CoCoSiA(ココシア)

初彼氏と付き合う時の7個のNG行動と注意点!大好きな彼と長く付き合うために!


「最近、初めての彼氏が出来た!」という事で、幸せオーラ全開な人もいるのでは?

初彼に限らず、彼氏が出来た時に多くの女性が思うのが、「この幸せがずっと続けば良いのに」とか「出来るだけ長く、大好きな彼と付き合っていたい」という事ではないでしょうか?

きっと初彼をゲットしたみなさんなら、この気持ちも共感出来るはず。

そこで今回は、大好きな彼氏とずっと一緒にいる為に、“初彼氏と付き合う時の7個のNG行動”と“初彼氏と付き合う時の注意点”をご紹介します!

この記事の目次

初彼氏と付き合う時の注意点

大好きな彼とより良い関係を築くには、彼氏の立場になって考える事が何よりも重要。

「そんなの当たり前じゃん!」と思った人も多いと思いますが、その当たり前の事が出来ていない人が多いから、別れるカップルも多いのです…。

どんなに彼氏の事を第一に考えているつもりでも、無意識の内に彼が嫌がる行動を取っている女性は少なくありません。

特に恋愛初心者は知識や経験が少ない分、不安や心配事が多くなってしまうので、相手の事にまで気が回らず、どんなに気を付けていても自分の感情のままに行動してしまいがちなのです…。

では、“初彼氏と付き合う時の注意点”には何があるのか?
次からチェックしていきましょう!

女友達を大切にする気持ちを忘れない

優先順位において彼氏が一番となってしまうと、女友達をないがしろにする女性も出てきます。

中には、彼氏に夢中になるあまり、無意識の内に女友達を放ったらかしにしてしまう人もいるので、恋愛をしている時こそ、女友達を大切にする気持ちを忘れてはいけないのです!

彼氏が出来ると、生活が彼氏中心になってしまう女性は少なくありません。

例えば、「本当は忙しいけど、彼氏が「会いたい」って言ってるから、会いに行かなくちゃ!」とか「彼氏の休みがこの日だから、私もそこで有給を取ろう!」といった感じで、本来優先すべき事を放棄してまでも彼氏を取る。

本人は「私ってば、彼氏に尽くす良い彼女だな〜」と大満足かもしれませんが、周りから見ると、まるで彼氏に振り回されている、あるいは、彼氏に依存している様にも見えます。

下手をすれば、彼氏から「都合の良い女」だと思われているかもしれません…。

特に初めての彼氏となると、「一緒の時間を多く過ごしたい!」とか「彼氏に嫌われたくない!」という気持ちが強く湧いてくるものなので、彼氏を優先したくなる気持ちも分かります。

しかし、恋人と友達どちらも大切なら、女友達の事も気にかけないとダメです!
女友達も彼氏と同じくらい大切にして下さいね。

強がらずに素直な気持ちで彼氏に接する

初めての彼氏となると、何処か恥ずかしさもあって、強がって可愛くない態度を取ってしまったり、素直に甘えられない事もあると思います。

しかし、出来るだけ素直な気持ちで彼氏に接する事が、彼氏にずっと愛されるコツです!

初めてのお付き合いでは、彼氏の前で完璧な彼女を演じようと頑張り過ぎてしまう女性も少なくないでしょう。

しかし、無理に完璧な彼女を演じても必ずボロが出ますし、結局は長続きしないもの。

彼氏に良く見られたい気持ちも分かるのですが、無理を続けて「別れた方が楽かも…」と彼女自身が思う様になってしまっては意味がありませんよね?

彼氏だって無理をしている彼女より、自然体の方が好感が持てると思います。

なので、出来ない事は出来ない、苦手な事は苦手、と彼氏に素直に伝える勇気を持つ事も大切です。

彼氏に理想を押し付けない


男性とのお付き合いが初めてだと、彼氏というものに対して、「彼氏とはこうあるべき」「彼氏ならこうしてくれるはず」といった願望や理想を持っているものだと思います。

また、お付き合いに関しても、「こんなお付き合いをしたい!」とか「カップルとは、こうあるべき」という考えを持っている人は多いでしょう。

なので、彼氏がその願望や理想から外れた時に、勝手に裏切られた気分になって、「どうして彼氏なのに、〇〇してくれないの!?」などと、彼氏を責め立ててしまう彼女も少なくないのです…。

しかし、必ずしも彼氏がその理想に当てはまる訳ではありませんよね?
自分の理想を押し付けてしまえば、彼氏は彼女と一緒にいるのが窮屈に感じてしまうでしょう。

理想や願望を持つ事自体は悪くありませんが、それを相手に押し付け過ぎない事が重要なのです!
特に男性はがんじがらめにされる事を非常に嫌がるので、気をつけましょう。

すぐに結婚の話しをしない

特に20代女性や結婚適齢期の女性だと、彼氏=結婚相手候補と捉えたり、彼との結婚を考えたりする事も珍しくないと思います。

彼との結婚を考えているなら、彼の前では結婚願望を強く出さないのが重要になります。

先程話した理想と同じで、結婚願望を押し付けてしまうと上手くいかなくなるものなのです。

女性は男性よりも結婚を意識するのが早いので、同い年や年上彼氏だったとしても、彼女が「彼とすぐにでも結婚したい!」と考えている一方で、彼氏は「結婚はまだ先だな」と考えている可能性もあります。

男性は女性と違って、結婚適齢期を過ぎてから結婚を意識する人も多いのです。

だから、もし彼女が付き合って間もない内から結婚を急かしてしまえば、彼氏は「彼女の愛情が重い…」と感じでしまうでしょう。

だから、結婚の話はすぐにしないのが基本!
ベストなタイミングを見計らって、「結婚したいアピール」をあくまでさり気なく出すのが重要になります。

すぐに家族に会わせたがらない

これは先程の結婚の話と同じで、すぐに家族に会わせたがるのも注意点の1つです。

彼女の家でたまたま家族に遭遇してしまったり、彼氏自ら「君の家族に会いたい!」というのであれば別ですが、「私の家族があなたに会いたがっている」とか「家族に彼氏として紹介したい!」と付き合ってすぐに言ってしまうと、彼氏は緊張してしまいますし、どうしても結婚を意識させ、「彼女の気持ちが重い…」と思われてしまう可能性大です。