「冒頭ではこんなことをお伝えしましたよね」なんて言葉をどこかで聴いたことがあるのではないでしょうか?

冒頭とは、”ぼうとう”と読みますがその言葉を聴いたことがあっても、その言葉を使いこなすのは少し難しいかもしれません。

また、「冒頭」という言葉を聴いたことはなくても、自分自身がどこかで何度も使ったことがあるという方もいらっしゃるでしょうね!

この記事を書いている筆者も、たまに”冒頭”という言葉を多用していることがあります。

そのため、”冒頭”という言葉については他の人よりも少し詳しいかも?

なーんて最初のうちは思っていたんですが、ある日に読者さんのうちの一人から「その使い方間違えてますよ」なんてご指摘をいただいたんです。

それのご指摘をいただいたとき、とてもはずかしい気持ちになると同時に、筆者と同じ様にまちがった意味で「冒頭」という言葉を理解している人がいるかもしれない!

そんな人にまでこんな恥ずかしい思いをさせてはいけない!と心から思ったものです。

そして、今回は”冒頭”という言葉について、詳しくあなたにお届けすることになったということなんです。

あの時ご指摘してくださった読者さまありがとうございます!

この記事では、誰もが知っていると勘違いしてしまっているであろう「冒頭」という言葉について詳しくご紹介しています!

その言葉には、どんな意味があるのか?そしてどのようなときに使われる言葉なのか・・?などなど気になるところをあなたにお届けしています。

「冒頭」という言葉をより詳しく、そして深く理解していただくために類語や反対語までもお伝えしているので「冒頭」にたいして理解しやすくなるかと思います。

この記事を読んで、あなたも「冒頭」という言葉をマスターしてくださいね!

知っておいて損はない言葉の意味になります。

冒頭という言葉について

あなたは、これまでの生活の中で「冒頭」という言葉を使ったことがあるでしょうか?

なかには、筆者のように「冒頭」という言葉を身近に感じられるほどまでに使用している方もいれば、たまに文章の中で見かけるくらいで自分では使ったことがないという方、そしてまったくもって生活に接点のない方など色々といらっしゃることでしょう。

今はまだあまり出会うことがない言葉であっても、これから先もそのままでいけるとは限らないですよね。

それどころか、冒頭という言葉を使う側になるかもしれませんし、誰かから「冒頭」という言葉の意味を教えてくれなんていわれてしまうかもしれません。

どこにでもありふれているように思われる言葉だからこそ、そうやって意味を求められたときには迷わずにサクッと答えたいもの。

また、お子様がいらっしゃるとか会社ではたくさんの部下を抱えているなんていう方は特にありふれている言葉の意味をしっかり理解しておくべきでしょう。

なぜならば、その人達が使い方をまちがっているときに指摘できますし、そうすることであなたの顔が立つなんていうことも考えられるからです。

現代では、誰もがスマホを使いこなしてますよね。

顔を見て話すというよりは、そのスマホというツールを使って”文字”だけで会話することが増えています。

同じ家にいるのにスマホのLINEで会話をしている家族なんていうのもいるくらいですから、少し驚きですよね。

そのような社会になっているからこそ、まちがった言葉を口語会話で使ってしまったときになかなか指摘しづらくなっているんです。

あなたの周りには、スマホでの会話やLINEではおしゃべりなのに面と向かって話そうとすると、なんだか静かになる・・というタイプの人はいないでしょうか?

まさにそのような人達は、思っていることを口にだすのが苦手なのでたとえあなたの間違いに気づいていても教えてくれない可能性があります。

そのような社会状況だけではなく、人は大人になるにつれて間違いを指摘されなくなるものです。

ずばり、「冒頭」という言葉の使い方を間違ってしまっても、多くの人が「ああ、あの人使い方間違ってるよ、かわいそうに」で終わらせてしまうんです。

筆者には、読者様がご指摘してくださいましたがそれはかなりありがたいことであり、多くの方は指摘されないままにまちがった意味で「冒頭」」という言葉を使っていることになります。

そして、そのまちがった意味で使われている「冒頭」を見た他の人が”ああ、冒頭ってこんな風につかうのか”と勝手に判断し、その言葉を遣うようになります。

そうすると次第に社会全体では、正しく「冒頭」という言葉が使われなくなり、全ての人がまちがった意味で「冒頭」という言葉を使うようになってしまうんです。

とはいえ、あまり生活に関わらないのであればまちがいようもないのですが、意味も理解せずに「冒頭」なんていう言葉に出くわすと「コレはいったいなにをいっているのか?」なんて、その先の文章の意味を理解できなくなってしまうこともあるでしょう。

だからこそ、ここらあたりで「冒頭」という言葉について深くお勉強していきましょう!

