誰にでも、癖と言うものはあります。

その癖は人によって様々なものがあります。

口癖と呼ばれるようい、言葉に癖がある人も居れば行動に癖が出る人も居ます。

『癖』と呼ばれる類のものは、自分で意識して行っている物ではありません。

大抵の場合、無意識に行ています。

この無意識にしている事が、癖の厄介なところなのです。

自分で意識して行動しているものなのであればいざとなれば止める事ができます。

言葉の癖も行動の癖も、自分の気持ち次第でしょう。

けれど、癖は頭で考えて行っているわけではありません。

気が付いたら出てしまっているのです。

だからこそ、自分で辞めいと思ってもなかなか止める事が出来ないのです。

癖の中には、他人から見られると恥ずかしいものも多々あります。

その一つが指しゃぶりです。

指しゃぶりは、赤ちゃんの頃にしている人が多い事でしょう。

おしゃぶりの代わりに指しゃぶりをしているものであり。

1.2歳までしている人は割と多いでしょう。

ですが、それを大人になってもしているからこそ問題なのです。

大人になっても指しゃぶりをしている人は、間違いなく周りの人から指摘されてしまう事でしょう。

きっと両親からもやめなさと言われたはずです。

けれど止める事が出来ない人は、それだけ強く癖になってしまっているのでしょう。

だからこそ、自分の力だけでは止める事が出来なくなってしまっているのかもしれません。

そこで今回は、大人になってもなお指しゃぶりを止める事が出来ない大人の理由について考えタイと思います。

大人になっても指しゃぶりをする5個の理由

小さな子供の指しゃぶりはかわいいものです。

歯並びや虫歯の問題があり、最近は小さなうちから指しゃぶりをなおされてしまう子も多くなってると言われてはいますが、それでも不意にしている姿を見る事によって心が癒されたりすることもあるでしょう。

ですが、それはあくまでも子供の場合です。

それを大人がやっていたらどうでしょうか。

間違いなく話題になってしまう事でしょう。

大人になってからもなお指しゃぶりをする人は、何か問題があるはずです。

その理由を改善する事が出来なければ、いつまでたってもその癖を改善する事は出来ないでしょう。

指しゃぶりの癖はとても目立ちます。

無意識に出てしまう癖だからこそ、どこでしてしまうか分からず他人にも目撃されてしまう可能性もあります。

指をしゃぶっている姿を見られてしまえば、他の人からからかわれてしまう事もあるかもしれません。

一度ついたイメージはなかなか改善する事が出来ないので、自分にとってもつらい時代の思い出となってしまう可能性も大いにあります。

だからこそ、そうなってしまわないようにする為にも理由を知る事はとても大切です。

ご紹介する理由は、あくまでも統計の結果であり必ず霜当てはまるというものではありません。

しかし、その原因を少しでも知る事によって見えてくる事もあるかもしれません。

指しゃぶりを止める事が出来ない人は、自分の気持ちにあてはめながら考えてみてはいかがでしょうか。

1.愛情不足だから

指しゃぶりの原因として、一番多く出てくる理由が愛情不足です。

愛情が足りていないからこそ、おっパイの代わりになる指を吸ってしまうのです。

これは基本的に、幼児が指しゃぶりを頻繁にする理由として考えられています。

ですが、その癖が抜けずに大人になてしまう人も居ます。

それが大人になってもなお、指しゃぶりを止める事が出来ない人の特徴なのでしょう。

そういった人の場合、親からの愛情を期待したところで満たされる結果を得る事は出来ないでしょう。

それよりも、自分の家族を作りその中で愛情を感じる事によって愛情不足だと感じていたここをを満たす事が出来るかもしれません。

愛情不足は、心に様々な問題を発生させます。

それが結果として、指しゃぶりという少々問題ありの行動につながってしまっているのかもしれません。

指しゃぶりをする、全ての人が愛情不足だとは言いませんが、そういった原因もあるという事を頭の中に入れておく事によって気持ちにも変化を感じる事が出来るかもしれません。

