私たちが使っている日本語には、非常に難しい意味合いを持っている言葉などがたくさん存在しています。

相手と会話をしている時や、何かしらの文章などを読んでいる時に意味がわからないような言葉で出会ったりすることがありませんか?

特に、日常的にあまり使わないような言葉などに関しては、見たり聞いたりする機会などが少ないこともあり、意味がわからなくなってしまいやすくなります。

なので、あまり日常的に使用されることがない言葉などは、特に注意が必要であるといえます。

しかしながら、あまり使われなかったとしても、使用される可能性がある言葉に関してはある程度意味や使い方などを知っておく必要性があります。

なぜならば、様々な人と会話をしたり、資料などを読んだりするときに意味が分からないと意味を理解することができずに困った状況になってしまいやすいからです。

特に相手との意思疎通がうまく行えないと、様々な支障につながる可能性もありますので、早い段階で克服しておく必要性があるといえます。

そこで、今回は日本語の中でも特に難しい言葉が多く存在している四文字熟語に焦点を当てて、脚下照顧という言葉について触れていきたいと思います。

脚下照顧という言葉の意味や使い方などを詳しくご紹介していきますので、意味や使い方がわからない人はこの機会にマスターできるようにしておいてください。

「脚下照顧」とは

あなたは脚下照顧という言葉をこれまで聞いたことがありますか?

