この世の中にはいじられる人といじる人で分類されることがあります。

それはなぜかといいますと、それで人間関係のバランスが取れているからです。

いじられる人だけだったら、もしくはいじる人だけだったら、この世の中の人間関係のバランスが取れないのです。

しかし、中にはいじられることをマイナスに考える人やいじる人の気持ちがわからない人もいます。

しかし、これは仕方がありません。

相手がどのような気持ちでいじるようなことをしてくるかなんてわからないのです。

というか、相手の気持ちを完璧にわかろうとするのが、無理なのです。

なぜなら、相手の気持ちはこちら側がコントロールできる部分ではないからです。

しかし、それでもいじられる側からするといじってくる人の心理が信じられないかもしれません。

そこで、今回こちらの記事では、いじる人の心理などについていろいろと情報をまとめてみましたので、ぜひ、参考にしていただけましたらと思います。

いじる人の心理を知ることで、なぜ、この人は自分をいじってきたのか少しはわかると思うので、今後の付き合い方にも変化が出ますよ。

お互いに良好な人間関係を築くために、ぜひ、理解しましょう。

いじることもそうですが、いじられる側もメリットがいっぱいありますよ。

飲み会や職場でいじってくる男性いませんか?

集団生活が伴う場などで、例えば、飲み会や職場などで時折いじってくる人っていますよね。

特に男性の方が女性の1つ1つの行動に関していじってくるケースが多いと思います。

例えば、カメラで写真を撮っていた時などに、格好がカメラマンぽくっていいね!本格的な写真を撮れそうですね。

などと言って、いじってくるケースがあると思います。

そうなると、いじりなれていない方にとっては、今後、なんでも行動がとりづらくなってしまうケースがあります。

では、なぜいじってくるのかと言いますと、かまってちゃんのケースもあれば、いじられるあなたの反応を見たくていじってきているケースもあるのです。

つまり、あなたに興味があろうとなかろうと、いじりたい人はいじってくるのです。

特に職場で多いのが、勤務が終了する時刻にいじりだす人が多いです。

なぜかといいますと、集中力が切れているので、相手の行動が見えてしまって何か言わずにはいられなくなるのです。

そのため、いじってくるのです。

愛嬌があっていじってくる場合もありますが、いじられる側からすると相手がどんな気持ちでいじってきているのかわからないので、困惑してしまう場合もあります。

なんで私のことばかりいじってくるの?

いじられる側からすると、なんで私ばかりと思えてしまう人がいますが、実はこの考えはあまり良いとは言えません。

なぜなら、よく周囲を見回してみるとわかると思いますが、本当にあなただけでしょうか?いじれられているのは?実は、気づいていないだけで、いじられている人はもっといっぱいいるのです。

しかし、いじれられると、自分だけがいじられていると思ってしまうのです。

特に他人に興味を示さない人は、被害者意識が強くなってしまい、自分だけという感じになってしまうのです。

普段はみんながという意識が強い日本人ですが、実は選民思想も強い国民性なので、自分がと思ってしまう傾向も高いのです。

ただ、いじられることも実はいいことなのです。

いじってくる相手があなたに興味がなければ、いじってくることもないのです。

つまり、いじられるということは、相手が少なからずあなたに対して興味があるか、存在を認識しているということです。

いじる人の5個の心理

それではここからはいじる人の心理などについて説明していきます。

いじられる側の人からすればなぜいじってくるのか気になる方も多いと思います。

意外と心理状態を知ってしまうといじってくる人が可愛く思えてしまう人もいますよ。

大きくピックアップして5個ありますので、じっくり覚えましょう。

いきなりすべてをマスターしろと言われても大変です。

まずはあなたにとって身近な部分からマスターしていくようにしましょう。

意外といじってくる人も大変だという部分もあり、知ることで相手に対する受け止め方も変わりますよ。

今まではいじられてばかりで嫌だと思っていた方も、これをしっかりマスターすればいじられてもストレスにはなりませんよ。

それではじっくりお読みくださいませ!