気持ちを安定させる

愛情不足の場合、心の中が満たされず寂しさを沢山抱えている場合が殆どです。

だからこそ、その満たされない気持ちをどうにかしたいという思いから指しゃぶりをしてしまうのかもしれません。

指しゃぶりをすることで、昔から気持ちを落ち着けいた人は、大人になってからその方法を急に変更する事などできません。

だからこそ、つい指しゃぶりをして気持ちを落ち着かせてしまうのでしょう。

どんなに強く見える人も、時には心が疲れてしまう事があります。

自分の力ではなかなか立ち上がる事が出来ないという事もあるでしょう。

そんな時、精神安定剤として指しゃぶりを行ってしまうのです。

気持ちを安定させ、落ち着かせる事も大切な事でしょう。

ですが、いつまでも指しゃぶりに頼る事は出来ません。

職場などでその姿を見られてしまえば、周りの人からの印象も大きく変わってしまう事でしょう。

相手からおかしなイメージをもたれないようにする為にも、指しゃぶり以外の安定方法を検討する事をおすすめいたします。

2.人に甘えられないから


子どものころは、素直に他人に甘える事が出来たでしょう。

しかし、大人になるとなかなかそうもいかなくなてってしまいます。

他人に頼ったり甘えたりする事が難しくなってしまうのです。

そんな心の不安が出てくると、ついつい指しゃぶりをしてしまうケースがあります。

自分の心を癒す為に無意識にしてしまう行為なのでしょう。

他人に甘える事が出来ない事が精神的なストレスとなっている事はわかります。

ですが、それを指しゃぶりという形でケアしてしまうと、結局別の意味での問題を発生させる事になってしまうでしょう。

他人から指摘されてしまう場合もあり、そのせいで嫌な思いをする事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、自分が甘える事が苦手だと感じている人は他人に頼る事を意識的にやっていきましょう。

そうする事によって、見えてくる事もあるはずです。

最初はうまく甘える事が出来なかったとしても、少しづつ相手の反応を見ながら自分の気持ちをアピールしてみてはいかがでしょうか。

プライドが高い

プライドの高さは、時として邪魔になる事があります。

自分を強く持つ事が出来ればそれはそれでいい部分と言えますが、中にはそのプライドが邪魔をして他人に頼る事が出来なくなってしまったり他人の意見を聞き入れる事が出来なくなってしまう事もあるからです。

大人になり、立場が出来れば出来るほどプライドは高くなってしまうものです。

その結果、自分の周りの人を信用する事が出来なくなり一人で頑張るしかないという状況になってしまうのです。

自分で頑張る事が出来れば問題ありませんが、人間一人が解決できる事などたかが知れています。

そんな中で、自分の思った事をする事が出来ない状況に壁を感じて思わず指しゃぶりをしてしまうのかもしれません。

3.ストレスが溜まっているから


ストレスを溜めていい事など何一つありません。

精神的にも身体的にも辛いと感じるケースが多く、出来るだけ解消する事を目的に行動する事をお勧めします。

ストレスを感じたときには、早急に行動しましょう。

とはいえ、今の時代ストレスを全く感じることなく生きる事などできないでしょう。

きっと多くの人が何らかのストレスを抱えて生活しているはずです。

他人からみればお気楽に生活しているように見える人でさえ、何らかのストレスを感じ取っているはずなのです。

だからこそ、ストレスを感じずに生活する事は出来ません。

出来るだけストレスを感じないように心を鈍感にしたり、自に合ったストレス解消方法を探す以外に方法はないでしょう。

それをうまくできなかった場合、つい心の安定のために指しゃぶりをしてしまうケースがあります。

幼いころから指しゃぶりをしていた人の場合、指しゃぶりをする事が一つの精神安定剤となっています。

その為、自分でも意識しない状態の中で知らず知らずのうちに指しゃぶりをしてしまっているのです。

それによって心が落ち着くのであればいいような気もしますが、いい大人がいきなり指しゃぶりをはじめれば周りの人は困惑してしまう事でしょう。

更に部下などいれば、その威厳は丸つぶれです。

自分でストレスを感じた際に指しゃぶりをしてしまっていると意識している方は、何かほかの解決方法を探す事をお勧めします。

ストレス解消の1つになっている

ストレスを感じた人が指しゃぶりをしてしまうのは、そうする事によってストレスを解消する事が出来ているからなのでしょう。

ストレスが貯まると、人は心身ともにバランスを崩します。

病気になってしまう事だってあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為に、自分自身の心を守っているのです。

