優しさとは何でしょうか?人間には優しさという感覚があります。

それは他人や動物に対して、愛情を示すことともいえるでしょう。

ですが、改めて優しさとは何か、と問われると答えることは意外と難しいかも知れません。

優しさの定義は価値観や人生観でも変わるものであるともいえそうです。

今回は本当の優しさを知るために、偽りの優しさや本当の優しさについて詳しくお伝えします。

あなたも本当の優しさを理解すれば、人格的な向上も見込めますし、他人の優しさが本物か偽物かも見抜けるようになるでしょう。

本当の優しさを知る人生と、そうではない人生では幸せの度合いに大きな違いが生まれます。

本当の優しさを知り、より幸せな人生を歩むようにしてゆきましょう。

優しさの定義っていったい何?

優しさとは何でしょうか?改めて問われると難しい質問かも知れませんね。

一般的には、他人に対して気遣いをして、その人のことを思いやることと言えそうです。

もちろん他人だけではなく、生き物や物、自分自身に対する思いやりも優しさと言えるでしょう。

しかし、一見優しさに見える言動が、実は優しさとはいえない場合もあります。

今回は、改めて優しさとは何か、偽りの優しさと本当の優しさの違いについてなど、優しさの定義について、深く掘り下げていきたいと思います。

見せかけの優しさとは

優しさとされる行為の中には、上辺だけのものもあります。

その人の本心では利害や隠された本音があるため、それは本当の意味での優しさではなく見せかけの優しさなのです。

しかし、純粋な人や相手を信じている人の場合、見せかけの優しさに騙されてしまうこともあります。

この章では見せかけの優しさについてお伝えします。

見せかけの優しさとはどのようなものかを知り、本当の優しさに気づくための参考にしてみてください。

1.下心がある

下心は優しさとは真逆の心理状態です。

本心では優しさではなく、別の心理が働いています。

特に相手に対して何か見返りを求めている場合、優しさに見せかけた素振りをする人がいます。

相手の知性が高いとすぐに見破られますが、疲れていたり、何か他に悩みごとがある時などには騙されてしまう場合もあります。

なんにせよ、下心がある優しさで近づいてくる人との関係は、あまり深くならない方が賢明です。

気に入られたい


下心で近づいてくる人の心理には、気に入られたいというものもあります。

騙そうとはしないまでも、相手に気に入られたいがために優しくふるまうのです。

このような心理状態は、多かれ少なかれ誰にでもあるものです。

しかし、その状態ばかりでは他人に信用されないでしょう。

相手に気に入られたい心理が働いても良いので、気に入られなくても構わないという気持ちで優しさを与えれば良いのです。

そうすれば、本当の優しさに近づき、結果として良い関係が築ける可能性が高まります。

2.アピール

自分が目立ちたい、得票を得たいなどといった自分の為に優しさに見せかけた行為をする人がいます。

いわゆる売名行為というものです。

自分の名前を売るために、ボランティア活動や人助けをして自分をアピールするのです。

本心では自分の知名度を上げることが目的なので、本当の優しさとはいえません。

しかし、売名行為とはいえ、その行為により救われる人がいるのであれば、それは意味がある行為といえます。

中には売名行為からボランティアをしているうちに、本当の優しさに気づく人もいるはずです。

そういった意味ではアピール目的で始める人助けもありといえるでしょう。

優しい人だと思われたい

アピール目的で優しいと思われるような行為をする人は、周りの人に優しい人だと思われたいという願望があります。

そうすることで、自分に何らかのメリットがあるのです。

しかし、そのメリットは本当の優しさから得られるメリットに比べれば小さなものです。

本当の優しさを持つ人は、図らずとも周囲の称賛や信頼を得られるのです。

3.口先だけ

口先だけの優しさは、本当の優しさとはいえません。

どれだけ口で素晴らしい言葉を並べても、実際にその言葉通りの優しさを実行していない場合は、それは優しさとはいえないのです。

