あなたは付き合う前の男性と手を繋ぐ事をどう思いますか?

触れ合っても嫌じゃない位に好意は持っているものの、正式に告白した訳でも告白された訳でもない。

そんな曖昧な関係で触れ合ってくる男性についてどんな事を感じるでしょうか?

そもそも、男性側も付き合っていないのは百も承知なのでは?何を思って手を繋いできているのでしょう?

そんな、付き合う前に手を繋ぐ男性の本音を徹底解析、年代で全く違う男性の本音をご紹介していきます。

年代別で違いはある?

付き合う前に手を繋ぐという行為は実は年代によっても、その行為の意味に違いがあります。

その違いを知っておくだけでも、付き合う前に手を繋ぐ男性の本音が垣間見えてきますよ。

中高生の場合は手を繋ぐ=付き合っている

まだまだ恋愛経験少ない中高生の場合は「手を繋ぐ」という行為が「二人は付き合っている」とアピールしている部分が大きくあります。

この場合、女性が何らかの勘違いをして男性から告白された事に気付いていなかったり、男性が勝手に「自分はこの子と付き合っている」」と思い込んでいるという事もあるでしょう。

何はともあれ、まだまだ未成熟な中高生はお互いの気持ちが付いてこない状態で手を繋ぐような事は殆どありません。

手を繋いでいる時点でお互いに特別な感情を抱いていると断言しても良いですね。

周りにアピールする意味が大きい

中高生の場合付き合っているカップルの象徴が「手を繋ぐ」という行為に当たります。

その為、手を繋いでいる事で周りに対して「この子は自分の彼女だから」とけん制している事も少なくありません。

告白が成立していない状況であっても手を繋ぐ事で口下手な男性が「君の事が好きだ」とアクションで示している場合もありますね。

少なくとも、気持ちは伴っており自分達は付き合っているんだと周りにアピールする意味で手を繋いでいる場合が多いと言えるでしょう。

社会人の場合は付き合っていなくても手を繋ぐことがある

社会人である付き合っていない男女が手を繋ぐ場合は、中高生が手を繋ぐ場合と勝手が全く変わってきます。

恋愛経験をある程度積んだ社会人の場合、好意を示す意味の他にも、お酒に酔った勢いや、人肌が恋しくなったから、なんて理由で恋愛感情が伴わなくても手を繋ぐ事があるようです。

また女性の体目的の場合「この子はどれ位流されやすいのかな?」と確かめる意味で手を繋いでその程度を測る場合も少なくないでしょう。

付き合ってからのほうが手を繋がない、という人も

社会人になると、付き合う前は何となく手を繋いだりしていたけれど付き合ってからの方が手を繋がなくなったという声も聞こえます。

大人になるにつれて恋愛をしていても周りの目を気にして「良い大人なんだから手を繋ぐのはやめようかな」と思う事も少なくないようですね。

また、付き合うまではお互いの気持ちを確かめる様に手を繋いでいたものの気持ちが通じ合えたので手を繋いで好意を確認する必要が無くなったと言う人もいるそうです。

年を取るの連れて手を繋ぐ事へのハードルは下がる

年を取るにつれて恋愛観も変わっていき「手を繋ぐ」という行為に対するハードルはどんどん下がっていきます。

中高生や若い人が恋人以外の異性と手を繋ぐのを「浮気だ」と言う一方、年を取ってくると「手を繋ぐ位なんだ」といった主張が生まれてきます。

これも恋愛観が発達した結果、手を繋ぐという好意に性的な事を感じなくなってただのスキンシップと捉えていると言えます。

付き合う前に手を繋ぐ男性の11個の本音

年代によって、手を繋ぐ事に対する考え方は大きく変わって来るものの、根本的な所には少なからず好意が存在するのではないでしょうか?