おそらく、聞いたことがあると答える人のほうが少ないと思います。

それくらい、脚下照顧という言葉は使用されることがあまりない言葉だといえます。

しかしながら、全く使われない言葉なのかと問われるとそうではなく、意外と使われたりする機会がある言葉でもあります。

会話などではなかなか聞く機会はないですが、文章などにおいては用いられたりする機会などが多かったりするので、意味を正しく理解しておくことはとても重要です。

ただ、先ほどもお伝えした通り、日常的に触れたりする機会自体はあまり多くない言葉なので、意味を理解する機会が乏しいのが現実です。

さらに、脚下照顧という言葉を見ていただければわかる通り、そもそも使用されている漢字などが非常に複雑で難しい言葉でもあります。

言葉の中には、用いられている漢字などから意味合いを推測することができる言葉なども多くありますが、脚下照顧はまず推測するのが難しいです。

だからこそ、意味がわからなくなってしまったり、難しい漢字だと思われて敬遠されてしまいがちになってしまいます。

そこで、まずは脚下照顧という言葉の意味を知り、どのような意味を持っている言葉なのかという基本的なことを学ぶ所からはじめてみましょう。

読み方「きゃっかしょうこ」

脚下照顧という言葉を見てすぐに呼び方がわかる人はあまり多くはないと思います。

なぜならば、脚下照顧という言葉は一見すると難しい漢字に見えてしまいますので、読み方や意味が推測しにくく感じてしまいやすいからです。

しかしながら、知ってみればかなり簡単な意味や読み方でもありますので、まずは読み方について理解してみましょう。

脚下照顧という言葉の読み方は「きゃっかしょうこ」という読み方になります。

全てを繋ぎ合わせて考えてみると難しく感じますが、使われている漢字を分解して考えてみるとそこまで難しくありません。

まず、脚下照顧という言葉を脚下と照顧に分けて考えてみてください。

そうすると、脚下はそのまま「きゃっか」、そして照顧は「しょうこ」と読めるようになるはずです。

照顧という言葉の意味が若干複雑で難しいですが、脚下という言葉自体はそれほど難しくはありません。

ある程度意味も推測できるので、まずは漢字を分解して理解することを覚えておきましょう。

意味

脚下照顧という言葉の読み方について理解いただけたところで、ここからは脚下照顧という言葉の意味合いについてご紹介していきたいと思います。

脚下照顧という言葉の意味としては「自分の足元をよくよく見よ」という意味合いが存在しています。

これはどういうことなのかというと、簡単に言えば自分のことをよくみつめなさいという言葉の意味だと解釈することができます。

人は意外と周りのことばかりを気にしていたりして、自分のことを確認したりするのがおごそかになってしまったりしやすい生き物です。

なので、自分のことは棚に上げて、人のことばかり気にかけてしまいやすくなります。

ただ、それは他人に対してだけ厳しくなってしまったりし、自分に対して甘くなってしまうということを招いてしまいます。

なので、他人のことばかりを見ずに自分の足元もしっかりと確認しなければいけないという意味合いで脚下照顧という言葉は使用されているのです。

他に対して理屈を言う前に自分の足元をよく見ろ

脚下照顧という言葉のほかの意味として「他に対して理屈を言う前に自分の足元をよく見ろ」という意味が挙げられます。

先ほどご紹介した「足もとをよくよく見よ」という言葉の意味とかなりに多様な意味合いとして解釈することができます。

もともと脚下照顧という言葉は禅家の語として知られています。

つまり、禅宗などの宗教で用いられている言葉であり、僧侶の人などが扱かったりする言葉でもあります。

なので、悟りという言葉とどこか近い関係性を持っている言葉でもあるということを考えてみると、より意味合いや使い方などが理解しやすくなるはずです。

自己反省を促す意で用いられる

脚下照顧という言葉の意味を考えてみた時に、どのようにして使われるのかというと、ほぼ自己反省を促す場面で用いられるといえます。

先ほどお伝えした通り脚下照顧という言葉に関しては自分の行いをよく見つめなさいという言葉の意味を持っています。

つまり、人に対して物申す前に自分の行いをよく見つめ直してから物事を考えなければいけないという意味として用いられたりすることがほとんどなのです。

あなたの周りにも、自分の行いに対しては盲目的なのに、人の行いに対しては口うるさく口出しをしてくるような人はいませんか?

