CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

行き詰まりを感じた時、前に進むための10個のアドバイス


進学先や就職先を決める時、また人間関係や仕事で悩み事がある時など、人生の内で行き詰まりを感じる時があるでしょう。

どんなに優れた人や、迷いなく自分の人生を生きているように見える人でも、どこかで行き詰まりを感じ、思い悩むことはあります。

行き詰まりを感じた時に、どうやってそれを打開しているのか、その方法は人それぞれです。

自分で打開する方法をすぐに見つけられないという人は、前に進めためにあらゆる方法を試してみるといいでしょう。

人生で行き詰まりを感じた時に、前に進むための方法をご紹介します!

️行き詰まりを感じる瞬間

あなたはどんな瞬間に行き詰まりを感じますか?

経済的に余裕がなく、どんなにやり繰りしても生活が楽にならないと感じた時や、試験のための勉強をしているのに、どんなに長時間勉強をしても試験に受かる気がしない時、または仕事が上手くいかなくて、これ以上どうしようもないと感じた時でしょうか?

人によって、息詰まりを感じる瞬間はさまざまです。

他の人からすればたいしたことがない悩みに思えても、当人にとってはそれが行き詰まりに感じられることもあります。

そんな行き詰まりを感じた瞬間、どんな人でも心底から疲労やストレスを感じることでしょう。

行き詰まりとは出口の見えない迷路にはまった時や、先の見えない道を漠然と歩いている時のような気持ちに陥りやすいものです。

そしてそこで行き詰まりを打開しなければ、そのまま挫折してしまうこともあるでしょう。

何をしてもうまくいかない時


何をしてもうまくいかない時に、人は行き詰まりを感じます。

どうにか状況を打開しようと足掻いてみても、それがうまくいかずに余計に疲れて立ち上がれなくなってしまうこともあるでしょう。

例えば人間関係で揉め事があった時には、自分だけがあれこれと立ち回ったところでどうにかできるものではありません。

友人と大きな喧嘩をしてしまい、自分は誠心誠意謝ったところで、それに友人が反応を示さなければ、友人から何事か言ってくるのをただ待つだけしかないこともあります。

自分でやれることをやったとしても、その後ただ待つしかないだけの状況の時には、精神的に行き詰まりを感じてしまいやすいです。

また、例えば仕事で企画を任されて、毎日頭を悩ませてさまざまな案を上司に提出していたとします。

自分では思いつく限りの案を出したのに、すべて上司に没にされた時には、どんな案を思いついたところでうまくいかずに行き詰まりを感じてしまうことがあるでしょう。

いろんな方法を試してみてもダメだった

人は何かに一生懸命になる時、頭をフル回転させて思いつく限りのことを試みます。

例えばうっかり外に締め出されてしまったなら、どうにかして家の中に入ろうとあれこれ思いつく手段をすべて試してみるでしょう。

鍵の開いている窓はないかと確認して回ったり、壁や木を伝って2階から入れないかと試したり、普段は当たり前に出入りできている自分の家なのに、こんな時ばかりは侵入困難な要塞のようにも思えるでしょう。

もしも何時間か待って誰かが帰ってくるのなら、最終手段として家族の帰宅を待つ方法があります。

しかし自分だけしかいない場合には、誰を待ったところで家の鍵が開くことはないでしょう。

いろんな方法を試してはみたものの、どれも役に立たなかったり、良い結果にならなかったりした時には行き詰まりを感じてしまうでしょう。

行き詰まりは人生で一度は誰でも経験する

人は人生の内で、誰でも一度は行き詰まりを経験します。

それが進学に関することなのか、仕事に関することなのか、それとも人間関係なのかは人によって違うでしょう。

もちろんそれら以外で行き詰まりを感じる瞬間もありますので、一概にどんな瞬間に行き詰まりを感じるとは言い切れません。

しかし、行き詰まりを感じるということは誰にでも共通しますので、行き詰まりを経験した人は皆、最終的には何かしらの打開策を思い付いて行動に移すことで、自らの行き詰まりから脱出をはかります。

それがうまくいった人は、自身の行き詰まりから何かを学んだり、経験になったりします。

一方でうまくいかなかった人は、挫折を味わい、そのまま落ち込んでしまうか、何かをきっかけにまた立ち上がろうとするでしょう。

️行き詰まりを感じた時のアドバイス10個

行き詰まりを感じた時、それを打開する方法は人それぞれで違います。

例えば自分で悩みぬいた結果、何らかの打開策を思いつく人もいるでしょう。

一方で、自分ではどうしようもできなかったところを、友人や家族など、誰かに助けてもらうことでどうにかできたという人もいるでしょう。

もしくは、がむしゃらにいろんなことを試した結果、たまたまうまくいって状況を打開できたという人もいます。

どんなことが行き詰まりを打開するきっかけになるのかはその人やその場の状況によって違いますが、どんな人でも自分が試せることはすべて試すべきだということは、共通して言えることでしょう。

行き詰まりを感じた時にどんなことをすれば打開しやすいのか、その方法を以下にご紹介していきます。

1:信頼できる人に相談する

自分でどれだけ考えても答えが見つからない時には、信頼できる人に相談するという方法もあります。

何を考える時にも、自分1人だけではどうしても思考力に限界があります。

例えば縦方向に強く横方向に弱い人が何かを考えようと思った時に、縦方向の思考はとても働きますが、反対に横方向の思考はあまり働かないため、思考する内容は縦方向に偏ってしまうでしょう。

どんなに横方向に物事を考えようとしたところで、自分に分からないことが多ければ、考えたところでまともな答えは出せません。

そんな時、もしも横方向に強い人が現れてアドバイスをしてくれたなら、悩んでいた人は横方向の思考力も身に付けることができますので、その分新たな考えに気付くことができるでしょう。

自分の得意分野は誰でも頭の回転が速いですが、苦手分野になると途端に頭の回転は鈍くなってしまいます。

ページトップ