ですが、年齢と共に指しゃぶりでのストレス発散には問題が出てきます。

いくらそれでストレスを解消し不安を軽減させる事が出来たとしても、また別の問題が発生してしまう事でしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも指しゃぶりを止めるように意識していく事が必要です。

無理にやめてしまえば、ストレスは溜まる一方です。

そうならないようにする為にもほかの方法でストレスを解消する事を目指してみてはいかがでしょうか。

4.安心するから

指しゃぶりをする多くの人が、子供の頃からすでに癖になっているというケースが殆どです。

子供のころに癖を止める事が出来なかったからこそ大人になってもなお指しゃぶりを止める事が出来ないのです。

大人になったら自然と止める事が出来ると思っている方も、あまりにも長い期間指しゃぶりをしていると止める事が出来なくなってしまうので注意が必要です。

指しゃぶりをする最大の理由は安心するからなのでしょう。

子供の頃からずっとそれで安心してきたからこそ、今さらやめろと言われてもやめる事が出来ないのかもしれません。

そうなってしまうほど指しゃぶりに依存してしまうと、その後なかなか止める事は出来ません。

だからこそ、指しゃぶりは早いうちに止めるに越したことはありません。

小さな子供ならまだいいかと思っていても、いつのまにかあっという間にその癖は取る事が出来なくなってしまいます。

そうなってしまわないためにも、極力早めに終えるようにすることをおすすめいたします。

心の安定を図っている

今の時代、ストレスを感じる事もあるでしょう。

日々の暮らしに心が疲れてしまい、立ち上る事が出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

そんな時も、心の安定を測るために指しゃぶりが必要な場合もあります。

自分の心を守るためにも、指しゃぶりを行っているのでしょう。

けれど、それを心の安定材料にしていると、いつまで経っても指しゃぶりを改善する事が出来ません。

指しゃぶりも、小さい頃にしている分にはほかの人にとやかく言われる事も無いでしょう。

ですが、大人になれば必ず周りの人から何かしらの意見を言われるようになります。

冷やかされたり、かわかわれたりする事だってあるかもしれません。

だからこそ、そうなってしまう前に他の事で心の安定を測る事をおすすめします。

5.癖になっているから

大人になても指しゃぶりをしている人の中で、そのままでいいと思っている人はそう多くはないでしょう。

きっと多くの人が、止めたいと思っているはずです。

けれどそれをする事が出来ない理由はなんなのか。

それは、癖になってしまっているからです。

一度癖になってしまったことは、そう簡単に改善する事は出来ません。

意識して行う行為とは違い、無意識に行っている行為だからこそたちが悪いのです。

