近年では、「付き合う」ということの意義が薄くなりつつあります。

ご存知の通り、恋愛関係を築いている二人の人間が、お互いのことを唯一無二のパートナーとして認めあっている状態を付き合うといいます。

しかしながら、現代では、肉体関係のみを持ってお互いが性的な欲求を解消するためだけの関係を築いていたり、

時間が合えば、一緒にいたり、出掛けたり、セックスをしたりするだけで、

付き合っているのかどうか分からないという友達以上、恋人未満といった関係が溢れています。

こんな時代だからこそ、「付き合う」ということをさまざまな視点から見直し、今一度、意味と定義について考えていきましょう。

「付き合う」を哲学的に解釈すると?

最初に付き合うということを哲学的に解釈するとどのような状態をいうのでしょうか。

冒頭にもある通り、恋愛のパートナーということをお互いに約束することを付き合うという風に定義されています。

約束をするというと少し軽い感じがしますが、誓い合うことが付き合うということと哲学的には解釈されているようです。

ただし、誓い合うと言っても、挙式のような大勢の場で第三者を介して宣誓をするといったようなことはありません。

明文化するようなことはせず、暗黙の了解として、この誓いは交わされることになります。

基本的には、付き合うと決めたパートナー以外の異性を恋愛対象とはしないこと。

他にも、パートナーことを幸福にしようと努力をすること。

他にも、パートナーの不安を解消するように努力をすること。

パートナーの信頼に答えようとすること。

気持ちや出来事を共有することなどが暗黙の了解の内容に含まれるとされています。

他にも特別な理由などがない限りは、当たり前に会う関係であり、デートなどをすることなども約束されたものとなります。

近年では、冒頭にもある通り、普通に時間が合えば遊んだりもするし、セックスもするけれど、

基本的には自分の時間が第一優先という付き合っているとは、言えないような疑問が残る関係が多々存在しています。

そこでどういう状態を付き合うという状態になっているのか様々な議論が繰り広げられていますが、

お互いが意思確認が出来ていることが最低限の条件と解釈されています。

告白をして、それを了承するという行為があれば、一番分かりやすいですが、

こういった行為がなく、ただデートをしているだとか、セックスの関係があるといったことだけでは、付き合っているとはみなされないとされています。

男が思う「付き合う」とは

これまでは、哲学的な視点から「付き合う」について紹介しました。

しかしながら、恋愛に関する様々な事柄については、個々に考え方が違っているものです。

十人十色なわけですが、大きく大別して、性差、つまり、男性であるのか、女性であるのかによっても大きく考え方が違っているケースがあります。

それでは男性が考える付き合うこととは、どのようなものなのかを紹介しましょう。

ためらわないこと

まず男性にとって付き合うとは、一緒にいることをためらわない関係であることと定義している方が多いようです。

ためらわないとは、漢字で書くと分かりやすいと思いますが、躊躇わないと書きます。

つまり、躊躇(ちゅうちょ)をしないことです。

何か物事を共有することや、一緒に遊んだり、デートをしたり、食事などをするといったことを

躊躇せずに当たり前に行える関係であるパートナーこそが付き合っているパートナーと認識することが多いようです。

簡単に言ってしまうと、相手のために自分の時間を犠牲にしたり、時間を共有することにためらいがないことといえます。

逆に自分の予定を優先してしまって、遊んだりすることにためらいが生まれてしまうようだと、

例え肉体関係などがあったとしても、それは都合の良い異性であり、付き合っている異性とは思っていないことになるわけです。

守ること

また守りたいと思うパートナーであるかどうかも男性にとって付き合うことと定義していることが多いようです。

男性の中での恋人にしたいと思う女性の条件として、いつの時代も上位にランキングされているのが、「守ってあげたくなる女性」というもの。

これは生物学的な観点からは、当たり前に持っている本能のようなものと言われています。

動物のオスというのは、強いものが集団の長になり、子孫を残していきます。

これが種の存続をさせるために最も確率が高いということが本能のレベルで把握出来ているからです。

そして強いオスが複数のメスと子供を率いて、危険な外敵などからその集団を守るという行動を取っています。

人間は様々な文化を持って生活をしていますが、動物の一種であることに変わりはありません。

つまり、人間の本能の中にも、肉体的に弱い女性を守りたいという情報がインプットされているわけです。

このため、パートナーである相手のことを守ることこそが付き合うという意味だと捉えている男性も少なくないのです。

