休憩をとることは仕事の効率化を図るために大事なことです。

「昔の方は仕事中に休憩をとる時間があるなら働け!」なんて言った時代もありますが、むしろ休憩をとらないとダラダラとして仕事にメリハリをつけることができないのです。

それは部活などスポーツでも同じことです。

今の時代、休憩なしで連続してスポーツをさせることは虐待になってしまいます。

昔と今では休憩に対して感覚が全く違うものと考えましょう。

仕事を効率的にするために、勉強の能力をあげるために、スポーツで結果をだすために、休憩をとることは必要不可欠なことです。

ただ何となく休憩するのはNGです!

休憩をとることは作業効率をアップするために欠かせないものですが、ただ何となく休憩するのでは意味がないのです。

疲れたから休憩、眠くなったから休憩するのではなく、使える前に眠くなる前に休憩をとることが一番好ましいことです。

疲れるがとれるまで休憩することは時間が定められてないことでズルズルと休憩してしまうことに繋がります。

目的のない休憩時間は余計に身体をだるくしてしまい、疲れさせてしまいます。

休憩を間違ってとることにより、作業効率は下がってしまいます。

効率アップさせるために休憩をとることを目的として、メリハリのある休憩を心がけるようにしましょう。

休憩をとるメリットとは?


休憩をとるメリットを考えたときに作業効率を高めることが1番です。

では作業効率を下げる原因を考えたときに疲労感です。

人間は肉体的だけじゃなく脳も同時に疲れてきてしまいます。

このような状態で作業していてもスピードは落ちて行く一方です。

それだけじゃなく考える能力も低下してしまうため、ミスが続いてしまいます。

せっかく作業をしても二度手間になってしまうことがあります。

休憩をとることはエネルギーをチャージすることと同じです。

車だってガソリンがなくなれば、スタンドに行きエネルギーをチャージします。

人間も走り続けるワケには行きません。

人間も車と同じようにメンテナンスやエネルギーが必要となります。

1. 疲れがとれる

休憩をとると、まず疲れがとれます。

作業を休みやく続けることは脳はもちろん、身体も常に動かすことです。

たとえ肉体労働じゃなくてもパソコンや書類確認などにより手先を動かすことや、目を動かし続けるものです。

休憩を取り入れることで、これらの動きを一旦、止めることができます。

人間は機会ではありませんから同じ作業を長時間続けることは身体にストレスを与え続けて、健康を害する恐れがあるのです。

機会も365日メンテナンスなしに動き続けてれば故障の原因につながります。

休憩をと入れることで一旦リセットすることができます。

休憩をとることで疲れをとることができるのです。

2. リラックスできる


休憩をとることは肉体的にも精神的にもリラックスすることができます。

仕事など作業している時は基本的に神経をはりめぐらしていることで気持ちが落ち着かないものです。

目も同じ場所を長時間見て入れば酷使すると眼精疲労を起こしますよね?脳や肉体も同じことで同じ作業をしていると疲労を起こすのです。

リラックスする方法は数分だけ目を閉じることもできますし、タバコを吸うこともできます、珈琲を飲んで一息することもリラックスのヒトツです。

リラックス方法は人により、それぞれ個人差がでるものです。

タバコを吸わない人は甘いチョコレートを食べるだけでもリラックスすることができる。

リラックスは、その人がいかに精神的、肉体的に癒されるかが大事です。

3. 気持ちを切り替えられる

同じことを続けていると集中力が途切れてしまいます。

PCなどの作業を長時間続けていると席を立ち、一服してしまうことありますよね?同じ作業を続けることは大人ですら45~50分が限界と言われています。

60分持続することができないのです。

データ入力専門の仕事では集中力が落ちてミスすることを防ぐ為にも30分続けたら、15分休憩をする職場もあります。