つい気を抜いてしまうとついついしてしまう。

そういう類のものが癖なのです。

指しゃぶりの場合、手はいつでもそばにあります。

だからこそ、一度癖になってしまうとなおす事が難しいといわれています。

しかし、年代が上がるにつれてこのままで良いと思っている人は格段に少なくなる事でしょう。

やめたくてもやめられない

一度癖になってしまった行為は、そう簡単になおす事はできません。

自分では改善したいと思っているのにも関わらず結果的に続けてしまうのです。

だからこそ、なおす事が出来ずにその行為にくるしめられる事になってしまいます。

それは、どんな癖も同じです。

口癖など、他人からあまり指摘されないような癖はなおす事が出来なかったとしてもさほど大きな問題にはならないのかもしれません。

けれど指しゃぶりのように、明らかにおかしな癖は他人がみてすぐに気が付く事が出来る癖となってしまいます。

そのせいで自分自身が嫌な思いをするかのせいもあります。

他人から何か言われた事によって、辞めたいと思う人も多くいる事でしょう。

けれど止める事が出来ないからこそ、癖に対して大きな悩みを持っているのです。

癖を改善する為にも、その原因を改善するだけではなく、それに代わる何かを身に着ける事が大切なのかもしれません。

指しゃぶりを辞める8個の方法

それではここからは、指しゃぶりを止めるための方法についてご紹介させていただきます。

自分の行動だけではなく、他人の気持ちを理解する為にもどういった行動が効果的なのかという事を頭の中に入れておいてください。

1.ストレスを溜めない

ストレスを感じたときに、指しゃぶりをしてしまうのであればストレスを溜めないようにする事が一番の方法です。

けれど、このご時世、ストレスを貯めないようにすることはそう簡単な事ではありません。

だからこそ、ストレスを感じてしまったときはそれを改善できる方法を自分の中に作っておく事が大切です。

方法はどんな方法であってもかまいません。

自分がリラックスする事が出来る方法を探してみてください。

ストレスを上手に解消する方法を身に着ける事が出来れば、自分の中で何かが変わるかもしれません。

毎日をより楽しく過ごす事が出来る事もあります。

指しゃぶりをすると落ち着く

指しゃぶりをする理由には、心が落ち着くというものがあります。

だからこそ、心が落ち着く方法を他の方法で実践する事が大切なのです。

指しゃぶりをすることで自分の気持ちが解消していると感じる人は、それ以外で何か見つけるように努力しましょう。

無為しいに出てしまっている行為だからこそ、指しゃぶりを止める事はそう簡単な事ではありません。

けれど、代わりを見つける事が無ければいつまでもその状態を改善する事はできません。

しょうしょう面倒だと感じる事もあるかもしれませんが、自分の癖を改善するようにする為にも前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