必ずそのような人は嫌われますし、自分の行いをしっかりと見つめなおすことができない人は優れている人であるとはいいがたい部分があります。

だからこそ、人に何かを言うのであれば、まずはそれを自分がこなせるようにならないといけないという意味合いで用いられることが多いです。

注意すること

脚下照顧という言葉を用いる上で気を付けなければいけないことがいくつか存在しています。

その中でも、特に気を付けていただきたい部分が脚下照顧という言葉に用いられている漢字です。

脚下照顧という言葉には、自分の足元をよくみなさいという意味がありますので、用いられている漢字は足元を意味する脚下という言葉が存在しています。

しかしながら、脚下照顧という言葉を漢字で用いる場合、脚下という漢字を却下という言葉で用いてしまったりする場合があります。

ただ、これは間違いであり、さきほどもお伝えした通り、足元を意味する脚下を用いなければいけません。

脚下照顧という言葉は難しい漢字を用いているので、どうしても用いる漢字を間違えてしまいやすくなります。

それを防ぐためにはまずはその言葉の正しい意味合いを推測しながら漢字を書くことを意識しなければいけません。

意味を正しく理解していれば脚下照顧という言葉の漢字を間違えたりすることは必ず少なくなります。

なので、まずは意味を想像しながらどのような感じを用いるのかということを連結させて想像するようにしてみてください。

「脚下照顧」の類語や関連語


ここまでは脚下照顧という言葉の意味や、注意していただきたいことなどについてご紹介していきました。

ある程度脚下照顧という言葉について理解いただけたところで、ここからは脚下照顧という言葉と似ている意味を持つ類語や関連している言葉などについてご紹介していきます。

脚下照顧という言葉は、難しい言葉だと思われがちですが、意外と意味を理解しておけばそこまで難しい言葉ではありません。

しかしながら、同じような意味を持っている言葉が複数存在しており、普段なかなか用いないということもあるので、注意して使用することが求められます。

正しい使い分けができるように、まずは同じような意味を持っている言葉をいくつか併せてインプットしてみましょう。

1.足下を見なさい

脚下照顧という言葉について考えた時に、まず連想される基本的な意味合いとしては「足下を見なさい」という意味が存在しています。

先ほどもお伝えした通り脚下照顧という言葉に関しては「自分の足下をよくよく見よ」という意味が存在している言葉です。

足元を見るということは、言い換えてみれば自分の行いをよく考えてみなさいという意味として用いられるようになります。

つまり、足下を見なさいという意味で使用されるようになるのですが、足元を見るという言葉の意味を考えてみれば、いくつか同じ意味合いを持った言葉が連想されます。

まずは一番基本的な意味合いにあたるこの意味合いと同じような意味を持った言葉をいくつかご紹介していきます。

使い分けの参考や、同じ意味の言葉を把握するという意味も込めて、類語について理解してみましょう。

照顧脚下

足下をみなさいという言葉の意味を想像したときに、連想される言葉の一つとして「照顧脚下」という言葉が挙げられます。

この言葉に関しては難しく考える必要性はなく、これまでご紹介してきた脚下証拠という言葉に使われている漢字が逆になっているという特徴を持っています。

もちろん意味合いとしてはそこまで変わらず、ほぼ同じような意味で解釈することができます。

深い意味を考えてみれば、脚下とは自分の足下であり、足下を考えてみれば、自分の立ち位置がしっかりと分かるようになります。

自分の立ち位置を理解することによって自分の立場を理解し、それをよく道を上げて物事に対して当たるようにしなければいけないという心構えを意味しています。

私たちは日常的に様々な出来事に流れてしまい、なかなか自分のことを見つめなおしたりするような機会が乏しくなっています。

他人のことは目に入ったとしても自分のことは目に入りにくくなりますので、当然自分の行いが盲目的になってしまうということがあります。

だからこそ、時には自分を見つめなおす必要性があるということで、この言葉が用いられるようになっているのです。

つまり、脚下照顧という言葉は照顧脚下という言葉の類語であるということを理解しておきましょう。

看脚下

足下をみなさいという言葉の意味を想像したときに、次に連想される言葉の一つとして「看脚下」という言葉が挙げられます。

看脚下という言葉はどのような意味なのかといいいますと、意味合いとしては「足下を見よ」という意味合いで解釈することができます。

難しい漢字なのでなかなか日常生活の中で用いられたりすることが少ない言葉ではありますが、意味はそこまで難しくなく、脚下照顧と同じ意味合いで用いられます。

一般的に脚下照顧という言葉と照顧脚下、そして看脚下はすべて同じ意味合いで用いられ、類語として扱われています。

なので、同じ意味合いで用いることができるということを覚えておきましょう。

ちなみに、「己の立脚するところを見失うな」「常に自戒せよ」というような意味合いでも用いられることがあるので、複数の意味があるということも覚えてください。

2.転じて、履物をそろえましょうと標準的に使われている


脚下照顧という言葉に関連している言葉を考えた時に「転じて、履物をそろえましょう」という言葉が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほども伝えた通り脚下照顧という言葉に関しては自分の足下を見つめなさいという意味合いで用いられています。

