人には癖というものがありますよね。

例えば不意に手をコキコキと鳴らしてしまったり、手首をこねたりするというような癖もあるでしょう。

他にも貧乏ゆすりなどが癖になるというような人もいますよね。

貧乏ゆすりというのは、脚などを少しガタガタと振るわせることであり、癖になっててなかなか止めれないという人もいます。

そんな中で小さい頃からある癖として爪を噛む癖というのがあると思います。

よく小さな子供が爪を噛んだりしていたのではないでしょうか?

この爪を噛む癖というのは小さい頃からあるものであり、大人になっても抜けないというような人も多いはずです。

人前ではしないけれど、1人になった時に、不意に爪を噛んでしまうというような人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな爪を噛む人にありがちな7個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

この様な癖というのは直したいと思っている人も多いですが、中々意識をしていても直らないことが多いですよね。

何故なら爪を噛む人というのは無意識に噛んでいることも多いです。

例えば何かの待ち時間であったり考え事をしていたりする時にこの様なことをしてしまうという人もいるのではないでしょうか?

癖というのは自分の無意識のうちにすることなので、友人や家族から注意をされない限りは気付かないという事が多いです。

皆さんもその様な癖というのはあるのではないでしょうか?

無意識に貧乏ゆすりをしてしまったり、手を捏ねたりするというような事があるのではないかと思います。

今回はそんな爪を噛む人の癖についてお話しをしたいと思いますが、気付いたら噛んでいるというような事は、考えて見ると実は怖いことでもありますよね。

爪を噛むことでのデメリットとなるものが多く、あまりよく思われていない人達も多いです。

本人からすると直したいのにと考えてしまうでしょうが、無意識というのは自然としてしまうものなので注意をするようにしましょう。

そしてその癖を直す方法というのもあります!

決して治らない病気というものではないので諦めずに直すようにしましょう!

では爪を噛む人というのはどの様な特徴があるのか、その7個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

皆さんはこの様な癖はありますか?

気付いたら爪を噛んでいる事ありませんか?

気付いたら爪を噛んでいることってありませんか?

例えば待ち時間で暇になっている時に、無意識に噛んでいるというような事もあるのではないかと思います。

人から気付かれなければ、永遠としてしまうような事にもなるというような人もいるかもしれないですよね。

子供の頃はよくその様な人がいたと思いますが、衛生上や良くない印象を持たれるので子供の頃から直ぐに止めさせるように言われたのではないかと思います。

気付いたらやめていたなんていう人もいるでしょう。

それは周りからの注意もありますが、子供の頃の癖というのは子供だからこそやっていたというような事があると思います。

大人になってその様なことをすると少し幼稚に思われてしまう原因にもなってしまいますよね。

それを注意されると少し恥ずかしいと思う人もいるかもしれません。

気付いたら爪を噛んでいるというのはこの様なこともあるので注意をするようにしましょう。

直したい!と思っている人は多い

直したい!と思っていても中々癖というのは直らないものです。

癖というのは基本的に無意識というような事も強いですが何より自分では気付かないものが癖となっている場合が多いです。

例えばちょっとした癖というのもあるかもしれないですよね。

人と話す時に直ぐ上を見てしまったりするという癖や、つい何か言ってしまうような癖というのもあるでしょう。

それほど小さい頃からその様なものが身についてしまっているので、大人になった今でも中々直すという事が難しくなるのではないかと思います。

基本的には直すためには様々な努力の積み重ねというのもありますが、絶対にしてはいけないと思うことも大切です。

どんな事でもそうですが「大丈夫だろう」と思うような考えでは癖というのは直らないのです。

直すためにはいろいろな事を試して直すという事が一番になるでしょう。

過ぎたことをしても仕方無いので、今できる対策などを地道にすることが良いと思います。

直したいと思っている人は多いですが、その一部しか癖を直すことができないのは、その意識などの問題にもなるからです。

それほど癖が日常にあると苦労をするという事を覚えておくようにしましょう。

爪を噛む癖がある人の7個の特徴

そんな爪を噛む癖がある人の特徴というのはどの様な人がいるのでしょうか?

