CoCoSiA(ココシア)

亭主関白になりやすい男性の14個の...(続き5)

亭主関白気質の男性と上手く付き合っていきたいなら、恋人であり妻であり母親であるような感覚で相手に尽くすつもりで付き合うのが良いでしょう。

専業主婦の考え方を持つ

全面的に亭主関白気質の男性に尽くす考え方を持つのであれば、同時に専業主婦の考え方を持つのが良いでしょう。

この人は外で生活するのに必要な収入を得てくる代わりに、自分の仕事は家事炊事であるとして自分の仕事をしっかりとこなす事は、ある意味亭主関白気質な男性と円満な関係を築く秘訣とも言えます。

亭主関白の男性を期待しない

何より大切なのは「自分がこの人を選んだんだ」という事を自覚して亭主関白気質のある男性に期待をしない事です。

メディアや友人の話を聞いてイクメンや主夫をはじめとする家事に協力的な男性を羨ましがらない事が重要と言えますね。

期待をすると、それだけ自分にもストレスに感じてしまう機会が増えてしまいます。

自分は自分、人は人と割り切る事こそが亭主関白気質の男性と上手く付き合っていくコツです。

基本、性格は変わらない

今、現在パートナーに過度の期待をしなくても「自分が上手に相手を動かしてみせる」「家庭思いな男性に育てる」と考える女性も少なくありませんが、何事においても相手を変えようとする思想はおすすめしません。

長い年月をかけて出来上がった性格はそう簡単には変わりませんし出産や育児を経て大きく考え方が変わりやすい女性とは違って、男性の本質は結婚しても子どもを持ってもあまり大きく変わる事は無いと言えるでしょう。

自分の意見をしっかり伝えることも大切

亭主関白だからと言って、全ての家庭に不満がある訳でもありません。

自分の意見をしっかりと伝えて折り合いを付けながらお互いにストレスを感じないように調節すれば周りが何と言おうと、その家庭は幸せな家庭と言えるでしょう。

亭主関白な男性と上手く付き合っていきながら二人の関係を調整していきましょう。