自分の足下を見つめるという言葉を考えた時に、一般的には自分の行いなどを振り返りなさいという意味で解釈することができます。

しかしながら別の言葉の意味合いとして、転じて自分の履物をそろえましょうという意味でも用いられることがあります。

例えば、マナーや作法の一つとして、自分の靴を脱いだ時には自分の靴をそろえるということが考えられますよね。

脱いだ靴がぐちゃぐちゃになっていたり、向きがそろっていなかったりするとどうしても見栄えが悪くなってしまいますし、マナー違反だととらえられるようになります。

そこで、自分の足下を見つめなさいという意味が転じて、履物をそろえるという意味で脚下照顧は使われる場合があります。

自分の行いを振り返るという基本的な言葉の意味から転じて、別の意味合いでも用いられるということをこの機会に理解しておきましょう。

3.連想される言葉

ここまでは脚下照顧という言葉の類語や関連している言葉などについてご紹介していきましたが、ここからは連想される言葉についてご紹介していきます。

これまでご紹介してきた類語はあくまで一部分にしかすぎず、脚下照顧という言葉の類語はまだまだ多く存在しています。

類語を理解すれば、どのような場面でどのような言葉を使うべきなのかという判断がつくようになりますし、言葉のボキャブラリーも増えるようになります。

表現にも幅を持たせることができるようになり、語彙力を上げることができるようになるはずです。

語彙力が上がれば、言葉のセンスなどにも紐づいてくるようになりますので、この機会に様々な表現をできるように類語をいくつか把握しておきましょう。

戒心する

まずはじめにご紹介する脚下照顧の関連性のある言葉として「戒心する」という言葉が挙げられます。

なぜ戒心するという言葉と脚下照顧という言葉が関連性のある言葉にあるのかというと、まずはそれぞれの意味合いを考える必要性があります。

まず、脚下照顧という言葉は先ほどもお伝えした通り「自分の足下をよくよく見よ」という意味を持っている言葉です。

また、「他に対して理屈を言う前に自分の足元をよく見ろ」という意味も持ち合わせている言葉です。

つまり、脚下照顧とは人のことを言う前にまずは自分自身を顧みることを意味している言葉なのです。

そして、戒心するという言葉の意味を考えてみると「油断しないこと、用心を怠らないこと」を意味している言葉です。

一見すると因果関係がないように感じるかもしれませんが、根本的な意味を考えてみると通づるところが存在する言葉同士だといえます。

例えば、脚下照顧の意味を考えてみると、自分もそうならないように気を付ける必要性がある、常に油断をしないようにするという根本的な意味が見え隠れしていますよね。

なので、結果的に脚下照顧という言葉と戒心するという言葉はある程度連想される言葉であり、同じような意味を持っている言葉であると考えることができます。

また、同じ読み方であり、別の漢字を用いられている「改心する」という言葉ともかなり似た意味を持っているといえます。

改心するという言葉はその漢字の通り、「今までの行いを反省し心を改めること」という意味を持っています。

どちらかといえば、改心するという言葉のほうがより脚下照顧の意味合いとしては近い意味を持っているといえます。

どちらの言葉も同じ読み方なので、区別が難しいですが、関連性のある言葉として覚えておくようにしてください。

克己

次にご紹介する脚下照顧の関連性のある言葉として「克己」という言葉が挙げられます。

克己という言葉は、普段見慣れない漢字なので、読み方自体がよくわからないという人もいると思います。

克己という言葉は「こっき」と読み、どのような意味かといいますと、「自分に打ち勝つこと、心の中に起こる衝動、欲望を意志の力によって押さえつけること」という意味です。

