人には三大欲求というものがありますよね。

直ぐにその三大欲求を言うことができるのでしょうか?

基本的には食欲と睡眠欲と性欲があるのですが、この3つの欲求を満たすために人というのはあらゆることをするのではないかと思います。

しかしながらその欲求を凄く満たしたいというような時に「強欲」と呼ばれる欲求をする人が多いのではないかと思います。

この強欲というのは簡単に言えばその事に関して欲が凄く強いという事になるのです。

言うのであればその物に関して非常に強い意志があるという事になると思います。

例えば喉から手が出るほど欲しいというようなものは、基本的にはこの強欲に近いような感じなのではないかとも思うのです。

凄いほしいものが今目の前にあるという時は何としてでもほしいというような事もあるのではないかと思うのです。

自分の物にしたいというような欲求もまさに強欲と言えるのではないかと思うのです。

強欲な人というのは様々な特徴もあります。

例えばですが普段は冷たいにも関わらず、欲しいものや欲しいことが目の前にあると何としてでも手に入れるというような行動をしてしまったり、少しでも得をしたいというような感情もあるのではないかと思うのです。

基本的には自己中心的な考えをする人にも多い傾向があるのではないかと思います。

いわゆる子供が親に対して「欲しい!」とせがんで泣いているというような事もあると思いますが、これは欲求からくるものですよね。

強欲というのとはまた少し違うのではないかとも思います。

そんな強欲ですが、強欲な人も多くいますよね。

人というのは三大欲求などがありますが、その中でも違った欲求、この「強欲」というようなものがあるので、その様な人と関わる時には気をつけて行動をする人が大半なのではないかと思います。

例えば極力話さないというような人もいるかもしれませんし、相手の頼みごとに関しては一切何も聞かないというような事もあるのではないでしょうか?

強欲というのはなんとしてもという執念に近いようなものを感じ取ることもできますよね。

それが分かっているのと分かっていないというような事では対応も違ってくるのではないかと思います。

人というのは接してみないと分からないことが多いですが、基本的には適度に距離をとるというような方法も1つの対応策になってくるのです。

では今回はそんな強欲な人の特徴というものと、その人とどの様に接すれば良いのか、その対応策についてお話をしたいと思います。

皆さんはその様な人と喋る際にはどの様な対応をしていますか?その事も含めて詳しく見てみたいと思います。

強欲とは?

強欲というのはそもそもどの様な読み方をするのでしょうか?
よく強欲という言葉はゲームやマンガなどでも聞きますし、宗教的なもので聞くというような事もありますよね。

どこで知るというのは基本的にはこの3つのことから知ることが多いのではないかと思います。

パッと見た読み方では「きょうよく」と読んでしまう人もいるかもしれませんね。

強欲というのはその読み方を知らないと読めないものだとも思います。

子供の頃から知っているという人はどちらかというとゲームの影響が強いのではないかと思いますが、ではそんな強欲の読み方と意味について詳しく見てみたいと思います。

読み方「ごうよく」

読み方というのは「ごうよく」という読み方をします。

基本的にはこの読み方は意味などを知らないと読めないものでもあると思います。

どこで知るのかと言うと先ほども言ったようにマンガやゲーム、または宗教的なものでも聞くというような人がいるのではないかと思いますが、強欲の意味自体は知らないというような人もいたのではないかと思います。

漢字では「強い欲」と書いて「ごうよく」という風にも読むことができますよね。

言い方は少し特殊かもしれませんが、「強」という字を「ごう」と読むこともできますよね。

「強盗」などの読み方も「ごうとう」という風に読むことができます。

強いという漢字には「ごう」という読み方もあるという事を覚えておくようにしましょう。

意味

強欲というのは欲が深く、その事に関して欲張りな人という事でも知られています。

強欲な人という事は、言うのであれば欲張りな人という風に考えてもらって大丈夫です。

この強欲な人のイメージというのは基本的に損や得の感情が強く、お金持ちの人に多いイメージがあるのではないでしょうか?