今、あなたが「冒頭の意味についてしりたいなぁ」なんて思うことが出来たのは、まさにあなたの語学力を伸ばすチャンスなんです。

日本人でさえ、日本語をしっかりマスターできていない世の中です。

それは、多くの人が当たり前に存在している言葉の意味を調べることなく、使っているから。

要するに、ここでしっかりと「冒頭」という言葉についての意味を知ることによって、あなたの社会生活はよりよくなっていくことでしょう。

冒頭とは

あなたは、「冒頭」という言葉がどんな意味を持っているのかきちんと自分の言葉で説明することが出来るでしょうか?

少し考えて、心の中でもいいので説明してみてください。

この言葉では主に”冒頭では”とか”冒頭文”、”冒頭記述”なんていう言い方で使われていることが多いですね。

それらの言葉だけでソレが何を意味しているのかザッとでも想像することが出来ているのであれば、きっとこの先は理解しやすいでしょう。

また、この言葉は有名な国同士でおこなわれた会談で最初に発言されたものにたいし”冒頭発言”なんて使い方をすることもありますし、また裁判などの最初の手続きのことにたいして”冒頭手続き”なんて使われることもあります。

そう、”冒頭”という言葉は生活のあらゆるところで使われている言葉なんですよね。

そのため、他の言葉よりも目にする機会が多いので知らない間に「その言葉の意味を知ったような気分」になってしまいます。

筆者もその悪い例だったわけです。

しかし、あなたにはそんな思いはさせませんよ~!

色々なところで、それも色々なシーンや条件のもとで使われている”冒頭”という言葉には、いったいどんな意味があるというのでしょうか?

あなたがこれまでに使ってきた意味の「冒頭」はあっていたのでしょうか?

次から「冒頭」とはどんな意味を持っているのか、また「冒頭」という言葉に似ている意味を持っている言葉にはなにがあるのか、そして「冒頭」という言葉の反対の言葉にはなにがあるのか?

というのを確認していきましょう!

冒頭の意味

ずばり「冒頭」とは、”モノの最初の部分、はじまり”という意味があります。

これは大雑把な意味ですが、その大雑把な意味がとても大切になるので「冒頭=もののはじまり」というようにして覚えておきましょう。

とはいってもそれだけの意味合いだけで「冒頭文」「冒頭手続き」「冒頭発言」なんていわれても、コレは何をいっているのか、またをさしているのか全く分からないですよね。

勘の鋭い方であれば想像できているかもしれませんが、あまりニュースを見聞きしない人、文章を読まない本を読まない人はそんなことを想像できないでしょう。

そのような方でも「冒頭」という言葉を理解できるように、もっと詳しく「冒頭」という言葉の意味をみていきましょう!

文章のはじめの部分


まさに「冒頭文」という言葉の意味についてお伝えしているようなものですが、「冒頭」には”文章のはじめの部分”という意味があります。

また、それをさしています。

論文や書物などを読んでいると、「はじめに」という文章があるのではないでしょうか?まさにそれが”冒頭”なんです。

本編とは違うもの、その導入部分になっている部分を冒頭ということができるんですね。

最近ではキュレーションメディアがにぎわいを見せていますが、その記事がなにを紹介してくれているのか、その記事で何を知ることが出来るのかというのを手っ取り早く知るために”短い文章”が全体文のいちばん最初に設けられているかと思います。

それには、その記事でどんなことがかかれているかを簡潔に説明しているんですよね。

それこそが”冒頭”になり、”冒頭文”とも表現することが出来ます。

今お読みになっていただいているこの記事にも”冒頭”が存在していますね。

ソレがどの部分になるのか探してみてください♪

そんなに深く考えることもないでしょう。

物事のはじめの部分

文章のはじめの部分を表す、示すだけではなく「物事のはじめの部分」をしめすことがあるのも”冒頭”になります。

例をあげてお話していきましょう。

物事といっても色々ありますが、まずはスポーツで見ていきましょうか。

サッカーのテレビ実況番組を見たことはありますか?野球でもかまいません。

それらの番組ってものによっては時間帯になるとすぐに試合を放送することもありますが、ほとんどの実況番組では「どんな選手がいるのか」なんていうのを説明してくれるようなプロフィール映像、これまでの試合の推移などを放送していることが多いですね。

