自分を好いてくれる人と付き合うこと。

そして、自分が好きな人と付き合うこと。

カップルが成立するとき、状況はこのふたつです。

あなたなら、どちらが幸せになれる恋愛だと思いますか?

今回は、恋愛における永遠のテーマ『”好いてくれる人”と”好きな人”付き合って幸せになれるのはどっち?』を取り上げます。

誰もが願うのは、好きな人と両想いで付き合うことかもしれません。

でも、両想いで付き合えるという理想的なパターンは多くはないですよね。

そこで視野に入れておきたいのが、好いてくれる人と付き合うことと、自分が好きな人と付き合うこと。

今回は、それぞれのメリットとデメリットから、幸せになれる恋愛を模索します。

本当に好きな人と付き合うのだけが幸せなの?

付き合うなら好きな人。

そう思っている人は多いはず。

でもそれは、好きな人と相思相愛になることが前提になっていたりしますよね。

好きな人と結ばれるというのは、誰もが理想とする恋かもしれません。

でも現実は、そう簡単にはいかないものですよね。

多くのカップルが付き合うキッカケは、自分が好きで好きで、アプローチして手に入れた恋。

もしくは、相手からアプローチされて付き合う恋。

そのどちらかなのではないでしょうか。

ですから、「好きな人」と付き合うか、「好いてくれる人」と付き合うかは、恋愛において永遠のテーマとなっているのです。

また、幸せになれるのは好きな人と付き合うことで、好いてくれる人と付き合うのは妥協の恋。

そう思っている人も多いのでは?でも、本当に好きな人と付き合うことだけが幸せになれる恋なのでしょうか?

「好いてくれる人」と付き合うメリットとは

できれば好きになった人と付き合いたい。

そう願っても、好きな人と結ばれるとは限りません。

好きな人には振り向いてもらえず、逆に思ってもみなかった人からアプローチされることもあります。

そんな時、その人と付き合うべきか、好きでもない人と付き合って幸せになれるのか?多くの人が迷うはずです。

でも、「好いてくれる人」と付き合うのも、悪いものではありません。

メリットもたくさんあるのです。

今、あなたを好いてくれる人がいて、付き合うかどうか迷っているなら、まずは『好いてくれる人と付き合うメリット』を知るべきです。

結論を出すのは、それからでも遅くありません。

1.どんな自分も愛してくれる


好いてくれる人と付き合うメリットその1は、『どんな自分も愛してくれる』ことです。

あなたを好いてくれる人というのは、あなたがアピールしなくても、好かれようと頑張らなくても、あなたのことを好いてくれる人。

つまり、ありのままの自分を愛してくれる人なんです。

どんな自分も愛してくれる人と付き合えるというのは、恋愛においてメリットになります。

だって、頑張らなくていいのですから。

恋愛するとき、多くの人は相手に好かれようと外見を磨いたり、相手の好みに合わせたりしますよね。

それも恋愛の醍醐味ではあるけれど、偽りの自分を装い続けるのは疲れるときもあります。

それに、頑張った自分を好きになってもらえても、本当の自分を見てもらえない寂しさも湧いてくるかもしれません。

でも、どんな自分も愛してくれる人との恋愛なら、自分を偽らなくていい!これってとても楽で、幸せなことだと思いませんか?

2.付き合ったらどんどん好きになる

好いてくれる人と付き合うメリットその2は、『付き合ったらどんどん好きになる』ことです。

好いてくれる人と付き合うことに対し、多くの人は「自分は好きじゃないのに付き合うのは失礼なのでは?」と思ったり、「付き合っても結局好きになれなかったらどうすればいいの?」と思ったりするのでは?