2.爪にセルフネイルをする

セルフネイルとは、自分でするネイルの事です。

セルフでネイルをする事によって爪を綺麗に保つ事が出来るようになります。

結果的にその爪を保ちたいと思い、指しゃぶりをしなくなるのです。

ただ色を塗るだけでは、まだまだ改善する事が出来ないという人は飾りなどを付けてみるのも効果的です。

無意識に口に入れた場合でも、その飾りの違和感によって口に入れている事に自分自信が気が付く事になるからです。

臭いのあるマニキュアで指しゃぶりを防ぐ

子どもの指しゃぶりを改善させる方法の中にも、爪に何かを塗って改善させるというものがあります大人の場合は、臭いにおいにしてしまうというのも一つの方法です。

ある意味では究極の方法と言えるでしょう。

無意識に口に入れてしまった場合でも、臭いと感じれば必ず口から出す事でしょう。

臭いものを口の中に入れる人は、なかなか見たことがありません。

そんなリスクを感じてまで指しゃぶりをする人は、きっと改善する気が無いのです。

そうでなければそうまでして指しゃぶりをする事などないでしょう。

自分の行動を意識する事が、癖を改善する為には必要なほうほうです。

3.バイターストップを使用する

バイターストップとは、子供向けに作られた指しゃぶりを解消させるための商品です。

見た目はマニキュアのようなものであり、それを爪に塗る事によって指しゃぶりをすると苦味を感じるようになるというものです。

これはあまりにも幼い子供には効果が少ないようです。

きちんと物事を理解しており、指しゃぶりを改善した方がいいと思っている人ほど効果があります。

無意識に口に入れている手の存在をこの薬を使用する事によって意識する事が出来るのです。

その都度自分のなかで注意する事が出来れば、指しゃぶりの癖も自然と軽減されていく事でしょう。

バイターストップは、赤ちゃん用品を取り扱うお店で販売されているほか、インターネットなどでも利用する事ができます。

その為、興味を持った方は一度購入してみてはいかがでしょうか。

指しゃぶりや爪噛みに効果がある

バイターストップは、指しゃぶりだけに効果があるものではありません。

爪噛みなど幅広いものに効果があるといわれています。

自分で意識いして行っているものではなく、癖になってしまているという考えからすれば、爪噛みも指しゃぶりも似たようなものです。

それぞれの原因を理解して、改善するように努力する事も大切ですが、まずは一刻も早くその癖を改善する事も必要でしょう。

だからこそ、こいった製品を使用してみる事もおすすめの方法の一つです。

4.まずは代用してみる

指しゃぶりをどうしても止める事が出来ない場合、まずはほかのものに代用してみてはいかがでしょうか。

というのも、指はいつでもどこでも自分のそばにあります。

だからこそ、しようと思えばいつでも指しゃぶりをする事が出来てしまうのです。

それを何かに代用する事によって、執着心を他のものに移す事が出来るようになります。

指の代わりが出来たのであれば、後はその代用品を少しづつ遠いところに移動する事によって気が付くと、依存を克服する事が出来ているかもしれません。

タオルやぬいぐるみがオススメ

指しゃぶりをする大きな理由の一つは、精神安定剤です。

疲れれば疲れるほど、この精神安定剤を手放す事が出来なくなってしまうのです。

けれどそれでは、指さしゃぶりをなおす事が出来なくなってしまいます。

ですから、指しゃぶりによって心を安定させている人は何か他の代用日を探しそれを大事にすることによって、今の指に対する依存度を下げる事が出来るのではないでしょうか。

指しゃぶりをしているよりは、タオルやぬいぐるみに移行した方が、まだ他人からいろいろ言われる事も無いでしょう。

その為にも、出来るだけ早めに依存先を変えてあげる事も大切です。

一度ものに依存を移す事が出来れば後は段々とそれから離れる行動をしていけばいいのです。

5.指に絆創膏を貼る

指しゃぶりは無意識に行っているケースが殆どです。

だからこそその際に、自分が口に居れようとしている事に気が付けばいいのです。

一番お勧めの方法は、指に絆創膏を貼ってしまう事です。

すっかり忘れて思わず指が口に入っていこうとする場合にも、絆創膏がある事によってその違和感に瞬時に気が付く事が出来るようになるでしょう。

絆創膏が口の中に入る事くを嫌がらない人などそういません。

時間がたった絆創膏ほど気持ちの悪いものでは無いにです。

だからこそ、例え無意識で口の中に入れてしまったとしても改善する事が出来るのではないでしょうか。

6.手袋をする

この場合、あまり大きいサイズのものは意味がありません。

より効果を期待するのであればぴったりとしたサイズの手袋を選ぶ事が大切です。

ピッタリとしたものを選ぶ事によって、手袋が急にとれてしまったり切れている事への罪悪感をなくすばかりではなく、周りの人から手袋を目立たせないようにするという方法にも一役役立ちそうです。

