行動力のある人に対して、うらやましいと感じた経験はありませんか?

行動するということは、後から考えてみれば非常に魅力的な事に感じるかもしれませんが、行動する前の段階ではどうしても面倒に感じたりすることもあるはずです。

例えば、休みの日には必ずこの行動をしようと思ったとしても、実際に休みに突入してみると面倒くさくて何もしなかったという経験が誰しもあるはずです。

しっかりと体を休めることが大切かもしれませんが、だからといって何も行動しないということはあまり生産性のない時間を過ごしてしまうことにもつながります。

言い換えてみると大切な時間を無駄に消費してしまったということにもつながりかねませんので、決して良いことであるとは言えないかもしれません。

では、行動できる人と行動できない人にはどのような差が存在しているのかと言うと、やはりやる気があるかどうかが重要な問題になるといえます。

なぜならば、やる気がある人はやる気がない人と比べて気持ちの切り替えがとっさに出来ますし、それが行動につながるからです。

そこで、今回は腰が重い人の特徴、そしてやる気を出すためにはどうすればいいのかという改善策についていくつかご紹介していきたいと思います。

いつもやろうと思って何もできていないと感じている人は、この機会により行動的になるためのヒントを得るきっかけにしてみてください。

腰が重い人とは

腰が重い人にならないために、腰が重い人の特徴ややる気を出すための方法について今回はご紹介していきますが、そもそも腰が重いという言葉の意味を知っていますか?

人によっては腰が重いという言葉の意味自体がよくわからないと感じる方もいるかもしれません。

なので、まずは腰が重いという言葉はどのような意味合いを持っていくと端のか簡単にご紹介していきたいと思います。

なかなか行動を起こそうとしない人のこと

腰が重いとはどのような意味を持っている言葉なのかと言いますと「なかなか行動を起こそうとしない人」のことを意味している言葉として知られています。

先ほどご紹介したように行動を起こす前の段階で、面倒だなぁと感じてしまうことは誰しもが経験していることだと思います。

しかしながら実際にそう感じていたとしても、行動できている人と行動できていない人とに大きく分けることができます。

その上で行動できていない人に関しては腰が重い人という言葉で表現することができるということになります。

なぜこのような表現になっているのかと言いますと、単純に自分の体の腰の症状と行動をかけている言葉だといえます。

腰が人間の体の中でも体を支えてる役割を持っており、非常に重要なパーツだといえます。

その腰が調子が悪くなってしまいますと、そもそも体を動かすことができなくなってしまい、何も行動することができなくなってしまいます。

なので、なかなか行動を起こそうとしない人のことを腰が重い人という言葉で表現するようになっています。

腰が重い人の10個の特徴

腰が重いという言葉がどのような意味を持っているのか簡単にご紹介して行きましたが、ここからは腰が重い人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

