今日はバイトなんだけど、とにかく今日はバイトを休みたい・・・。

そんな日ってありますよね?
体調も気分も乗らないとか、大事な予定が入っていて、どうしても休まなくてはいけないというとき。

でも、バイトを休ませてもらうのってかなり勇気がいりますし、簡単には休ませてくれないちょっとブラックなバイト先もあるかもしれません。

では、バイトを休みたい時には、どんな風に説明すれば休ませてもらえるのでしょうか?
バイトを休むためのちょうどいい理由と、注意点をご紹介しちゃいます。

️バイトを休みたいとき

みなさんは、バイトを今日は休みたい!と思ったときはありますか?
多分、いっぱいあるのではないでしょうか?
友達から楽しい遊びに誘われたり、好きな人からデートに誘われたり・・・。

さらには、もっと大事な急用ができたので、突然だけどバイトをキャンセルしたいという時がありますよね。

でも、シフトでもう自分のバイトの時間がきっちりと決まっていると、なかなか休みたいとは言えなかったり、簡単には休ませもらえない時もあります。

もちろん、気分が乗らない、遊びに行きたいなどの理由でシフトをキャンセルするような無責任な人は、周りにかなりの迷惑がかかってしまうので、一緒に仕事はしたくないですけどね。

たまに、そうやってシフトが入っているのに、簡単に自分勝手な理由でよく休む人がいると、その人は信頼してもらえないどころは迷惑なので解雇されることもあるでしょう。

しかし、シフトはもう決まっているんだけど、どうしてもハズせない急用が入った、どうしても今日は休みたい、という時は誰にでもあるでしょう。

高校生や大学生は突然休みたいときがある


得に、高校生や大学生時代なんかは、突然にその当日になって休みたくなる時、ありますよね?
学校がすごく長引いて、体力的にも精神的にも疲れ切ってしまったとき、バイトに行くのがかなり面倒になります。

それでも、普通は頑張っていって責任を果たすのですが、もうどうにもこうにも頑張れない、と思う時があるのです。

しかし、すごい高熱があるわけでもないし、立てないほどの風邪をひいているわけでもないと思うと、休むのが申し訳ないような気持ちになったりもしますよね。

あと、どうしてもハズせないと思う用事と、バイトが重なってしまったとき、気持ち的には絶対にバイトを犠牲にしたいのですが、どうやって上司に言えばいいのかと頭を悩ませることもあるでしょう。

授業が長引いたり、補講が入ってしまったりしたときなんかは、バイトと時間がかぶると焦るけど、しょうがなく休むしかなくなる時もあります。

当日欠勤でも責められない言い訳

前々からわかることであれば、シフトを作成してもらう時に考慮してもらえばいいし、先々のことであれば、シフトが決まっていても調整してもらえることもあるでしょう。

ただ、当日になってバイトを休むとなると、周りの人にどれだけ迷惑がかかるかが想像できるので、すごく後ろめたい気持ちになりますよね。

自分が休むと、自分の仕事を誰かがカバーすることになり、その分別の仕事が進まなかったり、手が足りずに困ってしまうことがあるわけです。

誰かが、自分と同じ時間にバイトに入っていて、当日急に休んだ時に、自分も大変な思いをしたことがあるなら、なおさら当日欠勤が重たく感じられるでしょう。

では、どんな理由なら当日欠勤でも責められずに、その後も信頼されて、バイト仲間ともいい関係でバイトを続けることができるのでしょうか?

️バイトを休む言い訳6つ


バイトを休む時に、必要なのは”理由”です。

それも、”それなりの”理由です。

シフトが作成されていないときであれば、もちろん自分の予定に合わせてシフトを組んでもらうようにお願いするのは間違っていません。

しかし、シフトが組まれた後はそれに従って自分の責任を果たすのが当然です。

なので、休むとなるとそれなりの理由、つまり遊びたい、今日は気分が乗らなといった甘えた理由では休んではいけないのです。

では、店長も仲間も納得してくれる、それなりの理由とはいったいどんなものがあるのでしょうか?
バイトを休みたいときに、責められずに休める言い訳・・・と言っちゃなんですけど、それなりの理由を6つご紹介しましょう♪

