この世の中にはいじられる人といじる人がいます。

いじる人は、決していじわるがしたくてしていじっているわけではないということも多いでしょう。

しかし、中にはいじられることをマイナスに考える人や、いじる人の気持ちがわからないという人もいます。

しかし、これは仕方がありません。

相手がどのような気持ちでいじってくるかなんてわからないのです。

というか、相手の気持ちを完璧にわかろうとするのが、無理なのです。

なぜなら、相手の気持ちはこちら側がコントロールできる部分ではないからです。

しかし、それでもいじられる側からするといじってくる人の心理が理解できないかもしれません。

そこで、今回こちらの記事では、いじる人の心理などについていろいろと情報をまとめてみました。

いじる人の心理を知ることで、なぜ、この人は自分をいじってきたのか少しはわかると思うので、今後の付き合い方にも変化が出ると思いますよ。

お互いに良好な人間関係を築くために、ぜひ、理解しましょう。

いじることもそうですが、いじられる側もメリットがいっぱいありますよ。

飲み会や職場でいじってくる男性いませんか?

集団生活が伴う場などで、例えば、飲み会や職場などで時折いじってくる人っていますよね。

特に男性が女性の行動や発言についていじってくるケースが多いと思います。

なぜいじってくるのかと言いうと、人によって理由は様々ですが、かまってちゃんのケースもあれば、いじられるあなたの反応を見たくていじってきているケースもあります。

愛嬌があっていじってくる場合もありますが、いじられる側からすると相手がどんな気持ちでいじってきているのかわからないので、困惑してしまう場合もあります。

なんで私のことばかりいじってくるの?

いじられる側からすると、なんで私のことばかり?と思ってしまいますよね。

あまりにもいじられすぎると、少し嫌な気持ちになってしまうこともあるでしょう。

ただ、いじられることも実はいいこともあるのです。

いじってくる相手があなたに興味がなければ、いじってくることもありません。

つまり、いじられるということは、相手が少なからずあなたに対して興味があるか、存在を認識しているということです。

いじる人の5個の心理

それではここからはいじる人の心理について説明していきます。

いじられる側の人からすればなぜいじってくるのか気になる方も多いと思います。

意外と心理状態を知ってしまうと、いじってくる人が可愛く思えてしまうこともありますよ。

大きくピックアップして5個あります。

相手の心理を知ることで相手に対する受け止め方も変わるかもしれません。

今まではいじられてばかりで嫌だと思っていた方も、相手の気持ちを理解することができればいじられてもストレスにはることは少ないと思います。

それではじっくりお読みくださいませ!