なでしこジャパンがワールドカップの出場を決める試合の前にも、その前の試合の様子だとか今のチームには誰が所属しているのかを紹介してました。

その映像が流れて初めてグラウンドの映像が流れ、試合がスタートするわけです。

文章の構成のなかに”序論・本論・結論”という要素があるのを知っていますか?論理的なものを伝える際には、そのように文章を組み立てるものです。

まさにこのプロフィール画像だとかこれまでの試合の推移というのは”序論”にあたります。

序論こそが冒頭といってもいいでしょう。

そして試合という名の本論(本編)があり、サッカーの結果という結論(最終結果)がでるんです。

簡単にいえば、冒頭とは物事の始めにおくこと、または説明を入れることによって「問題はなんなのか、どこに注目すべきなのか」というのを伝えてくれていることになります。

読み手や聞き手、見ている側にとってとても重要な情報になるということです。

何も知らないままにある番組や物語を見るのもいいですが、「これから起こること」をだいたいでも知ることができれば、心がワクワクするのではないでしょうか。

前置きすること

「冒頭」という言葉には、”前置き”という意味もあります。

前置きとは、”本編などの本当に伝えたい課題を伝える前に伝えること、その文章や言葉”のことをさしています。

一つ前でご説明したことに関連があるのはすぐにお分かりいただけるでしょう。

何か本題が始まる前に、伝えるべきことを伝える。

そのための文章や言葉になるわけです。

シーズンごとにそれぞれのテレビ局では、連続テレビドラマを放送し始めますね。

そのドラマを見るきっかけってなんでしょうか?

それは「このドラマはこんなことしますよ~」「こんな内容ですよ~」「こんな女優さんや俳優さんが出ますよ~」なんていうのを紹介している紹介番組だとか、CMを目にしたからではないでしょうか。

それって前置きに当たるんですよね。

その前置きがあるからこそ、そのドラマの世界に入りやすくなります。

逆にその前置きがないことでドラマをみると楽しいということもありますが、内容を理解するまでになんとなく時間がかかってしまうでしょう。

そう、「冒頭」というのは理解を深めるためにも、これから話し合う内容をスムーズに進めるためにも必要なことなんです。

冒頭の類語


これまでに「冒頭」という言葉の意味についてお伝えしてきましたね。

「冒頭」には、文章や物事の始まりの部分のこと、そして前置きのことをさしている意味が含まれていると詳しくお伝えしてきました。

例文をまじえてご説明してきたので、理解できたのではないでしょうか?
しかし、なかにはまだ理解できていない!

もっと詳しく「冒頭」という言葉について知りたい!と思われている方もいらっしゃることでしょう。

そのような方には、ぜひとも”類語”を確認してほしいんです。

類語とは、対象としている言葉の意味と似ている意味だとか同じ意味を持っている言葉になります。

学生時代によく”類義語”なんていう言葉を習っていたのではないでしょうか?

あれって覚えるのがとても面倒だったけれども、その対象としている言葉の意味を理解するにはもってこいの学習方法だったんですよね。

たとえ、対象としている言葉が難しい言葉であっても類語を理解することによって、その対象としている言葉がどんな意味なのかを知ることが出来るから。

では、今回テーマにしている「冒頭」という言葉には、いったいどんな類語があるというのでしょうか?それぞれの類語の意味、そして例文をまじえて確認していきましょう。

出だし

「出だし」とは、物事のはじまりや最初のことをしめす言葉ですね。

「出だしの一歩が肝心なんだよ!」といえば、「最初の一歩が肝心なのだ」ということを伝えたいということが分かります。

この言葉は、「冒頭」と同じ様に物事の最初の部分を示していますね。

要するに、「冒頭文」といえば「出だしの文章」ということになります。

さきほど、この記事の中で冒頭部分をさがしてみてください、なんて質問をしたのを覚えていますか?
ずばり、その答えはこの記事のいちばん最初の文章部分、出だしの文章になります。

起こり

「起こり」とは、”物事の始まりや起源のこと”そして”特定の物事が発生してしまった原因”という意味を持っています。

「この時代の起こりは~」とか「そもそもこの問題の起こりは~」なんて使ったりします。

これらは、今起こっていることがどうして起きてしまったのか、最初はどのようにしてその問題や出来事がおきたのかを表す言葉になります。

ずばり、物事の最初の部分を示している「冒頭」という言葉と同じ意味を持っているということになります。

発端

「発端」とは、”はじまりや起こりのこと”を示す言葉です。

一つ前にお伝えした「起こり」と全く同じ意味を持つことになります。

「物事の発端は~」「この発端のせいで」なんて使われているのをあなたも耳にしたことがあるのではないでしょうか?
「冒頭」は特定の問題や文章の始まりの部分を示していました。

「発端」もまったく同じで、物事の最初の部分を意味しているわけです。

少し違うのは”発端”というのは、何か原因になることをさす要素が強いということですね。

「冒頭」にはそこまでを示す意味は含まれてません。

イントロ

「イントロ」とは、”イントロダクションの略称であり、導入部分”の意味を持っています。

よくクイズ番組で「イントロクイズ」なんていうのをやっていますよね。

それを見たことはありますか?

