフィクサーと呼ばれた人もいるのです。

また、フィクサーと呼ばれる人達にはある共通点が存在しています。

それは、カリスマ性を持っている魅力的な人物であるという点です。

悪い行いをしている人も中にはいますが、悪いだけではなく、悪さの中にもやはり実力が備わっていることが大前提になっています。

そのため、フィクサーと呼ばれる人物からも学ぶべき点は意外と多いのかもしれません。

ここからは具体的なフィクサーと呼ばれるような人物、そしてその人物に具体的な行動などについてもご紹介していきます。

田中角栄

まずはじめフィクサーと呼ばれている人物として「田中角栄」が挙げられます。

田中角栄は1918年5月4日生まれの日本の政治家であり、建築士でもあります。

田中角栄は知らない人がいないほど有名人ですよね。

郵政大臣や大蔵大臣、そして内閣総理大臣などを歴任している人物です。

田中角栄は大正生まれとして初の内閣総理大臣としても知られており、さまざまな政治課題に対して対応したことでも知られています。

田中角栄の特徴としては、膨大な知識を身に着けており、なおかつ行動力も備わっていることから、コンピューター付きブルドーザーなどと呼ばれていたこともあります。

しかしながら、田中角栄はいわゆる専門卒の身であり、それでいて内閣総理大臣に就任しているということを考えると、いかにすごい人物であるかということがわかるはずです。

また、田中角栄がすごいといわれている理由としては、その人たらしの才能であるといわれています。

とにかく田中角栄は人を惹きつけることが得意であり、それはたくさんの人に認められていたといわれています。

コミュニケーション能力もそうですが、それだけではなく相手の心の中に入り込んだり、気持ちを大きく動かすことができるカリスマ性を持っていたとされています。

例えば、敵対している議員に対しても資金の援助をして、その返済はいらないと言い切ったり、とにかく人を思いやる気持ちや度量がすごかったといわれています。

それだけではなく、義理人情に厚く、男気があるような人物であり、周りにいるだけで尊敬を覚えるような男性でもあったといわれています。

そのような天性のカリスマ性を持っている人物ということもあり、田中角栄についていきたいと思わせられる才能を持っていたのでしょう。

まさに、こんな人はもう世の中に出てこないのではないか、と考えさせられるほどの人物であったといわれています。

人物と行動について

田中角栄がいかにたくさんの人に尊敬され、カリスマ性を持っていた人物なのかということが理解いただけたと思います。

では、ここからは具体的に田中角栄がフィクサーと呼ばれるような理由についてご紹介していきたいと思います。

田中角栄がフィクサーと呼ばれる理由は、先ほどからお伝えした通りたくさんの人を惹きつけるようなカリスマ性を持っているということです。

たくさんの人を惹きつけるような男気を持っているからこそ、たくさんの人が集まり、結果的に大きな影響力を持っている人物なのです。

そして、大きな影響力を持っているということは、言い変えてみれば様々な権力を持っていると考えることもできます。

そのため、裏の世界においても権力があり、まさにフィクサーという言葉に該当しているのです。

また、田中角栄はロッキード事件を起こしたことによって逮捕されるなど、裏の世界に関係していた人であるとも言えます。

ロッキード事件は戦後最大の汚職事件とも言われています。

とても簡単にお伝えすると、ロッキードという会社が田中角栄に対して賄賂を渡していたという事件です。

カリスマ性を持っているという点と、実際に裏の世界での活躍というこの二点の理由から田中角栄はまさにフィクサーであったのでしょう。

渡邊恒雄

次にご紹介する人物として「渡邊恒雄」が挙げられます。

渡邊恒雄は1926年5月30日生まれの新聞記者であり、実業家としても知られています。

渡邊恒雄はナベツネの相性で知られており、読売新聞社の社長や、読売ジャイアンツの取締役最高顧問、そして球団のオーナーとしての顔を持っています。

渡邊恒雄は、非常に過激な発言をするような人だったといわれています。

実際に、マスメディアに対して自分のことを球界の独裁者という呼称で呼んでいたことも知られています。

また、野球界の選手に対しては「たかが選手が」というような発言しました。

これらのエピソードを聞いただけでも、渡邊恒雄が非常に過激な発言をするような人物であるということがわかると思います。

しかしながら口だけではなくその腕は本物であり、これまでに野球をしたことがなかったのに野球の知識を網羅し、実際にジャイアンツを影響力の大きい球団に変身させています。

