CoCoSiA(ココシア)

両想いになる方法!男が恋したときにやるべき8個のこと


女心と長らく戦ってきている男性の皆さん。

いつになっても女性の頭のなかっていまいちつかめないですよね。

大丈夫です。

彼女がいる男性や妻以外る男性でさえも相手一人の女性ですら何を考えてどうやったら怒るのかということが分からないのです。

ましてや、自分が恋している女性の頭の中なんて分かるわけがありません。

よく女性は複雑だと言われますが、実は女性は複雑であるとともに非常に単純な生き物でもあるのです。

女性がどのようなことで喜ぶか、どのようなことで傷つくかはだいたい同じようなパターンで決まっています。

男性にとって女心が難しいのは、男性とは全く違う考え方をするからであって、一度理解してしまうとあとはもう手に入れるだけです。

さて、今回はそんな恋をしてしまった悩める男性の皆さんへ向けて、両想いになる方法を一挙大公開しちゃいますよ~!

恋は振り向いてもらえるのを待つだけでは絶対に実りません!

しかし、努力さえすればきっと手に入れることだって不可能ではないのです。

大好きなあの子をゲットするために、しっかり戦法を頭に入れていざ出陣です!

まずはポジティブに考えることが大事

両想いになるためのあらゆる作戦を実行する前に、まずはポジティブに考えることを心掛けるようにしてください。

今の恋に対して、絶対に無理ではない、自分のものにするんだという感情を常に持って行動するようにしましょう。

ネガティブな空気を出している男性に女性は寄ってきません。

暗い雰囲気でいつも自身がなさそうな女性と付き合いたいとは思いませんよね。

それと同じことです。

常に少しの自信と謙虚さがある男性が好かれるのです。

まずは、ポジティブシンキング、悩むのはもし振られてしまった場合だけにしましょう!

前向きに考えることで行動しやすくなる

前向きにポジティブな考え方を持っていることで、相手の女性へアタックしやすくなります。

また、アプローチだけではなく、自分自身を変えていくうえでも、「自分はこうするべきなんだ」「自分はこうしたらよくなる」という自信をもつことで、違和感なく恋の作戦を実行することが出来ます。

迷いながら決断したり後ろ向きな態度で挑むと、成功するものも失敗してしまいます。

自分自身で自分を上手く演じるためにも、自分がやっていることに対してしっかりと自信を持つようにしましょう。

前向きな態度はその表情や話し方にも表れますし、反対にネガティブな心も知らないうちに相手に伝わってしまいます。

心から前向きでいること、これがまず一番大切なことです。

男性が恋したときにやるべき8個のこと

女性が恋したときに相手の男性と付き合える可能性というのは、5割~8割程度もあると言われています。

女性から男性に告白するということ自体あまりないことで、男性はどんな女性から告白されても一度はオッケーしてみるというスタンスの人が多いのです。

一方、男性から女性に告白して成功する確率はわずか3割ほど、いやもっと低いかもしれません。

女性は付き合うという行為に対して、非常に大きいイベントだと感じています。

そして、男性から女性に告白する比率が大きいことからも、他に彼氏を作るチャンスがたくさんあるということなのです。

そんな悲しい現実の中を勝ち進むには、ちゃんとした恋愛成就プランを練る必要があります。

逆に言えば、女性を落とす手段はある程度パターン化できるということです。

そこにあなたの愛情が加われば、きっと相手の女性も振り向いてくれるはずです!

これからご紹介する「男性が恋したときにやるべき8個のこと」をしっかりと身に付けてくださいね!

1.聞き上手になる


女性という生き物は基本的に自分の話や他人のことなど、とにかく話を聞いてほしい人が多いです。

自分が今日何があった、こういうことがしたい、嫌なことがあったなど全部聞いてくれる人が近くに居てほしいと思っています。

また、自分が興味のあることや人の話、たまにはちょっとした愚痴でさえも聞いてくれる人を求めています。

だからこそ、女子会が成り立つのですね。

そんな女性のために、まずは聞き上手になってあげましょう。

相手があまりしゃべらない女性だとしても、聞き上手でいることはマイナスにはなりません。

むしろ、あなたが唯一の話し相手になれる可能性もあるので、この上ないチャンスと言えるでしょう。

いいタイミングで相槌をいれるのを忘れずに

聞き上手になるには、いいタイミングで相手の話に相槌を入れるのを忘れないようにしましょう。

相槌を入れることで、相手もこの人は話をちゃんと聞いてくれていると思い、楽しく話すことが出来るのです。

相槌に載るときは、あまりにも不自然になんども相槌を打たないようにしましょう。