なかなか行動を起こそうとしない人に関してはある程度共通した特徴を考えることができます。

しかし、言い換えてみればこの特徴を正しく理解し、この特徴を改善するための具体的な補法を見つけることができれば、行動できる人になることができるといえます。

何事においても弱点を克服することによって、より完璧な存在に近づくことができるようになりますので、行動できないという弱点を克服することが大事だといえます。

時間は有限であり、無駄遣いをしようと思えばいくらでも無駄遣いができます。

しかし、一度きりの人生であり行動できる時間はあらかじめ決まっています。

少しでも多くの行動を行い、より充実した人生を歩むために行動できないという弱点を克服するためのヒントを特徴から導き出してみてください。

1.めんどくさがり


まず初めにご紹介する腰が重い人の特徴として「めんどくさがり」ということが挙げられます。

なぜめんどくさがりな人が腰が重くなってしまうのかというと、そもそもめんどくさがりな人は何かしらの行動を起こすのが苦手な人が多いからです。

例えば、腰が重い人ほど休日にアクティブな行動をとったりより多くの行動をとったりすることが苦手である場合が多いです。

その結果、結局休日に何もしないで1日ダラダラと過ごしてしまったりするようなことが多くなり、いつまでたっても行動できないという結果になってしまいます。

そもそも腰が重い人が休日にアクティブに過ごしたりすることがほとんどありません。

外出したり、ショッピングを楽しんだり、体を動かしたりすること自体があまりないので、そもそも外に出て遊ぶという習慣自体がない場合が多いです。

結局はその人の習慣であり、何もしない習慣が身についてしまっていると、何もしないで過ごすということがいつもの過ごし方になってしまいます。

なので、自分がめんどくさがりだと思っている人は、少しずつでいいので行動したり外に出たりする習慣を一つずつ増やしていくことが大切です。

いきなり増やそうとしてもなかなか増やすことはできませんし、そもそも普段と違う行動をとるのは大きなストレスにもつながってしまいます。

なのであくまで少しずつということを念頭に置きながら、行動する習慣を身に着けていくように心がけてみてください。

じっとしているのが好き

めんどくさがりな人が腰が重くなってしまう理由の中にはそもそもじっとしているのが好きだという心理が関係しています。

自分が腰が重い人間なのかどうかということを考える前に、そもそも自分は動いているのが好きなのかじっとしているのが好きなのかということ考えてみてください。

もしもじっとしているのが好きだと思っていたり、動かないことに対して心地良いという心理が働いているのであれば、行動できない人の特徴に該当してしまいます。

確かにゆっくりと家で過ごしたりすることも大切ですし、無理して体を動かさずに、時には休息をしっかりととることも大事です。

しかし、いつまでもゆっくりと家で過ごしていても、変わり映えすることもありませんし、魅力的な出来事などがあまり得られません。

ゆっくりしている人のほうが、動き出すのに結局大きなエネルギーを必要としてしまいますので、休みのもほどほどにするように注意してください。

2.マイナス思考

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「マイナス思考」ということが挙げられます。

なぜマイナス思考の人が腰が重い特徴に繋がるのかということ、マイナス思考になってしまうと行動することに対して躊躇してしまう性格になりやすいからです。

例えばポジティブな思考をしている人と、マイナスな思考をしている人を想像してみてください。

おそらく、マイナスな思考をしている人のほうが何事に対しても消極的になってしまったり、行動できないという印象を受けると思います。

実際に、マイナス思考の持ち主に関しては何かにチャレンジしたりする前からそれを避けるような考え方になってしまいやすいです。

例えば、初めて行うことに対してポジティブな思考をしている人の場合は、楽しそうと思ったり、初めての経験だと思いわくわくしながら積極的にチャレンジします。

しかし、マイナス思考の持ち主に関しては失敗する可能性がある、どうせ出来ないだろう、とマイナスな思考から入ってしまうので、チャレンジしないまま終わってしまいます。

なので、結果的にポジティブな思考している人がチャレンジし、マイナスな思考している人がチャレンジしないという結果になります。

人生は選択の繰り返しであり、マイナス思考をしている人はいつもチャレンジする機会を逃してしまいます。

その結果いつまでたっても何も行動できずに、考えるだけで終わってしまうという現実が繰り返されてしまうということになります。

なのでマイナス思考は常に躊躇してしまいやすく、結果として何もチャレンジできない腰が重い人になるといえます。

【マイナス思考を直すには、こちらの記事もチェック!】

口癖は「どうせ」

自分がマイナス思考であるかどうかということを判別する上で、一つの指標となるのが「どうせ」という言葉です。

自分が常に発している言葉の中で、「どうせ」というキーワードが含まれているか確認してみてください。

もしも、口癖として「どうせ」という言葉を使っているのであれば、注意が必要だといえます。

なぜならば、「どうせ」という言葉を口にしているということは、高い確率でマイナス思考になってしまっているといえるからです。

「どうせ」という言葉から発せられる言葉はほぼマイナスな言葉ばかりであり、最初からできないとあきらめている意味合いがほとんどです。

なので、これが口癖になってしまっている人はマイナス思考や、否定的な考え方を持っている人間である可能性がとても高くなってしまいます。

もしもあなたがどうせという言葉をよく口にしているのであれば、まずはこの口癖を直すことから始めてみてください。

口に出さないようになればそれを考えなくなりますし、それを考えなくなれば、もっとポジティブな思考を身につけることができるようになります。

それが腰が重い自分から脱却する一つの方法に繋がると言えます。

3.物事に対する興味や関心が薄い

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「物事に対する興味や関心が薄い」ということが挙げられます。

