CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

仕事の効率が悪い人の特徴と9個の解決策!


仕事は、どのようなジャンルでも効率が悪いと思うような結果が伴いません。

どんどんとやり残した仕事が溜まり、ますます仕事の能率が悪くなってしまう可能性もあります。

仕事をバリバリとこなし、思い通りの結果を得るには、なぜ仕事の能率が悪いのかを知る必要があります。

原因さえ分かれば対策も立てられますし、実際に対策を実践すれば改善も可能です。

改善してゆけば、やがて効率よく仕事ができる実感が出てくるでしょう。

物事には必ず原因があります。

また、人間の能力には実は大きな違いはないという考えもあります。

あなたも効率よく仕事ができるコツさえつかめば、仕事ができる人間になれるでしょう。

今回お伝えする仕事の効率が悪い人の特徴や、その改善策を知り、実際の仕事に活用していただければ幸いです。

それでは具体的に見てゆきましょう。

仕事の効率が悪い人の特徴


仕事の効率が悪い人には特徴があります。

一見効率の悪さは人それぞれ違いがあるように感じますが、調べてみると共通した特徴があることが分かりました。

ここでは、仕事の効率が悪い人の特徴についてお伝えします。

もし当てはまるものがある場合は、その特徴を改善するように努めましょう。

1.優先順位がつけられない

仕事の効率が悪い人は、優先順をつけることが苦手です。

今行うべき仕事と、後回しが可能な仕事の区別をつけないで仕事をしてしまうので、時として優先順位が低い仕事を先にしてしまいます。

また、仕事がどんどん溜まってしまうために、ますます効率が悪くなってしまいます。

自分ではなぜ効率が悪いのか気が付いていないので、能力がないのかと自信を無くす人もいますが、単に優先順位がつけられないことが原因であることが多いのです。

思い付きで行動している

優先順位がつけられない人は、思い付きで行動しがちです。

個人で仕事をしていても、集団で仕事をしていても、優先順位がつけられないと効率が悪くなります。

思い付きはひらめきとは違います。

時としてひらめきは仕事や芸術などで大きな結果につながりますが、単なる思い付きは正直あまり意味がありません。

むしろ周りとの協調性を乱すことにもなるので、思い付きで仕事はせずに、しっかり優先順位をつけて仕事をすべきです。

2.全体像を把握していない

仕事の効率が悪い人は、仕事の全体像を把握していません。

一部の仕事のみを見てこなそうとするので、遠回りをする場合があります。

有能な上司や先輩の指示があれば、全体像を把握していなくても、彼らの指示で仕事をこなすことはできます。

しかし、本当は自分の視野は狭いので、一人で仕事をすると、途端に効率が悪くなります。

効率よく仕事をするには、自分が今全体のどの部分の仕事をしているのかを知る必要があります。

臨機応変に対応できない

仕事の全体像が把握できていれば、万が一ミスや軌道修正をする必要に迫られても、難なく対応することができますが、一部しか把握していないと難しくなります。

中には全く見当違いの修正をして、ますますミスを大きくしてしまう人もいます。

仕事の効率を向上させるには、全体を把握しておく必要があります。

3.スケジューリングが苦手

仕事の効率が悪い人は、スケジューリングが苦手です。

自分でスケジュールを作ることを苦手としているため、仕事を順序立ててすることができません。

そのため優先順位がバラバラになってしまい、仕事の能率が下がるのです。

このような人は、プライベートでも日常生活の管理ができていない場合が多くあります。

次の日に早朝から打ち合わせがあるのに関わらず、夜更かしをしてみたり、遅くまで飲んでいたりします。

そのような行動習慣が仕事にも影響を与えてしまい、スケジュール管理も疎かになってしまうのです。

自己管理ができない

自己管理ができないと、スケジュール管理もできない傾向にあります。

スケジューリングが苦手な人は、まず自己管理をしっかりと行うことから始めましょう。

自己管理ができれば、次第にスケジューリングにも関心がいき、少しずつスケジュール管理もできるようになるでしょう。

実は仕事でのスケジューリングも、日常生活での自己管理も、根本は同じ性質をもっています。

いついつまでに物事を終わらせるというペース配分や、全体を把握して流れを掴むなどは、仕事もプライベートも同じです。

ページトップ