1.認められたい

いじる人の中には認められたという承認欲求が強い方が多いです。

なぜかといいますと、いじらないと自分の存在が周囲に認められないといった恐怖心を持っているということになります。

では、どのような方がこのようなケースなのかと言いますと、SNSなどに自分の顔写真などを載せている方などがこの類になる可能性があります。

なぜなら、自分の顔写真などを載せることで、自分の存在をアピールすることができるのです。

他人に認められたいという強い気持ちが強いので、いじる側になって周囲の注目を浴びたいという認識が強いのです。

つまりこの手の方は、実は寂しがり屋なのです。

相手をいじることで自分の存在を認識してもらわないといけないので、自分がどんな人間なのか、自分自身で分かっていない可能性があります。

承認欲求が強い

認められたい!つまりは承認欲求が強いということです。

では、なぜ承認欲求が強いのかと言いますと、これまで生きてきた中で、あまり周囲から注目を浴びていなかった可能性が高く、凡人だという認識が強かったのだと思いますが、あることをきっかけに注目されたい側になってしまった方が結構この類に入ります。

特に若いうちに成功を成し遂げてしまった人はこのような感じになってしまう方が多いです。

最近はやりのベンチャー企業の若手社長はこのような方が多いですね。

この手の方の欠点はいじるだけいじって、相手のことを考えていないのです。

タチの悪い方などは、相手が自分の欲求を満たす道具とも思っている危険性もあるので、非常に厄介です。

目立とうとしている

承認欲求もそうですが、極端な目立ちたがり屋な可能性もあります。

とにかく目立ちたいという気持ちが強いので、周囲とは違った行動をするのです。

そのため、いじることに執着している危険性もあるのです。

世の中には、いじられる側の人間の割合が大きいので、いじる側にたって目立とうとするのです。

この手の方は、ただの目立ちたがり屋なので、そんなことして楽しい?って聞くと、意外とめげる方もいらっしゃいます。

この手の方は相手のことを考えていなく、自分ファーストな人間なので、周囲から疎遠される可能性もあるのです。

周囲に目立ちたくて、いじってくる方がいたら、子供だと思ってみてあげることがもっともな手段かもしれません。

目立ちたいので目立たせてあげましょう。

あなたはそのために相手のアシストをしていると思えば、こちら側が優位に立っていると思えますよ。

周囲の関心をひきたい

集団生活を伴う場で、周囲の人に自分のことを知って頂きたいという気持ちが強い人はいじってくる可能性があります。

ただ、この手の方で非常にタチが悪いのは、仕事ができないのにいじってくるケースです。

主に集団生活が伴う場所として多いのが職場か学校などですが、職場では仕事ができる人は、いじる。

いじられるに限らずに周囲から注目されるのです。

しかし、仕事ができなかったり、ただ働いている人などは周囲から存在を消されている危険性もあるのです。

そうなってしまうのを恐れているためにいじってくる人もいらっしゃいます。

そう考えるといじってくる側も大変なのだということに気づくと思います。

また、中にはなんだかかわいいなと思ってしまう人もいらっしゃると思います。

2.盛り上げたい


集団生活の中で、とにかく盛り上げたいと思っている人などもいじる側に回る可能性が高いです。

なぜなら、相手をいじって盛り上げようとするのです。

ただこの手の方は、承認欲求の強い方とは違い、相手のことをじっくり見ます。

そのうえで相手の良さなどを見ていじってくるのです。

なぜなら、相手の嫌な部分ばかり指摘していじっていても相手が嫌がるだけで、周囲の雰囲気も下がってしまう可能性もあるのです。