男性は何を思って付き合っている関係でも無いのに手を繋いでくるのか?そこにはこんな本音が隠されていたのです。

1.女性のことが好き

相手の女性の事が好きで想いを寄せているからこそ、手を繋ぐというのが男性の最も多い本音のようです。

まぁ、嫌いな相手と手を繋ごうとは思わないので当たり前と言えば当たり前と言えますね。

特に恋愛経験が豊富になってくると、付き合う前でもアプローチの一環として手を繋いでくる男性も居る事でしょう。

付き合う前に手を繋ぐ事の出来る男性は、どこか女慣れしている部分が少なからずあるようです。

言葉にできなくても行動で気持ちを伝えたい

大人の恋愛はとても複雑になってくるものです。

学生時代のように面と向かって告白するのも気恥ずかしかったりタイミングを持てなかったりしますよね。

そんな中、言葉にできなくても行動で気持ちを伝えたいという事から付き合う前でも手を繋ぐ男性はいます。

女性としては「ちゃんと告白してよ」と思う部分も大きいですが、口下手な男性からするとそれが最大限の告白なのかもしれません。

女性の気持ちを探りたい

手を繋ぐという行為は、相手を嫌っていたり異性として嫌悪感を持っていたりするとまず成立しません。

その為「相手の女性にとって自分は恋愛対象に入っているのか?」という事を探る意味で手を繋ぐという行為に走る男性も少なくないですね。

「手を繋ぐ事を受け入れる=嫌われていない」と判断する事もあるそうです。

女性が拒否しないとOKがもらえたと解釈する人も

付き合う前に手を繋ぐ事に対して、女性がそれを拒否しないならば付き合う事に対してOKが貰えたと解釈する男性も少なからずいます。

実際に女性は、交際をしているつもりがなく何となく流されて手を繋いでいただけという事で勘違いを生んでしまうパターンもあるので注意が必要ですね。

2.友達から恋人になりたくて


友達以上恋人未満のような関係を変えたくて、付き合う前でも異性を感じて貰うために手を繋ぐという男性も居ます。

触れ合う事で、ゴツゴツして骨ばった大きな手から異性を感じる事がありますよ。

一般的には手を繋ぐという行為は恋人同士が自然と行うものです。

それをする事で「恋人になりたい」とアピールしているとも言えるでしょう。

一歩関係を進めたい

付き合う前に手を繋ぐ男性の本音としては、今の関係に満足しておらず一歩関係を進めたいと思っている事が少なくありません。

遠回りなアピールでは女性に気付いて貰えず、最終手段で想い切ってボディタッチの一環として手を繋ぐというアピールを選んだという事ですね。

自分は相手を恋愛対象として見ているアピール

友だち以上恋人未満のような関係を続けていると、お互いの事を恋愛対象では見ないといったような暗黙のルールが自然と出来上がってくる場合も珍しくありません。

そんな関係を打破する為に手を繋ぎ、自分は相手を恋愛対象として見ているという事をアピールする男性も多いのです。

拒否しないなら告白を考えている場合も

告白の前段階でとして手を繋ぎ、相手の気持ちを確認している場合もあるでしょう。

男性だって、告白する際には勇気がいるものですし玉砕するのは避けたいと思うのも当たり前の事です。

相手の気持ちを態度で確認して少しでも勝率が上がったのを感じてから告白したいと思っていても何らおかしな事ではありません。

手を繋いでみて、これが嫌がられないようなら告白しようと考えている男性も少なくありませんよ。

友だち以上恋人未満の関係だからこそ、その関係を破綻させない為の予防策とも言えますね。

3.脈があるか知りたい


女性が自分に対して好意があるのか知りたいあまり、イチかバチか手を繋いでみるという男性も居ます。

手を繋いでくれるという事は好意があり、拒否されるという事は好意が無いという考え方のようですね。

告白して失敗してしまった時の事を考えると、イマイチ踏み切れず手を繋ぐという事を女性の気持ちを確かめるような行為と思っているようです。

手を繋いでも好意があるとは限らない

女性は手を繋いだからといって好意があるとは限らない場合がありますよね。

急に手を繋がれてパニックになる内に手を離すタイミングを失ったり「何かのノリかな?」と好きじゃないけど嫌いじゃないからいいか、と容認する場合です。

しかし、男性は手を繋ぐのを許してくれる=自分の事を自分と同じレベルで好きだと思っていると判断する人が少なくありません。

あまり男性の行動を容認してしまうと、相手に勘違いをさせてしまいトラブルに発展するケースもあるので注意したいものですね。

女性に嫌われていないか確認したい

普通に考えて、嫌いな相手や嫌悪感を抱いている相手と手を繋ぐなんて考えられませんよね?