守りたくなる女性をパートナーにしたいという欲求が沸き起こることも、本能のレベルでは当たり前の感情ということになるわけです。

慈しむこと

更に慈しむことと定義されている男性も多いようです。

慈しむというのは、相手のことをかわいがったり、愛すること。

そして大切にすることという意味になります。

慈しむという漢字を調べると、全ての生物に行き渡る広大無辺の愛とあります。

つまり、損得感情などがなく、ただただ相手のことを愛する行為が慈しむという行為になります。

他にも親が我が子を愛すること。

更にいたわって育てること。

情けをかける行為といった意味があります。

恋愛は駆け引きは必要がないと感じていたり、損得でパートナーを選ぶものではないといったような考えの持ち主が、このような定義を付き合うということと捉えていることが多いです。

ちなみに慈しむというと、さも自分よりも弱い存在に情けを掛けるといったような感覚で、

相手を下に見るため、あまりよろしくない感情だと考えている方も多いですが、仏教的な観点から言えば、お釈迦様の愛のあり方のことを示したものが慈という漢字だとされています。

まさに損得ではなく、パートナーを愛することが付き合うことと思っているなら、これほどに大切にされる恋愛もないと言えるでしょう。

所有すること

そして付き合うことは所有をすることと捉えている男性も存在しています。

所有をするといえば、なんだか物のように思われているようで不快な感情を持つ方もいらっしゃることでしょう。

しかしながら、この所有欲という欲求は、男性が男性であるがゆえの独占欲やプライドの表れとも言われています。

これも前述で紹介した本能のレベルでインプットされている感情です。

その昔、男性の仕事といえば、狩猟でした。

生きていくために、獲物を追いかけ、捕らえる。

苦労をすればするほど、強ければ強いほどに捕獲した時の喜びは大きいものです。

これを一説では狩猟能と呼んでいるのですが、狩猟をしていない現代男性にも、この情報がインプットされています。

狩猟が上手な男性は、その時代には、当然にパートナーとして重宝されたわけです。

つまり、自分の能力が高いことを見せつけることにより、異性から求められていた。

この名残から男性のアピールといえば、自分はこんなにすごいんだという自慢話や武勇伝などが多くなるわけです。

恋愛というのも、追いかけることに意義があると思っている男性が多いため、結果、付き合うということは、獲物を捕まえること。

つまり所有するといった独占欲を満たすことで成立すると考えているのです。

さらけ出すこと

男性が考える付き合うの定義として最後に紹介するのは、さらけ出すことです。

前述で少し触れましたが、男性というのは、プライドが高い生き物です。

自慢話や武勇伝を語り、尊敬されたい、すごい人だと思われたいという欲求を持っています。

そもそも男性というのは、人間関係を上下に見ていることが多いものです。

そして上下関係の中で、自分がなるべく上にいたいと考えます。

自分が上の立場にいるためには、弱みを見せてはいけないと考えます。

失敗した姿や情けない姿。

泣いている姿を見せることなど持っての他と考えているのです。

しかし、付き合うパートナーに関しては、この法則は当てはまりません。

むしろ、他人に対しては決してみせない本当の自分の姿をさらけ出せる相手だからこそ、付き合っている関係と考えます。

一人の時以外は、特に弱みを見せず、ずっと気を張って無理をしている状態でいるわけですから、恋愛相手の前くらいその気張っている状態を開放したいと思うのは当然です。

パートナーといる時まで、気をはらなければならない状態になるなら、仕事をしている時などと変わらないことになり、一緒にいる意味もなくなってしまうと考える男性は多いのです。

ですから、付き合う=さらけ出すことになるのです。

女が思う「付き合う」とは

男性には男性特有の考えがあるように、男性からはあまり理解されない女性特有の恋愛感情というものが存在します。

代表的なことは、甘え方などが挙げられますね。

女性が突拍子もない要求を出してくるのに応えられないと、先程まで笑っていた態度が急変し、デートを途中で投げ出し、帰るなんてことも珍しくありません。

こういったことと同じように、女性にとっては、女性なりの付き合うという意義や意味があるものです。

ここではそれを紹介していきましょう。

後悔したくないこと

まず紹介するのは、後悔したくないことと捉えているケースです。

一般的に恋愛関係において女性からアプローチをすることは稀です。

基本的には受け身の状態で恋愛関係がスタートすることがほとんどになります。

現代では、肉食系女子などが誕生し、男性顔負けに自分からガンガンとアプローチを掛ける女性も多いのですが、割合からいえば、男性からのアプローチを待つ女性が圧倒的です。