1.マウントを取ろうとしている

いじってくる側には自分の強さを誇示したくて相手をいじるタイプもいます。

いわゆる、強がりタイプです。

自分は強い人間だということを否定したくないために、自分と同等もしくは下に見える相手をいじってきます。

いじられる側からすると、最もたちの悪いタイプかもしれませんね。

最近では、会社の上司にそのようなタイプが増えてきています。

強気に出て、部下に馬鹿にされないようにしているのかもしれません。

別にこのように生きていくことを否定はしませんが、長続きしている人を見たことがないので、お勧めしたくありません。

あなたにとって同等もしくは下の人はいません。

なぜなら、相手はあなたと違う人間であり、比較することはできないからです。

自分よりも強くない相手に

自分よりも強くない相手に強く出ていじる人もいます。

この人なら文句を言わないし怒らないだろうと思って、自分よりも強くない相手をいじっているのでしょう。

このタイプの人は、自分よりも強気の人や立場が上の人、すぐに怒って喧嘩になってしまうような人をいじることはしないでしょう。

しかし、自分より弱い立場の相手をいじってもいい気持ちにはなれません。

いじられる側もいい気はしないですよね。

2.承認欲求を満たしたい

いじる人の中には、認められたいという思いが強いことがあります。

他人に認められたいという気持ちが強いので、いじる側になって周囲の注目を浴びたいという認識が強いのでしょう。

つまりこの手の方は、実は寂しがり屋なのかもしれません。

目立とうとしている

いじってくる人は目立ちたがり屋な可能性もあります。

とにかく目立ちたいという気持ちが強いので、周囲とは違った行動をするのかもしれません。

人をいじることで、周りの注目を集めているのでしょう。

この手の人は、ただの目立ちたがり屋なので、そんなことして楽しい?って聞くと、意外とすぐにやめてくれるかもしれません。

3.盛り上げたい


その場をとにかく盛り上げたいと思っている人もいじる側に回る可能性が高いです。

この手の人は、承認欲求の強い人とは違い、相手のことをじっくり見ます。

そのうえで相手の良さなどを見ていじってくるのです。

なぜなら、相手の嫌な部分ばかり指摘していじっていても相手が嫌がるだけで、周囲の雰囲気も悪くなってしまう可能性があります。

盛り上げたいという気持ちが強い人は、相手のテンションを下げるようないじり方はしないでしょう。

相手のテンションを上げるいじり方をするので、いじられる側もいじられても嫌な気持ちにもならないので、ついていこうと考えるのかもしれませんね。

笑いをとりたい

盛り上げたいという気持ちの強い人に共通していることは、笑いを取りたいという気持ちが強いことです。

いじられて嫌な気持ちになるよりも、いじられて笑いになるほうがいじられる側も、いじる側にとっても、双方にとってマイナスな感じにならないのです。

特にお笑い芸人にはこの手の人が多く、今でも一線で活躍している人も笑いをとるために面白くいじったりします。

4.仲良くなりたい


あなたと仲良くなりたくていじってきている可能性もあります。

よく、小学生の時など幼いときは好きな人に対してちょっかいを出したりして、気を引こうとする人もいたと思います。

実はそんなケースとこれはよく似ています。

仲良くなりたいけど、どうしたら自分のことを知ってもらえるのか、話しができるのかと考えていじってくるケースは多いです。

特に職場などで相手がいじってくるケースが増えた時などは、そのようなことも考えられます。

この手のいじり方はどこか遠慮があります。

なぜなら、相手に嫌われたくないという意識が強いのでそうなるのです。

そう思うとかわいい感じに思えてしまいますよね。

その人と親しくなりたい

とにかく親しくなりたくていじってくるケースはいつの年代にも当てはまります。

話しかけるのが苦手な人はまずはいじりから入ってくる人が多いかもしれません。

どうにか打ち解けたいと思っているので、あまりひどいいじり方はしてこないと思います。

あの人と親しくなりたいけど、どうしたらいいかわからない!ひとまず自分を知ってもらおうと思っていじってくる可能性は高いです。

その人に特別な関心を持っている

いじる側にとっていじりたい対象の人は誰でもいいというわけではありません。

誰でもいいと思っていじっている人は自分ファーストの人です。

では、いじる側にとっていじりたい人というのはどのような人なのでしょうか。

それは、特別な関心を抱いている人というケースもあります。

なぜなら、気になって仕方ないので、とにかく1日どこかでからむことができればその人にとっては最高なひと時となるのです。

そう考えると実はいじられる側が上に立っている可能性もあるのです。

いじる側にとってみれば、特別な関心をもっている相手なので、どうにか会話をしたいと思っているのでしょう。

自分も関心を持ってもらいたい

親しくなりたいと思う相手に対しては、自分に関心をもってもらいたいと考える人もいます。

いじることによって自分の存在を相手に知ってもらうことができます。

また、いじることで相手が反応してくれるため、会話に発展しやすいと考えるのかもしれません。

この手の人は、いじり方を間違えると相手に嫌われてしまう危険性もあり、仮に相手に嫌われてしまうとかなり落ち込んでしまう可能性が高いのです。

5.コミュニケーションのひとつだと思っている

いじりをコミュニケーションの1つだと思ってしている人もいます。

そう思っている人は、いじりに対して悪戯を感じません。

コミュニケーションの1つだと思っている人のいじり方は、嫌な感じがせず、相手の良いところを見ていじります。

いじられた側も、愛のあるいじり方だと感じて仲良くしていこうと思えるのでしょう。

しかし、軽い感じでサラッと自分が気にしていることをいじってくる人もいるでしょう。

その場合、相手は悪気があって言っているわけではないのですが、いじられる側からしたら少し嫌な気持ちになってしまうこともあります。

男性が女性をいじるのはなぜ?

