会社で働く際にはどうしても休みが欲しいと思う人が多いはずですよね。

誰でもそうだとは思いますが、働き尽くしになってしまうと人というのは途中でバテテしまいます。

休日が無いというような事がニュースで問題にはなっていると思いますが、日本は海外などに比べると働きすぎとも言われている国です。

ですが私たちの場合は、一般的な労働時間が普通となってしまいました。

これは慣れなのではないかと思いますが、今でも働きづくしな人というのは多くいるのではないかと思います。

そんな中で、会社に働いていると休日というものが必ずありますよね。

完全週休2日制というものと週休2日制の違いというのはどの様なものなのかということもニュースになっていたほどです。

規約どおりにいかず当初の条件とは違うというような休日というのも今では問題になっています。

会社で働くということはそれなりの待遇であったり保証というものがありますよね。

その際に書いてあることと違う、いわゆるブラック企業と呼ばれる会社は今の世の中では多くあります。

社員のことを考えているその逆のホワイト企業と呼ばれるものもありますが、今はまだブラック企業が多いのではないかと思うのです。

その理由の1つには、社員が欲しいから良い待遇を書いておいて釣るというような事があります。

いわゆる嘘を書いていることで問題にもなった会社というのはいくつもありますよね。

そんな中、一般企業などに勤めていて、普通に平凡に会社勤めをしていて休日も出るというような人もいるのではないかと思います。

休日というのは人により、日曜祝日の日や土曜という人もいれば、平日が祝日だという人も多いのではないかと思います。

ですが、この日にどうしても休みを取りたいと思うような人もいますよね。

何かのライブイベントがあるからこの日を休みにしたい!この日だけは休みにしてゲームをずっとしていたい、買い物に行きたい!というような事があるのではないかと思います。

よく旅行などに行きたいという人はこの制度を使っているのではないかと思うのです。

それがこの有給休暇と呼ばれるものです。

この有給休暇というのは簡単に言うと、仕事を休んでいてもその日の給料が出るというものです。

基本的にはタイムカードと呼ばれるようなものがどこにもあり、その勤務日数でお金が支払われることが多いと思います。

しかしながら有給を使うとどの様になるのかというと、仕事に行かなくてもお金を貰うことができるという制度になっています。

これは入社して直ぐというような事はなく、入社して一時してからもらえるという制度であり、有給休暇を取るというような人は多くいます。

今ではどの会社でも有給休暇は消化をするようにとも言われていますが、それでも嬉しいことですよね。

休日でありながらも給料が出るというのはとても良いことだと思います。

今回はそんな有給休暇についてお話をしたいと思います。

皆さんは有給休暇を取る際にはスムーズに取れていますか?無駄に消費をしてしまったというような事がないようにしましょう!

では詳しく有給休暇を取るためにする5個の方法について見てみたいと思います。

有給休暇を取る時のコツをご紹介します!

実はというと有給休暇が取れない!なんていうような事があるのはご存知でしょうか?

有給休暇というのは言うのであれば「◯◯日に休みます」というような届け出をすることです。

基本的には会社次第なのですが、数日前に提出をしてしまうと無理だと言われたりすることがあります。

これは有給休暇を出す場合は何日前までというような会社の規定で決まっているからなのです。

もちろん消化をするというような事を事務から言われたりすることもあるのではないかと思います。

しかしながら有給休暇を取る際には前もってから考えることが必要になるのです。

一番良いのは、この日とこの日は必ず休もうと決めている日があるのであれば、その日に近付いて出すのではなく、早めに出すという事をオススメします。

人によっては有給休暇を使えなかったなんていう事もあるので十分に注意をすることが必要になりますよね。

有給休暇を取る際には様々なコツがいるので、そのコツを今回はご紹介したいと思います!

有給休暇、簡単に取れていますか?


有給休暇を取る際に苦労をしているという人も多いかもしれません。

言うのであれば、有給休暇を取る際には必ずその届け出となるものを提出しないといけないからです。

いきなり有給を使います、明日休みますというような事はできないという事を覚えておくようにしましょう。

そもそも有給休暇という制度について詳しく知らないというような人も多いのではないかと思います。

例えば働いてどれくらいで貰うことができるのか、有給を取る際にはどの様なことをすれば良いのかなど、解らないという人も多いのではないかと思うのです。

実際に大学や高校を卒業して会社に入り、有給を数日ほどもらったというような状態にならない限りは、有給休暇を使うということはできないですよね。

有給休暇を取るのにも一苦労をするのですが、簡単に取る方法というのもあるのです!皆さんは有給休暇を取る際に簡単に取れていますか?