体調不良

まずは体調不良。

体調不良に文句をつけられる人はほとんどいません。

それは、自己管理がなっていないからだ!と怒られることがあるかもしれませんが、なってしまったものはなってしまったものでしょうがないし、他のだれかがあなたに代わって、あなたの体調を感じることはできないのですから、しょうがないわけです。

特に、食品を扱う仕事をしている場合、下痢とか嘔吐などにはかなり敏感になります。

ウイルスを持っている場合に、食品を扱う仕事は絶対にできないので、いくら忙しいとはいえ、店長もあなたが休むのを承諾してくれるでしょう。

発熱

発熱は、何らかの原因で体が反応を起こし体温がいつもよりも高くなっている状態です。

つまり、それは体が不調を感じていることの証拠です。

熱が何度あれば、発熱と言えるのかというのは、個人差があります。

普段体温が低ければ、36.8℃くらいでも、熱がある状態と言える人もいるでしょう。

逆に、普段から37℃くらいある人にとったら、それは平熱です。

もし微熱なら、風邪が原因かもしれません。

しかし高熱になってしまった場合、インフルエンザとか咳が伴っていると細菌性肺炎の可能性もあります。

熱が出ている原因は、医者に行ってみないと良くわからないでしょうけど、体が何らかのSOSを発信していることは確かです。

時には、ストレスから体温が上がることもあります。

ものすごく緊張したり、人間関係や学業、仕事などで毎日のストレスが重なってしまったりするときに、38度以上の高熱が出ることもあります。

一般に、37℃~37.9℃を微熱、そして38℃以上が高熱と考えれらえいます。

それで、高熱が出た場合にはバイトを休むのも言いやすいし、バイト先もしょうがない、と受け止めやすいでしょう。

しかし微熱の場合、「薬を飲んで出て来いよ!」と言われることもあったりしますので、
微熱ならそれが長く続いている場合には、ちょっと危険な病気の可能性もあるので、それを伝えて休むこともできるでしょう。

頭痛

頭痛にはいろいろな痛みがありますよね。

ズキズキするときもあるし、ドーンと重たい痛みの時もあります。

片頭痛を持っていたるする人は、気候とかも関係するかもしれません。

頭痛持ちの人が、頭痛が原因でバイトを休むとなると、かなり頻繁に休むことになるので信用されなくなる可能性が高いので、頭痛に対処しなくてはいけないのですが、たまになら、
頭痛を理由に休むこともできるでしょう。

起き上がれないほど痛いとか、めまいが伴うこともあるでしょう。

頭痛って、気持ち次第で「なんだか痛いぞ!」って思うときもあれば、ストレスが無くなるとスッキリと治ることもありますよね。

しかし、中には脳腫瘍とか脳梗塞などの大きな病気が原因になっていることもあるので、い
つもとは違う頭痛を感じたら、病院に行くといってバイトをお休みさせてもらうことができるかもしれません。

吐き気

吐き気は、バイト先にとっても厄介なことです。

なぜなら、急性胃腸炎の恐れがあるからです。

急性胃腸炎とは、ノロウイルスなどウイルス性の病気で下痢と嘔吐をするもので、嘔吐物にはウイルスがたっぷりいるし、感想した吐物からもウイルスは感染するので、絶対に食品を扱うような場所で、吐かれては困るのです。

吐き気の他の原因としては、緊張や疲れなどのストレスが原因のもの、さらに食べすぎとか飲みすぎ、妊娠やタバコなどもあります。

特に現代人に多いのはストレスによる吐き気です。

いずれにしても、食品を扱っているようなバイト先では、吐き気の原因がわからないとすると、ウイルスによる可能性も考えられるので、突然であってもなかなか吐き気でバイトを休む人を責めることはできないでしょう。

腹痛

「お腹が痛いので休みます」って、みんなが使いすぎていて、あんまり信用してもらえない休む理由ですけど、いつも真面目に働いていて、ほとんど休んだことがない人なら、よっぽどひどい腹痛なんだな、と理解してもらえることでしょう。