少し難しい意味を持っていますが、この意味を考えてみると脚下照顧という言葉の意味とむずび付きが想像できるはずです。

そもそも脚下照顧という言葉は、足下をよく見なさいという意味で用いられ、自分自身をよく見なさいという意味でつかわれます。

つまり、自分自身を見つめ、自分を問う必要性を示している言葉だといえます。

そして、自分を見つめるということは、本来あるべき自分になりなさい、自己調整をしなさいという目的があります。

なので、結果的に自分に打ち勝ったり、様々な衝動などを意志の力で押さえるという意味と関連性のある言葉になっているといえます。

一見すると関係性がないような言葉同士かもしれませんが、根本的な意味合いを考えてみると、意外なつながりがある言葉同士なのです。

この関係性を理解し、それぞれの言葉を結び付けて覚えてみてください。

自省する

次にご紹介する脚下照顧の関連性のある言葉として「自省する」という言葉が挙げられます。

自省するという言葉も、普段あまり用いたりする機会は少ないかもしれませんが、脚下照顧と関連性のある言葉の一つだといえます。

まず、自省するという言葉の意味として「自分の言動を反省すること、自分の過去の言動やあり方を振り返ってその可否、善悪などを考えること」を意味しています。

まず意味自体が脚下照顧とかなり似たような意味を持っている言葉がこの時点でわかるはずです。

脚下照顧は自分の足下を見る、つまり自分自身を見つめなおすことを意味している言葉です。

そして、自省するという言葉も、同じように自分自身を振り返ることを意味している言葉です。

自分自身を見つめ直す場合どのような方法で見つめ直すかといえば、やはり自分の言動、立ち振る舞いを振り返ることだといえます。

それが本当に良いことなのか、そうあるべきだったのかと自分自身に対して投げ抱えて、問いただすことが自分を振り返ることにつながります。

なので、脚下照顧と自省するという言葉は関連性のある言葉であり、この両者は類語の関係性でもあるといえます。

自らの心の声に耳を傾ける

次にご紹介する脚下照顧の関連性のある言葉として「自らの心の声に耳を傾ける」という言葉が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、脚下照顧という言葉の意味を考えてみればすぐに理解できるはずです。