盛り上げたいという気持ちが強い人は、相手のテンションを下げるようないじり方をしないのです。

相手のテンションを上げるいじり方をするので、いじられる側もこの手の方からいじられても嫌な気持ちにもならないので、ついていこうと考えるのです。

笑いをとりたい

盛り上げたいという気持ちの強い人に共通していることは、笑いを取りたいという気持ちが強いことです。

なぜなら、いじられて嫌な気持ちになるよりも、いじられて笑いになるほうがいじられる側も、いじる側にとっても、双方にとってマイナスな感じにならないのです。

特にお笑い芸人にはこの手の方が多く、今でも一線で活躍している人などはこの手の方が多いです。

最近見なくなったな~という芸人さんは、もしかしたらいじり方がこの手ではない可能性があります。

笑いをとれるということは実はすごいことなのです。

単なる馬鹿なことをすれば笑いが取れると思っている方もいらっしゃいますが、そんなのではないのです。

笑いは最高の良薬と言われているほどです。

3.仲良くなりたい


いじる側の人間には無性にあなたと仲良くなりたくていじってきている可能性もあります。

よく、小学生の時など、幼いときは好きな人に対してちょっかいを出したりして、自分に気をひかせようとする方もいらっしゃったと思います。

実はそんなケースとこれはよく似ているのです。

仲良くなりたいけど、どうしたら自分のことを知って頂けるのかと考えていじってくるケースは多いです。

特に職場などで相手がいじってくるケースが増えた時などはそのようなことも考えられます。

この手の方のいじり方はどこか遠慮があります。

なぜなら、相手に嫌われたくないという感じの意識が強いのでそうなるのです。

承認欲求が強い人よりかはいじりも柔らかいので、かわいい感じに思えてしまいますよ。

ぜひ、仲良くなりましょう。

仲良くなることであなたにとって大きなパワーになるかもしれませんよ。

その人と親しくなりたい

とにかく親しくなりたくていじってくるケースはいつの年代にも当てはまります。

コミュニケーションに自信のない人は、まずはいじりからといった感じに入ってくる人が多いです。

つまり、話しかけるのが苦手な人がこの手の方が多いのです。

いじって打ち解けるように努めるので、まずは相手のことを知ろうと一生懸命になります。

そのため、実はいじってくるときにものすごくエネルギーを使っている可能性が高いのです。

いじった後におとなしくなっている方などはこの手の方の可能性が高いです。

あの人と親しくなりたいけど、どうしたらいいかわからない!ひとまず自分を知ってもらおうと思っていじってくる可能性は高いです。

あまりにいじりがハードな場合は一言きつい言葉を浴びせるとひるむ可能性もあるので、ぜひ、しましょう。

そうすることで、いじる側にもご自身のことを知ってもらうチャンスです。

はっきりとした姿勢を見せることがお互いにとってプラスに働くのです。

その人に特別な関心を持っている

いじる側にとっていじりたい対象の人は誰でもいいというわけではありません。

誰でもいいと思っていじっている人は自分ファーストの人です。

では、いじる側とっていじりたい人というのはどのような人かと言いますと、特別な関心を抱いている人と言っても過言ではありません。

なぜなら、気になって仕方ないので、とにかく1日どこかでからむことができればその人にとっては最高なひと時となるのです。

そう考えると実はいじられる側が上に立っている可能性もあるのです。

いじる側の人間にとってみれば、いじられる側の人間はありがたい存在なのです。

おかげ様で生きられる存在なので、いじられる側の人間にとってもデメリットばかりではないのです。