なぜ物事に対する興味や関心が薄い人が腰が重くなってしまうのかというと、物事に対する興味や関心が人を動かす大きなエネルギーにつながるからと考えることができます。

まず物事に対する興味や関心が薄くなってしまうと、様々なことに対して興味が持てないので、魅力的だと思えるようなことが減ってしまいます。

魅力的だと思えないようなことをわざわざ行ったりする人間はいませんので、結果としてあまり行動的ではないような性格になってしまいます。

しかし、その反対に物事に対する興味や関心が高い人は、常に様々な楽しいことを探そうとしていますし、興味や関心があるものを多く見つけることができます。

その結果、関心が薄い人に比べて関心が高い人の方がより行動的になり、興味を持って主体的に楽しむことができる性格になりやすくなります。

なので、結果的に物事に対する興味や関心が薄い人は腰が重くなってしまう人の特徴に繋がると考えることができます。

もしも今あなたが楽しいと思えるようなものがなかったり、長い年月趣味と呼べるようなものを持っていないのであれば、危険信号かもしれません。

積極的に自らが楽しいものがないかどうか考えながら行動することによって、初めて楽しいと思えるようなものと出会えるようになります。

待っていれば出会えると思うのではなく、自分が行動することによって初めて楽しいと思えることと出会うことができるという考え方を身につけるようにしてください。

4.誘いを断ることが多い


次にご紹介する腰が重い人の特徴として「誘いを断ることが多い」ということが挙げられます。

なぜ腰が重い人の特徴として誘いを断る人が多いのかと言うと、誘いを断ることによって行動できるチャンスを逃して、結局行動しなくなってしまっているからです。

もちろんきちんとした理由があって誘いを断ることが多いのは致し方ありませんが、ただ自分が面倒だと感じるだけで誘いを断っていると行動的になれなくなってしまいます。

もしも誘いに乗って行動していれば、そこで新たな経験をする可能性もありますし、魅力的な人との出会いなどもあるかもしれません。

しかし、誘いを断って何もしないのであれば、結局何も手にすることはできないので、無意味な時間を過ごしてしまうことにつながります。

それは生産性のない時間になってしまい、何事も行うことができない人間の習慣になりやすいです。

なので、人からの誘いを断ることが多いと思うのであれば、少しずつ相手の誘いに乗って行動的な自分になれるように意識を向けてみてください。

そうすることによって次第に行動することが楽しくなり、どんどんアクティブな性格に変化させていくことができるはずです。

「今」ではない予定を入れるのがめんどくさい

人から誘われて誘いに乗ったりしない根本的な理由として「今ではない予定を入れるのがめんどくさい」ということが挙げられます。

なぜこのように考えてしまうのかと言うと、実際に行動する際に気分が乗らない可能性があると後ろ向きな考え方をしてしまうからです。

確かに未来の自分の気持ちなどは今と違う可能性もありますので、当然ながらそれを保証するものはどこにもありません。

しかしながらその反対に、その誘いに乗っておけばよかったと後悔する気持ちになる可能性もないとは言い切れませんよね。

結局未来のことなのは何も分からないですし、行動しなければ様々な経験などは手に入れることができません。

それを踏まえて考えてみると、予定がないのであれば相手の誘いに乗って楽しい経験をする方がはるかに魅力的な時間を得ることができます。

もしも相手の誘いを断り続けてしまうと、相手もやがて自分を誘ってくれなくなりますし、結局孤独な時間が増えてしまいます。

孤独な時間が増えると人と交流したりすることを避けてしまうようになりますので、結局負の連鎖に陥ってしまいます。

なので、未来の自分の気分などを重要視するのではなく、どのような経験をするべきなのかということに重点を置いて予定を入れるかどうか考えてみてください。

5.生活がマンネリ化している

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「生活がマンネリ化している」ということが挙げられます。