よくある特徴としては繊細であったり、情緒不安定な人が多いとも言われています。

基本的に子供の時の癖というのが抜けていないという事は、どこかしらでまだ子供の状態でいるという事にもなるからです。

爪を噛む癖がある人というのは、子供のような行動をしてしまいがちな傾向があります。

嫌な時だったり、ワガママを言ったりと駄々捏ねるようなことをしてしまうような人って爪を噛むようなイメージがありますよね。

それは子供が皆その様な行動を取ってしまっているからなのです。

爪を噛む癖があるという事は何かしらの原因となるものもあるのですが、それはもしかするとかまって欲しいという事や、イライラしてしまっているからなのかもしれません。

ではどの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

爪を噛んでしまう人は、どの様なことがあるのか、自分自身によく問いただしてみると良いでしょう。

そうする事で改善策なども見つかるかもしれませんよ?

1、繊細

繊細な人というのは基本的に爪を噛む癖がある人の特徴の中で多い特徴です。

繊細というのは簡単に言うと、直ぐに傷ついてしまうことが多いですが、心がとても清らかな人という意味でもあります。

素直という言葉が近いかもしれませんが、嫌なことがあるとそれに対して直ぐに傷つけてしまいますが、他人を思うことができるというような心の広さを持っています。

簡単に言うと心が優しい人という事です。

この特徴はとても良い特徴でも捉えられますが、爪を噛む癖の人にこの特徴が多いのは、その純粋な心があるからという事になるのです。

悪い特徴では無いですが、この癖を無くせば、繊細な心を持つような癖のない人になれるかもしれないですね。

【繊細な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

2、かまってちゃん

かまって欲しいという気持ちから爪を噛んでしまうというような人もいます。

よく子供が泣き出してワガママなどを言ったりする際に、かまって欲しいという意思表示として爪を噛んだりする子供も多いです。

それと同じ様にかまって欲しいがために爪を噛んだりするというような事をする人もいるでしょう。

かまってちゃんな性格の人というのは、基本的に子供っぽいところが多く、爪を噛む癖や、駄々を捏ねてしまうというような事もあるのではないでしょうか?

かまってちゃんの人は基本的には優しい人達が多いですが、ワガママというようなイメージもありますよね。

爪を噛む癖の人は特に多いのではないかと思います。

3、完璧主義


完璧主義な人もいるでしょう。

完璧主義というのは、物事全てを自分が納得できるように通したいという人も多いですよね。

そんな人が完璧主義という事になります。

基本的には完璧主義の人というのは自分の思い通りに事を運ぶことを一番に望んでいるので、何がなんでもその通りに進めたいというような意欲があります。

しかしながら、完璧主義の人というのは、その影響もあり、ワガママであったり、先ほど言ったかまってちゃんの様なことも入ってしまうのです。

爪を噛む癖がある人というのは基本的に繊細でありながらも完璧主義で物事を考えてしまうような人も多いです。

例えば仕事でも完璧にして、少しでも注意をされると大いにへこんでしまうというような事もあるのです。

完璧主義な人は人前では良いところを見せようと必死ですが、それに対して何も言われなかったり、注意をされたりすると更にへこんでしまい、最終的には自分から仕事を辞めてしまうというような事もあるのです。

この様な経験をしたことがあるという人は少ないかもしれませんが、似たような事はありませんか?

その夢や目標に向かって何かを直ぐに諦めてしまい、周りからどう思われても大丈夫だという人はこの様な性格も入っているのかもしれません。

完璧主義という事は、それほど周りから認めてもらいたいというような意思表示でもあります。

物事全てに対して誰かから褒められることを意識しているので、完璧主義の人はどんな事でも認めてもらいたいという気持ちが強くなるのです。

爪を噛む癖にありがちな1つとしてこの完璧主義というものがあがってしまうのは、この様なことがあるからなのです。

4、情緒不安定

情緒不安定というのもあるでしょう。

例えばどんな事でもそうですが誰にでも不安定になる時というのはあると思います。

例えば試験などに合格をするかどうかという不安や、テストは大丈夫だろうか、遠くに住んでいる息子や娘は大丈夫だろうか、というような心配事があると思います。

また、時には怒ったりすることもありますよね。

どうしてこんな事をするんだ!というような事があると思います。

家族の喧嘩というのが良い例ですね。

この様に人というのは喜怒哀楽があるので、その時にどの様な心境かで態度などが変わってくるものだと思います。

ですが情緒不安定というのは、この喜怒哀楽の態度が急変したりする事を言うのです。

例えば不安になっていたのがいきなり怒ったりするなんていう人はいませんか?