自分も関心を持ってもらいたい

親しくなりたいと思う相手に対しては、自分に関心をもってもらいたいという承認欲求が強い人もいらっしゃいます。

この手の方は、いじり方を間違えると相手に嫌われてしまう危険性もあり、仮に相手に嫌われてしまうとかなり落ち込む性格を持っている可能性が高いのです。

親しくなるには相手に自分に関心をもって頂きたいという思いが強いので、意地でもいじってきます。

ある意味、自分のメンタルをコントロールできないタイプの人間がこのような感じになってしまうことがあります。

いじるにも相手のことを考えないと、ただの承認欲求が強いだけの人間になってしまうのです。

そうなってしまうと本末転倒です。

自分が望んだことが思い通りにならない感じになってやんでしまう方もいます。

相手と親しくなりたかったら、まずは相手のことを知ることです。

また、いじられる側もいじってきてなんだか嫌な顔をしていたらもしかして思ってみてくださいね。

4.相手を同等か下に見ている

いじってくる側には自分の強さを誇示したくて相手をいじるタイプもいます。

いわゆる、強がりタイプです。

自分は強い人間だということを否定したくないために、自分と同等もしくは下に見える相手をいじり倒そうとします。

ある意味、最もたちの悪いタイプです。

承認欲求が強いタイプよりもいじり方がハードなので、ひとりぼっちになってしまう危険性が非常に強いです。

最近では、会社の上司にそのようなタイプが増えてきています。

なぜなら、自信がないまま上にたってしまって、下にはすでに見破られているので、強気に出て、下に馬鹿にされないようにしています。

別にこの手で生きていくことを否定はしませんが、長続きしている人を見たことがないので、お勧めしたくありません。

あなたにとって同等もしくは下の人はいません。

なぜなら、相手はあなたと違う人間であり、比較することはできないからです。

自分よりも強くない相手に

自分よりも強くない相手に強く出ていじる方が多いのですが、いかがなものかと思います。

実はこの手のタイプは詰込み世代に多く、ゆとり世代には少ないのです。

なぜなら、詰込み世代は上の姿を見て生きてきた人間なので、自分が正しいと思った人間や会社の上司の行動を見てそれを吸収するのです。

つまり、自分が言われたこと、されたことをそのまま吸収し、それを下に繰り返しているのです。

いわゆる負の連鎖です。

詰め込み世代は負の連鎖を断ち切れない世代なのです。

故に立場の弱い相手に対してのいじり方を見て、強く出ている人は、その人が立場の弱いときにそのようなことをされたと自分で言っているようなものです。

自分より弱い相手をいじってもいい気持ちにはなれません。

このような方は相手をもののような感じに見てしまうのです。

ある意味、人間として終わっている危険性が高いです。

5.コミュニケーションのひとつだと思っている

いじりをコミュニケーションの1つだと思ってしている人もいらっしゃいます。

この手の方はいじりに対して悪戯を感じません。

昔で言えば、許されたものでも、今では許されないこともあるので、この手の方は時代を読む力がないと、危険な目にあってしまう人もいらっしゃいます。

いわゆるスキンシップを大事にしている人などはこの手の感じが多く、平然といじってきます。

世代違いによっては、嫌な気持ちにさせてしまう可能性もあるので注意しましょう。

ただ、いじってきて相手が嫌な顔をしても、「冗談だ」とか言ってくる人もいるので、注意しましょう。

すべてを冗談で受け止めていても疲れるだけです。

ま田、そのようにしているといつのまにかいいように利用されてしまっている危険性もあるので、気を付けましょう。

男性が女性をいじるのはなぜ?