いじる側が男性、いじられる側が女性といったケースはよくあります。

なぜこのようなことが多いのかというと、男女の精神年齢には差があると言われています。

男性はいくつになっても子供だと感じる女性も多いのではないでしょうか。

そんなこともあり、気になった女性をいじりたくなるのです。

いじることで相手の気を引こうと考えるのでしょう。

ここからは男性が女性をいじる理由をまとめてみました。

理由を知ると男性がますますかわいく見えてしまうかもしれません。

1.相手のことが好き

まずもって男性が女性をいじるケースはこの理由がもっとも大きい可能性があります。

その女性が好きで、自分に構ってほしいと思ったり、相手の気を引きたいと思っていじってしまうのでしょう。

女性からするとからかったりいじったりするのではなく、素直に話しかければいいのに!と思ってしまいますよね。

しかし、どう話しかけたらいいのかわからなかったり、話しかけることが恥ずかしいと感じてしまう男性は意外と多いのです。

小学生が好きな女の子をいじったりちょっかいをかけたりすることと同じだと考えると、とても可愛く見えますよね。

ストレートに言えない

ストレートに好きということに男性はかなりのエネルギーを使います。

そのためにいじって相手の気を引いて、好きだと気付いてほしいと考えている男性もいます。

何度も言いますが、男性はいくつになっても子供なのです。

ストレートにはっきり言えないので、いつも曖昧な感じに話してしまいがちです。

特に学校を卒業するまでにずーっと運動ばかりしてきた人からするとそのような感じになってしまう傾向が強いのかもしれません。

なぜなら彼らにとってはスポーツもしくは、スポーツ用品が恋人のようなものだったのです。

逆に男子校出身の方は、遠慮などの精神がないので、意外とストレートに話してしまう人も多いかもしれません。

傷つきたくない

いじってしまう感情には傷つきたくないという自己防衛が起きてしまっている可能性もあります。

要は、望んだ通りの結果にならないことがあった時の傷つきようにおびえているのです。

ただ、これは先のことをネガティブに考えている人に多い傾向です。

俗にいう「失敗したらどうしよう」といった感じに考えてしまっているからです。

はっきり言ってしまう人は、そのようには考えていません。

口にしたらどんなことになるのだろうとわくわくしているのです。

とにかく傷つきたくないという自分をかわいく見てしまっている男性は、いじりに走ってしまうのでしょう。

言葉は相手に見えない傷を負わせるといいますが、実は男性のほうがそのことをよく理解しているようです。

2.気を引きたい

とにかく相手の気を引きたいと考えているためにいじってくる男性もいます。

その女性のことが気になっているので、いじることで会話がしたい、もしくは自分のことを知ってほしいと思っているのでしょう。

かまってほしい

男性はいくつになっても子供と説明しましたが、いくつになってもかまってちゃんな男性も多いです。

とにかく誰かにかまってほしいという欲求が強いのでしょう。

いじって反応してくれる女性には、だんだんいじりが強くなってしまうこともあります。

このように自分にかまってほしいという思いから、いじってくる男性も多いでしょう。

遠回りなことをしてしまう

ストレートに言えないので、遠回りなことをして気を引こうとします。

普通に話しかけたりスマートに会話ができたらいいのですが、恥ずかしくてそれができない男性も多いです。

そのため、いじることでその女性に自分の存在をアピールしているのかもしれません。

3.そういうキャラになっている


いじるキャラの人もいれば、いじられキャラの人もいます。

いじられキャラの人は、いじられた時の反応が可愛かったり、面白かったりするのでついいじりたくなってしまいます。

いじられる側からすると、なんかバカにされてるのかな?と思ってしまうかもしれませんが、いじられる人は愛されキャラでもあります。

いじる側からすると、この人ならいじっても怒らないし、面白く返してくれるという安心感があるのかもしれません。

また、反対にいじるのが上手な人っていますよね。

そういう人は人が嫌な気持ちにならないように、相手の良いところを上手にいじることができます。

それができる人は盛り上げ上手でもあります。

4.楽しく話したい

どうせ会話をするなら楽しくした方がいいですよね。

男性の場合、楽しい人と女性に思わせたいので、そのようにいじりながら会話をして楽しい雰囲気を出そうと思っている男性もいます。

つまり、楽しませようと一生懸命になっている証拠かもしれません。

ある意味頑張っているいじりなので無下に扱うのではなく、笑顔で返してあげるのが礼儀でもありますね。

純粋な気持ちから

このように動いてしまうのはあなたに気に入られたいという気持ちが強いからではありますが、ただ、意図的にしているということではありません。

ある意味純粋な気持ちから起こるいじりではありますので、あまり本気で取られるよりもおもしろいという感じにとらえてともに楽しめばいいと思います。

ただただ楽しみたいのが男性の本音ですので、あまり深く考えなくてもいいと思います。

話しやすいと感じている

男性が話しながらいじってくるのは、あなたを話しやすい存在だと思っているからでもあるでしょう。

つまり、距離は縮まっているということです。

男性のいじりが強くなってきたということは男性があなたに打ち解けたという証拠でもあります。

そう考えると男性も距離を縮めるために一生懸命になっているのです。

いじりには愛や一生懸命な思いが詰まっていることもあるのです。

5.安心感を抱いている

いじってくるということは、実は男性があなたに対して安心感を抱いているということも考えられます。

男性は女性が思っている以上に臆病なので、誰彼構わずいじることはできません。

つまり、いじってくるということは、あなたに安心感を抱いているということでもあるのです。

男性の場合、初対面の人にはすごく気を遣う人も多く、ひと声を出すのにかなりのエネルギーを使ってしまうのです。

実は女性よりも男性の方が人見知りをしてしまう傾向が強いのです。

受け入れてくれるから

いじっても受け入れてくれるという気持ちからいじってくる男性もいます。

いじられるのが嫌いで、いじられると怒ったり無視したり、あからさまに嫌な顔をする女性もいます。

そんな女性をいじることはできません。

男性も、この人ならいじっても受け入れてくれるという安心感があるため、あなたのことをいじってくるのでしょう。

そういう女性は、男性から見ても話しやすくて穏やかで好感が持てます。

いじるのはあなたと仲良くなりたいから

いかがでしたでしょうか。

いじってくるのにもいろいろと理由があるのです。

しかしあなたに対して興味や関心がなければいじってくることはありません。

つまり、いじってきたのであれば何かのサインでもあるのです。

そのサインをうまく読み取れば今後の接し方もうまくいくので、良好な人間関係を築くことができますよ。