イントロクイズというのは、ある曲の最初の部分(イントロメロディ)を流すことによってその曲が誰の何の曲なのかをあてるものです。

また、「これのイントロはさ」とか「イントロで悟った」なんていう言葉で使われています。

まさにこの「イントロ」の意味は、「冒頭」の”前置き部分””文章や物事のはじまりの部分”という意味で同じなんですよね。

それに多くの書物などでみられる「はじめに」という場所のことを「イントロダクション」として文章を書いている作者さんもいるくらいです。

なかなか想像できないのであれば、エッセイ集やコラム集、論文などに目を通してみるといいでしょう。

スタート

「スタート」の意味はつたえる間もないかもしれないですね。

ずばり「始まり」を意味しています。

「冒頭」の意味である”物事や文章の始めの部分”に匹敵する意味を持っているわけです。

筆者は大学時代に卒業論文を書いたのですが、よく担当教授に「この冒頭部分は変えてこう」といわれていました。

教授はときに「このイントロ部分」と表現することもありましたし、「スタート文がちょっとなぁいまいち」なんて”スタート”という言葉も使用していました。

つまり、教授がいいたかったのは筆者が書いていた冒頭文(導入部分)に問題があるということになりますね。

冒頭の反対語

これまでに「冒頭」という言葉の類語をご紹介してきましたね!類語だけでも「冒頭」という言葉の意味をさらに理解できたかもしれません。

しかし、類語のほかにも反対語を知っておくことでその言葉の意味をもっともっと理解できるようになるものです。

「冒頭」とう言葉には、いったいどんな類語があるというのでしょうか?

さっそく「冒頭」の反対語をいくつか見ていきましょう。

末尾

「末尾」とは、”終わりの文字””終わりの言葉”のことをさす言葉になります。

「冒頭」というのは、文章の始まりの部分を示していましたよね。

始まりがあれば、終わりがあるもの。

そう、「始まり」の反対は「終わり」なんです。

終わりの文章という意味で、「末尾」は「冒頭」の反対語ということができます。

結末

「結末」とは、”物事の終わり”そして”物事の結果”を表しています。

「冒頭」というのは、物事の始まりを示していましたし、これから何が始まるのかを要約した導入部分という意味がありましたね。

ずばり、「結末」とは「冒頭」の反対語ということができるんです。

「結末を早く知りたい!」というのは、「最終的にどうなるのかしりたい!」ということですよね。

ちなみに筆者は、小説を読むとどうしても結末だけを知りたくなってしまい、導入部分は第1章などを読み終わったあとには、すぐに結末部分が書かれている最終章を読んでしまう癖があります。

終末

「終末」とは、”物の終わり”を示しています。

もうこれまでにいくつもお伝えしてきたので、分かっているかともいますが「冒頭」は物事の始まりを意味し、その反対語は終わりになります。

そのため、”物の終わり”を示している「終末」は「冒頭」の反対語になるということなんです。

「この世の終末だぁ!」といえば「この世の終わりだぁ!」という意味になりますよね。

冒頭の使い方と例文

「冒頭」という言葉の意味について、あらゆる角度からお伝えしてきましたね。

すでに「冒頭」という言葉について10%知ったような気分になっている方もいるかもしれませんね。

しかし、そのままにしておくと間違った使い方をしてしまう可能性もあるんです。

それでは、せっかく「冒頭」という言葉について学んだとしてもその意味がまったくありません。

本当は言葉の意味を知っているのに、その使い方もなんとなくわかっているのに誰かにバカにされるような事態が起こってしまうからなんです。

そのようにならないように、ここらあたりで「冒頭」という言葉の使い方についてお勉強しておきましょう!