最初は優しかったのにいきなり怒ったり、というような喜怒哀楽の急変が凄い人はいますよね。

その様な人が実は情緒不安定な人という事になるのです。

情緒不安定な人の特徴としては直ぐに態度を変えたりする人に多いですが、爪を噛む人も実はこの様な症状になる事が多いです。

【情緒不安定の特徴は、こちらの記事もチェック!】

5、イライラし易い


爪を噛む癖がある人というのはイライラし易い傾向にもあります。

言うのであれば、爪を噛むという事に関しては何かしらの原因があるという事です。

イライラし易い人の場合は、ストレスを抱えているという事になりますよね。

そんなストレスに耐えれずにイライラとしてしまうので爪を噛むというような事をするのではないかと思います。

ストレスに感じなければその様なことはしないのですが、どうしても爪を噛んでしまう人の中には、この様な特徴もあるのではないかと思うのです。

基本的にはイライラしてしまうと、人というのは何かしらの行動をとってしまいがちですよね。

その為のストレス発散という事になるのですが、カラオケに行ったりするという人もいるでしょうし、美味しい物を食べるというような人もいると思います。

ですがイライラし易い人というのは基本的に、そのイライラをずっと貯めてきてしまうので、不意に爪を噛んでしまうという事になってしまうのです。

その様な人はいませんでしたか?

何かあるごとに爪を噛んでしまうというような人がいた場合は、もしかするとイライラしている可能性があるのかもしれません。

6、愛情に飢えている

また、爪を噛んでいる人の特徴の中には愛情に飢えているというような人もいます。

どういう事かと言うと、愛情に飢えているという事は、自分はもっと愛されたいと思っているという事になります。

愛情に飢えている人というのは自分の気持ちを相手に伝えることができず、どの様にすれば良いのか解らないという人も多いです。

その際の表現の1つにたどり着いてしまったのが、爪を噛むという事になるのです。

子供がよく爪などを噛んで、親についていくというような事がありましたが、親から離れるというのが寂しいからというものがあるのではないかと思います。

その様な気持ちがあったからこそ、大人になっても爪を噛む癖というものが無くならないという人もいるかもしれませんね。

愛情に飢えている人の愛情表現の1つにもなっているのかもしれません。

7、感受性が豊か

爪を噛む癖がある特徴の人は基本的に感受性が豊かです。

先ほど言った愛情に飢えているというのもありますが、基本的に感受性が豊かなので、その1つ1つのことに対して大幅なリアクションを取ったり、捉え方をするのではないかと思います。

例えば、感受性が豊かな人というのは基本的には、興奮をしやすい傾向があります。

物事に対して興奮をしてしまい、変な行動をしてしまうというような人もいるかもしれませんね。

皆さんも何か嬉しいことがあったり、これ以上にないことがおこると、身体を動かしてその表現をしたりしませんか?

それと同じように、爪を噛むというのも感受性が豊かだからこそしてしまうというような事になるのです。

爪を噛んでしまう原因

ではそんな爪を噛んでしまうというのは原因があるからですよね。

何も無しに噛むという事は余程癖になっている可能性があるという事になりますが、大抵の人はその様なことは無いと思うのです。

何故なら、例えば赤ちゃんの頃や子供の頃にあった癖というのは何がありましたか?例をあげると指をしゃぶるというような事があったのではないかと思います。

ですがこれはどんどん歳を取るにつれていつのまにかしなくなったというような感覚になりますよね。

これは何故なら成長をしたという事になると同時に、子供がすることであるという事を学ぶからです。

言うのであれば、いつの間にかやめていたという事は、普段からその様なことをするようなものではないというのを見てきたからです。

子供の頃から様々な人達を見てきましたよね。

おしゃぶりをする大人を見たという人はいないはずです。

なのでその様なことを自然とやめれたのですが、爪を噛んでしまうというのは基本的に子供がすることが多いと思います。

もちろん原因があるのですが、その原因についてもいくつかお教えしたいと思います。

ストレスを抱えている

爪を噛む癖になっている原因の1つとしてストレスを抱えているからというのがあるでしょう。

言うのであればストレスを抱えているという事は、何かに対して辛い思いをしているという現われです。

自然とやってしまったりするのであれば、どこかしらでストレスを感じているという事になりますし、ストレスと向き合うことが辛いという意味からその様にしている人も多いです。

誰にでもストレスはあるもので、発散方法も人により違いますよね。

ですが爪を噛む人にとっては、それがストレス発散方法にもなっているので、癖づいてしまったものは離れないのではないかと思います。

甘えたい気持ちの表れ

もう1つの原因として甘えたい気持ちがあるからです。

いうのであれば先ほど言った子供が爪を噛む理由という事になります。

どうしても子供の頃というのは親に対して甘えたい歳であり、その気持ちというのも解らずのまましてしまうと思います。

親と離れるときは寂しい思いをしたのではないでしょうか?