これだけを考えてみても、いかに渡邊恒雄がすごい人物であるかがよくわかるはずです。

人物と行動について

渡邊恒雄はメディア界のドン、政界フィクサーと呼ばれています。

この点を考えてみても、すでに考えられないほどの権力を持っている影響力の高い人物であるということは言うまでもありませんよね。

実際に、彼の肩書きを考えてみると、読売新聞という会社の社長でもあるのです。

つまり、メディアの世界におけるドンであるということは間違いありません。

言い換えてみれば読売グループを自分の意のままに操ることができる権力を持っているということです。

そもそも私たちが思っている以上に、メディアの与える影響力というものは非常に強大な影響力があります。

日々私たちがメディアから様々な情報を得ていることを考えてみれば、極端な話メディアを制すれば国を制することができると考えることもできます。

そして、政界においてもメディアは大きな影響力を与えているのです。

つまり、メディア界のドンであるということは、政界においても大きな影響力を与えることができる人物であるということになります。

フィクサーの使い方・例文

ではフィクサーという言葉はどのように使うのでしょうか。

例文を交えながら、使い方をご紹介していきます。

使用方法がわからない方は参考にしてください。

フィクサーになった気分だ

まずはじめにご紹介するのは、「フィクサーになった気分だ」という例文です。

この例文は、簡単に言えば「黒幕になった気分だ」と解釈することができます。

人は権力や力におぼれやすい生き物でもあります。

実際に、権力や力を手に入れたとき、それを行使したくなってしまう衝動に駆られてしまうことは少なくありません。

そのような権力を実感した状況で発言できる例文です。

単純にフィクサーという言葉をそのまま使用した、あまり難しくない使用例です。

フィクサーに目を付けられた

次にご紹介する例文は、「フィクサーに目を付けられた」という例文です。

これは、「黒幕に目をつけられてしまった」と解釈することができます。

なかなか現実の世界では起こりえないような状況なのかもしれませんね。

映画などで、黒幕と呼ばれるようなボスの存在に目をつけられてしまった状況で使用することがあるでしょう。

しかし、考えてみれば日常生活においても同じような表現方法を用いることができます。

例えば、会社やコミュニティ内においてボスと呼ばれるような存在に目をつけられてしまった時です。

会社であれば部長などがそれらに当たるかもしれませんし、コミュニティであればリーダーと呼ばれる存在の人です。

フィクサーとは無関係かもしれませんが、状況としてはかなり似ている状況ではありますので、変換して考えてみると状況がわかりやすいと思います。

フィクサーを題材にした映画を観た

次にご紹介する例文は、「フィクサーを題材にした映画を観た」という例文です。

この例文は、「黒幕を題材にした映画を観た」という意味になります。

そこまで難しい例文ではなく、フィクサーという言葉をそのまま使った基本的な例文の一つです。

フィクサーの類語

フィクサーの類語は「黒幕」「ドン」「ブローカー」「政商」「ボス」「影武者」などが挙げられます。

フィクサーの英語表現

フィクサーは英語で「fixer」となります。

英語のfixerは、取り付ける人、(買収などで事件をもみ消したり裏取引をする)フィクサー、仲介者、調停者、定着剤、色留め染料、などの意味を持ちます。

この単語自体はネガティブなイメージを持たない意味もあるので、使い方によって意味が変わります。

まとめ

今回は、フィクサーとはどういう意味なのか、またフィクサーと呼ばれる人物や使い方などについてご紹介しました。

彼らを知ることで、これまでの日本の様々な歴史を考えることが出来ますし、広い視野を持って物事を見れるようになります。

日本においてフィクサーと呼ばれるような人達は悪い一面もあるかもしれませんが、それなりにカリスマ性があるからこそ成しえていることも事実です。

物事の良い面を見習うという意味でも、フィクサーに対してもっと関心を持ち、自分に足りないものを得るきっかけとして活用していただければ幸いです。