CoCoSiA(ココシア)

刺青を女がしてるのはアリ?ナシ?男性の本音5選


刺青はタトゥーとも呼ばれ、世界中で多くの人がいれています。

スポーツ選手やモデル、歌手でも刺青がある人も多く、ポピュラーなものとして定着しています。

しかし、一方では攻撃的、暴力的なイメージを持つ人もいるので、刺青がある人が避けされることもあります。

しかし、最近では刺青をいれる女性が増えています。

そのことに対し、男性はどのようなイメージを持っているのでしょうか?

今回は刺青文化の背景を紹介すると共に、刺青を女性がしていることに対する男性の本音を探っていきます。

この記事の目次

刺青をしている女性が増えている!

近年刺青をしている女性が増えています。

彼女たちにとって刺青は、ファッションや自己表現の一部のようです。

中には背中一面に刺青をいれる女性もいますが、多くはワンポイントとして腰や足、腕の一部にイラストや文字をいれる女性がほとんどのようです。

最近では自分や友達の刺青を、SNSで投稿する女性も増えています。

そのため、ますます女性の刺青は珍しいものではなくなってきています。

今後も刺青をする女性は増えていく傾向にあるようです。

日本での刺青のイメージは?

ご存知のように、日本では刺青のイメージはあまりよくありません。

多くの人にとって、刺青は暴力的なイメージを喚起させるので、刺青があるというだけで避けられてしまうこともあります。

特に40代以上の人に、その傾向が強くあります。

そのため、身体に刺青がある人が企業の面接などで、面接官にそのことが知られてしまうと、それだけで落とされてしまうことも考えられます。

また、結婚の申し込みで相手の両親に許可をもらう際も、刺青がある相手を拒絶してしまうことも考えられます。

刺青があるだけでそのような扱いを受けることは、偏見とも呼べるできごとですが、実際に刺青がある人の中で暴力的な人がいることも事実です。

しかし、若い世代の人の間では、刺青は魅力として受け入れられていることが多く、刺青がある人がそれだけで差別を受けることは少ないようです。

今後はもう少し刺青に対して、寛容な社会になっていくかも知れませんね。

温泉や銭湯では刺青の人は禁止

しかし、多くの場合、温泉や銭湯では刺青がある人は入場禁止となっています。

実際に過去に、刺青がある人とのトラブルがあったのでしょう。

現在でも刺青がある人はほとんどの温泉や銭湯に入ることができません。

また、プールなども同様です。

お洒落として刺青をいれている人にとっては、少々不便で可哀そうな現状ともいえます。

今後は刺青があるだけで入場禁止にせずに、刺青の内容や範囲などにも考慮し、ワンポイントくらいの刺青であれば問題なく入場できるように、柔軟な対応をする施設が増えるとよいと思いますがいかがでしょうか?

海外では刺青はファッションのひとつ


因みに海外の多くの国々では、刺青はファッションのひとつとして受け入れられています。

そのため、刺青がある人も、ほとんどの施設に制限なしで入場することができます。

中には社会的に高い地位にある人でも刺青がある人もいます。

外見のイメージも大切ですが、それだけで制限をせずに社会的に受け入れていることは、そのような国の良いところといえます。

日本でもミュージシャンや格闘家などは刺青があり、活躍している人もいます。

海外ではその規模がもっと大きく、男女を問わずに多くの人が刺青を楽しんでいます。

周りの人も刺青があるだけで、暴力的な人だと判断することはありません。

刺青に興味がある人にとっては、うらやましい環境といえるでしょう。

海外文化が身近になり日本人も刺青を入れるようになってきた

日本でも様々な文化に海外の影響があります。

スポーツや芸術、経済などはもちろん、ファッションでも海外の文化が広く取り入れられています。

その中で刺青文化も、若者を中心に増えてきているようです。

最近の若者の間では、刺青はファッションと割り切っている人も多く、海外文化の影響が見えます。

しかし、社会に出てから後悔する人もいるので、刺青は軽い気持ちでいれずに、将来も考えてから決断しましょう。

どれくらいの人口が入れている?

日本では刺青は、どれくらいの人口の人が入れているのでしょうか?

色々な説がありますが、おおよそ人口の2%ほどが刺青を入れているといわれています。

アメリカでは人口の10%以上が入れているとの調査結果もあり、日本は海外に比べて刺青人口が低いといえます。

タトゥーシールも大人気

本物の刺青をせずに、シールで刺青感覚を楽しむ、タトゥーシールも人気があります。