腹痛の原因としても、ウイルス感染の可能性もあります。

ノロウイルスの場合、頭痛や鼻水なども一緒に発症することが多いです。

なので、そのような腹痛だった場合は、ウイルス感染の可能性があるので、仕事に行けないといえるでしょう。

あと、頭痛が伴っていると食中毒の可能性もありますし、ストレスが原因のこともあります。

生理痛

生理痛は、女性にしかわからない独特の痛みですね。

かなりひどい人は、月に何日か寝ていなくてはいけなかったり、歩くのもやっとというくらい痛みがあることもあります。

生理痛は、男性にはどうにも口出しができないので、女性がバイトを休むのに使いやすい理由となります。

しかし、相手が理解のない男性の場合「薬を飲んでも痛みが収まらなくて、本当に辛い」ということを話すのが、受け入れてもらえるのか心配になるし、生理について男性に話すのには抵抗や恥ずかしさを感じることもあるでしょう。

しかし、普通の男性なら理解してくれるはずだし、無理に来い!とは普通は言えない理由です。

病院に行くと伝える

ただ、腹痛がするとか、頭痛がするので休ませてください、というだけでは、信用されないことがあります。

ずる休みなんじゃないの!?と思われてしまうことがあるのです。

まあ、その人の普段の仕事ぶりや態度にもよりますけどね。

それで、病院に行って検査をしてもらうというように、病院に行くことを伝えれば、本当に具合が良くないんだな、ということを理解してもらえるでしょう。

学校を出す

学校を理由に、バイトを休むという手もあります。

学生バイトの場合、学校が理由でバイトに遅れるとか、バイトを休むということは、野党側もある程度は理解していますし、想定しています。

そして、学校が理由ならバイト先も、ずる休みとは思えませんし、ケチをつけにくくなります。

授業が長引く

学校の授業が長引いてしまって、バイトに行けなくなるということを理由にできます。

その時には、授業が長引くことが予想された時点ですぐにバイト先に連絡しましょう。

もし、遅刻しても行けるのであれば、遅刻の連絡をして急いでいくのが普通ですけど、もう今日はバイト行けない・・・と思ったときには、授業のせいにして急きょ休むこともありますけどね。

補講

大学の授業の補講が突然、バイトのある日とかぶって入ってしまった、ということもよくあることですよね。

時間的に良く考えてみても、やっぱりバイトに間に合いそうにないし、無理だと思った場合、早く連絡しましょう。

学生なら、補講はかなり大事なはず。

バイト先の人も、あなたが大学に通っているということを知っていれば、予想できる自体です。

嫌味を言われたりすることもあるでしょうけど、学業を優先するのは当然なのです。

課外授業

課外授業とは、正規の授業とは他に実施されているオプションの授業です。

どうしても出席したい課外授業がある場合、そちらをバイトよりも優先したいと思うことでしょう。

ただ、バイトを休むということはそれだけかなりの迷惑かかるので、課外授業はちょっと理由としては言いにくい点ではありますが、学業を優先することは間違ってはいないはずです。

それを理解してくれるバイト先ならそれを理由に大丈夫でしょう。

教授と面談

教授との面談。

これは、この先の進学に大きくかかわることなので、これもバイト先には仕方ないと思われる理由でしょう。

その人の人生にとって、大きな影響を与えることになるかもしれない面談ですので、需要℃が高いわけです。

さらに、本人の都合だけで決めていることではなく、教授とのアポがあるわけなので、そちらを優先してバイトを申し訳ないけど休む、ということは、まあしょうがないと思ってもらいやすいでしょう。

学校でのトラブル

学校でトラブルが起きて・・・という理由の場合、そのトラブルって何!?っていうところが問題です。

でも、大事なレポートが再提出になり、今日中に提出しないと落第するというような緊急なものの場合、しょうがないと思ってもらえるかもしれません。

しかし、それはあなたの自己管理不足だったり、学業とバイトとのバランスが取れていないということを受け取られてしまうこともあるので、あまり頻繁に使わないほうがいい理由ですね。

学校行事

学校行事って、あらかじめ予定がわかっていることがほとんどなので、急に休むことはあまりお勧めできません。

しかし、学校行事の準備とか急な参加によって突然にバイトを休まなくてはいけなくなることもあるかもしれません。

あと、うっかり行事のことを忘れていて、バイトを入れてしまっていた、ということもあるでしょう。

その場合は、ものすごくバイトを休むのが申し訳ない&自分のミスだということで、お願いしにくいと思います。

まあ、急きょボランティア活動なのに参加しなくてはいけなくなった、ということであれば、しぶしぶ受け入れてくれるかもしれません。

追試

テストの追試があって、バイトを休むということもあるでしょう。

まあ、これも自分にとっては計算外のことで、追試があるとは思わずにバイトを入れていたということはよくあることでしょう。

追試は休むことはできませんよね。

追試で合格しないと単位を落としてしまって、卒業できないというかなりヤバイ状況になるかもしれません。

なので、追試があるからどうしても出れない、ということで学業を優先するのが普通でしょう。

しかし、追試の場合当日ではなくそれ以前に日時がわかっていることだと思うので、その時点で早めに店長に相談して、変わりの人を必死に探すという自己責任を果たす方が良いでしょう。