有給休暇を取るための5個の方法

有給休暇を取るための5個の方法というものがあります。

例えば早めに届け出を出すという事で有給休暇を取ることができるようになります。

そして何より仕事などがあると思いますよね。

その際には周りに迷惑のかからないようにと思うので、段取りなどを済ませておくという方法もあるでしょう。

基本的に有給休暇が取り難いという人の理由の1つにこの周りに迷惑をかけてしまうのではないかというような事があります。

どうしても周りのことを心配してしまったり、何か言われるのではないかと思うような事で取れないという人もいるのです。

なのでなるべく段取りを済ませておくというのがベストなのではないかと思います。

また長期間まとめて取らないというのが一番ベストなのではないかと思います。

有給休暇の1つとしてよくあるのがまとめて取るというケースです。

まとめてになってしまうと、長期間空いてしまい仕事が進まないということや、繁忙期に長期間休むというような事は極力避けたいですよね。

例えば10日余っているのに、10日一気に使うというような事もあるかもしれません。

それは人によりけりですが、なるべく少しずつ取るように心がけましょう。

では他にもどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんは有給を取る際にはどの様に取っていますか?

早めに届け出を出す

よくある1つとして早めに届け出を出すという方法があります。

言うのであれば、有給を取る場合は早めの申請をすることが重要になるという事です。

例えばですが有給休暇を取る際には大事なことがあります。

それは予め伝えておく必要があるという事です。

言うのであれば会社を休むということは、周りどうしても迷惑がかかってしまいますよね。

自分のするべきことをある程度終わらせるようには頑張りますが、その計画をするのであれば早めに届け出を出さなく手はいけません。

更に言うと、基本的には前日に出して通れば明日を有給にすることもできます。

しかしながら急なこともあり、なかなか通らないという人も多いかもしれません。

そこで前もってから申請をしておけば大丈夫という事になるのです。

早めに出すという事が一番のコツと言えるのではないかと思います。

遅くとも一週間前に伝える


遅くとも一週間前に伝えることで通りやすくなることは間違いないでしょう。

例えばですが、どんな事でも早めに届出を出すというのは重要なことであり、それを早めに出すとなれば、相手も断る理由がありませんよね。

1週間前とは限らず、1ヶ月前にこの日は休むと言って近くなってきたら出てほしいと言われても、前もってから申請をしておいたので、有給休暇を取りやすいです。

よくある事なのですが、1ヶ月前に出したにも関わらず、出て欲しいというような事になった場合に止む終えず出るというような事もあるのではないかと思います。

ですがその場合は、他に休みを与えるというような形にもなるので、その様なことが無い限りは出勤をせずに休んでも大丈夫だという事になります。

人によっては連休として取ることが多く、その日が申請時に重なると変えて欲しいといわれることがあるかもしれません。

その場合は替えが効くのかどうかという事を事前に会社側に聞くと良いかもしれませんね。

何よりも重要なのは早めに伝えるという事です。

周囲に迷惑が掛からないように段取りなどをなるべく済ませておく

周囲に迷惑が掛からないように段取りなどをなるべく済ませておくというような事もあるのではないかと思います。

言うのであれば同僚や上司に対しても礼儀として、段取りをなるべく済ませておくと良いでしょう。

例えばですがいきなり有給休暇を取り、その連絡を前日になって言うのではなく、予め言っておくという事で相手にも理解をしてもらえるのではないかと思います。

特に数ヶ月後の有給休暇の日というのは基本的には先のことなので、了承をしてもらうことが多いです。

周囲にも迷惑をかけないようにするというのはとても大切なことなので覚えておくようにしましょう。

同僚や上司に対する礼儀です

同僚や上司に対する礼儀でもあるという事を覚えておくようにしましょう。

どんな事でも上司や同僚などには連絡をしなくてはなりません。

いわゆるほうれんそうと呼ばれるものですよね。

報告や連絡というのはとても重要なことになります。

よくその連絡をしないで怒られてしまったという事例を聞きますが、基本的にほうれんそうでどの会社でも成り立っていることが多いので、その様なことも報告をすることが重要です。