もちろん、遠く離れた子供に電話で励ましの声をかけてあげたり、大手術を前に祈りを捧げるなどは本当の優しさといえます。

これらは自分のできる限りのことをしているので、口先だけとは言えないからです。

彼らはもし他にもできることがあれば、喜んでそのことを実行に移すでしょう。

反対に、本当はもっとできることがあるのに、何もしないで口先だけ優しい言葉をかける人は偽りの優しさをもった人といえるのです。

行動が伴っていない

このように、本当の優しさには行動が伴います。

それも、無償の行為による優しさなので、相手の心に伝わります。

世の中には無償の行為で優しさを与える人がいます。

歴史的な偉人で有名な人は、マザーテレサでしょう。

彼女は生涯を通じて貧しい人たちの救済に、その一生を捧げました。

その行為は正に本当の優しさと言える、行動が伴ったものでした。

そこまでいかなくても、あなたが普段出会う人に、ほんの少しでも行動が伴う優しさを与えることができれば、それは見えないけれども社会を潤すことになるのです。

相手を思う本当の優しさとは

この章では、本心からの本当の優しさについてお伝えします。

本当の優しさには見栄や計算、だます気持ちなどがありません。

本心から相手を思う気持ちなので、真の意味で相手に伝わり安らぎを与えます。

競争が激しい現代社会では、忘れられがちですが、実は大きな成功を収めた人たちは秦の優しさを体現していることが多いのです。

優しさは損得勘定がないので、どのような人でも受け取ることができます。

それは目に見えない社会の癒しとなります。

もし優しさがなければ、社会は立ち行かなくなるでしょう。

それでは本当の優しさについてお伝えしていきます。

1.自分の為ではない


本当の優しさとは、ただ相手のことを思うものです。

そこには見返りや計算はありません。

ただ相手の為を思って行うので、万が一相手に受け入れてもらえなくても良いのです。

もちろん、相手が感謝してくれれば最高でしょう。

その場合は、お互いが良い気持ちになれるでしょう。

信頼関係を築くことにも繋がり、友人関係や恋人関係に発展する可能性も出てきます。

もし既にそのような関係であれば、より絆を深めることができるでしょう。

自分の為に行っていない行為が、結果として自分の為になるのです。

心から相手のことを思っているか

本当の優しさを発揮するポイントは、心から相手のことを思っているかどうかです。

同じ行為でも、心に響く行為と響かない行為があります。

その違いは情熱や信念の強さも関係しますが、心から相手を思っているかも大切な要素です。

生徒に慕われ、非行に走っている生徒をまともな道に戻すことができる先生は、本当に生徒もことを思って接しています。

勤務時間以外でも生徒のために時間を使います。

その思いが通じるので、結果として生徒の非行が治まるのです。

あなたも損得関係なく、心から相手を思うことができれば、本当の優しさを発揮することができるでしょう。

2.行動ができる

実際に自分の信念や他に施したい、貢献したいという気持ちに従って行動できる人は、本当の優しさを持っているといえます。

電車でお年寄りに席を譲りたいと考えていても、実際に席を譲らなければその気持ちは伝わりません。

心の中で譲りたいと思うことも素敵なことですが、せっかくなら行動に移してみましょう。

時には断られることもあるかも知れません。

しかし、続けていれば必ず感謝される時がきます。

そのこと自体はあなたの出世や評価に直接関わらないかも知れませんが、安心で安全な社会を維持するために大きな貢献をしていることになるのです。

口だけではない

まずは口だけではない、行動が伴う優しさを目指しましょう。

最初は挨拶を自分からする、ゴミを拾うなど簡単なことから始めましょう。

そのような相手を良い気分にすることや、社会をよくすることは優しさといえます。

徐々に行動が伴った優しさを増やしてみましょう。

3.厳しいことも言える

本当の優しさは、時として厳しさを伴います。

