CoCoSiA(ココシア)

顔に泥を塗るとは?例文や上司の顔に...(続き4)

そのため、場合によっては自分できちんと落とし前を付ける必要があります。

ほんの数千円や数万円を自分が払って帳尻合わせが出来るのなら、進んでそうしましょう。

けれどもそういう問題ではない場合、休みをカットしたり給料をカットしたり、最悪の場合には辞職願も覚悟しなければならないでしょう。

そこまで大事にはならなくても、自分でしてしまったことのおとしまえをつける気持ちは持ちましょう。

失敗を忘れないようにメモに残しておく

一度でも上司の顔に泥を塗ったら、二度目はないと肝に銘じましょう。

そして、二度と同じミスを繰り返さないように、失敗した内容をきちんとメモに残します。

一度メモに残したらそれでおしまいというわけではありません。

メモに残したことは、定期的に読み返して頭の中で復習しましょう。

何度も復習することで、その内自然と頭にその内容が刻み込まれます。

「顔に泥を塗る」のを避けるためにできること

誰だって人の顔に泥を塗りたいとは思いませんし、また顔に泥を塗られたいとも思いませんよね。

相当な悪意が相手に対してあるというわけでもない限り、大抵は自分では気づかない内に相手の顔に泥を塗ってしまっていることがあります。

もし顔に泥を塗ってしまったなら、迅速な対応で相手に対して誠心誠意の謝罪や挽回する行動を見せる必要があります。

一方で、誰かに泥を塗られてしまったなら、出来るだけ相手を許す努力をしましょう。

それが悪意でない限りは、相手もあなたの顔に泥を塗ってしまったことを大いに後悔しているはずです。

しかし、やはり最も理想的なのは、顔に泥を塗るのを避けることです。

どうすれば互いに顔に泥を塗ることが避けられるのでしょうか?

以下に具体的な方法をご紹介します。

状況把握、情報共有しておくこと

人の顔に泥を塗ってしまうのも、また誰かに泥を塗られてしまうのも、大抵は状況把握や情報共有が出来ないことが原因です。

自分が今どんな状況でどんな気持ちでいるのか、また相手の状況や考えなどを、予め誰にでも把握しやすいように明確にしておくことで、擦れ違いや誤解を防ぐことが出来ます。

互いの行動や考えをクリアにしておくことが、顔に泥を塗るような事態を避ける第一歩になるでしょう。

気づけるように気を配ること

状況把握と同様に、相手や周りの動きに常に気付けるように気を配ることが大切です。

ぼーっとしていて周りの状況も分からないままに、自分で勝手な行動を取ってしまったら、それが原因で誰かの顔に泥を塗ることになるかもしれません。

社会や集団生活をしている以上、いつも自分のことだけを考えていればいいというわけにはいきません。

周りのことにも気を配り、何かあれば直ぐに気付けるように心がけましょう。

相手のことを理解してわかっておくこと

自分の考えと相手の考えは当然違っています。

自分が「普通はこうだろう」というところでも、相手は「いや普通はこうだ」と違う意志を持っている可能性は高いでしょう。

そのため、相手のことを理解してわかっておくことは、相手の顔に泥を塗らないためにも必要なことです。

自分の常識や考えを相手にもそのまま当てはめて行動してしまった結果、相手の顔に泥を塗ってしまうことになったら、相手はこちらへの信用を失くし、関係も悪くなってしまいます。

そうならないためにも、日頃から相手のことを理解するように努めましょう。

相手に迷惑をかけないように行動すること

具体的に人の顔に泥を塗らないように気をつけることが難しいという人は、「相手に迷惑をかけないように行動すること」を意識しましょう。

初歩的なことではありますが、意外とこれが出来ていない人は世の中に多いです。

何かをする際には、それで迷惑になってしまう人がいないかどうかを考えながら行動するようにしましょう。

そうすれば少なくとも、人間関係でのトラブルは回避出来るでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人の顔に泥を塗るという行為は、塗られた側にとってはとても許し難い行為です。

相手との信頼関係がなくなってしまう上に、二度と友好な関係は結べなくなってしまうかもしれません。

取り返しのつかないことにならないためにも、日頃から人の顔に泥を塗らないように気をつけて行動するように努めましょう。