ただし、有給休暇を取る理由を聞かれることがあるかもしれませんが、軽く答えたり流したりすると良いでしょう。

プライベートのことまで聞かれると覗かれている気がして嫌な気分になってしまいますよね。

普通に休ませて欲しいと思う人も多いはずです。

その様なことを聞く上司や同僚もいるので、その場合は軽く伝えたり流すようにしましょう。

有休取得の理由はあえて伝えなくても良い

有給取得の理由は先ほども言ったように伝えなくても良いです。

言うのであれば、休日を取る理由というのは人それぞれだと思います。

家族と旅行に行くという事や、ライブを見に行くというような事もあれば、仕事に疲れているから休暇を取るという人であったり、少し休暇を長く取って休息をしたいという人もいるのではないかと思います。

基本的に有給主直の理由を聞くという事はプライバシーを覗くという事になりますよね。

休日の理由というのは人それぞれですので、深く聴かれたりした場合でも答えないようにしましょう。

仮にそれでも聞いてきた場合は、軽く伝えるようにしましょう。

聞かれたら軽く伝える

プライバシーの事というのはどうしても言えないことが多いですよね。

例えば彼女や彼氏とデートに行くというような事もあるかもしれませんし、趣味のことで休暇を取るというような事もあるでしょう。

プライバシーというのは誰でも持っているもので、その趣味のことを相手に聞かれたくないというような人も多いのではないかと思います。

聞かれた場合には軽く伝えるようにすることが大事なので覚えておくようにしましょう。

仕事の少ない時期に取る

仕事の少ない時期にとることで、有給休暇を取りやすくすることができるようになります。

言うのであれば仕事は時期によっては繁忙期と呼ばれる忙しい時期に入りますよね。

例えば夏や冬のクリスマスといったシーズンの場合はアパレル業界は繁忙期とも言えるのではないかと思います。

その季節の変わり目でどうしても服なども新しく入荷をしたり、季節物の服が多く出るからです。

仕事の少ない時期にとるというのはとても良いことであり、周りからもその日だったら大丈夫だよと言われることもあるのではないかと思います。

周りのことを気にして取っていると思われるので、仕事量などが少ない時期に取るというのはとても良いことなのです。

こういった気遣いが周囲からの評価を高める

こういった気遣いというのが周囲からの評価を高めていきます。

会社などに関しては有給休暇を長期取った場合は、あまり良い印象を持たれないことが多いです。

何故ならどの人も折角仕事をしているのにあの人は休暇か…というような考えになってしまうからです。

それは誰でも同じような事が言えるのではないかと思います。

こういった気遣いというのはとても大事になるので、有給休暇を取りやすくすることもできるのです。

あまり長期間まとめて取らない

ここでよく有給休暇を取る際に様々な問題になるのが長期的に取ることです。

実はこれは悪いことではありません。

しかしながら周りに迷惑がかかってしまうというような事になりかねないのです。

言うのであれば、仕事というのは仕事の祝日以外は誰かしらが仕事をしなくてはいけないですよね。

例えばアパレルなどの場合は、誰かがお店にいないと、そのお店が成り立たないという事になるのです。

他にも、様々な理由はありますが、基本的に長期的に休んでしまうと他の人に負担がかかるというような事もあるのです。

もちろん有給休暇が残っているので長期的な休暇を取るというような事は良いと思います。

しかしながら、それをする事で周りがどの様に思うのかを考えると良いかもしれません。

周囲に迷惑がかかる

周囲にどうしても迷惑がかかってしまうからというものがあるでしょう。

長期休暇も取ることはできますが、仕事をその期間分しないので、周囲にも迷惑がかかってしまいます。

有給休暇を取る前日までにほとんどの仕事を終わらせていれば大丈夫かもしれませんが、周囲に迷惑がかかるような行為はしないように気をつけましょう。

一気に使うと後に使えなくなってしまう

有給休暇というものは何日間というものが決まっています。

その日数の中で、ここに休みを入れよう!という事を決めれるものですが、一気に使ってしまうと後々で使えなくなってしまうという欠点があります。

長期的に取るのではなく、少しずつ取ることでバランスの取れた生活なども送れるのではないかと思います。

一気に有給休暇を使ってしまうと、どうしてもだらけてしまったりすることも多いですよね。

有給休暇というのは無限に使えるのではなく、有限だという事を覚えておくようにしましょう。

そもそも有給休暇とは?