何故なら何としてでも欲しいというような事は、お金でなければ物は買えないですよね。

またこの強欲な人というのは基本的に自分にとっての利益になるかを考えるような人も多いです。

欲求が強いという事は、今の自分に欲しいというようなイメージがあるのではないかと思います。

意味を考えるととても怖いものでもあるのですが、この様な人になってしまうと、取り返しのつかないことにもなってしまいます。

なので意味はよく理解をして使うようにしましょう。

非常に欲が深いこと、またそのさま

更に深く言うのであれば非常に欲が深いという事でもあるのです。

元々この言葉は宗教的なことでも聞いたことがあるというような人もいるかもしれないですよね。

非常に欲が深く、お金などがあれば何でも手に入るというような事も全てはこの強欲というような言葉から連想されるものだと思います。

非常に欲が深いというのは、どんな手段でも手に入れるというような意味でもあるので、少しマイナスなイメージもあるのではないかと思います。

裏を返せばその事に関しては何としてでも欲しい、自分に必要だというような事の表れにもなるのですが、人というのはそのお金などで無理に手に入れるというような事もあるので、中々怖いような意味でもあるのではないかと思うのです。

強欲な人の8個の特徴

ではそんな強欲な人の特徴というのはどの様なものがあるのでしょうか?例えばですが先ほども言っているようにお金に関するような特徴は持っているのではないかと思います。

例えば損得勘定が強いという人であったり、貪る気持ちというものが強いという人もいるかもしれません。

強欲な人と聞くとあまり良いイメージはないですよね。

友達にいるという人も少ないのではないかと思います。

何故なら強欲な人というのは基本的に自己中心的な人が多く、自分の利益だけを考えてしまうので、他人の人のことはどうでも良いという考えを持っている人が多いのです。

この様な特徴がある中でも接しないといけないというような環境もあるのではないかと思います。

その1つが仕事ですよね。

仕事でも強欲な人というのは多くいるのではないかと思います。

友達にはいなくても、仕事で一緒にする人にいるというような人もいるでしょう。

今回はそんな強欲な人の8個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

強欲な人のあるあるをいくつかお教えしたいと思います。

1.損得勘定が強い


損得勘定が強いということは自分にとってお金というものが大事であるという考えを持っている人ばかりです。

言うのであればお金が無ければ何も買えないというような考え方になります。

例えばですが恋愛というのはお金では買えないですよね。

しかしながらその財力などを魅せつけて異性を落とすというような人も中にはいるのではないかと思います。

基本的には損得勘定が強いというのは、自分にとって利益になるかどうかという考えしかしないという事になります。

よくお金を貸すけれども次は倍で返してね、というような事と似ているのではないでしょうか?損をするのか得をするのかというのは皆さんが考えるものですが、お互いが得をするというような考えをしないのも特徴的なのではないかと思います。

更に言うのであれば、自分自身でしか考えていないという事です。

自分の利益になるかを考える

自分の利益というのを第一に考えるので、その利益があるのであれば手段を選らばないというような人もいるのではないかと思います。

基本的に強欲というのはその事に対しての欲求ですが、全てが自分にとって良い物であるというのが前提になるのです。

他の人達がオススメする物でも自分はこれに拘りがあるというような考えの人もいますよね。

それに似ているようにも思えます。

自分の利益というのは簡単に言えば得だけをするという事になりますよね。

どんな人でもサービスというような言葉に弱いと思いますが、それは得をしている気分にもなるからです。

スーパーなどでも半額!というような商品を見るとつい買ってしまったりしますよね。

必要の無いものまでも買ってしまうというような事にもなるので、自分の利益になるかを考えるという事をしてしまう人が強欲な人であるという特徴もあるのです。

2.冷たい


冷たいというような特徴もあるでしょう。

強欲な人というのはどんな事でもお金で解決をしたり、強行手段を取ったりすることが多いです。

なので平和的ではなく、力で圧すというようなイメージが強いのではないかと思います。

力圧しというのは基本的に圧力をかけているという事になるので、どんな事でもそれで解決をしてしまうというような事が多いです。

なので性格は相手のことを考えずに自分だけの事を考えているので、基本的には他人に冷たいというような人が多いのではないかと思います。

友好的や親切心を見せたのであれば、それは本当にその様に思っているのではなく、何か裏があるというような人ばかりなのです。

自分の利益のために動くことを前提として考えているので、冷たいというような人にも注意が必要になります。

リスクがあることには見向きもしない

リスクがあることには見向きもしないという人もいるでしょう。

例えばですが見向きもしないというような事は何も見ないという事にも繋がりますよね。

リスクがあっても得をすることがあるとすれば、皆さんはどの様にしますか?その意見というのは様々だと思います。

しかしながら強欲な人というのはリスクがある得というものには一切に手をつけません。

この例というのはまさに競馬であったりパチンコなどが良い例でしょう。

お金を多く出せば当たると大もうけすることができますが、外れてしまうと大赤字にもなってしまいますよね。

リスクがあるような事は一切に見ないというのが強欲な人の特徴でもあるので、覚えておくと相手がどの様な人なのかを直ぐに判断をつけることができるのではないかと思います。