お茶を飲んだり、PCとは別の作業をすることで気持ちを切り替えられることができるのです。

気持ちを切り替えることはミスをさせない、集中力を高めることになります。

60分、休憩なしで続けた場合のミスを起こして倍の時間をかけて修正するのであれば、45分で15分の休憩をしてミスなしで仕事を終らせる方が効率が良いのです。

4. エネルギーを補充できる

休憩をすることはエネルギーを補充することでもあります。

人間は1日、朝に食事をして午前中仕事をします。

そして昼休みをとり、再び午後の仕事を行い、途中でオヤツ休憩をします。

食事は作業を効率力する為のエネルギーです。

仕事をはじめる朝に食事をして、午前の作業をこなしたら昼に食事をしてエネルギーを身体に取り入れる。

そのまま修了時間まで仕事をする方もいますが、作業途中でも珈琲を飲んだり、お茶を飲んだりしてエネルギーを取り入れているはず。

身体の中に食べ物や飲み物を摂取することはチカラを与えてくれるのです。

特に糖質をとることはエネルギー(パワー)をくれるのです。

エネルギーが身体の中に補充されることで再び、考えることや集中力を保つことができます。

車もガソリンなくして動くことはできません。

車にとってもガソリンはエネルギー、人間にとって食べ物はエネルギーです。

5. 休憩後の集中力が増す

休憩時間をまともにとらない会社は効率が悪いです。

社内はテンションも低く、無理やり仕事をしてる感が強い。

その為、集中力もヤル気もなくミスや仕事のアラが目立ちます。

休憩をしっかりと取り入れている会社は社員の志も違うもの。

人間は機会ではありませんから、休憩もなしに働き続けろ!というワケにはいかないのです。

仕事に対すモチベーションも下がりますし、何よりも集中力がなくなります。

休憩をとることは義務です。

効率力、ミスなく仕事を続けるために休憩をとる必要はあります。

休憩を60分とることよりも、小まめに10分、15分とることに意味があります。

本休憩と小休憩をきちんと取ろう

休憩は本休憩と小休憩があります。

どちらもリフレッシュするうえで大事な時間です。

本休憩は45~60分程度、小休憩は5~15分程度を言います。

本休憩では主にランチなどが多く、1勤務につき1回が多いです。

小休憩は仕事と仕事の間に気分転換でとる休憩です。

本休憩ではエネルギーを取り入れることでエネルギッシュに働くことができます。

特に営業や体力を使う作業であれば、尚更のこと必要な休憩です。

小休憩はPCやコールセンターなど神経を使う仕事の時に特に重要です。

頭を切り替えることで一旦切り替えることができる、モチベージョンを保つことができます。

もちろん、営業や肉体関係の作業でも小休憩は必要です。

小休憩に珈琲を飲んだり、タバコを吸う、甘い物を摂取することでパワーチャージをすることができます。

本休憩と小休憩をしっかり取るからこそ、仕事は持続することができます。

どんなに忙しくても休憩はしっかり取る

忙しいと休憩をとることができない、そんな職場も多いと思います。

本来、休憩を取ることは当然のことですが、「休憩いただいきます」なんて言ったら冷たい視線を送られそうで自分から休憩を求めることができない。

日本はとくに休憩は余った時間でとるもの、仕事が優先みたいな認識があります。

しかし、どんなに忙しくても休憩はしっかり取ることが当たり前のこと。

日本は世界一、休憩をとらない国とも言われています。

アメリカやイタリアではランチ休憩に2時間以上かけるところもあります。

そこまで長い休憩じゃないにしても休憩をとらないと仕事効率は上がりません。

休憩なしで働き続けることはエネルギーを消耗して行く一方です。

補うことができません。

スマホのバッテリーと同じく、どんどん消耗してバッテリー切れを起こします。

それがミスであり、体調不良になってしまうのです。

人間の集中力はどれくらいもつ?