当日になって急に「追試で・・・」と言われると、キレられることもありますからね。

就活を出す

就活を武器にバイトのお休みをもらうのも、無難な理由でしょう。

就活中の人にとって、就活が一番大事なこと、就職が決まってからはもうバイトを辞めるだろう、ということはバイト先の店長もわかっていることだと思います。

それで、就活の大事な予定が急に入ったということなど、就活中の人ならしょうがないか・・・と思える理由も使えるでしょう。

説明会が入った

企業の説明会は、就活者に撮ったらかなり大事なことですね。

バイトと説明会がかぶった場合、将来のことを考えると、説明会を選ぶ人が多いでしょう。

ただ、説明会も日程はあらかじめわかっている場合が多いはず。

というか、予約をしていくことも多いですよね。

そして、時間帯もそんなに遅い時間に行われることはありません。

それでよく説明会がありまして・・・という理由で、バイトを休んでいると完全に怪しいと思われるかもしれません。

そして、スケジュール管理ができてないということにもなりますので、社会人になる身としてもどうかと思われます。

しかし、予約のキャンセルが出たということで、急きょ自分が説明会に参加できることになることもあります。

なので、そうゆう時には申し訳ないという気持ちを込めつつ、大事な説明会に急きょ参加できることになったことを伝えれば、しょうがなく受け入れてくれるところが多いでしょう。

面接が入った

さらに、面接も同じく絶対に譲れないことですよね。

バイトをしている場合ではありません。

もちろん、バイトを休むのは本当に申し訳ないのですが、面接をバイトを理由に行かないなら、もう就活なんてしているとは言えませんね。

一生そこのバイトをする決意でもなければ、面接よりバイトを優先する人はほとんどいないでしょう。

ということで、大事な面接が入ったということは、バイトを休むもっともな理由となります。

就活が長引いた

就活が長引いたということで、しょうがなくバイトの時間に間に合わない、と言うことも、
周りはしょうがないと思う理由の一つになりますね。

就活は人生に大きく関係していることですから、就活を真剣に行うことは当たり前。

それに、就活で説明会に行っていたり、面接などをしていて、それが長引いてしまったり、説明会の後に企業の人たちとお話しできるチャンスができて、それに参加していたりなど、時間が計算外に伸びてしまうこともあり得ます。

バイトの時間がすごく気になるとはいえ、バイトとこれからの将来の可能性に大きく関係している就活の重さを考えてみると、どうしても譲れない就活がバイトの時間にまで長引いてしまったということは、バイトを休むしょうがない理由になるのではないでしょうか?
もちろん、就活とバイトを天秤にかけたときに、就活のほうが重いことは確かでも、あなたがシフトが入っていたバイトを休むことで、バイト先の人たちがどんなに大変な思いをするのかということを考えると、この就活を武器にして本当はバイトも行けるのに、めんどくさいという理由で頻繁に休むということがないようにしないといけませんけどね。

両親や祖父・祖母の体調不良

自分ではなくて、親や祖父母の体調不良が原因で、バイトに行けなくなる、ということもありますよね。

まあ、でもそれって、なかなか頻繁には起こらないことです。

どうしてもあなたが病院に連れて行かなくてはいけない、という事態でもなければ、バイト先はバイトに出てほしいと思うだろうし、緊急でなければ当日に急に休まないでほしい、というのが本音でしょう。

しかし、大事な家族や親族の体調が悪いのでバイトに行けない、ということを、責めることはできないはず。

なので、それが本当なら急だとしても、バイトを休ませてもらうことをお願いするのに、もっともな理由となります。

病院に連れて行く

しかし、両親や祖父母が体調不良だといっても、ただの風邪ならあなたがわざわざバイトを休む必要はあまりないわけなので、その際には「病院に連れて行かなくてはいけないので・・・」という理由をつけましょう。