いじる側が男性、いじられ側が女性といった感じの図式は強いのですが、なぜこのような図式が当然のようになっているのかというと、精神年齢の差があります。

実は男性はいくつになっても子供のような感じなのです。

なので、気になった女性に対してはいじりたくなるのです。

自分に気をひかせよと考えるのです。

男性が不倫をすると許せないという感情もありつつもどこか仕方ないかといった感じに見えてしまうのはそのためです。

逆に女性が不倫をするとものすごくたたかれて許すといった感情が全く生まれないのはそのためなのです。

ここからは男性が女性をいじる理由などの情報をまとめてみましたので、ぜひ、参考にしてみましょう。

知ると男性がますますかわいい感じに見えてしまうかもしれませんよ。

大きくピックアップして5個ありますので、しっかり理解しましょう。

いきなりすべてを理解するのではなく、まずはあなたにとって身近な部分から理解していきましょう。

そのうえでゆっくりすべてをマスターしていけば問題ありませんよ。

1.好きである

まずもって男性が女性をいじるケースはこの理由がもっとも大きい可能性があります。

なぜなら、男性は常に女性の愛を求めているのです。

女性の人はなかなかわからないと思いますが、女性がブランド物にあこがれるのと同じくらいに男性は女性の愛を求めるのです。

故に不倫なども起きてしまうのです。

このようなときにかわいいな、仕方ないなといった感じに男性を見ることができる女性は大人ですし、男性からも尊敬されて不倫はしなくなりますよ。

逆に怒ったりすると、関心があるように見えてしまうので、余計に不倫に走ってしまう可能性もあります。

男性は子供なのです。

女性のみなさん同等には見ずに、下に見るようにすれば仕方ないなといった感じになりますよ。

ストレートに言えない

ストレートに好きということに男性はかなりのエネルギーを使うのです。

そのためにいじって自分に気をひかせて、好きと言わせようと考えている男性も結構多くいらっしゃいます。

何度も言いますが、男性はいくつになっても子供なのです。

吉本の間寛平さんも使用しているギャグに「いくつになっても甘えん坊」とありますが、まさにそうなのです。

ストレートにはっきり言えないので、いつもあいまいな感じに話してしまうのです。

特に学校を卒業するまでにずーっと運動ばかりしてきた人からするとそのような感じになってしまう傾向が強いです。

なぜなら彼らにとって恋人はスポーツもしくは、スポーツ用品だったのです。

逆に男子校出身の方は、遠慮などの精神がないので、意外とストレートに話してしまう人も多いです。

傷つきたくない

いじってしまう感情には傷つきたくないという自己防衛が起きてしまっている可能性もあります。

要ははっきり言って望んだとおりの結果にならないことがあった時の傷つきようにおびえているのです。

ただ、これは先のことをネガティブに考えている人に多い傾向です。

俗にいう「失敗したらどうしよう」といった感じに考えてしまっているからです。

はっきり言ってしまう人は、そのようには考えていません。

口にしたらどんなことになるのだろうとわくわくしているのです。

とにかく傷つきたくないという自分をかわいく見てしまっている男性は、いじりに走ってしまうのです。

言葉は相手に見えない傷を負わせるといいますが、実は男性のほうがそのことをよく理解しているようです。

2.気を引きたい

とにかく相手に自分の気をひかせたいと考えているためにいじってくる男性はいます。

女性の知り合いが多くなることは男性にとってうれしいことなのです。

前文でも説明しましたが、男性にとって女性を求めるのは、女性がブランド物を求める気持ちと同じなのです。

つまり、女性と知り合うのはブランド物を手にしたことと同じような感じなのです。

そのためにいじって気をひかせて、知り合おうと考えてしまうのです。

いじって知り合いたい、もしくは自分のことを知って頂きたいと思っているのです。

ある意味、寂しがり屋な感じでもあるのです。

このような時も女性の方は仕方ないなと子供を扱うような感じで接すれば問題ありませんよ。

かまってほしい

男性はいくつになっても子供と説明しましたが、いくつになってもかまってちゃんなのです。

とにかく誰かにかまってほしいという欲求が強いのです。

特に女性に対して求める傾向が強く、結婚していてもそのように考えてしまうので、不倫などが、あとが絶たないのです。