女性は選ぶ側になります。

男性から受けたアプローチに対して、付き合うことに価値があるのか、後悔をしないのかなど、様々な考えを巡らせ、了承するのか断るのかを決断するのです。

その中で付き合うという決断を下す大きな条件としては、後悔したくないかどうかが挙げられます。

その時受けたアプローチを拒否してしまって後悔しないかどうかが重要なのです。

女性はその気になれば、どんな男性とでも恋愛関係を築くことが出来ます。

例えていうなら、いくら彼氏が出来ないと嘆いている女性がいたとしても、それは自動販売機の前に立ち、どれにしようかなと迷っている状態と同じといえます。

その気になればいつでも作れるけれど、付き合ったことで後悔をしたくない。

逆に付き合わないことで後悔したくないかどうかが重要視されているのです。

考えないこと

次に考えないことと定義している女性も多いようです。

これはどういうことなのかというと、色々と条件などを加味して考えると、恋愛への一歩が踏み出せないと考えていることになります。

女性というのは、初対面の段階から、様々なことをチェックしています。

イケメン好きな女性も多いですが、顔の作りばかりではなく、身につけている時計などの小物などもチェックし、経済力があるのかどうか。

センスがあるのかどうか。

浪費癖があるのかどうかなどを判断します。

他にも話し方や会話の内容で、内面を探り、浮気癖がありそうなのか、男尊女卑の考えを持っているのかを想像するのです。

しかし、これらのことを考え、全ての条件を満たす男性としか付き合わないとなると、かなり低い確率であり、いつ成就できるかどうかも分かりません。

このため、付き合うこととは、そういった条件を考えないことと定義している女性も多いのです。

アレやコレやと考えず、その場の直感でパートナーの誘いを了承する。

そうしていかないと、恋愛なんていつまで経っても出来ないと考えるわけですね。

昭和の時代ならまだしも、現在では、付き合ってみてダメならまた新しい恋にというドライな考えを持っている女性も少なくないようです。

相手を惚れさせること

次に紹介するのは、相手を惚れさせることという定義です。

女性の場合、やはり恋愛は惚れさせてなんぼと思っている方が多いです。

なぜかといえば、好きになってもらい、いつまでも追いかけてもらえないと、不幸な目に遭ってしまうと考えるから。

昔から「惚れた女の弱み」なんて言葉がありますが、まさしく惚れさせることによって大きな力を持つという考えがあります。

こういった考え方は、恋愛などを勝負のように考えてしまっている方がほとんどです。

誘ってしまったら負け。

体を簡単に許してしまったら、恋愛のパートナーではなく、セフレなどの都合の良い女としてカテゴライズされてしまうから負け。

このように考えているのです。

どちらかといえば、婚約指輪は給料の三ヶ月分じゃなければ嫌だとか、年収は最低でも1000万円以上じゃないと結婚が出来ないといった前時代的な考えを持っている女性に多い傾向があります。

ただし、やはりガンガンと女性側から惚れてしまい、アプローチをしていくと、都合良く使われて捨てられるというケースが多いのも事実です。

釣りのようなもの

付き合うとは、釣りのようなものと考えている方も女性の中では多いです。

前述に挙げた惚れさせるといった考えの方と、同じ系統の定義と言えるでしょう。

釣りとは、狙った魚のいる場所に、狙っている魚が大好物だと思っている餌をつけて食いつくのを待ちます。

波の状態や天候、深さといったもので釣果が違ってきます。

このため、ハマってしまう方も多いもの。

餌の違いや重りの違い、針などが違ってくれば、釣れる魚の種類も違ってきますから、非常に奥深い趣味であり、海外ではスポーツとして捉えているところもあるくらいです。

恋愛を釣りだと捉えている女性は、まさしくこのような感じで、ターゲットとなる男性の好みそうなファッションやメイクをし、性格も演じて見事に釣り上げるといったことと捉えているわけです。