腰が重い人を考えてみると、まず考えられるのがいつも同じような生活を送り続けているということが考えられます。

反対に、いつもと違うことを常に行っている人は様々な経験を行っているということになりますので、行動的な人であると考えることができますよね。

つまり、腰が重い人と行動できる人の違いは生活がマンネリ化しているかどうかということが大きな違いになるということです。

なので、近年新しい友達が作れていなかったり、趣味と言える趣味を見つけることができていなかったりする人は生活がマンネリ化してしまっている可能性が高いです。

新しい刺激や変化などを求めなければ、自然と生活はマンネリ化してしまい、楽しいと思えるものではなくなってしまいます。

また、マンネリ化してしまうと生活を変化させることに対して億劫に感じてしまいやすくなるので、より行動できなくなってしまう可能性が高まります。

最近の自分を考えてみた時に、新しいことに対して意欲的になっていないのであれば生活がマンネリ化している証拠です。

もしも自分が該当しているのであれば、新しいことを見つけることの魅力を再認識して、新たな趣味や友達などを見つけるようにしてください。

6.安定志向

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「安定志向」ということが挙げられます。

なぜ腰が重い人は安定志向なのかと言うと、安定志向の人はそもそも何事に対しても平穏無事に済ませたいという考え方を持っています。

面倒なことが起きたりすること嫌い、いつもと違うことが起こったりすることを極端に恐れている場合がとても多いです。

それを踏まえて考えてみると、面倒なことやいつもと違う事が起きることを敬遠して行動できていない可能性がとても高いといえます。

確かにこれまで行ったことがないことにチャレンジしたりすると、いつもとは違う時間を過ごしますし、経験したことがないことを経験します。

しかし、前向きな思考で考えてみれば、これまで味わったことがないような感動や体験を得ることができるようになるので貴重な財産になります。

安定志向も必要だとは言えますが、極端なまでの安定志向は自分の行動をセーブしてしまう結果につながりますので、あまり魅力的なことであるとは言えません。

なので人から安定志向だと指摘を受けたことがあるのであれば、もう少しアクティブな感覚を身に着けることをお勧めいたします。

7.慎重な性格

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「慎重な性格」ということが挙げられます。

なぜ腰が重い人は慎重な性格をしているのかと言うと、慎重な性格をしている人は行動を起こすまでに多くの時間を必要としている場合が多いからです。

そもそも慎重な性格とはどのような性格なのかと言うと、時間をかけて様々なことに対して考察をしたりする性格だといえます。

何らかの行動する前に、失敗しないためにはどのようにするべきなのか、どのような前例があるのか、どう行動するべきなのかということをひたすら考えています。

当然だから失敗しないように様々なデータを集めて考察することは悪いことではありません。

しかし、あまりにも多くの時間をかけすぎて結局考察だけ行って行動しなかったというような結果はあまり望ましい結果であるとは言えません。

実際に行動してみなければわからないことも多くありますし、何より経験という財産を得るか得られないかという違いが生まれてしまいます。

なので、腰が重い人はそもそも慎重な性格をしている可能性が高いということを覚えておいてください。

これまで周りの人から慎重な性格をしていると指摘を受けたことがあるのであれば、もう少し行動的になってみるのも良いアクセントになるかもしれません。

8.頭の回転が速い

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「頭の回転が速い」ということが挙げられます。

なぜ頭の回転が速い人が腰が重い人の特徴になってしまうのかと言うと、頭の回転が速いと最終的な結論を自分で導き出してしまう可能性があるからです。