3.簡単に満足しない

簡単に満足しないというのもあるでしょう。

満足というのは人それぞれであり、それも個性の1つになりますよね。

仕事をやりきった後に満足をするのか、もっと自分はできる人だと思ってその力を伸ばそうとするのか、というような考えが出るのではないかと思います。

強欲な人というのはどちらかと言えば後者のタイプですが、それだけでは無いという事です。

言うのであれば簡単に満足をしないというのはその事に関して納得がいっていないという事に繋がりますよね。

よく「妥協をする」というような言葉を耳にしませんか?妥協というのは「これでいいだろう」と決めてしまうことですよね。

Aの商品とBの商品が似ているにも関わらず性能が全く違う際に妥協をして決めるというような事があるのではないかと思いますが、強欲な人の場合というのはそのどちらをも購入するというような事をしてしまうのです。

これには強い欲求の表れなのではないかとも思います。

貪る気持ちが強い

何よりも貪る気持ちが強いです。

例えばその商品に満足をするのではなく、更に上のものを欲しいと感じたり、飽きることの無いくらいにその事に対しての欲求があるというような意味もあるのです。

例えば「本を貪り読む」というような事になれば飽きることなく読むというような意味にもなるという事です。

本に対しての欲求が強いために飽きることなく読み続けるというような意味にもなりますよね。

貪る気持ちというのは誰でもあるものだと思いますが、強欲の強い人というのはその欲求がより一層強くなり、様々な行動にも出てしまうようになるのです。

4.無料を好む

少し意外なことかもしれませんが、無料を好むというような事もあるでしょう。

無料を好むというのは皆さんも同じかもしれないですよね。

例えば無料で食べれるというものであったり、無料で注文ができるというのはとても魅力のあるものだと思います。

また無料でもらえるというような言葉にも弱いのではないかと思うのです。

これは何故なら無料という言葉が基本的にはサービスに近いようなものに感じるからです。

普段はお金を払わないといけない、というのにも関わらず無料でできるのであればそれに惹かれてしまいますよね。

無料を好むというのは誰でもそうなのかもしれません。

しかしながら強欲な人も実は無料を好むことが多いのです。

それは自分にとって利益となるからなのです。

少しでも得をしたい

少しでも得をしたいというような気持ちから無料を好む人というのは多いのではないかと思います。

もちろん強欲な人も同じ人間なので、当然のことながら少しでも利益のある物を手に入れたいと思うはずです。

これは誰でも同じように思うことが多いのではないでしょうか?

少しでも得をすることができるのであればこれを買うというような事もあるかもしれないですよね。

無料が特に好きだという人はもう1つの特徴として、あまりお金を持っていないので貧乏性なところがあるというのもあるでしょう。

お金があるにも関わらずつい無料につられてしまうというような人もいるのではないでしょうか?

その様な人達も、もしかすると強欲な人へと変わってしまう可能性もあるかもしれませんよ?