そもそも有給休暇というのはどの様なことを言うのでしょうか?先ほども言ったように有給休暇というのは、仕事を休んでいるが有料が発生するというものです。

いわゆる休日にしていてもお金が入るという事になります。

有給休暇などに関してはニュースでも問題になっていることがあり、有給休暇を取って欲しいと会社から言われることもあるのではないかと思います。

有給休暇には様々な決まりがあり、また会社によっては違うような事にもなるのです。

ではどの様なことなのか詳しく見てみたいと思います。

有給休暇をまだ取ったことが無いという人や、有給休暇が出たけれどまだよく解っていないという人は是非見てみてください!

どれくらいの日数もらえるの?

どれくらいの日数がもらえるのでしょうか?有給休暇とは、その働いている期間で決まります。

これは一般的な決まりですが、例えば6ヶ月間働いていた場合、いわゆる半年働いていると有給休暇が取れる日数が10日取れるようになります。

また1年6ヶ月で11日、2年6ヶ月になると、といった半年以降は1年ごとにどんどん有給休暇を取ることができる日数が少しずつ増えていきます。

ただしそれを溜め込むというような事はできないです。

これは後々で説明をするのですが、どれだけ働いているのかという日数で、これだけの休暇を取って欲しいという制度が決まっているのです。

では更にどの様な仕組みになっているのか詳しく見てみましょう。

仕組みはどうなっているの?

有給休暇というのは先ほども言った通り、会社に勤めて6ヶ月間というのが前提条件ですが、更に条件があります。

いうのであれば労働日と呼ばれる、実際にその期間で働いた日数が8割ということが条件になるのです。

言うのであれば普通に働いていれば必ず出るというようなものになっています。

また、有給休暇というのはその1年でどれだけ消化をすることというのが決まっているので、溜め込むというような事はできません。

何故なら最大の日数が決まっているからなのです。

消化しないとどうなるの?

消化しないと、その有給休暇の日数が無駄になってしまうというような事になってしまいます。

例えばですが、会社を転職したりする際に有給休暇が余ってしまった!というような事にもなってしまうので消化をしないと損をすることが多いです。

また、会社などに注意が入ったりすることもあります。

言うのであれば何故消化をしていないんだ、というような事があるので是非とも消化をすることが大切になるでしょう。

また有給休暇の最大日数というのは40日間と言われており、その40日間を1年で消化をすることが不可能になってしまいます。

何故なら、1年で使える有給休暇というものが決まっているからでもあるからです。

1年の間で使える日数というのは決まっているので、その日数分を消費しなければどんどん無駄になっていくのではないかと思います。

買い取ってくれないの?

基本的にこの買取などの行為というのはダメです。

有給休暇が出た場合はキッチリと使うようにしてみてはいかがでしょうか?

別の呼び方は?

別の呼び方などはあるのかと思う人もいるかもしれませんが、言うのであれば年休というものであったり有休と略す人も多いかもしれませんね。

このどちらも意味はどうなのかというような人もいるかもしれませんが、基本的にどちらも同じです。

なので有給休暇のことを年休と言ったりする人もいれば、有休と言ったりする人もいるという事を覚えておきましょう。

年休

年休と呼ばれたりすることもあります。

こちらの呼び方をする人はあまり聞かないのではないかと思いますが、年休というのは有給休暇の略の1つです。

基本的には話す際には有給休暇と話すことが多いかもしれませんが、年休という言葉を使う場合は、どちらかというとメールでのやり取りやLineでのやり取りなどで使われることが多いかもしれません。

有休

有休も同じく、有給休暇の略の1つであり、こちらの呼び方をする人が多いのではないかと思います。

よく有休と有給で間違う人がいるかもしれませんが、基本的には有休が有給休暇の略であり、有給の場合は少し意味あいが違ってくるので覚えておくようにしましょう。

有給休暇取得率がまだまだ低い日本

有給休暇取得率がまだまだ低いのが日本の特徴です。

言うのであればこの有給休暇というのは基本的にはどの国でもあります。

日本に限らず海外にもあります。

ですが、有給休暇を実際に取っているという人はどれくらいなのかと言うと、他の国より圧倒的に少ないというような事が解っています。

取得率はどれくらい?

ではそんな取得率ですが、日本の場合は50%前後と言って良いでしょう。

他の国の場合は100%いっているところもあれば、80%というような比較的に取得率は高いのに対して日本の場合は圧倒的に低いのです。

これには様々な理由があるのではないかと思いますが、それは後々で説明をしたいと思います。

大企業は取得率が高い

大企業は取得率が高いのに対して、中小企業であったり、他の会社の場合はこの有給休暇取得率が低いです。

最近では、取得率が低下してきているので、様々な議論がされているとは思いますが、大企業というのは基本的には海外にも進出しているような企業が多いのではないかと思います。

その様な企業の場合は取得率が高いでしょう。

しかしながら、その様な企業ではない場合は低くなってしまうのです。

有給休暇を取りにくい理由とは?