病院に連れて行く、ということはそれなりの重症なんだな、今どうしても必要なことなんだな、という判断ができますし、バイトの当日に急にそれで休みをお願いされても、しょうがないことです。

だって、病気は誰も予測できない緊急なことですからね。

入院

入院、となるとさらに事態は深刻なことがわかりますね。

そして、入院には付き添いが必要だったり、荷物をいろいろと用意して上げる必要もあったりします。

入院患者が自分で全部できるようなケースは少ないと思うので、家族が入院することになって、それに付き添わなくてはいけないので、どうしてもバイトに行けない、ということを言えば、普通なら絶対に出て来いとは言えないでしょう。

検査

検査をすることになった、ということでも付き添いが必要な場合があります。

しかし、検査は当日にするよりも、前もって日にちが決まっていることの方が多いと思うので、その日のお休みは前もってお願いすることができることでもあります。

急に容体が悪化して、検査のために急きょ病院に行かなくてはいけなくなった、ということであれば、緊急性がありますね。

そして「精密検査」と言えば、察しのいい店長はかなり深刻な状況なことを予測できるので、あなたにバイトに来るように圧力をかけにくいでしょう。

「親(または祖父母など)が倒れて、〇〇日に精密検査を受けることになりました。

それで、付き添いをしなくてはいけなくなりましたので、バイトをお休みさせてください」
というように言えば、1日お休みをくれるでしょう。

もし、送り迎えをするので、ということであれば、その間の時間にバイトに来れないのか、と掛け合われることもあるかもしれないので、ずっと付き添いが必要であることを話すと、1日休ませてもらえるでしょう。

手術

手術であれば、それが終わるまでずっとそばにいてあげたいと思うのが当然です。

もし、命にかかわることであれば、当たり前のことです。

それで、「手術を受けることになりまして・・・、終わるまでそばにいたんです」と言えば、そんな大事なときに、家族のそばから離れてバイトをしろ!とは言いにくいでしょう。

しかし、この場合も緊急手術ではない限り、数日前や数週間前から計画しておけることなので、当日の理由としては本当の緊急ではない限り、使うのは難しいでしょう。

発作

突然に、家族が発作を起こすということも、大事態でしょう。

発作には、様々な原因が考えられます。

過呼吸になったり、突然に動悸やめまいがした倍は、パニック発作かもしれません。

パニック発作は、不安が長く続いてしまっているときに怒る発作です。

ひどい場合には失神してしまうこともあります。

さらに、てんかんを患っている人も、突然の発作を起こします。

このように家族が発作を起こした場合にも、それを無視してそのまま一人置いてバイトにはいけませんね。

なので、発作が収まるまで一緒にいて、それから病院に連れて行きます、というように、発作が起きた人を介護することを話しましょう。

介護

介護が必要で・・という場合には、その介護がやむをえない状況で自分しかできる人がいない、ということを説明しましょう。

例えば、いつもは介護をしているお母さんが病気で倒れてしまって、ヘルパーさんにも突然で頼めず、自分しかできる人がいないといったような状況です。

その当日急に、親や祖父母の介護が必要になるということはあまりないことなので、どうしてそのような状況になったのか、ということを詳しく説明しておくことで、納得してもらってお休みをもらうことができるでしょう。

事故

事故も、やむを得ない状況なので、バイトを休む時によく使われる理由です。

でも、そんなに頻繁に事故に遭うことってないと思うので、事故を理由に何度も休んでいる人は確実に信頼を失っているでしょう。

人身事故

人身事故は、人がけがをしていたり、生命にも関係しているような事故のことです。

そのような場合には、かなり緊急で対応することが必要で、人の命がかかわっていたり、けがをしているなら、バイトになんか行けるわけないので、バイトを休まざるを得ません。

自分の責任であれ、他人の責任であれ、命に係わる事故に遭ってしまった場合には、バイトなどはもちろん、休まなくてはいけないので、バイト先からも心配されるだけで、出て来いとは絶対に言われないでしょう。

さらに、自分が人身事故に巻きこまれたわけではなくても、電車の人身事故などが起きて電車が止まってしまって身動きが取れない、ということもあるでしょう。

それで、バイトに行けないというのもどうしようもない理由ですね。

車事故

車での事故を起こしてしまった場合、自分や相手に目立ったけががなくても、警察に来てもらっていろいろと調べてもらったり、保険屋さんと連絡を取ったりと、様々な手続きをしなくてはいけません。