5.悪気がない

強欲な人の特徴の中には悪気が無いというような事もあるのです。

これはどの様なことかと言うと基本的に悪気が無いというのは、相手のことを気にしていないという事になりますよね。

悪いと思っていないという事になります。

相手に失礼なことをしたけれど言葉では「ごめんなさい」と言っても内心では全く何も思っていないというような人もいるのです。

基本的にこの様な人というのは周りからの信頼などもなく、悪気が常に無いというような雰囲気を出すような人も多いですよね。

言うのであれば「お客様は神様だから何をしても良い」というような考えを持つ人だという事です。

ニュースでも話題になりましたが、店員だからと言っても同じ「人」には変わりないですよね。

しかしながらこの様なことをしてしまうというような人も多くいるのです。

考え直すというような事が大事になりますが、小さい頃からこの様なものは性格として表れるので、中々変えることができないのではないかとも思います。

周囲のことがあまり気にならない

周囲のことがあまり気にならないというような人もいるでしょう。

周囲のことを気にするというような人は、基本的には相手のことを思い遣れる人であったり、空気を読めるような人だとも思います。

しかしながら全く興味がなく自分は自分だと仕事の時に思ったりするような人は基本的には周りに意欲というものが一切無いという事になりますよね。

周囲のことを気にせずに好き勝手にしてしまうというような人も中にはいると思いますが、まさにその様な人が強欲な人へと変わっていってしまうのです。

6.恥じらいがない

恥じらいというものが無いというのも特徴の1つでしょう。

自分自身のことしか考えていないという人は行動なども大胆に行うことができてしまうのです。

自信があるというような事ではなく、自分は正しいことをしていると思っているような人達ばかりなのではないかと思います。

恥じらいというのは基本的には誰にでも経験というものがありますが、恥じらいが一切無いというような人は基本的にプライドの高い人達にも多い傾向があるのではないかと思います。

自尊心が強い

これはいわゆる自尊心が強いという事にも繋がるのです。

言うのであれば人というのは時には自分のことを考えたり、相手のことを思いやるというような事をしますが、強欲な人というのは相手のことを考えないという事になりますよね。

これは簡単に言えば、先ほどから言っている自己中心的な考えという事になり、自分が良ければ全てよしというような考えをしているのです。

自尊心がその際に強いと、自分が正しいと思い込んでしまったり、また他からプライドを傷つけられないように行動をしたりすることが多いのです。

よく自尊心が強い人の中には自分が全て正しい!というような行動を取ったりして時にはニュースにもなったりすると思いますが、自分の行動が世間からは外れているというような自覚を持っていないからなのではないかとも思います。

自尊心が強いというのは自信にも変わるかもしれませんが、過度なものは行動をする際には控えるようにしましょう。

やっても良いことと悪いことの境をしっかりとつけるようにすることが大事になります。

7.自己中心的

強欲な人に多い特徴として先ほどから言っているように自己中心的な考えをする人が多いのです。

これは今までの特徴を全て含めたものという事になりますよね。

自分の利益でしか見ていない、危ないことには手を出さないというのは皆さんも同じかもしれませんが、相手のことを考えていないというような事でもないですよね。

思いやりをすることができる家族などがいたりするのではないかと思います。

しかしながら強欲な人というのはその物のためならば家族をも利用してしまうというような人なのです。

8.プライドが高い

プライドが高いというのも代表的な特徴でしょう。

特に否定などをされたり、自分が思い通りに行かないというような事になるとどうしても怒ってしまい強行手段に出るというような人もいるのではないかと思います。

その例がマンガやドラマなどであるお金で人を釣るというような事です。

基本的にお金で目をくらませ、相手にお願いをしたりするというような描写がいくつもあると思いますが、まさにプライドが高くないとその様なことができないのではないかと思うのです。

権力というような言葉もよく使うかもしれませんよね。

プライドが高い人というのは基本的に相手のことを何とも思っていないので、好き放題にしてしまうというような人も多いのです。

強欲な人への対応法

ではそんな強欲な人への対応の方法というものはどのようなものがあると思いますか?例えばですが一番は頼みを簡単に引き受けないという事です。

相手からのお願いというのも断るように行動をすることが大切になります。

また適度に距離をとるというのも1つあるでしょう。

強欲な人というのは何がなんでも自分の物にしてしまうような傾向があるので、それは物であれ人であれ同じことなのです。

他にも様々な方法があるのですが、詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどんな対応をしていますか?仮に友人がこの様な人であれば、どの様に解決をしていきますか?