それぞれの例文ではどのような意味で「冒頭」という言葉が使われているのか、その例文はどのような意味をなしているのか詳しく解説していきます。

終始を冒頭に

物事には、始まりがあれば終わりがあるものです。

これは自然の摂理ですよね。

ずばり、この文章はそんなことを伝えているんです。

その前に「終始」という言葉の意味を確認しておきましょう。

「終始」とは、はじめから終わりまで、そして態度などを最後まで貫き通すようす・・・という意味をしています。

その意味を踏まえますと、この文章は「最初にとった態度を最後まで貫き通す」という意味合いになります。

人によってはコロコロと態度を変えるような人がいますが、そのような人ってどこか信用ならないですよね。

それを避けるためのアドバイスとも取れる文章になります。

本文冒頭

まさにこの文章は、これまでにお伝えしてきたものを思い出していただければ、意味を理解できるかと思います。

この文章は、「本文の冒頭」をさしており、「本文の最初の部分や出だし」のことを示しています。

「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがいました」というのであれば、その文章の冒頭部分はまさにその文章に当たるわけです。

それも導入部分ではなく、”本文”の出だし部分を指摘しているという点で間違えないようにしたいですね。

冒頭に引用した

この話し手さんが書いた文章では、なにか文章の最初の部分で「引用文」を使ったのでしょう。

引用文とは、他の文章に記載されている文章を転載することをいいます。

「最初の部分に引用したもの」という意味になります。

きっとこの前後では、何かを裏付けるためだったり、その証拠としてこの引用を用いたことまでも記されているはずです。

冒頭に述べた

何かを発表しているとき、なにかを伝えるための文章を作成しているとき、相手にいちばんに伝えたいことを文章の最初の部分である冒頭に盛り込むことが多いのではありませんか?

冒頭部分に重要な要素を盛り込んでおくことによって、聞き手や読み手の心をつかむことが出来るからです。

この文章は「文章の(この発表の)最初のほうでお伝えしました○○」という意味合いになります。

このように冒頭で伝えたいことのまとめ文を伝えておくことによって、相手の理解を深めるだけではなく繰り返し伝えることになるので相手の耳に届きやすくなります。

冒頭に出てくる

映画を見たり、ドラマを見たり、はたまた小説を読んでいるとしましょう。

その映画や小説などの冒頭部分(最初の部分)に何かちょっと不思議なものがでてきたりすると、それを話題にして会話をしたりしませんか?

悪の帝王が最初の部分でニヤリと笑っているようなシーンが流れたら、それが気になってしまうのではないでしょうか?まさにそのようなことをあらわしているのがこの文章になります。

映画の冒頭部分

あなたは映画を見ますか?

その映画をみるときって”導入部分”というのを少なからず感じることができるはずです。

急に物語が始まるというよりは、「私はアンナ。アメリカに暮らしているさえないOL。」なんていう何かしらの説明言葉だとか、説明されているような映像が流れているはずです。

その導入部分を見ることによって、「この映画はこんなことを私たちに伝えたいのか」というのを感じ取ることが出来るんですよね。

映画の冒頭部分とは、映画の出だしであり、最初の部分のこと。

映画や長編ドラマなどって最初からみないと内容をなかなか理解できないのは、導入部分に重要な要素が隠されているからということになります。

冒頭にした

この話し手は、最初に何かをしたのでしょう。

あなたは何か物事を始める前に、下準備をしているのではないでしょうか?

また、スタートダッシュをきるために他の人とは違うことをおこなっているかもしれないですね。

ずばり、この文章はそのように”物事の最初の部分にした○○”という意味になります。

筆者は、なにか新しいことを始める前には必ず計画を立てますが、その計画を立てるという行為さえも”物事のはじまり”である冒頭の一環として捉えることが出来るんです。

冒頭に使う

もう意味を説明しなくても、この文章が何を伝えたいのかを感じることができたのではないでしょうか。

そう、きっとあなたがご想像してくださっている意味であり、「最初の部分に使う」という意味合いになります。

文章を作成するとき、論文を執筆するときには冒頭部分のタイトルを「はじめに」だとか「イントロダション」なんて呼んだりするものです。

それらの言葉は必ず”冒頭部分”で使われます。

冒頭部分とは、その文章全体の最初の部分をしめしてますね。

「はじめに」だとか「イントロダクション」という名の章が文章の真ん中にきたり、終わりに来ることは絶対にありません。

そのように「物事や文章の最初に使うものだよ」という意味をなしています。

使い方をマスターしよう

今回は「冒頭」という言葉についてお伝えしてきました。

あなたの使っていた意味は、合っていたでしょうか?

それともまちがっていたことを発見することが出来たでしょうか。

日ごろから触れ合う機会の多い言葉ほど、まちがった意味で理解してしまっているものってたくさんあるんですよね。

たとえ、意味を知っていたとしてもその意味として「冒頭」という言葉を上手に使いこなせていない人もいるんですよね。

記事内では、「冒頭」という言葉の意味以外にもその言葉の使い方についてふれてきたので、分かりやすかったのではないでしょうか?

また、「こうやって使うのね」なんてすぐにでも実生活に役立てていただけるかと思います。

多くの意味をもつ日本語だからこそ、より詳しく知り、そして使い方をマスターしていきましょう!