CoCoSiA(ココシア)

バイトを休む5つの理由。高校生や大学生も使える


「今日はバイトがあるけどどうしても休みたい」現在学生の人の中でそんな気持ちになったことのある方はいませんか?

心身の調子が悪い日や急に大事な用事が入ってしまったりと、どうしても休みたい日というのは人間誰しもあるものです。

「でもバイトを休むと迷惑が掛かってしまうし、代わりの人を探すのも大変だろうな」と思うとバイトを休むのは心苦しいですし、簡単に休めないバイトもあるでしょう。

そこでこの記事では、バイトを休む理由でおすすめの言い訳5つと注意点をご紹介します。

基本的にバイトを急に休むのはあまり好ましくありません。

調子が悪くて休みが必要な時は、事前に休みを申請しても良いかもしれませんね。

️バイトを休みたいとき

バイトをしているみなさんなら、これまでにバイトを休みたいと考えた日はたくさんあったと思います。

体調不良だけではなく、友達から楽しい遊びに誘われたり、好きな人からデートに誘われたり・・・。

さらには、もっと大事な急用ができたので、突然だけどバイトを休みたいという時がありますよね。

でも、シフトでもう自分のバイトの時間がきっちりと決まっていると、なかなか休みたいとは言えなかったり、簡単には休ませもらえなかったりする時もあります。

もちろん、気分が乗らない、遊びに行きたいなどの理由でシフトをキャンセルするような無責任な行動は、周りにかなりの迷惑がかかってしまいます。

そうやってシフトが入っているのに、簡単に自分勝手な理由でよく休むと、その人は信頼を失っていき、場合によっては解雇されることもあるでしょう。

しかし、シフトはもう決まっているんだけど、どうしても外せない急用が入った、どうしても今日は休みたい、という時は誰にでもあるでしょう。

高校生や大学生は突然休みたいときがある


とくに、高校生や大学生のみなさんは、突然にその当日になって休みたくなる時ってありますよね?

学校の授業や部活が長引いてしまって、体力的にも精神的にも疲れ切ってしまったとき、バイトに行くのが面倒になってしまうこともあるかもしれません。

それでも、普通は頑張っていって責任を果たすのですが、もうどうにもこうにも頑張れない、と思う時もあると思います。

しかし、すごい高熱があるわけでもないし、立てないほどの風邪をひいているわけでもないと思うと、休むのが申し訳ないような気持ちになったりもしますよね。

あと、どうしても外せない用事と、バイトが重なってしまったとき、どうやってバイト先に言えばいいのかと頭を悩ませることもあるでしょう。

授業が長引いたり、補講が入ってしまったときは、バイトと時間がかぶってしまい仕方がなく休むしかなくなる時もあります。

当日欠勤でも責められない言い訳

前々からわかることであれば、シフトを作成してもらう時に考慮してもらえばいいし、先々のことであれば、シフトが決まっていても調整してもらえることもあるでしょう。

ただ、当日になってバイトを休むとなると、周りの人にどれだけ迷惑がかかるかが想像できるので、すごく後ろめたい気持ちになりますよね。

自分が休むと、自分の仕事を誰かがカバーすることになり、その分別の仕事が進まなかったり、手が足りずに困ってしまうことがあるわけです。

誰かが、自分と同じ時間にバイトに入っていて、当日急に休んだ時に、自分も大変な思いをしたことがあるなら、なおさら当日欠勤が申し訳なく感じるでしょう。

では、どんな理由なら当日欠勤でも責められずに、その後も信頼されて、バイト仲間ともいい関係でバイトを続けることができるのでしょうか?

️バイトを休む言い訳5つ


バイトを休む時に、必要なのは”理由”です。

それも、”相手が納得できる”理由です。

シフトが作成されていないときであれば、もちろん自分の予定に合わせてシフトを組んでもらうようにお願いするのは間違っていません。

しかし、シフトが組まれた後はそれに従って自分の責任を果たすのが当然です。

なので、休むとなると自分勝手な理由、つまり遊びたい、今日は気分が乗らないなどといった甘えた理由では休んではいけないのです。

では、店長も仲間も納得してくれる、それなりの理由とはいったいどんなものがあるのでしょうか?

バイトを休みたいときに、責められずに休める言い訳・・・と言っちゃなんですけど、それなりの理由を5つご紹介しましょう♪

1.体調不良

まず一つ目の理由は体調不良です。

体調不良に文句をつけられる人はほとんどいません。

厳しい上司だと「自己管理がなっていないからだ!」と怒られることがあるかもしれません。

しかし、体調が悪くなってしまったものはすぐには治せませんし、他の誰かがあなたに代わって、あなたの体調を感じることはできないのですから、普通は心配してもらえます。

特に、食品を扱う仕事をしている場合、下痢とか嘔吐などにはかなり敏感になります。

ウイルスを持っている場合に、食品を扱う仕事は絶対にできないので、いくら忙しいとはいえ、店長もあなたが休むのを承諾してくれるでしょう。

発熱

発熱は、何らかの原因で体が反応を起こし体温がいつもよりも高くなっている状態です。

つまり、それは体が不調を感じていることの証拠です。

熱が何度あれば、発熱と言えるのかというのは、個人差があります。

普段体温が低ければ、36.8℃くらいでも、熱がある状態と言える人もいるでしょう。