本当の優しさを持つ人は、相手のためにならないと感じた場合はあえて厳しくできますし、試練のようなことを課す場合もあります。

しっかりと教育ができる両親や先生は、優しい言葉だけでなく、時には厳しい言葉をかけることもあります。

あえて厳しい面を見せて、相手の成長を促すのです。

時には厳しさがあるものが、秦の優しさといえるのです。

叱れる

本当の優しさがある人は、叱る必要がある際はしっかりと叱れます。

例えば、熱血なスポーツのコーチは、時に選手を厳しく𠮟りつけます。

一見冷たく見えるそのような言動も、結果として相手を成長させるための優しさだったと、後になり気が付くのです。

家庭でも、しっかりと叱る必要がある際に叱れる親に育てられた子供は、成長すると常識のある社会でしっかりと生きていける大人に成長します。

4.誰にでも優しい

本当の優しさを持つ人は、分け隔てなく誰にでも優しさを与えられます。

先ほど例に挙げたマザーテレサが良い例です。

また、良い母親は兄弟を分け隔てなく育てます。

これも本当の優しさといえるでしょう。

もちろん、現実には大好きな人や大切な人に優しくする心理はあって当然です。

それでも自分に得がない人にも優しく接することができる人は、人格的に優れているといえます。

ある超大手の自動車メーカーの創業者は、自分の会社の工場を視察する際、作業員の油だらけの手を握りお礼を言っていたそうです。

社員を分け隔てなく大切にする、その方の素晴らしさが分かるお話ですね。

相手によって態度を変えない

相手によって態度を変えない行動は、本当の優しさの基準のひとつです。

どんな相手にでも同じ態度で接することができる人は、本当の優しさを持っているといえます。

ただし、相手が横暴である場合は、本当の優しさを持つ人も不快に思うでしょう。

そのような人には、優しさがある人も距離を置くはずです。

自分が優しさを得られるような人になりたいものです。

5.見返りを求めない

本当の優しさを持つ人は、見返りを求めずに優しさを与えます。

つまり、損得ではなく本当に相手を思う気持ちからくる行為をするのです。

その行為は見返りを求めないため、時に自分が損をする可能性を含んでいます。

見返りを求めない行動で優しさを発揮する人物は、時に多くの人を救います。

戦時中に追っ手の追跡を逃れるために、ビザの発給を申請していた外国人に、ある外交官が独断でビザを発給しました。

その結果、多くの人が敵国の追っ手から逃れることができ命を救われました。

もし彼が見返りや保身を考えていたら、ビザは発給せずにいたでしょう。

この例は、見返りを求めない優しさの良い例といえます。

相手軸でものを考える

外交官の例のように、本当の優しさを持つ人は、もし相手の立場ならどうするか、という相手軸で物事を判断できます。

自分の意見や立場を通すのではなく、お互いの意見を取り入れる道を探します。

このような相手軸での考え方が、相手を気づかうことに繋がり、本当の優しさの発揮に繋がるのです。

自分の利害を考えないこと(まとめ)

いかがでしたでしょうか?本当の優しさは無償の愛ともいえます。

赤ちゃんは両親の無償の愛を受け取り育ちます。

一説では赤ちゃんのころに母親と過ごす期間が短かった人は、大人になってから精神的に不安定になりやすい傾向にあるそうです。

もちろんそのような人でも、その後の恵まれた人間関係や本人の努力で立派な大人になることは可能です。

そのためにも、周りの人たちの優しさや、本人の自分自身への優しさが必要です。

また、大自然や動物と触れ合うことも、優しさを感じられる良い機会です。

人間以外にも自然や動物に触れると、人は優しさを感じることができるのです。

それは自分の利害を考えない関係でいられるからです。

人間同士も、利害関係を考えることも大切ですが、利害を考えない関係も同じように大切です。

家族や友人、恋人に与える優しさは利害のない無償のものであるはずです。

そのような優しさを大切にすることで、自分にも本当の優しさが返ってくるでしょう。

本当の優しさを大切にして人生を生きていきましょう。