脚下照顧という言葉は自分を見つめ直すという意味になるので、自分自身に対して様々な疑問を投げかけたり、問いただしたりすることが主な意味です。

そして、自分自身を振り返ったり、見つめ直すという行動は言い換えてみれば、自らの心の声に耳を傾けることであると考えることができます。

振り返る際には、自分の心はどう感じているのか、どうあるべきだと言っているのか、よく考える必要性がありますよね。

そして、自分自身が納得できるような答えを見つけることが振り返ることであり、まさに脚下照顧であると考えることができます。

なので、脚下照顧という言葉と自らの心の声に耳を傾けるという行為に関しては関連性がある言葉同士であるといえます。

言葉というよりかは行動に該当していますが、同じような意味を持っている類語としての役割なども両者は果たしているといえるでしょう。

振る舞いを思い返す

次にご紹介する脚下照顧の関連性のある言葉として「振る舞いを思い返す」という言葉が挙げられます。

なぜ脚下照顧という言葉と振る舞いを思い返すという言葉が関連性があるのかと言うと、脚下照顧の意味と類語であるといえるからです。

振る舞いを思い返すという言葉を考えてみると、単純に自分の行動や言動などを思い返すという意味として解釈することができますよね。

つまり自分の行動や言動などを思い返すという言葉自分の過去を振り返るという行動につながります。

それは結果的に自分自身を振り返るということにつながりますので、脚下照顧という言葉の意味と同じような意味だということになります。

なので、脚下照顧という言葉と振る舞いを思い返すという行為は同じ意味を持っている言葉になり、関連性のある言葉になるといえます。

目を向ける

次にご紹介する脚下照顧の関連性のある言葉として「目を向ける」という言葉が挙げられます。

なぜ脚下照顧と目を向けるという言葉が関係性があるのかというと、目を向けるということは見つめるということになります。

もちろん、目を向ける対象などは様々な存在する場合がありますが、これが自分自身だったと考えると、まず両者の意味は同じような意味になるはずです。

なぜならば、脚下照顧は自分自身の行動や言動などを見つめなおすという意味が存在しています。

なので、自分に目を向けるという言葉を考えてみると、同じ意味につながるようになります。

なので、対象次第ではありますが、目を向けるという言葉は結果的に脚下照顧と関連性のある言葉であると判断することができます。

胸に手を当てて考える

次にご紹介する脚下照顧の関連性のある言葉として「胸に手を当てて考える」という言葉が挙げられます。

なぜ脚下照顧という言葉と胸に手を当てて考えるという行為が関連性があるのかと言うと、胸に手を当てて考えるという行為の意味が脚下照顧と密接な関係にあるからです。

一般的に考えて、胸に手を当てて考えるという言葉は自分自身の立ち振舞いなどを振り返ったりする時に用いられる表現方法です。

例えばよくあるセリフとして、相手に反省などを求めたりする際に「自分の胸に手を当ててよく考えてみろ」という言葉を使ったりする場面があると思います。

これは自分の過去の行動や言動などを良く振り返ってみなさいという言葉の意味で用いられています。

つまり脚下照顧という言葉と胸に手を当てて考えるという行為に関しては関連性があり、同じような意味を想像させる言葉であるといえます。

「脚下照顧」の使い方・例文

ここまでは脚下証拠という言葉の類語や関連性のある言葉をいくつかご紹介していきました。

ある程度脚下照顧という言葉を理解いただけたところで、ここからは脚下照顧という言葉の具体的な使い方についてご紹介していきたいと思います。

脚下照顧という言葉は、どうしても難しい印象を与えてしまいがちな言葉なので、あまり日常生活の中では用いられなかったりする言葉でもあります。

また、難しい印象だからこそ、敬遠されて理解されにくかったりするような特徴も持っています。

しかしながら、いざというときに使い方や意味を知らなかったりすると困ってしまう事態が発生する可能性にもつながります。

なので、意味だけではなく正しい使い方についても覚えておくようにしてください。

落ち着いて脚下照顧すれば、道も開けるだろう

まずはじめにご紹介する脚下照顧という言葉を使った例文は「落ち着いて脚下照顧すれば、道も開けるだろう」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「落ち着いて自分の足下を見つめなおしてみれば、道は開けるはずだ」という意味として解釈することができます。

長い人生を歩んでいれば、これから自分が何をするべきなのか、自分はどうあるべきなのかということに関して迷ったりすることがあると思います。

それはプライベートにおいてもありえる話ですし、ビジネスの場面においてもあり得る話だといえます。

常に人は迷いながら、様々な選択肢の中から自分で答えを選択し、人生を歩んでいます。

しかしながら、時にはじっくり考えて決断を出したりしなければいけない場面があるはずです。

そのような時には、脚下照顧という言葉を使って、自分を見つめなおすことの重要性などを説いたりすることができます。

脚下照顧という言葉の基本的な使い方の一つとして覚えておきましょう。

日頃より脚下照顧の精神を忘れないようにしている

次にご紹介する脚下照顧という言葉を使った例文は「日頃より脚下照顧の精神を忘れないようにしている」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言いますと「普段から自分のことを見つめ直す精子を忘れないようにしている」という意味で解釈することができます。

脚下照顧という言葉は基本的に自分のことを見つめ直すという意味で用いられることが一般的です。

なので自分のことを見つめ直すという言葉をそのまま当てはめて使っていただければ、そこまで難しい使い方が求められることはありません。

この例文に関しても自分のことを見つめ直すという言葉をそのまま脚下照顧という言葉に変換して使用しているだけです。

意味自体もそこまで難しくはありませんので、自分を見つめなおす必要性を伝える際には、基本的にどのような場面でも文章に組み込んで用いられるといえます。

脚下照顧の正しい意味を理解しよう

今回は脚下照顧という言葉をテーマにして、脚下照顧という言葉の意味や使い方、類語や関連性のある言葉についてご紹介していきました。

脚下照顧という言葉はかなり難しい印象が持たれる言葉かもしれませんが、意味をよく理解してみるとそこまで難しくはない言葉でもあります。

普段聞きなれない言葉なので無理もありませんが、まずは印象だけにとらわれずに、意味を理解する重要性を身に着けてみてください。

そうすることによって、一見難しい言葉でも簡単に理解できたり、様々な関連性のある言葉をインプットするチャンスにつながる可能性もあります。

様々な言葉を理解することは、自分自身の語彙力を高める結果にも繋がるようになります。

語彙力が高まれば、様々な表現を行うことができ、トーク力も自然と高まるようになります。

なので、この機会に様々な言葉を理解する姿勢も学び、日常生活の中で使える便利な言葉をたくさん覚えるきっかけにしてみてください。