CoCoSiA(ココシア)

脚下照顧とは?意味や使い方を解説


私たちが使っている日本語には、非常に難しい意味合いを持っている言葉などがたくさん存在しています。

相手と会話をしている時や、何かしらの文章などを読んでいる時に意味がわからないような言葉で出会ったりすることがありませんか?

特に、日常的にあまり使わないような言葉などに関しては、見たり聞いたりする機会などが少ないこともあり、意味がわからなくなってしまいやすくなります。

なので、あまり日常的に使用されることがない言葉などは、特に注意が必要であるといえます。

しかしながら、あまり使われなかったとしても、使用される可能性がある言葉に関してはある程度意味や使い方などを知っておく必要性があります。

なぜならば、様々な人と会話をしたり、資料などを読んだりするときに意味が分からないと意味を理解することができずに困った状況になってしまいやすいからです。

特に相手との意思疎通がうまく行えないと、様々な支障につながる可能性もありますので、早い段階で克服しておく必要性があるといえます。

そこで、今回は日本語の中でも特に難しい言葉が多く存在している四文字熟語に焦点を当てて、脚下照顧という言葉について触れていきたいと思います。

脚下照顧という言葉の意味や使い方などを詳しくご紹介していきますので、意味や使い方がわからない人はこの機会にマスターできるようにしておいてください。

この記事の目次

「脚下照顧」とは

あなたは脚下照顧という言葉をこれまで聞いたことがありますか?

おそらく、聞いたことがあると答える人のほうが少ないと思います。

それくらい、脚下照顧という言葉は使用されることがあまりない言葉だといえます。

しかしながら、全く使われない言葉なのかと問われるとそうではなく、意外と使われたりする機会がある言葉でもあります。

会話などではなかなか聞く機会はないですが、文章などにおいては用いられたりする機会などが多かったりするので、意味を正しく理解しておくことはとても重要です。

ただ、先ほどもお伝えした通り、日常的に触れたりする機会自体はあまり多くない言葉なので、意味を理解する機会が乏しいのが現実です。

さらに、脚下照顧という言葉を見ていただければわかる通り、そもそも使用されている漢字などが非常に複雑で難しい言葉でもあります。

言葉の中には、用いられている漢字などから意味合いを推測することができる言葉なども多くありますが、脚下照顧はまず推測するのが難しいです。

だからこそ、意味がわからなくなってしまったり、難しい漢字だと思われて敬遠されてしまいがちになってしまいます。

そこで、まずは脚下照顧という言葉の意味を知り、どのような意味を持っている言葉なのかという基本的なことを学ぶ所からはじめてみましょう。

読み方「きゃっかしょうこ」

脚下照顧という言葉を見てすぐに呼び方がわかる人はあまり多くはないと思います。

なぜならば、脚下照顧という言葉は一見すると難しい漢字に見えてしまいますので、読み方や意味が推測しにくく感じてしまいやすいからです。

しかしながら、知ってみればかなり簡単な意味や読み方でもありますので、まずは読み方について理解してみましょう。

脚下照顧という言葉の読み方は「きゃっかしょうこ」という読み方になります。

全てを繋ぎ合わせて考えてみると難しく感じますが、使われている漢字を分解して考えてみるとそこまで難しくありません。

まず、脚下照顧という言葉を脚下と照顧に分けて考えてみてください。

そうすると、脚下はそのまま「きゃっか」、そして照顧は「しょうこ」と読めるようになるはずです。

照顧という言葉の意味が若干複雑で難しいですが、脚下という言葉自体はそれほど難しくはありません。

ある程度意味も推測できるので、まずは漢字を分解して理解することを覚えておきましょう。

意味

脚下照顧という言葉の読み方について理解いただけたところで、ここからは脚下照顧という言葉の意味合いについてご紹介していきたいと思います。

脚下照顧という言葉の意味としては「自分の足元をよくよく見よ」という意味合いが存在しています。

これはどういうことなのかというと、簡単に言えば自分のことをよくみつめなさいという言葉の意味だと解釈することができます。

人は意外と周りのことばかりを気にしていたりして、自分のことを確認したりするのがおごそかになってしまったりしやすい生き物です。

なので、自分のことは棚に上げて、人のことばかり気にかけてしまいやすくなります。

ただ、それは他人に対してだけ厳しくなってしまったりし、自分に対して甘くなってしまうということを招いてしまいます。

なので、他人のことばかりを見ずに自分の足元もしっかりと確認しなければいけないという意味合いで脚下照顧という言葉は使用されているのです。

他に対して理屈を言う前に自分の足元をよく見ろ

脚下照顧という言葉のほかの意味として「他に対して理屈を言う前に自分の足元をよく見ろ」という意味が挙げられます。

先ほどご紹介した「足もとをよくよく見よ」という言葉の意味とかなりに多様な意味合いとして解釈することができます。

もともと脚下照顧という言葉は禅家の語として知られています。

つまり、禅宗などの宗教で用いられている言葉であり、僧侶の人などが扱かったりする言葉でもあります。

なので、悟りという言葉とどこか近い関係性を持っている言葉でもあるということを考えてみると、より意味合いや使い方などが理解しやすくなるはずです。

自己反省を促す意で用いられる

脚下照顧という言葉の意味を考えてみた時に、どのようにして使われるのかというと、ほぼ自己反省を促す場面で用いられるといえます。

先ほどお伝えした通り脚下照顧という言葉に関しては自分の行いをよく見つめなさいという言葉の意味を持っています。

つまり、人に対して物申す前に自分の行いをよく見つめ直してから物事を考えなければいけないという意味として用いられたりすることがほとんどなのです。

あなたの周りにも、自分の行いに対しては盲目的なのに、人の行いに対しては口うるさく口出しをしてくるような人はいませんか?