もちろん、“付き合ってみてやっぱり好きになれなくて別れる”という可能性もゼロではありません。

相手は自分のことを好いてくれているけど、自分は相手を恋愛対象として見ていないなら、その人と恋愛するイメージも湧きませんよね。

でも、付き合ったらどんどん好きになる可能性だってゼロではないんです。

これって、好きな人と付き合う時にも同じことが言えます。

好きで好きで付き合っても、付き合ってみたら「思っていた人と違う」と感じて気持ちが冷めてしまうこともありますよね。

つまり、恋愛は「付き合ってみないと分からない」ということです。

しかも、好いてくれる人と付き合った場合、相手はありのままの自分を全力で愛してくれる人です。

そんなに愛されて、幸せを感じないはずがありません。

自分が好きで付き合う人との恋愛と比べたら、その充足感には歴然の差があるはずです。

その幸せの充足感が、相手を好きになるキッカケになることも。

良い例で言うと、お笑い芸人の庄司智春さんと元モーニング娘のミキティこと藤本美貴さん夫妻。

庄司さんからの熱烈アプローチがようやく実った形で交際がスタート。

今は芸能界のおしどり夫婦とも称される仲良し夫婦になっています。

アプローチを受けても断り続けていたというミキティですが、あきらめない庄司さんに、「こんなに好きになってくれる人っていないんじゃないか」と気持ちが変わったそう。

自分を好きになってくれる人に思われ続けるのって、実はとても幸せなこと。

それを庄司&ミキティ夫妻が証明してくれています。

3.一緒にいて楽

好いてくれる人と付き合うメリットその3は、『一緒に居て楽』なことです。

なぜ好いてくれる人と付き合うと、一緒に居て楽なのか?それはやっぱり、頑張らなくてもいいからです。

楽と言ってしまうと語弊があるかもしれませんが…好いてくれる人と付き合う場合、自分が好かれようと頑張らなくても付き合うことができますよね。

恋愛で苦しいのは、好かれようと頑張るのに、相手と気持ちが通じ合わないことです。

すでに自分を好いてくれている相手となら、自分がその気持ちに応えるだけ。

好かれようと無理をしなくても、背伸びをしなくても、楽な気持ちで相手に向き合うことができます。

楽な気持ちで相手に向き合えると、素直に幸せを実感したり、恋愛そのものを楽しめたりもします。

好いてくれる人との楽な恋愛は、無理をする恋愛よりも、実は“本当恋愛”のカタチなのではないでしょうか。

4.自分を飾らないでいられる


好いてくれる人と付き合うメリットその4は、『自分を飾らないでいられる』ことです。

これもやっぱり、好いてくれる人との恋愛だからですよね。

恋愛ではお互いが好き同士であるのが、普通と言えば普通です。

でも、お互いがお互いを「同じように好きにならなければならない」わけではありません。

好きという気持ちはそれぞれの心の中にあるもので、恋愛において恋人をどれだけ好きでいるかは、ある意味個人の自由です。

好いてくれる人と付き合う場合、相手はあなたの気持ちが小さいことは承知の上。

その相手を無理に好きになろうと頑張らなくても、相手に好かれようと頑張らなくても大丈夫。

自分を飾らずとも受け入れてくれているのが、好いてくれる人なのです。

5.将来が見える

好いてくれる人と付き合うメリットその5は、『将来が見える』ことです。

好いてくれる人とのカップル成立の条件は、自分が好きになればいいだけ。

自分が相手の気持ちに応えれば、もうそこからカップル成立です。

好きな人と付き合うことを考えたら将来が見えませんが、好いてくれる人となら将来が見えてくるのです。

もちろん、この将来は“結婚”を視野に入れた場合も同じです。

好きな人となんとか付き合えても、そこからさらに、好きになってもらう努力をしなければなりません。

でもどんなに頑張っても、「やっぱり好きになれない」と関係を解消される可能性もあります。