人間の集中力はどれくらいなのでしょうか?
一般の大人でも平均で45~50分、子供では30分が限界と言われています。

大人にしても子供にしても、大きな差はありません。

どちらにしても60分の集中力は続かないのです。

それでも集中力を必要とする仕事を続けていると90分持続する人もいます。

しかし持続時間の中で15分ごとに波がやってきます。

そわそわしたり、集中力が途切れがちになるのです。

3回(45分)迎えた後、集中力は徐々に弱くなっていきます。

集中力を必要とする仕事をしている人でさえ、途切れてしまう時間はあります。

途切れながら作業をするとすれば、やはり小休憩は必要なことです。

15分もしくは30分ごとに軽い休憩をして飲み物を飲む、ストレッチをすることがおすすめです。

意識を一時的に別の方向に向けて作業中効率を上げることができます。

休憩を取らないと必ず効率が落ち

休憩を取らないと必ず作業効率が落ちます。

脳は疲労すると糖分をほしくなるものです。

とくに頭を使うような仕事は思考能力がドンドン低下してしまいます。

それは通常時の4割近くも作業効率が落ちると言われています。

例えば休憩なしに定時で仕事を切り上げたとしても、結局はミスが続き、やり直し作業になり、残業をすることになります。

休憩をとり、作業効率を下げないことでミスがない仕事をこなすことができます。

「思考回路が落ちてきた」「良いアイデアが浮かばない」このような時は、脳が甘い物を欲しがっている合図です。

作業効率を落ちないためには紅茶がおすすめ。

紅茶に含まれるテアニンという成分にはリラックス効果があり、脳を休憩させることができます。

休憩を取らないのは偉くない

休憩を取らないことは偉いと思っている方は多くいます。

休憩も取らずに作業をやり続けることが一生懸命や真面目に思われるからです。

しかし、労働をするうえで休憩をとらせてもらえないことは労働基準法違反となり、法律的に罰せられます。

労働基準監督署に相談することができます。

昔の男性は「休憩なしに10時間も仕事した」と自信満々に言っている方もいますが、実は自慢することではないのです。

自慢するどころか「自分は休憩も取らしてくれないブラック企業で働いている」と言うことを自慢していることになります。

1. 身体を動かす

休憩をするとき思わず身体を動かしてしまうことありませんか?チョット外まで買物に行ったり、とりあえず自分の席から離れることが多いです。

それは、身体を少しでも動かすことで気分転換をしたいと思っているからです。

同じ体制でずっといることは息苦しさを感じてきます。

身体は終始緊張状態で筋肉も固まったままの状態です。

休憩中に動かないでいると血流が悪くなり「むくみ」を引き起こす原因になるのです。

これはエコノミー症候群と同じ症状です。

エコノミー症候群は長時間同じ体制を維持することで血液の流れが悪くなるのです。

やはり対策は身体を小まめに動かし血流を良くすることです。

身体の緊張をほぐす為にもチョット身体を動かすことは大事なのです。

身体を動かし、気分転換をすることで新しい酸素を取り入れることができます。

ストレッチをするととてもリフレッシュできる

休憩のときに軽いストレッチを行う会社もあります。

何故、ストレッチをすると良いのでしょうか?特に頭を使う仕事やデスクワーク作業であれば、休憩時にストレッチをすることは適していることです。

同じような体制でずっと作業をしていると血液の巡りが悪くなるからです。

血流が悪くなると脳に正常に酸素を送ることができなくなります。

激しい運動をすれば、肉体的にも疲れて眠くなってしまいます。

それでは作業効率を上げるどころか落ちてしまいます。

ストレッチをすることで筋肉を動かすことで血液の流れは良くなり、肩コリや腰痛を和らげる効果もあります。

同時に酸素を脳に届けやすくすることでリフレッシュすることができるのです。

椅子から立つ

デスクワークの方の悩みは、足のむくみだと思います。

朝履いて来たパンプスが仕事終了時はパンパンで入らなくなることもあります。

それは同じ体制を長時間続けた「むくみ」によるものです。

エコノミー症候群も同じ姿勢で長時間座ったままの状態です。

血液は足の爪先から頭まで循環していますが、座ったままの状態ですと足先から血流を押し上げることが出来なくなります。

その為、血液が足に溜まったままになり「むくみ」を引き起こします。

血流が届かない頭はボンヤリとして酸欠状態になるのです。

本来、足先を頭より高くすることが良いのですが職場の休憩では出来ません。

小まめに動きストレッチをして血液の流れを良くする必要があるのです。