CoCoSiA(ココシア)

心が綺麗な人の10個の特徴と美しい心に育てる方法


心が綺麗な人は周りから好かれる傾向があります。

時には嫉妬ややっかみの対象になることもありますが、それは その人の持つ心の美しさを、相手が一方的に羨ましい と感じているからでしょう。

それほどまでに他人を惹きつける心の美しさは、誰にでも持てるものではありません。

心が綺麗な人にはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は、心が綺麗な人の特徴や美しい心に育てる方法などをご紹介します。

美しい心は態度、行動、発言にあらわれる!


美しい心は、その人の態度や行動、発言などに表れます。

どんなに表面上はお上品に取り繕っていても、 ふとした瞬間に本性は表れるものですし、心に余裕がなくなれば本心を上手く隠すこともできなくなってしまいます 

よく「ピンチの時にこそ人間の本性は表れる」と言いますが、まさにその通りでしょう。

今まさに命の危険が迫っているという時には、お上品に振舞っている暇はありませんし、他を押しのけてでも自分が助かろうとする人は、周りの目など気にすることなく他人を蹴落として自分だけは助かろうとするでしょう。

生への執着は人間にとって必然のものですので、それが悪いというわけではありません。

しかしそうしたピンチの瞬間にこそ、心の美しさが作り物か本物かどうかが分かるでしょう。

人は誰でも心に美しい部分を持っていますが、同時に醜い部分も持っています。

社会の荒波にもまれながらも、それでも美しい心を忘れずに持っている人は、自分が「美しい心でありたい」という気持ちがそれだけ強いということでしょう。

美しい心を持つ人の10個の特徴


美しい心を持っている人は、それが他人にもよく伝わりますので、自然と周りには人が集まります。

心が美しい人は、 それが態度や言動に表れますし、また嘘がないためどんな場面でもそれが崩れることはありません 

だからこそ人の腹を探るような疑り深い性格の人にも、「この人は心底心が美しいんだなぁ」と納得させることができるでしょう。

美しい心は努力して育てることで、演技ではなく本当に身に付けることができます。

また、意識して心が美しくなった人もいれば、育った環境が素晴らしく、努力することなく心が美しいままの人も稀にいます。

どちらのタイプにせよ、美しい心を持った人には特有の特徴がみられます。

その特徴を以下にご紹介していきます。

1.心が広い

美しい心を持った人は、それだけ心が広いです。

器が大きいとも言えるでしょう。

心が広いということは、 何事にも常に気持ちの余裕 があります。

例えばレストランで食事をしている時に、店員のミスで飲み物を引っかけられたとしても、笑ってそれを許せるような心の広さを持っています。

また、渋滞で道が混んでいても、それでイライラすることはありませんし、他人から理不尽な扱いを受けたとしても、「まあそんなこともあるよね」とその場で流すことができるでしょう。

小さなことや些細なことに囚われることはありませんし、またあれこれと心を波立たせたところで意味がなかったり、自分のためにならなかったりする時にも、さっさと気持ちの切り替えをします。

その 合理的な判断や態度が周りから見れば心の広い人 に思えることも多いです。

また、合理的なだけでなく優しい心も持っていますので、誰かが困っていれば自然と手を差し伸べる思いやりの気持ちもあります。

そこに心惹かれて集まってくる人も少なくはないでしょう。

思いやりがある

広い心の中には、常に他人を思いやる気持ちがあります。

自然や生き物を慈しむ心もあれば、他人を思いやる優しい気持ちも持っています。

例え見知らぬ相手であっても、困っている人がいれば自ら手を差し伸べますし、ボランティア活動にも積極的に参加することが多いです。

誰かに頼まれごとをされれば、可能な限りそれに応えようとしますし、無暗やたらと人を騙したり、嘘をついたりすることもありませんので、他人から信用されやすい性格でもあります。

美しい心を持った人は、 捻くれたものの考え方をすることがありませんので、他人の発言に対していちいち疑ってかかったり、本心を探ったりすることもありません 

例えそれで自分が嘘をつかれたとしても、それで相手を憎むことなくさらりと流せる気持ちの余裕がありますので、それだけ心が広いと言えるでしょう。

見返りを求めず助けることができる

大抵の人は、 自分が何かをした分だけ相手にも見返りを求めます 

例えば恋人同士で、女性が男性に一生懸命に尽くしているとします。