付き合って、結婚して…という将来が見えてこないのです。

それが無いのが、好いてくれる人と付き合うメリットです。

付き合って、相手をどんどん好きになって結婚して…。

そんな将来が見えてくるのって、とても安心感がありますよね。

それに、結婚したら「愛されていたほうが幸せ」とはよく聞きます。

一生相手を振り向かせ続けるか、相手に惚れられ続けるか…そう考えれば、将来が見えるのは好いてくれる人なのではないでしょうか。

6.大切にしてくれる

好いてくれる人と付き合うメリットその6は、『大切にしてくれる』ことです。

好いてくれる人というのは、あなたに好かれたいと思っている人です。

あなたが好きな人に対する気持ちや態度を考えれば分かるはず。

とても大切にするし、相手に尽くしますよね?好いてくれる人は、あなたが好きな人にそうするように、あなたをとても大切にしてくれる人なのです。

恋人にとても大切にされるということほど、恋愛で幸せを感じることはないはずです。

自分が相手に尽くすのは時に苦しみを伴いますが、大切にされるのは、ただただ幸せなだけ。

そんな恋愛を提供してくれるのが、好いてくれる人です。

これをメリットと呼ばず、何と呼ぶのでしょうか。

7.浮気の心配がない

好いてくれる人と付き合うメリットその7は、『浮気の心配がない』ことです。

相手は自分のことが好きな人。

両想いになれなくてもアプローチしてくれる人ですから、浮気の心配はご無用です。

恋愛しているときの、多くのカップルの懸念事項。

それは浮気問題ですよね。

恋人がいれば恋人に尽くし、尽くされるのが当然の権利と思いがちですが、実際には、法的に認められた夫婦になってもなお、浮気する人がいるんです。

いくら付き合うと約束しようとも、結婚して夫婦になろうとも、浮気の心配は付きまとうものです。

そんな心配をすることなく、信用して付き合うことができるのが好いてくれる人。

自分が好きになった人なら浮気をされるかもしれませんが、相手はあなたと付き合いたくてたまらなかった人です。

浮気の心配は限りなくゼロに近いでしょう。

浮気の心配をすることなく、相手が自分にゾッコン。

これ以上安心して付き合える相手はいないのではないでしょうか。

8.優位に立てる

好いてくれる人と付き合うメリットその8は、『優位に立てる』ことです。

恋愛では対等な関係で居られるのが一番ですが、対等で居られる相手と付き合える機会は、そう多くはないかもしれません。

どちらかが優位になり、どちらかが弱い立場になってしまいがちです。

それならば、できれば自分が優位な立場でいたいもの。

それができるとしたら、自分を好いてくれる人との恋愛なのです。

自分が好きになった相手だと、どうしても自分の立場が弱くなります。

相手に好きになってもらうよう努力するのも自分。

嫌われないよう怯えるのも自分。

常に相手の気持ちが分からなくて、不安で居るのも自分です。

好きという気持ちは大切にしたいけど、それで自分を押し殺す恋愛になるのなら、幸せにはなれませんよね。

それならば、相手に好かれ、大切にされる優位な立場で恋愛したほうがよほど幸せになれるはずです。

優位に立てるというと聞こえは悪いですが、あなたがそれを悪用しなければいいだけです。

「幸せになれる恋愛をする」と考えれば、好いてくれる人と付き合うことにも罪悪感を持たずにいられるのではないでしょうか。

「好いてくれる人」と付き合うデメリットとは

好いてくれる人と付き合うメリットはたくさんありますが、もちろんデメリットも、ないわけではありません。

このデメリットをどう感じるかはあなた次第。

こんな恋愛は嫌!と感じた場合は、好いてくれる人との恋愛は向いていないのかもしれません。

1.相手の好きが大きいと重い