1.頼みを簡単に引き受けない

頼みを簡単に引き受けないというような事もあるでしょう。

言うのであれば強欲な人はどんな事を使ってでもその物を手に入れようとします。

そこで他の友人に頼むというような事もしたり、人を使うというような事をしてしまうのです。

そこで頼みを簡単に引き受けないようにすることで、相手の行動を抑えることができますよね。

すべては断らない

ここで大事なことは友人に全ての頼みごとを引き受けないというような状態にしてしまうと友達という関係が崩れてしまいますよね。

そこで全てを断らないようにするという事が大切です。

よくあるのが出席を変わりに書いておいてくれというような事です。

大学生の頃によくあったという人もいるかもしれませんが、授業に出席をしている程で出ていない人の分も書くというような事があるのではないかと思います。

それは相手のためにはならないですよね。

自分ですることを他人に頼むというような事は、強欲のためであっても、この様なことであってもしてはいけない事です。

何回かに1回は断るなど、工夫を

何回かに1回は断るというような工夫をしていき、少しずつに相手に理解をさせるというような方法もあります。

対応としては最初は受けてその後に断り、どんどん相手が自分で動くような人にさせるというような事もできるのではないかと思います。

この方法というのは時には相手から嫌に思われるかもしれませんが、その方が相手のためを思って行動をしているのではないかとも思うのです。

2.自分の意見をはっきり伝える

自分の意見をはっきり伝えるというような事も大事になります。

強欲な人は全てをほしがるために人を利用したりしますが、自分はこうだからいけない!というような事をはっきりと伝えることも大事になります。

それが友達であっても伝えなければ、それはただつるんでいるだけという事になってしまうのです。

友達であれば相手のいけないところを指摘して当然であり、そこで仲が悪くなるのであればそこまでという事になるのではないでしょうか?自分の意見というのは必ずあると思います。

それをはっきりと相手に伝えることが大事になるのです。

思い通りになると思わせないために

思い通りになると思わせないためにする事が何よりも大事になるでしょう。

例えばですがそれは私が買う!というような事になれば、相手は何としてでもそれをほしがりますよね。

手にとっていればそのままレジに持って行くこともできます。

しかしながら相手は何らかの条件でどんな事をしてでも手に入れようと行動に移すのではないかと思うのです。

そこで、相手の不意をつくことが大事になります。

言うのであれば思い通りにさせないというような事が一番重要になるのです。

3.適度に距離をとる

関わりたくないというような人もいるでしょう。

そんな時は適度に距離をとることをオススメします。

対応としては、まず話しかけられないような態度でいるという事や、相手に素直に伝えるというような事も良いでしょう。

「苦手だから」という事や「いけない事だから」ということを素直に言うことで相手もどんどん罪悪感を感じたりするのではないかと思います。

4.気持ちの余裕を教えてあげる

気持ちの余裕を教えてあげるというような事もあると思います。

気持ちの余裕というのは簡単に言えば「大丈夫だよ、またの機会にしよう」というようなことを教えてあげることが大事になるのです。

強欲な人は「今直ぐにでも」というような感情を持っているので、何としてでも行動を起こしたりするのです。

しかしながらそれは今でなくても、また今度にするという事でその気持ちを抑えることができるようになります。

気持ちの余裕というのは「今」ではなく「今度」という風にすることで相手も理解をしてくれる可能性が高くなるのです。

5.所有することがすべてじゃない

所有することがすべてではないという事も大事になるでしょう。

よくあるのが恋人同士の恋愛で、相手のプライバシーをどこまで知るのかという点です。

これは強欲なものと少し似ているようにも思えます。

相手の全部を知りたいと思い、SNSなどの内容を見るというのはNGですよね。

しかしながらその欲が抑えれないというような人もいるかもしれません。

しかし、それが全てではないですよね。

相手のことを信頼して行動をするからこそ、人というのは恋などをし恋愛をするのではないかと思います。

所有することが全てではないので、まずはその事を相手に伝える必要もあるでしょう。

心の充実が大事(まとめ)

いかがでしたか?強欲な人というのは基本的には心に余裕が無いというような人が多いのです。

常にプライドも高く、リスクを避けていますが、心が充実していないという事になります。

大事なのは心をいかに充実させて生活をすることができるのかというところです。

皆さんはどの様に生活をしていますか?心の余裕というものはいつの間にか無くなっているというような事も多く、時には人を怒らせたり悲しませたりしていくようなものなのです。

強欲もそれと似ているのではないかと思います。

お金があるからこそ全てを手にいれようとする、何としてでも欲しいものを手に入れるというような事があるかもしれません。

しかしながらそれだけでは欲しい物というのは手に入れることができないですよね。

例えば好きな感情というのはお金では買えないもので、相手の愛というのも同じようなことが言えるのではないかと思います。

何よりも生活をしていく上で大事なのは相手を思い遣る気持ちであり、その次に自分のことを考えるという風になるのではないでしょうか?