自分が女性にとって、そういう対象に入っていないかどうか確認したくて付き合っていないのに手を繋ぐ男性も居ます。

特に普段から女性側が素っ気ない場合や愛想の無い場合「もしかして自分は嫌われてるのかな?」と不安に思い、その確認をする為に手を握る場合もあるのです。

恋愛をする前に、そもそも相手との恋愛が成立するのかどうか?好きになってしまう前に知っておきたいという気持ちの表れであるとも言えますよね。

4.男として意識してほしい

普段中性的で、女性とも女友達のように接している男性や、あまり頼られるような事のない男性が「自分を男として意識して欲しい」と思い手を繋ぐパターンもあります。

ここにも特別な好意があり、周りにはどう思われていても良いけれどこの女性にだけは男性として意識されたいという希望も伺えます。

エスコートすることで男らしさをアピール

ちょっとした段差や、車から降りる時などに手を繋ぐ事で紳士のようにエスコートをし、男らしい部分をアピールしたいという狙いもあるでしょう。

単純に手を繋ぐよりも、そういった場面で手を繋ぐ方が自然であるし、紳士的だと感じて貰えると思っている部分も多くあるようです。

身体的特徴を感じて欲しい

男性と女性では身体的な特徴が全く違いますよね。

それは手を繋ぐという行為でも実感できるものです。

女性よりも大きく骨ばった手や筋肉のついた太い腕、また肩の位置の違いなど触れ合う事で「この人ってこんなに男っぽかったっけ?」と意識する事も多いでしょう。

そんな効果を狙って、自分を異性として意識して貰うために手を繋ぐ事もあります。

5.意識はしていないけど理由があるとき

中には異性として意識している訳ではなく、何らかの理由があって手を繋ぐ事もあります。

勿論、手を繋ぐ以外の選択肢もある訳ですから少なからず好意があるとは思いますが、そこに下心は無く純粋に手を貸しているだけかもしれません。

女性の方が勘違いをしてしまわない様に気を付けておきたいですね。

人混みではぐれないように

お祭りやイベントなど、人混みの中ではぐれてしまいそうな時に付き合っていない男女でも手を繋ぐ事があります。

しかし、腕を掴んだり他の方法もある訳ですから多少の好意は感じられますね。

人混みを抜けても、まだ手を繋ぎ続けているようであれば男性側は好意を持っていて人混みのタイミングに乗じて手を繋いだ可能性が高いです。

女性が怪我をしてしまったから

女性が怪我をしてしまったり、体調不良でフラフラしている事を気遣って手を繋ぐ事もあるでしょう。

この場合は、好意の一切は判断できないと言えます。

状態の悪い相手を気遣うのは当たり前の事ですし、そんな相手に手を差し伸べてフォローするのも極々自然な事です。

その様な場面で手を繋いだからといって男性側に好意があると思い込んでしまうと勘違いの大きな原因になりかねません。

転ばないように

アウトドアに出掛けた際など、足元が悪く不安定な場所を歩く時に転ばないように手を繋ぐ事もあるでしょう。

これに関してはエスコートの意味の方が強く、他に持ち手が何も無いから手を出しているにすぎません。

勿論、嫌いでは無いでしょうが特別な好意は無い場合の方が多いと言えます。

6.相手から手を差し出されたとき

付き合う前に手を繋ぐという行為は、男性にとっても緊張するものです。

しかし、女性側から手を差し出された場合、その女性に好意があるならば手を取るでしょう。

女性側から手を差し出された事で、流されるという場合もありますがその殆どが相手の女性を恋愛対象として見ています。

手を差し出された時点で男性は「この女性も自分の事を特別に思っているんだ」と思っています。

時には反射的に手を取ってしまう事も

手を差し出されると、その場の反射でその手を取ってしまう事も少なからずありますね。

しかし、そこに特別な感情が無い場合は男性も直ぐに手を離してしまう事でしょう。

もしも、そのまま暫く手を握っている状態が続くなら相手も何らかの感情を持っていると言えます。

7.いい雰囲気になったとき

お酒が入ったり、何となくいい雰囲気になった場合、その場の空気に流されて手を繋いでしまう人も少なくありません。