例えば何かをしようと誘われた時に、頭の回転の速い人はその行動を行った先をすぐに考えたりします。

そうした時に勝手に自分自身で最終的な結論を導き出し、つまらないと感じたり、興味が持てないと結論づけてしまい、誘いを断ることが多いです。

しかし、実際にやってみないで結論付けるのは早いですし、行なってみると意外と楽しかったりするようなことはかなり多く存在しています。

なので、頭の回転が速い人は結局頭の中だけで考えてしまい何も行動できなくなっている可能性が高いと言えるのです。

考えることは大事ですが、頭の中で考えて結論付けないで、まずは1回行動してみるという考え方もものすごく大切です。

時には頭の中で考えずに、もう少し直感的に行動してみたりすることをお勧めします。

9.周りに面倒見のいい人がいる

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「周りに面倒見のいい人がいる」ということが挙げられます。

なぜ自分の身の回りに面倒見のいい人がいると腰が重い人になってしまうのかと言うと、面倒見のいい人がいると勝手にその人が様々なことを行ってくれるようになるからです。

面倒見のいい人は様々な気遣いを行ってくれたりするので、自分が行動しなくても様々なも物を自分に対して与えてくれるようになります。

例えば何かが欲しいと思った時に、面倒見のいい人が近くにいてくれるとその人が自分が欲しいものを代わりに買ってきてくれるようになりますよね。

そうすると確かに自分自身は楽に物を手にすることができるかもしれませんが、それと同時に欲しいものを買うまでの過程や経験を得るチャンスを失ってしまうことになります。

もしもその過程や経験を得ることによって、これまで体験することができないような経験を得ることができたとするならばそれは大きな損につながってしまいます。

なので自分の近くに面倒見のいい人がいるのであれば、その人に対して頼りきりになったりすることは必ず止めるようにしてください。

時には自分自身で行動したり、自分で考えながら物事を行ったりするようにすることでこれまで得ることができなかった経験を身につけることができるようになるはずです。

そうすることで自然と腰が軽くなり、行動的な性格に変化するといえます。

10.プライドが高い

次にご紹介する腰が重い人の特徴として「プライドが高い」ということが挙げられます。

なぜプライドが高い人が腰が重い人の特徴に繋がるのかと言うと、プライドが高い人は基本的に失敗したりすることを恐れている場合が多いです。

なぜならば失敗をする自分が恥ずかしいと思ったり、格好悪いと思い、その姿を周りに見せたりすること自体を敬遠してしまいます。

しかしながら、だからといって経験することを恐れているといつまでたってもその物事に対して慣れることはありません。

気づいたら周りの人はより多くの経験をし、自らが出遅れてしまう結果になり、さらに行動ができなくなってしまうという悪循環につながってしまいます。

自分自身に対してプライドを持つということは決して悪いことではありません。

しかしながら無意味なプライドを持ち続けて自分の行動をセーブしてしまうことはあまり魅力的なことであるとは言いません。

時には自分のプライドを投げ捨ててでも経験をすることを選ぶことが自分の大きな財産に繋がるので、経験をしないことが一番の恥だということを覚えておいてください。

【プライドが高い人の特徴と改善方法は、こちらの記事もチェック!】

やる気にさせる改善策とは?

ここまでは腰が重い人の特徴をいくつかご紹介していきました。

ある程度腰が重い人の特徴を理解いただけたところで、ここからは腰が重い人に対してやる気を出させるための改善策をご紹介していきたいと思います。

確かに行動するということはそれなりに気持ちの準備が必要ですし、初めて行うことはストレスも疲労も大きく積み重なります。

しかし、それを恐れていてはいつまでたっても行動できませんので、この機会に行動的になるための改善策を把握し、活用してみてください。

考える前に行動!

