刺青はタトゥーとも呼ばれ、世界中で多くの人がいれています。

スポーツ選手やモデル、歌手でも刺青がある人も多く、ポピュラーなものとして定着しています。

しかし、一方では攻撃的、暴力的なイメージを持つ人もいるので、刺青がある人が避けされることもあります。

しかし、最近では刺青をいれる女性が増えています。

そのことに対し、男性はどのようなイメージを持っているのでしょうか?

今回は刺青文化の背景を紹介すると共に、刺青を女性がしていることに対する男性の本音を探っていきます。

刺青をしている女性が増えている!

近年刺青をしている女性が増えています。

彼女たちにとって刺青は、ファッションや自己表現の一部のようです。

中には背中一面に刺青をいれる女性もいますが、多くはワンポイントとして腰や足、腕の一部にイラストや文字をいれる女性がほとんどのようです。

最近では自分や友達の刺青を、SNSで投稿する女性も増えています。

そのため、ますます女性の刺青は珍しいものではなくなってきています。

今後も刺青をする女性は増えていく傾向にあるようです。

日本での刺青のイメージは?

ご存知のように、日本では刺青のイメージはあまりよくありません。

多くの人にとって、刺青は暴力的なイメージを喚起させるので、刺青があるというだけで避けられてしまうこともあります。

特に40代以上の人に、その傾向が強くあります。

そのため、身体に刺青がある人が企業の面接などで、面接官にそのことが知られてしまうと、それだけで落とされてしまうことも考えられます。

また、結婚の申し込みで相手の両親に許可をもらう際も、刺青がある相手を拒絶してしまうことも考えられます。

刺青があるだけでそのような扱いを受けることは、偏見とも呼べるできごとですが、実際に刺青がある人の中で暴力的な人がいることも事実です。

しかし、若い世代の人の間では、刺青は魅力として受け入れられていることが多く、刺青がある人がそれだけで差別を受けることは少ないようです。

今後はもう少し刺青に対して、寛容な社会になっていくかも知れませんね。

温泉や銭湯では刺青の人は禁止

しかし、多くの場合、温泉や銭湯では刺青がある人は入場禁止となっています。

実際に過去に、刺青がある人とのトラブルがあったのでしょう。

現在でも刺青がある人はほとんどの温泉や銭湯に入ることができません。

また、プールなども同様です。

お洒落として刺青をいれている人にとっては、少々不便で可哀そうな現状ともいえます。

今後は刺青があるだけで入場禁止にせずに、刺青の内容や範囲などにも考慮し、ワンポイントくらいの刺青であれば問題なく入場できるように、柔軟な対応をする施設が増えるとよいと思いますがいかがでしょうか?

海外では刺青はファッションのひとつ


因みに海外の多くの国々では、刺青はファッションのひとつとして受け入れられています。

そのため、刺青がある人も、ほとんどの施設に制限なしで入場することができます。

中には社会的に高い地位にある人でも刺青がある人もいます。

外見のイメージも大切ですが、それだけで制限をせずに社会的に受け入れていることは、そのような国の良いところといえます。

日本でもミュージシャンや格闘家などは刺青があり、活躍している人もいます。

海外ではその規模がもっと大きく、男女を問わずに多くの人が刺青を楽しんでいます。

周りの人も刺青があるだけで、暴力的な人だと判断することはありません。

刺青に興味がある人にとっては、うらやましい環境といえるでしょう。

海外文化が身近になり日本人も刺青を入れるようになってきた

日本でも様々な文化に海外の影響があります。

スポーツや芸術、経済などはもちろん、ファッションでも海外の文化が広く取り入れられています。

その中で刺青文化も、若者を中心に増えてきているようです。

最近の若者の間では、刺青はファッションと割り切っている人も多く、海外文化の影響が見えます。

しかし、社会に出てから後悔する人もいるので、刺青は軽い気持ちでいれずに、将来も考えてから決断しましょう。

どれくらいの人口が入れている?

日本では刺青は、どれくらいの人口の人が入れているのでしょうか?