特に恋愛経験豊富な人の場合は、恋人じゃなくても恋人同士のような甘い空気を楽しむように手を繋ぐ事もありますね。

ただし「いい雰囲気になったから」であって、付き合いたいとか片思いをしているという思考が必ずしも伴っているとは限りません。

彼氏彼女の関係になりたいわけじゃなくても手を繋ぐ

社会人になり、恋愛経験を積んでいくと男女間での貞操観念も低くなり「手を繋ぐ=恋人」という考え方も薄くなってきます。

その為、いい雰囲気になっただけで彼氏彼女の関係になりたいわけじゃなくても手を繋ぐ事があります。

その殆どがアルコールが入り、気分が高まってしまった時で一時の感情に流されている場合が殆どと言えますね。

8.周りに防御線を張っている

相手の女性に片思いをしており、尚且つ他にも彼女を狙っている男性が居るのを知っている上で周りに防衛線を張る為に、付き合う前でも手を繋ぐ男性が居ます。

手を繋いでいる男女を見ると「付き合ってるのかな?」と思う人は多いです。

そうして周りに自分達は付き合っていると勘違いさせる事でライバルを減らそうとけん制しています。

外堀を埋めている

女性に好意を持って付き合いたいと思っているが、本人に直接告白する前に外堀を埋めてしまおうと考えて手を繋ぐ男性も居ます。

男女問わず周りに「付き合っているのかな?」と思わせる事でライバルを減らしつつ、周りからも「二人は付き合っている」と認識されている事で告白した際に彼女に断りにくくしているとも言えますね。

9.すでに恋人気分でいる

手を繋ぐ以前に、何らかの勘違いやすれ違いが起きて男性自身が既に「自分達は恋人同士で付き合っている」と思い込んでいる場合もあります。

恋人同士ならば、手を繋いでいても自然な事なので彼自身は当たり前の事をしていると思っている事でしょう。

このケースは大きなトラブルにも発展してしまう可能性が大きいので女性側からもしっかりと意思表示をしておきたいものですね。

カップルの多い場所で手を繋ぐ

特に、すでに付き合っているつもりであったり恋人気分である場合は、映画館や遊園地などカップルの多い場所で手を繋ぐ事があります。

周りのカップルを見て当然のように手を繋がれた場合、男性はすでに2人は付き合っているのだと思っている場合が殆どと言えるでしょう。

10.人肌恋しかったとき

精神的に弱っていたり、人肌が恋しくなって魔が差したように手を繋いでしまう事もあるでしょう。

その男性に、恋愛感情があるのかは未知数ですが、「人肌を感じられるならば誰でも良かった」という可能性は大きいと言えます。

自分が弱っているからこそ優しく接してくれる人なら、特定の女性でなくとも良かったのかもしれません。

「自分だから頼ってくれたのかな?」と女性は勘違いしがちなので注意しましょう。

寂しがりの男性に多い

人肌が恋しいから手を繋ぐという男性は、寂しがりで依存体質な傾向にあります。

自分1人で居る事に耐えられず、誰かに頼らなければ生きていけないと思っている人も少なくないのではないでしょうか?

このタイプの男性は、特に自分を受け入れてくれるような面倒見の良いお母さん気質の女性を狙って手を繋いでいる可能性も少なくありません。

無意識か意図的かは判断しかねますが、ヒモやいわゆるダメンズになりやすい男性の特徴であるとも言えますね。

11.遊べる女か試している

軽い男性が「この女性は遊べるタイプかな?」と貞操観念を測るように、手を繋いでいる事もあります。

浮気や一夜限りの関係を持つ等体目当てで女性に近付いた場合、どれ位強引に迫って良いのか手を繋ぐなどのスキンシップで女性の貞操観念を調べているのです。

手を繋ぐ事を拒否しないのであれば、肩を抱く、抱きしめるなど行為を段々とエスカレートさせていく事でしょう。

手を繋ぐのはスキンシップの入口

手を繋ぐというのは肌と肌で触れ合うという意味で、スキンシップの入り口であると言えます。

それを嫌がるのか、受け入れるのかで自分への親密度や好意を測る事ができますね。

手を繋ぐという行為の時点で大分相手に心を許していると言えますが、これを超えないと深い関係には進めないという意味でも「自分を受け入れてくれるのか?」の最初の関門と言えます。