施されること

最後に女性が考える付き合うの定義の一つに、施されるものと捉えているケースです。

施されるとは、施すの受身形です。

これは典型的な女性脳からの発想と言えるでしょう。

自分からはアプローチをしないし、好きだという感情も発しない。

愛情をもらうことであり、金銭や物品なども与えてもらえるもの。

このように考えているのです。

一見すると、わがままのように思えますが、基本的には、完全に受け身の状態になるわけです。

つまり、パートナーとの関係の主導権は相手に握ってもらっているわけですから、幸福になるのも不幸になるのも相手次第という他力本願な考え方になります。

こういった考え方を持っている女性は、結婚をしても専業主婦として旦那さんに食べさせてもらうという昭和以前の女性が当たり前に持っていた思考の方が多いようです。

男が思う「付き合う」から結婚への移行は


付き合うという定義も、さまざまな意見が挙げられますが、男性が付き合う段階から結婚へと移行しようとする瞬間や理由についても、沢山の意見が寄せられていますね。

ここでは男性が恋愛関係から、結婚を決意する瞬間の思考について紹介していきます。

勝利

まずは勝利です。

これは高嶺の花と考えている女性にプロポーズをし、それを了承してもらった時に感じる思考です。

恋愛というのは、最終的な結末は別れになります。

ですから、いくら自分が独占したいと思っていても、恋愛の状況では、いつ別れが来るのかと戦々恐々としているものです。

しかしながら、結婚の場合には、離婚率が高くなったとはいえ、恋愛の別れのように簡単に結論を出すことはないと考えるわけです。

つまり、結婚を了承してくれた時点で、勝利したと感じる男性が存在するのです。

名誉

次に紹介するのは名誉です。

これもパートナーのことを魅力的に感じていて結婚についてポジティブに捉えている男性が感じる思考になります。

女性というのは、そもそもが選ぶ立場にあり、男性は選ばれる立場であると考えている方の典型的な思考です。

数多く存在しているライバルの中から、自分の結婚の申し出を受けてくれたのだから、それは名誉なことであると考えるわけです。

これは完全に女性のことを自分と同じ立場、もしくは上の立場と考えているタイプの男性ですから、結婚後も大切にしてくれる可能性が高いタイプといえるでしょう。

墓場

昔から言われているのが、結婚は人生の墓場だと考える男性の思考です。

結婚をすることによって、自分の稼ぎは家庭に入れなければならず、自由に使うことができなくなる。

また、飲みに行きたくても、遊びに行きたくても、家庭のことが優先されるので、好き勝手に出来ない。

自分が頑張って稼いできた財産も、妻との共有財産になってしまい、半分は妻のものになる。

理想の女性が目の前に現れても、おいそれをアプローチをすることができなくなる等々。

結婚をネガティブに考え、それまでのさまざまな自由を失うという典型的な思考になります。

年貢の納め時と諦める方もいますが、我慢ができずに爆発してしまうケースもあるため、離婚に至るパターンも少なくありません。

妥協

最後に紹介するのは、妥協という考えです。

これは経済的にも、恋愛経験もある程度に余裕がある男性が持つ思考です。

ここら辺で妥協をしておかないと、この先結婚のチャンスはないかもしれない。

パートナーと自分との魅力バランスが、丁度よいくらいだと冷静に判断できているため、妥協という決断をするのです。

一見すると相手を下のように見ていて失礼と思うかもしれませんが、そのパートナーと自分とは同じくらいと判断しているため、

自己評価は決して高くはないということの証明なのです。

女が思う「付き合う」から結婚への移行は


男性が結婚について、さまざまな思考を持っているように、女性も結婚に対しては、それぞれの意見を持っています。

男性の墓場や妥協というようなネガティブに取れるような意見と比較すると、ポジティブなものが多そうなイメージがありますが、果たして前向きな意見が多いのでしょうか。

退職

まずは退職です。

これは、典型的な女性の考えです。

結婚=パートナーのサポートに徹するという考えであり、それをきっかけに退職しなければならない。

もしくは退職出来るといった考えになります。

近年では、夫婦共働きというケースも珍しくありませんし、憧れの職業に就いたのだからと、仕事と家庭の両立を望む女性も多いのですが、

家庭に入り、旦那さんと子育てに励みたいと考えている女性がこういった思考を持つようです。

幸せ

次に幸せです。

やはり恋愛関係では、拘束力がありませんが、結婚はいわゆる契約です。

お互いの何の保証もない付き合いの段階と比較すると、結婚は、お互いの家庭も含め、社会に夫婦として認められることになります。

ですから、名実共にパートナーとの関係を保証されているようなものですから、幸せと感じる女性が多いようです。

