CoCoSiA(ココシア)

有給休暇を取るための5個の方法(続き5)

その様な企業の場合は取得率が高いでしょう。

しかしながら、その様な企業ではない場合は低くなってしまうのです。

有給休暇を取りにくい理由とは?

そんな有給休暇を取り難い理由というのはどの様なものがあるのでしょうか?例えば「休む=やる気がな」という昔ながらの意識があるのではないかというような事があります。

休んでしまうとどうしても周りの目を気にしてしまったり、やる気が無いように思われてしまっても仕方ありません。

言うのであれば今の日本というのは若い人達が働くことができない状態になってきていることが多く、その原因というのはその会社の雰囲気というようなものがあるのです。

なので会社の雰囲気が取り難い状況にしているというような事もあるかもしれません。

皆さんが働いている会社というのはどの様な状況になっていますか?

有給休暇は取りたいと思っていても取れないとなるとそれなりの理由が必ずありますよね?

ではどの様なものがあるのか、詳しく見てみたいと思います。

「休む=やる気がない」という昔ながらの意識がまだある

先ほど言った「休む=やる気がない」というような昔ながらの意識がまだあるから取り難いと感じる人が多いのではないかと思います。

言うのであれば休んでしまうと、どうしても人というのはその人に対しての気持ちが変わってしまいます。

こちらはやる気があるのにあの人は・・・というような形にもなりかねませんよね。

休んでしまうと昔ではやる気があるのかと直ぐに怒鳴られたりしたのではないかと思いますが、今ではその様な環境というのは珍しくありません。

しかしながらその環境になってしまうというような事にもなりかねないので、有給休暇を取り難いというような事になってしまうのではないかと思います。

不在の間に周囲に迷惑がかかる

不在の間に周囲に迷惑がかかるという事があるでしょう。

言うのであれば人がいない間というのはどうしてもその人に仕事がいくのではなく、他の人に仕事が渡ってしまいますよね。

その様な状況になったりする可能性があるという事になります。

大企業などの場合はそこをカバーし合える人材が多くいますが、中小企業であったり、小さい会社になってしまうとどうしてもそのルールというようなものであったり、上司などから言われたりと様々なプレッシャーやパワハラなどがあるかもしれません。

その様になった場合に迷惑はかけられないという気持ちがどうしても出てしまうので、この様に考えるのではないかと思います。

会社全体が休みを取りにくい雰囲気になっている

会社全体が休みを取り難い雰囲気にしているというような事もあるでしょう。

これはよくある事ですが、会社が常に忙しいという状況であったり、なおかつ仕事熱心な人に多い傾向があります。

会社全体が休みを取り難い理由というのは、その雰囲気があるからという事になります。

例えば皆が会社を休まずに毎日出勤をしていたりすれば、とても熱心な人達だという気持ちで終わると思いますが、いざ有給休暇を取る場合に「え?休むの?」というような雰囲気になってしまうのも事実ですよね。

会社の雰囲気というのは特に重要であり、その様なことに対して反応をしたりするような人が多いです。

取得のための書類提出や理由づけや報告等が面倒

中には取得のための書類提出が面倒だという人もいるかもしれませんね。

例えばですが届け出を書くというのも、面倒に感じる人が多いかもしれません。

書類の提出をしたり、上司や同僚にも報告をしたりと、様々な気を使わなくてはいけないですよね。

そんな環境の中でいざ有休をとりますと言っても、何故?というような理由を聞かれると更に面倒だと思いますよね。

適当に答えたり、軽く答えるというような事が大事にはなると思いますが、取得のための書類提出などが面倒になってしまうと、どうしても有給休暇が取り辛いと思うのではないかと思います。

有給休暇は計画的にとりましょう

いかがでしたか?

今回は有給休暇についていくつかお教えしました。

例えば有給休暇というものは、日数が決まっているという事が解りましたし、どんなに貯めていたとしても上限があるという事も学べたのではないかと思います。

どうしても取り難い環境になってしまったりすることが多いかもしれませんが、有給休暇を取って計画的に生活をしてみてはどうでしょうか?

有給休暇というのは適度に消費をしなければ損をするものなので、この制度についてはしっかりと理解をしておくようにして、有給休暇を取って休日を漫喫してみてはいかがでしょうか?