学校に行くというだけでも親と離れるのが嫌だったという人もいるかもしれません。

その時に爪を噛んでしまうという事や、少しでも親と離れてしまうとその様なことをしていたとなれば、甘えたい気持ちの表れという事になるのです。

その頃がずっと頭から離れていない人にとっては爪を噛む原因にもなるのではないかと思います。

寂しいからその表現としてしてしまうという事ですね。

大人の人というのは寂しい感情になるとどうしても甘えたいと思い、今では泣いたり何かに縋るというような事をしますが、爪を噛む癖を持つ人というのは、その子供の頃のことがまだ定着をしているという事になるのです。

爪を噛むデメリット

ではそんな爪を噛むデメリットについてお話しをしたいと思います。

例えば爪というのは汚い場所としても言われていますよね。

様々な物を手で触るので、どうしても爪に細菌がついてしまいます。

特に何か作業している時とかに爪を噛んでしまうというような事をしてしまうと、体内に入り込んでしまい体調を崩すというような事にもなりかねません。

また、爪がボロボロになっていき、良くない印象を持たれるという事もあるでしょう。

特に印象というものは大事であり、大人になってもしてしまうという人は、周りから良くない印象を持たれているという事になります。

もう大人なので、子供みたいなことをするのは辞めてみてはいかがでしょうか?

ではどの様なデメリットがあるのか更に詳しく見てみたいと思います。

細菌が体内に入る

細菌が体内に入るという事があるでしょう。

基本的に細菌が体内に入るという事は、風邪などをひいてしまったり、ウイルスにかかってしまうという事になります。

基本的に人というのはどこから風邪などをもらうのか解らないですよね。

いつのまにか風邪をひいていたり、仕事などの疲れから疲労で体調を崩すというような事もあります。

実は子供がよく風邪をひいたりする原因の1つにはこの爪を噛む癖があるのです。

言うのであれば、子供は様々なところで遊んでは、外に出て様々なものを触ったりしますよね。

その状態で爪を噛んでしまうというような事になってしまうので、体内に入るというような事があるのです。

爪というのは様々な汚れが詰まっている場所でもあるので、爪を噛む癖があるという人は今すぐにでもやめると、体調も良くなるかもしれませんね。

噛み過ぎると化膿する

噛み過ぎてしまうと化膿する可能性があります。

化膿というのはいわゆる指などに対して黄色い小さな粒のようなものが出る病気です。

基本的には手あれなどからくることもありますが、この化膿になってしまうととてつもない激痛が走ります。

いわゆる膿が溜まっている状態と言っても良いでしょう。

噛み過ぎてしまうとこの様な病気にもなり、痛い思いをするので、基本的には衛生上、噛まないようにする事が大切になるのです。

爪がボロボロになる

爪がボロボロになるという事もあるでしょう。

噛み続けてしまうとどうしても爪がボロボロになってしまい、いびつな形をしてしまう可能性があります。

また爪が割れるというような事にもなりかねないので注意をすることが必要です。

良くない印象を持たれる

何より爪を噛むというのは子供であればまだ「子供だから」というような見方をすることができます。

しかしながら大人がその様なことをすると「幼稚だ」と思われてしまいかねません。

何より大人の人というのはその様なことをしないというのが前提でもあり、良くない印象を持たれても仕方ないという事になります。

爪を噛んでしまうとどうしても良い印象を持つというような事ができないですよね。

どんな人でも同じだと思います。

相手の人がその様なことをしているのであれば、まだまだ子供なのかな?と感じる人も多いでしょう。

幼稚であり幼いと思われてしまうので、良くない印象を持たれるというのは間違いないと思います。

爪を噛む癖の治し方

ではそんな爪を噛む癖の治し方をいくつかお教えしたいと思います。

癖というのは最初は治らないものですが、いずれは治るものなのです。

どんな事でもそうですが、癖というのは何回も繰り返すからこそ癖になっていくので、その回数をどんどん減らすという事が重要になります。

爪を噛む癖の治し方というのはそれぞれあり、男性でできることや女性でできることなど様々あるでしょう。

今もなお爪を噛んでしまっていたり、その様な癖があるから何とかしたい!と思う人はこれから説明をする爪を噛む癖の治し方を見て試してみると良いでしょう。

直ぐに効果が表れたら誰も苦労はしないと思います。

長い時間をかけてその癖を治すという事が大事になるのです。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