結婚や結婚生活を前向きに捉えている女性が考える思考の典型と言えるでしょう。

自慢

次に紹介するのは自慢です。

やはり近年では、結婚したくても出来ない、踏み出せないという女性が多いことも事実です。

特に経済力や社会的な地位が高い男性や、名誉を受けている男性との結婚が決まったのであれば、それは自慢出来ると感じても不思議ではありません。

やはり一人の男性の生涯のパートナーとして認められたという事実は、自慢したい気分になっても理解出来ます。

結婚をしたくても相手からのアプローチがなく出来ない。

もしくは、さまざまな事情があり、踏み出せないという女性が多い一方で、結婚を成就することが出来るわけですから、自慢に感じてしまうのは、致し方ないといえるでしょう。

安心

次に紹介するのは安心です。

独身で終わることがなかった。

これでリストラなどのリスクから開放され、安定して生活をしていくことが出来るなど、さまざまな安心感を得られるものです。

女性として生まれてきた以上、家庭を築き、子孫を残すというのは、生物としての存在意義のようなものです。

家族や親類などからも、独身を通していると、多くのプレッシャーを与えられることも少なくありません。

パートナーの評価は別にして、ある男性から必要とされ、生涯の伴侶として求められたという事実は、高い安心感につながるのは当然と言えるでしょう。

生きがい

最後に紹介するのは、生きがいです。

これは前述にも紹介しましたが、女性としての存在意義を満たしてくれる状況が、プロポーズをされ、結婚をするといったことで満たすことが出来るからです。

そもそも生物の存在意義は、自身とパートナーの遺伝子を後世に残すことにあります。

独身の状態でも、これを満たすことは可能です。

しかしながら、その成功率や幸福度を考えた場合、結婚をすることが前提になります。

つまり、幸せな結婚をすることこそ、生きがいと感じている女性が多いのです。

恋愛に関するコラムが読めるサイトを紹介


現代では、インターネット環境の発達から、恋愛に関してのコンテンツを豊富に閲覧することが出来る時代です。

これまで、友人くらいにしか相談できなかったことでも、検索エンジンに疑問に思っていることを入れてリサーチするだけで、

ノウハウを筆頭として、実際の失敗談や成功例を把握することが出来ます。

ここでは、恋愛コラムを閲覧できるコンテンツを紹介していきます。

motejo

最初に紹介するのは、motejo(モテージョ)です。

女性の中で興味や関心の高い占いや、各地のデートスポットの紹介。

付き合うための他にも自分磨きの方法。

他にも恋愛に関して、多くの女性が気になるような恋愛依存症の克服方法などのノウハウコラムなども大量に掲載されているコンテンツです。

恋愛ユニバーシティ

次に紹介するのが恋愛ユニバーシティです。

独自の恋愛理論を紹介しており、オンラインでの恋愛相談から、電話相談サービスまで提供しているコンテンツです。

また、恋愛のジャンルでヒット作を連発している人気ベストセラー作家のインタビュー記事なども掲載しており、モテ女子になりたい方には必見のコンテンツと言えるでしょう。

ウーマンエキサイト

ウーマンエキサイトは、どちらかといえば、シングルマザーや結婚をしている主婦などをターゲットにしているコンテンツです。

ママになるのは皆さん初めてです。

既婚者の恋愛はもちろん、パートナーと長続きするためのコツなど恋愛にスポットを当てたものから、新米ママが抱える悩みや子育てに関するQ&A。

ママ友との付き合い方や、食事の時短メニューまで、ミセス向けの情報が幅広く紹介されています。

AM

AMはこれまで紹介した恋愛コンテンツよりも、よりプライバシーに踏み込んだ情報を提供しているコンテンツです。

恋愛ノウハウはもちろんですが、あまり友人などには聞くことも抵抗感があるセックスに関しての情報も網羅出来るコンテンツです。

恋愛にとって大事なものとして、セックスの相性や、セックスの際の行動というのは、意外と大きな影響力を持っているものです。

イキ癖をなくす方法や、男性を虜にする膣トレーニングの方法まで、かなり深く、実践できるリアル情報を提供してくれているサイトです。

付き合うについて、ゆっくり考えてみよう

「付き合う」ということについてさまざまな観点から、説明をしてきましたが、いかがだったでしょうか。

男性が考える恋愛や結婚への考え方。

女性との相違。

一昔前の恋愛に対しての常識と現代人の常識との違いが分かったと思います。

どちらが正しいと言いたいわけではありません。

昔の考えが良いと考える方もいれば、現代の考え方が自分には合っていると感じる方もいらっしゃることでしょう。

しかしながら、幸福になるために、今一度、付き合うということについて、深く考えてみるのも一つの選択肢ではないでしょうか。