そんな有給休暇を取り難い理由というのはどの様なものがあるのでしょうか?例えば「休む=やる気がな」という昔ながらの意識があるのではないかというような事があります。

休んでしまうとどうしても周りの目を気にしてしまったり、やる気が無いように思われてしまっても仕方ありません。

言うのであれば今の日本というのは若い人達が働くことができない状態になってきていることが多く、その原因というのはその会社の雰囲気というようなものがあるのです。

なので会社の雰囲気が取り難い状況にしているというような事もあるかもしれません。

皆さんが働いている会社というのはどの様な状況になっていますか?

有給休暇は取りたいと思っていても取れないとなるとそれなりの理由が必ずありますよね?

ではどの様なものがあるのか、詳しく見てみたいと思います。

「休む=やる気がない」という昔ながらの意識がまだある

先ほど言った「休む=やる気がない」というような昔ながらの意識がまだあるから取り難いと感じる人が多いのではないかと思います。

言うのであれば休んでしまうと、どうしても人というのはその人に対しての気持ちが変わってしまいます。

こちらはやる気があるのにあの人は・・・というような形にもなりかねませんよね。

休んでしまうと昔ではやる気があるのかと直ぐに怒鳴られたりしたのではないかと思いますが、今ではその様な環境というのは珍しくありません。

しかしながらその環境になってしまうというような事にもなりかねないので、有給休暇を取り難いというような事になってしまうのではないかと思います。

不在の間に周囲に迷惑がかかる

不在の間に周囲に迷惑がかかるという事があるでしょう。

言うのであれば人がいない間というのはどうしてもその人に仕事がいくのではなく、他の人に仕事が渡ってしまいますよね。

その様な状況になったりする可能性があるという事になります。

大企業などの場合はそこをカバーし合える人材が多くいますが、中小企業であったり、小さい会社になってしまうとどうしてもそのルールというようなものであったり、上司などから言われたりと様々なプレッシャーやパワハラなどがあるかもしれません。

その様になった場合に迷惑はかけられないという気持ちがどうしても出てしまうので、この様に考えるのではないかと思います。

会社全体が休みを取りにくい雰囲気になっている

会社全体が休みを取り難い雰囲気にしているというような事もあるでしょう。

これはよくある事ですが、会社が常に忙しいという状況であったり、なおかつ仕事熱心な人に多い傾向があります。

会社全体が休みを取り難い理由というのは、その雰囲気があるからという事になります。

例えば皆が会社を休まずに毎日出勤をしていたりすれば、とても熱心な人達だという気持ちで終わると思いますが、いざ有給休暇を取る場合に「え?休むの?」というような雰囲気になってしまうのも事実ですよね。

会社の雰囲気というのは特に重要であり、その様なことに対して反応をしたりするような人が多いです。

取得のための書類提出や理由づけや報告等が面倒

中には取得のための書類提出が面倒だという人もいるかもしれませんね。

例えばですが届け出を書くというのも、面倒に感じる人が多いかもしれません。

書類の提出をしたり、上司や同僚にも報告をしたりと、様々な気を使わなくてはいけないですよね。

そんな環境の中でいざ有休をとりますと言っても、何故?というような理由を聞かれると更に面倒だと思いますよね。

適当に答えたり、軽く答えるというような事が大事にはなると思いますが、取得のための書類提出などが面倒になってしまうと、どうしても有給休暇が取り辛いと思うのではないかと思います。

有給休暇は計画的にとりましょう

いかがでしたか?

今回は有給休暇についていくつかお教えしました。

例えば有給休暇というものは、日数が決まっているという事が解りましたし、どんなに貯めていたとしても上限があるという事も学べたのではないかと思います。

どうしても取り難い環境になってしまったりすることが多いかもしれませんが、有給休暇を取って計画的に生活をしてみてはどうでしょうか?

有給休暇というのは適度に消費をしなければ損をするものなので、この制度についてはしっかりと理解をしておくようにして、有給休暇を取って休日を漫喫してみてはいかがでしょうか?

『あなたの恋愛運は大丈夫?不幸の原因はこれかも』

記事下_無料でオーラ鑑定_0718