いじることで強く反応してくれる女性にはかなり好意を持つので、いじりが強くなってしまう可能性もあります。

男性は女性が思っているよりもかなり弱い存在なので、そのことを理解しましょう。

力だけは強いかもしれませんが…

遠回りなことをしてしまう

ストレートに言えないので、遠回りなことをして気をひかせようとします。

そのためにいじってくる人もいらっしゃいます。

よくテレビなどで好感度の高い男性芸能人ははっきり言う人が多いのですが、これははっきり言う男性が少ないからです。

つまり、はっきり言う男性は珍しい存在なのです。

しかしこれは仕方がありません。

特に田舎などで育った人は、はっきり話すことを敬遠したがるように教わってきた方もいらっしゃるので、遠回りになってしまう人が多いのが日本なのです。

3.そういうキャラになっている

いじるキャラもあればいじられキャラもあります。

要はすでに知らないところでそのようなキャラ設定になってしまっているということです。

新しい環境に身を置くとそのことが如実にわかりますよ。

初日に挨拶してから、周囲からの扱いでいじられキャラなのか、いじりキャラなのかはっきりわかってその後の扱いに変化が生まれます。

自分のことをよくわかっていない人からすると、そこで周囲との摩擦が生まれてしまうのです。

不特定多数の人から

新しい環境に行くとわかると前文では申しましたが、よくわかるのは不特定多数の人からどのように接しられたかでキャラがわかりますし、その場でどっちのキャラの方が輝くかで分かります。

つまり、いろいろな人との交流によって自分がどちらのキャラなのかわかるのです。

いじって輝く人もいれば、いじられて輝く人もいらっしゃるのです。

それがわかれば人間関係もうまくいきますよ。

4.楽しく話したい

ただぼそぼそと会話をするならどなたでもできますが、どうせ会話をするなら楽しくした方がいいですよね。

男性の場合、楽しい人と女性に思わせたいので、そのようにいじりながら会話をして楽しい雰囲気を出そうと思っているのです。

つまり、楽しませようと一生懸命になっている証拠でもあります。

ある意味頑張っているいじりなので無下に扱うのではなく、笑顔で返してあげるのが礼儀でもありますね。

純粋な気持ちから

このように動いてしまうのはあなたに気に入られたいという気持ちが強いからではありますが、ただ、意図的にしているということではありません。

ある意味純粋な気持ちから起こるいじりではありますので、あまり本気で取られるよりもおもしろいという感じにとらえてともに楽しめばいいと思います。

ただただ楽しみたいのが男性の本音ですので、あまり深く考えなくてもいいと思います。

話しやすいと感じている

男性が話しながらいじってくるのは、あなたを話しやすい存在だと思っているからでもあります。

つまり、距離は縮まっているということです。

男性のいじりが強くなってきたということは男性があなたに打ち解けたという証拠でもあります。

そう考えると男性も距離を縮めるために一生懸命になっているのです。

いじりには愛や一生懸命な思いが詰まっていることもあるのです。

ただのいじりとは思わずにしましょう。

5.安心感を抱いている

いじってくるということは実は男性があなたに対して安心感を持っているということにもなります。

なぜなら、男性は女性が思っている以上に臆病なのです。

つまり、いじってくるようになったということは安心感を持ったということでもあるのです。

男性の場合初対面の人にはすごく気を遣う傾向が高く、ひと声を出すのにかなりのエネルギーを使ってしまうのです。

実は女性よりも男性の方が人見知りをしてしまう傾向が強いのです。

受け入れてくれるという落ち着きから

いじっても受け止めてくれるという安心感から落ち着いた感じでいじることができて、男性にとってもストレスなくいじることができるのです。

距離感が縮まるとそうなってしまうのです。

男性にとって女性をいじれるようになると、ある意味男性として腕を磨いたことにもなります。

ただ、それがエスカレートすると関係性に問題が生じてしまう危険性もありますので、注意しましょう。

いじるのはあなたと仲良くなりたいから

いかがでしたでしょうか。

いじってくるのにもいろいろと理由があるのです。

しかしあなたに対して興味や関心がなければいじってくることはありません。

つまり、いじってきたのであれば何かのサインでもあるのです。

そのサインをうまく読み取れば今後の接し方もうまくいくので、良好な人間関係を築くことができますよ。