噛んだらメモする

噛んだらメモをするという方法があります。

基本的には噛んだ回数をメモをするということが正しいでしょう。

1日にどれほど噛んだのかというのをメモをしていくごとで、どういう時に噛んでいるのかと理解をすることができます。

またその時に小さな目標を決めておくと良いかもしれません。

いずれは0にすることを目標として、最初は数回までに抑えるという事をしてその目標が達成できたのであればどんどんその回数を無くすというような事をすることで、改善できるのではないかと思います。

人により、差が出てきてしまうこともあるかもしれませんが、噛んだらメモをするというのは一番効果的なものと言えるのではないかと思います。

常に短く切りそろえておく

常に短く切りそえろえておくという方法もあります。

爪を噛むという事は、その爪が長いから噛めるという事になりますよね。

どんなに爪を短く切っていてもまた噛んでしまうというようなことを無くすことができるのではないかと思います。

言うのであれば噛めないくらいに爪を切るというような方法も1つの方法です。

少しでも伸びてきてしまったら、爪を切るというようなイメージで良いかもしれません。

常に短く切りそろえておくことで、噛ませないようにするという方法もあるので、常に手入れをして意識してみてはいかがでしょうか?

専用のマニキュアを塗る

専用のマニキュアを塗るという方法もあります。

基本的には女性限定になりますが、爪を噛んでしまうのであれば、噛ませない気持ちにさせることが重要です。

一番効果的なものはマニキュアを塗るという行為です。

マニキュアというのは常に落としたりすることもあるかもしれませんが、塗っている時に爪を噛むというような事はしないですよね。

何故ならせっかくマニキュアを塗っているのに台無しになってしまうからです。

特に普通のマニキュアではなく専用のものを使うことで、特別感が出るのではないかと思います。

今噛んでしまうと限定物が台無しになる!というような考え方をすると、自然と噛まなくなったりするのではないかと思います。

ガムを噛む

爪を噛むという事は、何か口に入れてしまうという事にも繋がりますよね。

そんな時にオススメなものがガムです。

よく力を入れる際にもガムを使う人が多いですが、ガムというのは常に口の中にあるものなので、他のものが入るのを防いでくれます。

例えばガムを噛みながら飲み物はあまり飲みたくないですよね。

その様な気分にさせてくれるので、爪を噛むという癖も無くすことができるのではないかと思います。

ストレスを発散する

原因がストレスでその様になるのであれば、そのストレスを発散する必要があります。

例えばカラオケに行くという事であったり、美味しいものを食べるといったことです。

一番してはいけない事はそのストレスを抱え込むということ、そして我慢をするということなので、ストレスを発散する際には、爪を噛むのではなく別の方法を試すという事をオススメします。

マスクを付ける

マスクをつけるというのもあるでしょう。

基本的に口を塞いでしまえば口に物を入れるというのが難しくなりますよね。

マスクをしていると自然と口が塞がる形になり、爪を噛みたいと思ってもマスクが邪魔で噛めないというような事にすることができます。

なのでマスクをつけるという方法もあるという事を覚えておきましょう。

ネイルをする

これは女性限定になってしまいますが、ネイルをするという方法もあります。

ネイルをしてしまえば、当分の間は爪を汚したくないと思いますよね。

ネイルをする場合は基本的には様々なネイルがあると思います。

自分のお気に入りのデザインなどを探して、爪を噛まないようにするという方法もあるのです。

またネイルをする場合は、必ずほぼ毎日すると良いでしょう。

出かけないという日であっても癖というのは隙を与えてしまうとついしてしまうことが多いので、注意をすることが必要になります。

別のストレス発散法を探す

別のストレス発散法を探すということもあるでしょう。

例えばいつもは爪を噛む癖をカラオケなどに変えたり、何か違うことをしたりと様々あると思います。

人によりストレス発散方法は様々と言いましたが、爪を噛むというようなストレス発散方法というのはダメなことだと思います。

言うのであれば、デメリットでしかありません。

悪循環にもなってしまうので、別のストレス発散方法を探すことをオススメします。

衛生的にも健康の為にも爪の噛み癖を治しましょう

いかがでしたか?

爪を噛む癖というのがどれほどデメリットであるのか、そしてその爪を噛む癖を治す方法をいくつかお教えしました。

爪を噛むというのは子供であればまだしも、大人がしてしまうとどうしても悪い印象を与えたりします。

また衛生的にもよくなく、特に化膿などの病気にもなってしまうので、必ず噛み癖というものをなくしてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、いつもとは違った生活を送ることができるのではないかと思います。

衛生的にも健康の為にも爪の噛み癖を治すように努力しましょう!