さり気無く手を繋ぐのが上手な事が多い

女性が遊べる女かどうか試すような男性は、さり気無く手を繋ぐ事が上手な場合が多いです。

女性自身が断りきれない内に手を繋いでいたり、断る事が不自然だとさえ思わせるような自然な流れで手を握ってくる事も少なくないでしょう。

それだけ女性慣れしているという事です。

手を繋がれて「もの凄く自然だ!」と感じたりするようであれば相手は女慣れしている危ない男性かもしれないと思って良いかもしれません。

選択権を与えてくれる男性は信頼できるかも

付き合う前に手を繋ぐ男性は、自分から強引に手を繋ぐ場合が少なくありません。

それはアピールであり、好意の表れであるからです。

そんな中でも「手を繋ぐ?」と手を差し出して女性側に選択権を与えてくれる男性も少なからず存在しますよね。

そんな男性は紳士的で、相手に無理強いしない信頼できる男性である場合が多いと言えるでしょう。

女性の気持ちを尊重してくれている

多少の好意があっても、付き合ってもいない相手と触れ合うというのは心の中に土足で入り込むようなものです。

また、状況やその人の性格によっては断れない人も居るでしょう。

選択権を与えてくれる男性は、そういった様々な点から女性に配慮し気持ちを尊重してくれている思いやりのある男性と言えます。

付き合っていないからこそ確認している

手を繋いでいる男女を見て「カップルなんだろうな」と思う事が自然であるように、付き合っていないからこそ手を繋いでいる所を知人に見られてしまうとカップルなのかと勘違いされてしまうのを懸念して確認してくれている場合もあります。

ちなみに、この確認の中には「自分は勘違いされても構わないけど」という意思が含まれている場合も多いと言えます。

手の握り方で伝わる相手の気持ち

直接体に触れ合うという好意は、会話している時や相手を観察している時に比べてたくさんの情報を知る事ができます。

勿論手を繋ぐ事でも感じ取れる事は無数にあると言えます。

手の握り方によってもこんなに沢山の事が分かってくるのです。

手のひらの間に空間ができている

手を繋いだ時に、手のひら同士が触れ合わず空間が出来ている場合、男性はかなり緊張していると言えます。

これは女性に好意を抱いていて思い切って手を握ってみたという場合が殆どだと言えますね。

また、女性慣れしていない場合も多く口下手でアクションで想いを伝えようとする男性に多いと言えます。

中には緊張から手汗をかくのを悟られたくない為にそんな握り方になる人もいるようですね。

握り締められる

手を繋ぎ、ぎゅっとその手を握りしめられる場合、男性は確実に女性に対して特別な感情を抱いています。

それをアピールする為にギュッと力強く握る傾向がありますね。

このタイプは特に拒絶される事を念頭に置いていない事から「既に両想いだ」「相手も自分に気がある」と勘違いしている場合も多いのが特徴です。

指先で撫でる

手を繋いだ状態で手の甲などを指先で擽るように撫でてくる男性は下心があるかもしれません。

特に、相手の貞操観念を測る為に「どこまでやったら相手は嫌がるのか?」という事を計っている場合も多いので付き合っている訳でも無いのに手を繋ぎ、指先で撫でて来る男性は軽い遊び人な事が多いと言えるでしょう。

用が済んだらすぐに離す

何らかの場面で手を繋ぎ、その場面が過ぎるとパッと手を離す男性は女性に勘違いされるのを防いでいるという意味でも好意は無いと言って良いでしょう。

特に、手を離す際にパッと手のひらが開き弾かれるように離れる場合はこのパターンが殆どです。

状況に合わせて手を繋いでいただけと言えますね。

付き合ってないのに恋人繋ぎをしてくる男性には要注意?!

付き合っていないにも関わらず、手を繋いでくる男性の本音について一部をご紹介しましたがご理解頂けたでしょうか?