好いてくれる人と付き合うデメリットその1は、『相手の好きが大きいと重い』ことです。

好いてくれる人は、自分を愛してくれる人です。

でも、その愛が時には重く感じてしまうこともあるのかも…。

好いてくれる人と付き合う場合、その始まりは「相手が自分を好いてくれて、自分の気持ちはそれほどでもない」という状況になりがちです。

となれば、相手はあなたに振り向いてもらおうと必死になるかもしれませんよね。

それを幸せに感じられればいいですが、度を越していると重くもなりますよね。

相手がどの程度の愛情表現をしてくるか、それは付き合ってみる前から何となく想像できるはず。

アプローチの段階で気持ちが重すぎるなら、付き合うのも気が重いですよね。

2.好きになれない可能性もある

好いてくれる人と付き合うデメリットその2は、『好きになれない可能性もある』ことです。

メリットでご紹介したように、「付き合ったらどんどん好きになる」とは限りません。

付き合ってみて「やっぱり好きになれない」可能性もあります。

付き合ってみないと分からないことですが、「試しに付き合ってみるか」と簡単にはいきませんよね。

好いてくれる人が相手だとしても、付き合うにはパワーがいるし、もし好きになれなくて別れたい場合、さらなるパワーが必要です。

もちろん、そうなってしまう可能性がある以上、付き合うのは相手に失礼だと感じる人もいるでしょう。

自分が相手を好きではない以上、自分の気持ちがどうなるか分からないのはデメリットにもなります。

好きな人と付き合うのなら、自分の気持ちだけはハッキリしていますからね。

「好きな人」と付き合うメリットとは

「好いてくれる人と付き合う」という恋愛のカタチがある一方、チャンスがあるなら逃したくないのが「好きな人との恋愛」ですよね。

形勢不利に思われる好きな人との恋愛ですが、付き合ったらメリットもたくさんあるんです。

ここからは、好きな人と付き合う場合のメリットをご紹介します。

好きな人にOKをもらわない限り実現しない「好きな人と付き合う」ということ。

その夢がかなった先には、どんなメリットがあるのでしょうか。

1.ドキドキする

好きな人と付き合うメリットその1は、『ドキドキする』ことです。

相手は自分が恋焦がれている好きな人です。

付き合えたら、最高にハッピーですよね。

恋人と会うたびにドキドキ、連絡を取るたびにドキドキ…。

そうしたドキドキする気持ちを味わえるのは、好きな人と付き合う醍醐味です。

ドキドキときめく気持ちは、人を美しく、ポジティブにも変えてくれます。

ドキドキ感を味わえるだけでも楽しく幸せを感じられるので、たとえ相手が自分のことをそこまで好きじゃなくても、楽しい気分で恋愛ができるのです。

好きな人と付き合うというのは、憧れの人と近い存在になるということ。

夢心地になれるというのは、好きな人と付き合うメリットなのです。

2.付き合えた時の達成感

好きな人と付き合うメリットその2は、『付き合えた時の達成感』があることです。

自分が好きでアプローチして、ようやくOKをもらえて付き合えた!ずっと付き合うことを目標にして頑張ってきたのですから、その達成感は相当なもののはず。

好いてくれる人と付き合うのでは決して味わえない、満足感のようなものがありますよね。

もちろん恋愛は、付き合うことがゴールではなくはじまり。

付き合えたことの達成感を味わって終わりではありません。

それでも、人の気持ちを動かすだけ努力できたこと、自分の気持ちに振り向いてもらえたこと、そのときの気持ちは、かけがえのないものになります。

それに、その努力や気持ちを感じたからこそ、相手の気持ちも動いたのです。

それだけ人に気持ちを向けられる経験って、人生でそうあるものではありません。

相手だって幸せを感じているはずだし、付き合ってからはその思いに応えようとしてくれるはずですよね。