色々な説がありますが、おおよそ人口の2%ほどが刺青を入れているといわれています。

アメリカでは人口の10%以上が入れているとの調査結果もあり、日本は海外に比べて刺青人口が低いといえます。

タトゥーシールも大人気

本物の刺青をせずに、シールで刺青感覚を楽しむ、タトゥーシールも人気があります。

タトゥーシールは気軽に貼れて、剥がすことも簡単なので安全です。

刺青をする前に、タトゥーシールで試してからでも遅くはありません。

一説では日本人で刺青を入れた人の8割以上が後悔しているといわれています。

まずはタトゥーシールで楽しみ、本当に入れたい人だけが刺青をするべきでしょう。

刺青女に対する男性の本音5選

それでは今回の本題である、刺青をしている女性に対する、男性の本音をお伝えします。

日本人の男性は、刺青がある女性を本音では下記ように感じているのです。

もちろん全ての男性に当てはまるわけではありませんが、平均的な日本人男性の考え方として、男性の本音についてお伝えしていきます。

昔やんちゃしていたのかな?


一番多い感想は、10代のころなど若い頃にやんちゃだったのか?という感想です。

実際に10代や20代の若者でやんちゃな人は、男女を問わず刺青を入れている人がいます。

今は落ち着いていても、刺青があると、昔やんちゃしていたのかな?と思われがちです。

実際にそのような人も多いでしょう。

ただし、それだけでその人のイメージが悪くなることは少ないでしょう。

現在落ち着いていて、人柄も良く仕事などもしっかりとする人は、それなりの評価を得られるからです。

また、無理に刺青があるとばらす必要もありません。

もし、今刺青があることを知られたくない場合は、隠しておきましょう。

軽い女性だと思われて大事にされない場合も

しかし、男性の中には刺青がある女性を、軽い女性だと決めつけてしまう人もいます。

確かに日本の社会の中で刺青をいれている人の中には軽い女性もいます。

もちろん刺青がない女性にも軽い女性はいるのですが、刺青があると、それだけで言動が目立ってしまうのです。

刺青があるだけで、その人の性格が分かるわけではありませんが、社会的には誠実さや純情と反対のイメージを持たれがちであることは覚えておいた方が良いでしょう。

芸能人などは刺青がファッションやその人のイメージアップにつながることがあります。

しかし、一般の職業の多くは、刺青があると良いイメージにはならないのです。

彼氏や夫が極道なのかな?

さらに古い考えの男性からは、刺青があるだけで、彼氏や夫が極道だと考える人もいます。

最近では刺青をする若者が増えてきたとはいえ、昔のイメージを持つ男性もいるからです。

このようなイメージが付きまとうので、刺青は安易な考えでいれない方が良いのです。

もちろん、将来も考えて問題ないようでしたら刺青を楽しめるでしょう。

費用はかかりますが、刺青をある程度消すことも可能です。

自己責任で刺青を楽しむようにしましょう。

怖がられてしまうことも

中には刺青がある女性を極道関係者と勘違いして、怖がる人もいます。

確かに一部の女性はその通り、実際の関係者かも知れませんが、刺青があるだけで怖がられることは、少々大袈裟ですね。

しかし、実際にそのようなこともありうるので、刺青をいれたい女性は、そのことも考慮に入れておきましょう。

独特の感性を持っているのかな?

刺青がある女性のイメージは、一般的にはあまり良くないことが多いといえます。

しかし、中には好意的なイメージをもってくれる男性もいます。

そのような男性は、刺青自体を気にしない感性の持ち主か、刺青がある女性のことを。

独特の完成があるのかな?と思ってくれる人です。

このような場合は、アート的なイメージや、良い意味で個性的なイメージを抱いています。

実際にアーティストは奇抜な服装や刺青がある人もいるので、暴力的なイメージより、そのようなイメージがあるのでしょう。

このような男性からすれば、刺青がある女性は距離を置く存在ではなく、友人や恋愛対象として見ていることもあります。

オリジナリティーを尊重してくれることも

そのような男性は、刺青がある女性のオリジナリティを尊重してくれます。

そのため、偏見や先入観なしにその女性と接してくれます。

もし、あなたに刺青がある場合は、そのような男性と仲を深めると良いでしょう。

仕事仲間としても、仕事がしやすい環境を提供してくれるでしょう。

あなたも自分の個性が発揮されて、良い環境に身を置けるはずです。

自分の身体を大事にしない人なのかな?