更に、手を繋ぐ繋ぎ方にも注意してみて下さい。

中でも、付き合っていないにも関わらず指同士を絡め合う恋人繋ぎをしてくる男性には要注意するべきだと言えます。

男女の関係にルーズな人が多い

付き合っていないにも関わらず恋人繋ぎをしてくる男性は。

極端に貞操観念が低く男女関係にルーズな人が多い場合があります。

他人との距離感が近く、誰にでも同じ対応をしている事も少なくありません。

付き合っていないにも関わらず恋人繋ぎをされた場合は「もしかして遊び相手に狙われてる?」位の事を考えて警戒しておきましょう。

完全にロックオンされている場合も

恋人繋ぎになると、腕も絡みあっているので普通に手を繋ぐよりかは解きにくくなりますよね。

これは物理的に女性を逃がさないようにしている心理の表れでもあります。

自然に離れるのが難しくなる為、もしも男性の気持ちに応える気が無いのならしっかりと言葉や態度での意思表示が必要になりますね。

手を繋がれたときの対処法

不意に手を繋がれてしまうと「え?」と戸惑い対応に悩んでしまう人も少なくないのではないでしょうか?

全く好意もなく、寧ろ嫌悪感のある相手ならばすぐに手を振り払えるものの、そうでなければ「なんで?」「これってどう反応するべき?」と相手の本音を知るのに必死になってしまう事も。

恋人ではない男性に手を繋がれた場合は、以下のような対処法がおすすめですよ。

進展させたくないなら断る

お互い、もしくはどちらかに恋人が居たり相手の事を恋愛対象に見ていない等の理由で、手を繋いできた男性との関係をこれ以上発展する気が無いのならハッキリと断るのが良いでしょう。

あなた自身がどう思っていようと、手を繋いできた男性は少なからずあなたに好意を持っています。

「その場のノリ?」「ふざけてるだけ?」なんて考えで流されてしまうと相手を勘違いさせてしまう原因にもなりますよ。

曖昧にしてるとエスカレートする場合も

手を繋ぐ事が拒否されない現実を「相手も自分に好意を持っている」と勘違いする男性は決して少なくありません。

他人と触れ合うという事は特別な意味を持っている場合の方が圧倒的に多いからです。

それを雰囲気に流されて放置してしまうと、相手の行動っも「好きならば何をしても許される」とエスカレートしてしまう可能性があります。

言葉にしなくてもするっとかわすこと

もしも相手の男性が立場上ハッキリと拒絶を示し難い相手なら、手を繋がれた状態を維持するのではなく、なるべく早くその手を解いて離れるのが良いでしょう。

言葉にしなくても、するっとかわす事で拒絶の意味を持つ事があります。

あまりに強く握られていたり離して貰えない場合は「ちょっとケータイ確認しなきゃ」などと適当な理由を付けて手を離す様に促してみるのも良いでしょう。

嫌じゃないならお互いの気持ちを確認してみて

手を繋ぐという行為には、好意が存在する事はご理解頂けたと思いますが、それが必ずしも恋愛に発展したいという好意かどうかは別の話になってきますよね。

自分自身が嫌じゃないのなら「どうして手を繋いだの?」と相手にこの関係性を尋ねてお互いの気持ちを確認してみるのも良いでしょう。

自分も相手に好意があるなら握り返すのも良い

付き合っていない男性に手を繋がれて、自分もまんざらではない場合は握られた手を握り返すのも一つの意思表示と言えます。

相手を受け入れているよ、と態度で示す事で女性側からの好意の多少は相手に伝わる事でしょう。

ただし、態度だけでしっかりと意思を確認しないと「私達って付き合ってるの?」という曖昧な関係になってしまう事もあるので注意しましょう。

まとめ

付き合っていないにも関わらず手を繋いでくる男性というのは、シャイな場合と遊び人な場合に別れる事もご理解頂けたと思います。

どちらも好意はあるものの、そこに恋愛感情が含まれるかは全く別物と言えるでしょう。

手を繋がれてドキドキし、雰囲気に長されてしまう女性も少なくありません。

しかし、それだけで終わらずしっかりと二人の関係性を言葉で確認する事が勘違いやトラブルを防ぐ意味で重要だと言えますね。