付き合えた時の達成感。

それだけ人を好きになり、努力して相手を振り向かせることができたこと。

こんな経験ができるのも、好きな人と付き合うメリットなのではないでしょうか。

3.なんでも許せる

好きな人と付き合うメリットその3は、『なんでも許せる』ことです。

相手は好きな人ですから、ちょっとくらい「あれ?」と思うところがあっても、ちょっとくらい不満に感じるところがあっても、なんでも許せてしまうもの。

何でも許せるということは、不満も少ないということ。

つまり、相手とぶつかることも無いということです。

許してしまうというのは、一種の我慢。

ですが、好きな人を許せるその感情は、苦痛を伴う我慢とは違います。

なんでも許せる相手がもっと愛おしく、そこに許しちゃう自分がいることすら楽しく感じてしまうのです。

これって、とっても幸せなこと。

しかもお互いに幸せになれるのですから、なんでも許せるのはメリットとしか言いようがありませんよね。

4.自分磨きを頑張れる

好きな人と付き合うメリットその4は、『自分磨きを頑張れる』ことです。

好きな人と付き合うと、相手にも自分を好きになってもらおうと頑張りますよね。

もし好きになってもらえなかったら別れを告げられる可能性もあるのですから、付き合っても気が抜けません。

それを苦痛に感じる人もいるかもしれませんが、好きな人と付き合うのを目標とするポテンシャルがある人にとって、自分磨きはあまり苦にはなりません。

むしろ、自分磨きをして、どんどんアップデートされていく自分を見るのも楽しいんです。

特に女性は、好きな人に振り向いてもらうために自分を磨き、それによって美しくなっていくことにも喜びを感じられます。

女性はいつだって美しくいたいので、綺麗になっていくだけで楽しいし満足できるのです。

ですから、好きな人と付き合うことで、より自分磨きを頑張れるのはメリットなのです。

好きな人と恋愛できて、自分も磨かれていくのですから、それほど楽しいことはないかもしれません♡

5.仕事も勉強も頑張れる

好きな人と付き合うメリットその5は、『仕事も勉強も頑張れる』ことです。

好きな人と付き合うと、まず自分に自信が持てますよね。

そして、好きな人にもっと自分を好きになってもらおうと前向きにもなれます。

そうやってモチベーションがあがり、全ての事に前向きに取り組めるようになるのもメリットです。

好きな人と付き合える、その事実があるだけで幸せだし、幸せ気分でいればなんだって楽しく感じられます。

そうなれば、恐いものはありません!仕事も勉強も、途端にうまく回りだすようになるから不思議です。

好きな人と付き合うことで、他のいろんなことにも前向きに頑張れるようになるのは、大きなメリットなのです。

6.連絡がくるだけで幸せ

好きな人と付き合うメリットその6は、『連絡がくるだけで幸せ』になれることです。

付き合うと、連絡を取り合うようになりますよね。

それは、付き合うまでずっと夢見ていたことです。

それが実現し、好きな人から連絡がくる。

それだけで幸せを実感できるのも、メリットなのです。

自分を好いてくれる人から気持ちを向けられるのも嬉しいものですが、相手が自分の好きな人ならもっと嬉しくなることは言うまでもありません。

LINEがくるたび、電話が鳴るたびにドキドキして、繋がれる喜びを噛みしめる…♡そんな毎日があるだけでテンションは上がりっぱなしです!

相手が連絡をしてくれるだけで、一緒に幸せも運んできてくれる。

そんな恋愛は、誰もが思い描いているカタチなのではないでしょうか。

「好きな人」と付き合うデメリットとは

付き合うという事実だけで、幸せ気分いっぱいになれる、好きな人と付き合うということ。

メリットしかないようにも感じますが、やはりデメリットもあるのです。

幸せ気分だけを味わっていられない、そのデメリットとは?