7.気持ちで辞める

指しゃぶりがどうしてもやめたいと思う人は、気持ちで辞める事が一番です。

人まで指しゃぶりをする事が無いのでれば、それは無意識のうちに自分の心にストップをかけているのでしょう。

だからこそ、外では指しゃぶりをしないからこそその癖が周りにしらてていないという人も居ます。

けれど、いくら上手に隠したところでバレル時はバレテしまいます。

上手に隠すことが出来ていれば出来ているほど、後から舞わrの人に知られることとなりとてつもなく恥ずかし結果となる事でしょう。

少しでもそんな思いをしたくないのであれば、真剣に止める事をけ検討してみてましょう。

周りがどんな言葉をかけようとも、本人にやる気がないのであればそれまでです。

どうする事も出来ないでしょう反対に、自分の心の中で強い気持ちがある人は比較的効率よく癖を改善する事が出来るようになります。

癖を改善する事は、そう簡単な事ではありません。

だからこそ、まず心を落ち着かせる事が何よりも重要であり強い意志を持って行動していきましょう。

絶対にしてはいけない。

恥ずかしい事だ。

そんな風に考える事も必要ではありますが、自分を追い込む事によってよりつらい気持ちになってしまう事もあります。

ほかに楽しい事を探すなど、気分を変える事を意識する事をお勧めします。

8.気分転換する

ストレスがたまってしまうと、どうしても心をおちつかせようと指しゃぶりをしてしまうでしょう。

そうする事によって癖はどんどん依存となっていきます。

そこまでなってしまった後は、なかなか改善する事が難しく自分の心のバランスを整えるためにも指しゃぶりがなくてはならないものになってしまうはずです。

そうなってしまうと、そのあとなかなか行動する事が出来なくなってしまいます。

だからこそ、そうなる前に自分の気持ちをかえる事が必要です。

『気分転換』と言ってしまえば簡単な事ですが、何かほかに自分の気持ちをかえる事が出来る方法を考えてみてください。

そうする事によって、前向きに行動したりする事が出来るようになるかもしれません。

気分転換の方法は人によってまちまちです。

だからこそ、自分が良いと思った方法を実践するように心がけていきましょう。

どんな方法であれ、自分が楽しい気持ちになる事が出来るのであればそれが一番の方法です。

9.恋人と一緒に寝る

恋人にはかっこいい姿・素敵な姿を見せたいものです。

だからこそ、指しゃぶりを無意識にしないように心がける事が出来るようになります。

無防備な寝姿の時でさえ、隣に人が居ると意識してなかなか行動にうつす事が出来なくなる事もあるでしょう。

意識する時間が長ければ長いほど自然と指しゃぶりをする事が少なくなるはずです。

自分行動を意識し、出来るだけ指しゃぶりをする時間を短くしていきましょう。

そうする事によって、癖を改善する事が出来るようになるはずです。

10.心療内科を受診する

どんな方法を試してみても、効果を感じる事が出来ないという人の中には、精神的に何か問題がある場合もあります。

指しゃぶりという行為を通じて自分の心のバランスを取る事は良くある事でsが、それが大人になっても続くというのは少々レアと言えるでしょう。

だからこそ、自分の力ではどうする事も出来ない場合もあります。

あまり自分で無理しすぎてしまうと、自分の心を壊してしまう恐れもあります。

だからこそ、そうならないようにする為には他人の力を借りる事も重要です。

心療内科を受診する事に抵抗を感じる人も居るかもしれません。

自分は病気ではないのに、病人扱いされたとして怒る人もいるほどです。

けれど、心療内科はおかしなところではありません。

今の時代、患者数が最も伸びている医療機関なのではないでしょうか。

病院に行く事は恥ずかしい事ではありません。

どうしても指しゃぶりを止める事が出来ないかたは、そういった方法を検討してみるのも一つの方法でしょう。

まとめ

癖は、誰にでもあるものです。

だからこそ、癖があるからといって何か特別おかしいかと聞かれればそんな事がありません。

癖が無い人の方が珍しく、世の中に居る人々は何かしらの癖を持っているはずですから。

とはいえ、癖の中にもいろいろな種類があります。

他人からみてあまり分からないものもあれば、明らかに目立つ癖もあるでしょう。

明らかに目立つ癖の場合、他人からしてくされて嫌な思いをす場合もあります。

その一つが指しゃぶりです。

ある程度の年齢のひとが、いきなり指しゃぶりを始めたらどうでしょうか。

多くの人が驚くに違いありません。

恋人や仕事仲間がしだしたら、きっと引いてしまう事でしょう。

だからこそ、そんな癖を直したいと思う人も多々います。

けれどそう簡単になおす事が出来ないからこそ、癖なのです。

一度癖になってしまったものは、そう簡単に直す事はできません。

それでも何の努力もしなければ、ずっと治す事はできないでしょう。

だからこそ、少しでも状況を改善する事が出来るように、自分の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

もし改善する事が出来るポイントがあるのであれば、積極的に挑戦してみましょう。

どんな方法が効果を発揮するかはわかりません。

自分にあった方法を探してみてはいかがでしょうか。