CoCoSiA(ココシア)

コンビニ店員に恋した!距離を縮めて恋を成就させるアプローチ法


コンビニは私たちの生活の中で身近な存在です。

ちょっと歩けばそこかしこにコンビニがあるため、買う物には困りません。

また、そんな身近なコンビニだからこそ、思いもよらない出会いもあったりします。

よく通うコンビニで、素敵な店員を見つけて恋をしてしまった!という人もいるでしょう。

プライベートの出会いではなく、店員と客との出会いから恋愛に発展するのは難しいと思えるかもしれませんが、やり方によっては上手くいくこともあります。

コンビニ店員との恋を成就させるためのアプローチ方法をご紹介します!

まずは距離を縮めたい!

あなたが客の立場なら、自分の気になる人に対してあまり「店員と客」という意識はないのかもしれません。

何故ならあなたはコンビニの店員ではないため、店に縛られることもなく、自由に好きな人と接することができるからです。

しかし一方で、コンビニ店員はそこで働いている職員です。

それがアルバイトであれ社員であれ、店にいる時間は「仕事中」ですので、接客の対象はすべて「お客様」でしかありません。

それも毎日不特定多数の客が訪れる職場ですので、ほんの数回会った程度では、客の顔を覚えられないこともあるでしょう。

それこそ毎日のようによく通う客だったり、いつも同じものを買う客だったりすれば、店員同士の間で「いつものあの人だね」と認識されることはあるでしょう。

気になるコンビニ店員との恋を成就させたいのであれば、まずは「ただの客の一人」から「よく見るお客様」へと距離を縮め、そこから異性として意識してもらえるように努めましょう!

顔を覚えてもらう

コンビニ店員と距離を縮めるためには、第一に目当ての店員に自分の顔を覚えてもらうことです。

顔を覚えてもらったからといって、いきなりそこから恋愛に発展するのは限りなく難しいでしょう。

そのためまずは顔を覚えてもらって、そこから短いながらも毎回少し会話をするなり、笑顔で接するなりしてこちらの存在を印象付けましょう。

目当てのコンビニ店員に、「いつもよく来店する感じのいいお客様」だと思ってもらうことができれば、あちらも接客の際には笑顔で接してくれたり、対応が柔らかくなったりするでしょう。

コンビニ店員がこちらに対して少なからず心を開いてくれれば、そこからは会話も弾みやすくなります。

コンビニ店員との恋を成就させたいのなら、まずはただの店員と客の関係以上に親しくなれるよう、地道な努力を重ねましょう。

焦って直ぐに結果を出そうとしたり、強引に距離を縮めようとしたりすれば、向こうは引いてしまいます。

最悪の場合、あなたがレジに来る時には他のスタッフに対応を変わられることもありますので、あくまでもがっつくことなく、頻繁に通いながら少しずつ仲良くなっていきましょう。

出来る限り店員がいる曜日・時間に通う


目当ての店員に顔を覚えてもらいたいのなら、出来る限りその店員が店にいる曜日や時間帯に店に通うようにしましょう。

やみくもに店に通ったところで、目当ての店員がいなければ自分の顔を覚えてもらうことはできません。

人によっては店の他の店員を味方につけようとすることもありますが、それにはさらに時間がかかってしまいますので、正攻法で本人にしっかりと自分の顔を覚えてもらうように努力しましょう。

毎日目当ての店員がいる時間に店に行き、できればその店員がいるレジに並びましょう。

また、意中の店員がレジにおらず、どこかで作業をすることが多いのなら、さりげなさを装ってその店員の側をうろついたり、例えば店員がゴミ箱の掃除をしている時にゴミを捨てに行ったりして、少しでも接する時間を作りましょう。

あまり毎回のように意中の店員の側ばかりをうろついていると、不審に思われたり他の店員の噂の的になってしまったりしますので、あくまでも自然に見えるように振舞うのがポイントです。

どれだけ客の顔を覚えるのが苦手な店員でも、毎日のように通う客や、2日に1回通うような常連客であれば最低限顔を覚えます。

頻繁に店に行くだけでも顔を覚えてもらうことはできますので、それ以上はあまり目立ち過ぎないようにしましょう。

レジをしてもらったら目を見てお礼をいう

コンビニを利用する客の大半は、まともに店員と目を合わせなかったり、俯きがちな状態のままで会計を済ませてさっさと店を出たりします。

急いでいる客に至っては、ぴったりお金をレジ台に置いたらまともに会計を済ませることなくそのまま店の出口へと向かってしまうこともあります。

そんなことが日常茶飯事ですので、コンビニ店員も客とはあまり顔を合わせなかったり、しっかりと顔を見合わせて話をする機会が少なかったりします。

客によってはお喋り好きの人や、店員の動きをきちんとチェックする人もいますので、前者の客であれば店員も顔を会わせて笑顔で対応しますし、後者の場合にも顔を見てきちんと「ありがとうございました」と挨拶するでしょう。

コンビニ店員の仕事はいわば流れ作業のようなものですので、普段はあまりそこまで客と顔を突き合わせて会話をすることはありません。

だからこそ、レジをしてもらった時にこちらが店員の目を見て笑顔でお礼を言えば、それだけ店員に自分の存在を印象付けることができるでしょう。

いつも同じ商品を買って印象付ける


いつも同じ商品を買う客は、店員にとっては覚えやすい存在です。

客の顔を覚えるのが苦手な店員でも、いつも同じ商品を買う客がいれば、購入する商品をきっかけにして客の顔を覚えることがあります。

「この人はいつもタバコとコーヒーを買うな」と店員が覚えれば、その客が来店した時にはあらかじめいつも買うタバコを用意しておくことでしょう。

そしてレジに来た時にはさっとタバコも一緒にそえて、当たり前のように会計してくれるようになります。

常連客からすれば、自分の買う商品を覚えてくれるということは嬉しいことですし、同時に毎回タバコの銘柄や番号を言う必要もなくなり楽でしょう。

それだけ店員は購入する商品によって、客を記憶しやすくなります。

それを利用して、あえていつも同じ商品ばかりを購入しましょう。

例えば野菜ジュースとサンドイッチ、また決まったお弁当など、購入する商品はどんなものでも構いません。

店員と話すきっかけが欲しいなら、店員から「温めますか?」と尋ねてくるチルド商品を購入してもいいでしょう。