そして、その時はパニックになっていることが多いし、車をどうするのかということも考えなくてはいけないので、バイトに行くのは難しくなるでしょう。

もし目立ったけがなどがなくても、一応病院で検査してもらう必要もあったりします。

それで、車をぶつけたということで警察に来てもらっていて、これから病院に検査にも行かなくてはいけない、ということであれば、バイト先の人も心配して休むのを責めることはないでしょう。

バイク事故

バイクでバイト先までいつも通っている人も、バイクで事故を起こした、と言えば信用してもらえるし、心配されます。

バイクは、体が大きく出ているのでバイク事故の場合、バイクに乗っている人が大きなケガする確率が高くなりますよね。

大きなバイク事故でなくても、体を強打していて、あとで具合が悪くなるということもあるので、頭や身体を打ったりしていた場合は念のために病院で検査してもらった方がいいかもしれません。

痴漢

女性なら、電車の中で痴漢にあって、今警察にいるといえば「大変だったね」ということで、バイトを休むのも受け入れてもらえるかもしれません。

でも、痴漢に遭ったということがバイト先のみんなに知られるのがちょっと恥ずかしいということもありますけど、それでもよかったら痴漢を理由にして休むこともできるでしょう。

身内の不幸

「身内に不幸がありまして・・・」、「身内の葬儀がありまして・・・」という理由で、休むのを責められることはまずないでしょう。

これは、本当にやむをえない状況です。

葬儀などへの出席は、社会的に見ても優先されることなので、バイトを休むのは当然でしょう。

自分の家族の不幸なら、数日間はバイトを休ませてもらえるでしょう。

もし、自分が喪主などをするとなると、数日では足りないでしょう。

もしお世話になった人の葬儀などであれば、一般に2日は休めると思います。

しかし、その場合でもその不幸がわかった時点で、すぐにバイト先にそれを知らせましょう。

️会社を休むときの注意点

どんな理由にせよ、自分がバイトに入っていることが決まっているのに、それを急きょ休むということは、とにかく周りの人に苦労をかけることになります。

それで、休みをお願いするときには以下の点を心掛けて、お願いしましょう。

連絡は早めに

まず、連絡はとにかく早めにしましょう。

休みをお願いするのが申し訳なくて、言いづらいということがあるでしょうが、急になればなるほど、バイト先には迷惑がかかります。

それで、できるだけ早く連絡し、バイト先があなたが休むことに対応できる時間が持てるようにするのが鉄則です。

電話がベスト

基本的に電話で伝えましょう。

言いにくいことだからといって、メールでは失礼ですし、気持ちが伝わりませんので、ずる休みだと思われてしまうことがあります。

しかし、もし電話できないような時間にバイトの休みをもらわなくてはいけないことがわかったなら、まずはメールで報告を入れておき、電話してもよいような時間になったら電話でもう一度連絡を入れましょう。

深刻な感じを出す

お休みをお願いするときには、本当に申し訳ないと思っていることや、深刻さが伝わるようにしましょう。

相手も人間です。

あなたの言い方次第で、受け入れやすくなったり、逆にキレたりします。

代行を探す

自分に代わって、バイトに出てもらえる人を自分なりに一生懸命探しましょう。

あなたに休まれて困るのは、人手不足になることだからです。

もし見つからなくても、「ほかの人にお願いしてみたのですが、見つからなくて・・・」という一言があれば、あなたの誠実さが伝わって、「大丈夫だよ」と言ってもらいやすくなるでしょう。

診断書が請求されることも

具合が悪い、病院に行くということを理由にした場合、あとで診断書を持ってくるようにと言われることもあります。

なので、嘘はやめましょう。

後日ちゃんと謝る

後日、本当に申し訳なかったということを言葉と態度で示し、関係者に頭を下げましょう。

お詫びの品なども持っていくといいでしょう。

バレる嘘はつかない

一度うそをつくと、もう信頼してもらえなくなって、本当に休みたい時にもズル休みだと思われてしまい、あなたへの信頼度はなかなか回復しないでしょう。

それで、嘘はつかないようにしましょう。