ここからは、好きな人と付き合うデメリットをご紹介していきます。

このデメリットを感じても、それでも幸せでいられるか…。

それは、あなたの心の持ちよう次第。

デメリットを踏まえて、何が自分にとっての幸せなのか、じっくり考えてみましょう。

1.素が出せない

好きな人と付き合うデメリットその1は、『素が出せない』ことです。

好きな人と付き合う場合、やはり相手にも好きになってもらいたいし、好きでい続けて欲しいと思いますよね。

そのため、自分をより良く見せようと努力する人が多いはず。

つまりそれは、いつもの自分ではなく、背伸びしている自分で付き合うということです。

一度背伸びした自分を見せてしまうと、「その自分でいなければ相手を繋ぎとめられない」と不安になってしまうもの。

そのため、付き合うようになってからも、素の自分を見せられないのです。

素の自分とは、背伸びせず、無理もしていない自分ですよね。

人は素でいる時が、1番楽で安心できるもの。

それが出せないということは、常に緊張している状態。

緊張状態が続くのは次第にストレスになっていきます。

好きな人と付き合っても、素の自分を出せずにストレスを感じてしまうとしたら?せっかくの恋愛も楽しいものではなくなってしまいますよね。

2.自分を偽ってしまう

好きな人と付き合うデメリットその2は、『自分を偽ってしまう』ことです。

これは素の自分を出せないのと同じ。

素の自分を出せない代わりに、偽りの自分になってしまうということです。

好きな人と付き合うことで自分を偽ってしまうのは、相手によく思われたいからです。

相手の気持ちを振り向かせたいので、より相手の気に入るような自分を演じてしまうのです。

それで好きな人に振り向いてもらえたとしても…心にはわだかまりが残るはず。

偽りの自分と付き合ってくれた彼を騙しているような気持ちに苛まれたり、本当の自分を見てもらえないことに寂しさを感じたり。

最初は自分のためにしていたことなのに、次第にそれが自分を苦しめることになるのです。

3.好きすぎて辛い

好きな人と付き合うデメリットその3は、『好きすぎて辛い』ことです。

“恋は盲目”なんて言われます。

恋をすると、時に周りも自分も見えない状態に…。

とくに相手を好きすぎると、我を失ってしまうことがあるのです。

一見すると幸せな悩みのようにも思えますが、それが自分を苦しめることも。

恋愛で相手を好きすぎると、相手の事ばかりを考えてしまいますよね。

これは悪いことではありませんが、度を超すと自分の生活まで脅かすようになるのです。

恋愛していても、恋人とすべての時間を一緒に過ごすわけではありません。

デートする時間もあれば、それぞれが仕事や勉強をする時間もある。

友達や家族と過ごす時間、プライベートな時間…。

別々に過ごす時間は意外と多いものです。

だけど、1日中好きな人のことを考えていたら?仕事も勉強も手につかなくなるかもしれません。

好きな人と付き合えるというメリットの代わりに、その他の生活を失っていく…。

それが、好きな人と付き合うデメリットにもなるのです。

相手を好きすぎる気持ちは、人を狂わせることがあります。

好きすぎる人と付き合うと、それが辛く感じてしまうこともよくあります。

4.嫉妬してしまう

好きな人と付き合うデメリットその4は、『嫉妬してしまう』ことです。

相手を好きすぎると、その相手を独占したくなりますよね。

相手の全てを自分のものにしたい欲求が強すぎて、嫉妬しがちになるのです。

相手の浮気はもちろん許せませんが、彼が自分以外の女性と会話するのも嫌。

しまいには、自分を置いて他の友達と遊びに出かけるのも、仕事を優先されるのも許せなくなったりします。

このように、自分以外に彼が大切にするものに嫉妬しだすと、相手を束縛するだけではなく自分も辛いです。

嫉妬しながら幸せを実感できることはなく、せっかく好きな人と付き合っているのに、心はすさんでいってしまいます。

5.都合のいい女になってしまう

好きな人と付き合うデメリットその5は、『都合のいい女になってしまう』ことです。

好きな人と付き合うという場合、どうしても立場は弱くなります。

とくに、自分が相手を好きで、一生懸命アプローチして付き合えた場合…。

「付き合ってもらっている」という感覚になります。

また、相手の気分次第で関係が終わるかもしれないという、一種の強迫観念に晒されている状態になってしまうのです。

カップルの運命が相手に握られている状態では、嫌われないよう、常に相手に気を遣わなければなりません。

つまり、相手にとって都合のいい女になってしまうのです。

いくら好きな人と付き合えても、都合のいい女でいなければふられるという状況では、幸せになんてなれませんよね。

もちろん、相手がそんな脅迫をしてくるのは稀。

だけど、自らが恐怖感から、都合のいい女に成り下がってしまうということです。

女性は愛されてこそ幸せになれる生き物です

いかがでしたか?

今回は、『”好いてくれる人”と”好きな人”付き合って幸せになれるのはどっち?』を考えてきました。

どちらにもメリットとデメリットがあり、どちらがより幸せになれるかは、それぞれの価値観次第なのかもしれません。

どちらにしても、女性なら愛されてこそ幸せになれるもの。

愛される実感を与えてくれる相手を選ぶことが、幸せへの近道になるのではないでしょうか。