まず初めにご紹介する自分自身の気持ちをやる気にさせる改善策の一つとして「考える前に行動する」ということが挙げられます。

腰が重くなっている人が行動する前に様々なことをあれこれ考えて結局マイナスな思考になってしまったりする場合が多いです。

なので、腰が重い人ほど行動する前に色々考えたりすることをやめて、行動してから考える癖を身につけるようにしてください。

行動してから考えるようにすることで、行動する前に考えることと違って経験という財産を得ることができます。

また、行動したことによって、その楽しさをすぐに直感したりすることができるようになりますので、結果として趣味として継続的に行動するきっかけにつながる可能性もあります。

なので、まずは行動することで自分がやる気になるきっかけを見つけられる可能性が高まります。

何事においても腰が重い人は、まずは考えるよりも行動することに重点を置いて時間を過ごすようにしてみてください。

人と関わることで得られるメリットを考える

次にご紹介する自分自身の気持ちをやる気にさせる改善策の一つとして「人と関わることで得られるメリットを考える」ということが挙げられます。

腰が重い人ほど、人との関わりを億劫に感じている場合が多いですが、それは大きな幸せを逃していることに気づく必要があります。

なぜならば、人と関わることによって想像以上に大きなメリットを得ることができるからです。

例えば人と関わる事によって魅力的な人と出会える可能性が高まり、新しい親友を作ることも出来ますし恋人を作ることができるようにもなります。

親友や恋人を作ることができれば、一緒にどこかに出かけたりして楽しい経験を得たりすることもできます。

またその人を介して、様々な人と出会うこともできますし、その人の趣味などを一緒に経験したりすることもできます。

場合によっては、ビジネスの面においても良い関係性を生み出してくれる場合もありますし、成功につながるきっかけにもなるかもしれません。

しかし、人と全く関わろうとしていない人はどのようなチャンスを一切得ることができなくなってしまいます。

なので人と関わる事によって得ることができるメリットは想像以上に様々なものが存在しています。

人と関わることは確かにエネルギーが必要なことかもしれませんが、自分の人生をより魅力的にするツールにもなるということを理解してください。

「しなきゃいけない」と思わない

次にご紹介する自分自身の気持ちをやる気にさせる改善策の一つとして「強制的に考えない」ということが挙げられます。

何事においても行動できない人が考えがちなのが相手から物事を強制されていると勘違いしてしまっていることです。

例えば相手から遊びに誘われたとして、行動できない人ほど相手から遊びをすることを強制されたというふうに考えてしまいがちです。

自分が興味がないことであれば尚更嫌な気持ちになってしまいますので、自然と相手からの誘いを断ってしまうという選択を取りがちになります。

なので、まずは根本的な考えを変えて相手から強制されているのではなく、相手から提案されているという風に思うことが大事です。

その提案に対して自分がどうすれば楽しめるのか、何かこの提案を活用できないかという風に前向きに考えることでより魅力的な選択を行うことができるようになるはずです。

たった少し自分の考え方を変えるだけで自分自身の気持ちをやる気にさせることが簡単に行えるようになりますので、この少しの考え方の違いを意識してみてください。

おわりに

今回は腰が重いという言葉をテーマにして、腰が重い人の特徴や、やる気にさせる方法をご紹介していきました。

もしもあなた自身腰が重いと感じているのであれば、いきなりアクティブな考え方にシフトするのではなく、徐々にアクティブな考え方にシフトしていくように意識してください。

いきなり自分を変えるというのは大きな負荷がかかってしまいますので、少しずつ自分を変えるということを意識すれば意外と行動的な自分に簡単に変化できます。

今から考え方を変えても遅いと思うのではなく、今から考え方を変えればこれからより大きな財産を得ることができるという前向きな考え方も持ち合わせるようにしてみてください。

そうすることできっと数年後あなたの環境は劇的に変化して、今よりも幸せな生活を送ることができるようになるはずです。