刺青をいれるということは、自分の身体に傷をつけるということでもあります。

そのため、人によっては身体を大事にしていないんじゃないか、と思ってしまいます。

自分の身体を自ら傷つける人は、精神的に様々な問題がある場合があります。

刺青を入れている女性の中にも、少なからずそのような人もいることは事実です。

何らかの反発や、歪んだ自己表現がそうさせている場合があるのです。

もちろんそれは全ての人に当てはまりませんが、刺青に良いイメージを持たない男性の中には、自分の身体を大事にしていないと捉える人がいることは覚えておきましょう。

親にもらった身体を大事にしていないと解釈される

比較的真面目な家庭に育った男性の中には、刺青のように身体に傷をつける行為は、身体を大事に扱っていないと感じる人がいます。

しかし、確かに自傷行為の一環として刺青をいれる女性はいるものの、多くの女性はファッションとして刺青をいれています。

刺青をしている女性でも、身体を粗末に扱っているとは限らないのです。

親とうまくいっていないのかなと思われる

先ほどお伝えしたように、刺青をしている女性のイメージが、何らかの反発の表れだと解釈する男性がいます。

特に親に対する反発で、わざと刺青をしているのだと捉える男性が多いようです。

これも自傷行為と同じで、一部の女性にそのような人もいますが、大部分の女性には当てはまりません。

できれば男性側のもっと寛容的な目があると、女性も刺青をファッションとしてもっと楽しめるでしょう。

家庭的な人ではないのでは?

あなたは家庭的な女性が刺青をしているイメージはありますか?

恐らくほとんどの人は、家庭的な女性は刺青していないというイメージがあると思います。

つまり、刺青がある女性のことを、男性は家庭的ではないと考える傾向にあるのです。

そのため、刺青がありながら家庭的な女性でありたいという願望がある女性は、婚活で苦労をする可能性があります。

しかし、男性でも刺青をしている人もいるので、お互い刺青がある人同士であれば問題なく理解し合えることが多いでしょう。

家事ができそうなイメージを持てない

刺青がある女性に抱く男性のイメージは、家庭的な女性ではないというイメージと共に、家事ができなさそう、というイメージもあります。

家事や育児など、家庭で女性がすることが苦手そうなイメージがあるのです。

同じようなイメージを抱かれがちな女性に、金髪の女性もいます。

やはり金髪の女性も、家事ができなさそうに思われてしまいます。

もちろん、刺青があっても、金髪でも家事ができる女性はいます。

ですので、刺青があっても家事に自信がある女性は、しっかりとその点をアピールすれば問題ないといえます。

人は見た目で第一印象の多くが決まります。

自分から中身をアピールすることも、自分を知ってもらう大切な要素です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

刺青がある女性への男性のイメージは、広い意味ではあまり良いものではありません。

中には理解のある人もいますが、多くの場合本音では、女性に刺青をいれてほしくないと考えているのです。

その背景には、社会的には刺青があまり受け入れられていないという現実があります。

社会との関わりが深い男性ほど、刺青など社会的に良いイメージがないものを避ける傾向にあります。

もし、そのような男性と交際したい場合は、刺青は邪魔な存在になります。

あなたが刺青をいれたいと考えているのであれば、今だけを考えずに、自分が年をとってからのことも考えてから判断しましょう。

あなたの人生で、刺青はどれだけの価値があるのか、そこに判断基準を置き、後悔しないようにしましょう。

【タトゥーのデメリットや除去方法は、こちらの記事もチェック!】