私たちが普段用いている日本語の中には、意味合いなどが非常に難しい言葉が数多く存在しています。

日本語は実は世界的に見てもかなり難易度の高い言葉として知られており、アメリカにおいては難しい言語としてトップクラスのレベルに該当していると認知されています。

では、なぜ日本語がそこまで難しいと言われているのかということを考えてみると、敬語や謙譲語など、様々な言葉の形式があるということです。

また、それ以外にも漢字などが非常に細かく、覚えることがとても難しいことが習得の何度を高めているとされる理由になっています。

しかしながら、日本人である以上はたとえ難しい言葉だったとしても一般常識レベルの言葉はしっかりと覚えておかなければいけません。

特に社会人として仕事に携わっているような方に関しては、丁寧な言葉遣いだけではなく、言葉の意味なども幅広く理解しておくことが求められます。

なぜならば、言葉の使い方や意味合いを間違って捉えてしまうことによって相手とのすれ違いなどが発生する可能性があるからです。

特にビジネスの場面においては相手に対して礼節をわきまえる必要性があり、言葉の行き違いにより信頼関係が壊れてしまうことは絶対に避けなければいけません。

自分の印象だけではなく、会社自体の印象も左右することになりますので、よりシビアに言葉遣いや言葉の理解をしておかなければいけないということになるのです。

そこで、今回はビジネスの場面などにおいて使用される難しい言葉である実情という言葉をテーマにして、実情の意味や使い方などをご紹介していきたいと思います。

また、実情という言葉に非常によく似た存在である、実状という言葉についても着目し、この二つの言葉の違いなどについてもご紹介していきます。

これらの言葉の意味や使い方を正しく認識していない方は、改めてこれらの言葉の意味を理解するきっかけとして活用してみてください。

️「実情」の詳しい解説

日常的に実情という言葉を使ったりする機会はなかなか少ないと思います。

なぜならばそもそも実情という言葉をなかなかプライベートで用いたりするような機会はあまりないので、まずプライベートの時間に使用されることがあまりありません。

また、ビジネスの場面においても普段日常的に用いる言葉かと言われると、決してそうではない言葉だからです。

もしも使う機会があるとすれば、やはりビジネスの場面であるということ間違いありませんが、ビジネスの場面でもそれほど頻繁に用いたりすることはすくないでしょう。

しかし、全く使わない言葉であるかと問われるとそうではありませんので、この点が非常にこの言葉の意味を難しくさせてしまう点になると言えます。

ビジネスの場面においてもプライベートの場面においても、頻繁に用いる言葉であればわざわざ意味を理解しようとせずとも理解できるはずです。

しかしながら、あまり多用するような言葉ではない場合、意味などを理解できずにいることが多くなってしまいます。

だからこそ実状という言葉に関してもなかなか理解できずに、意味がわからないまま放置されてしまいがちな言葉になってしまうのです。

しかし、だからといってわからないまま放置してしまうと、いざビジネスの場面でその言葉を耳にした時に正しくその言葉の意味を理解することができないことが予想されます。

そうなってしまいますと言葉の意味を理解できないところか、相手との意思疎通ができない状況になってしまい、時には恥ずかしいような場面に該当する可能性もあります。

特に社会人として活躍している方に関しては相手との信頼関係が非常に重要な存在になりますので、一般的な言葉の意味くらいは覚えておくようにする必要があります。

なので、実状という言葉をもしも知らない、もしくは具体的に説明できないという方は改めて実状という言葉の意味や使い方などを理解できるようにしましょう。

少し難しい言葉も学んでみよう


先ほどもお伝えした通り日本語の中には非常に難しい意味や漢字が用いられているような言葉はたくさん存在しています。

すべてを理解するのは難しいと思いますが、一般的に使用される可能性のある言葉の意味くらいは社会人になる方は知っておかなければいけません。

しかし、難しい言葉を理解するということはなかなか簡単なことではありませんし、時には面倒な気持ちを呼び起こしたりすることだと思います。

しかし、社会人としてこれから活躍していくということを想像すると様々なスキルが求められるようになります。

当然ながら自分が携わる仕事の専門的なスキルや知識などが求められることは当然ですが、それ以前に人としての基本的な部分なども求められるようになります。

例えば礼儀であったり、言葉遣いなどが該当するようになります。

その基本的な部分の中には言葉の意味を理解することも含まれるようになります。

難しい言葉なので、どうしても意味を理解せずに後回しにしたり、今度覚えようということを考えてしまいがちですが、後回しにしたところで自分のためにはなりません。

言葉を投げかけられてわからない状況を野放しにするということは、自分自身の弱点を放置してしまうということになってしまいます。

言い換えてみれば、言葉の意味を正しく理解し、一般常識を身に着けるということは自分を守るための行動にもつながります。

必ず自分にとって利益になることであり、早い段階で知っておいて損になるようなことは一切ありません。

それを踏まえたうえで、難しい言葉などを知ることは自分のためになり、自分自身を助けてくれる能力になるということを理解してください。

その上で、改めて難しい言葉などを理解する癖を身に着けて、自分を高められるような行動を取れるようにしましょう。

️「実情」の意味

自分が難しいと感じている言葉などはなるべく早い段階で理解をしておく必要性がある、ということをご紹介していきました。

それを踏まえた上で、ここからは改めて実情という言葉の意味をご紹介していきたいと思います。

実情という言葉は先ほどお伝えしたとおり、あまり積極的に用いられるような表現方法ではありません。

日常的な会話の中で用いられる頻度としてはあまり多くはない言葉であり、どちらかといえば文章の中で表現されたりするような言葉の場合が多いです。

なので、ビジネスの場面でいえば、書類などに記載されたりするような場合などが多く、会話の中では改まった言葉遣いをする際に用いられることが多いです。

だからこそ、自然と上の立場の人間と話したりする時に用いたりすることが多くなる言葉でもあります。

なので、目上の立場の人間と話す時に出てくる言葉なので、注意が必要な言葉であるということになります。

難しく感じるような言葉などは大体の場合は目上の立場の人間と話したりするような改まった状況で用いられる言葉が多いです。

しかし、逆に言えば早い段階でこれらを知っておけば言葉において困るようなことは少なくなりますので、わからない言葉はすぐにその場で理解する癖を身に着けておきましょう。

️実情の意味


実情という言葉には実はいくつかの意味が存在しています。

あまり普段用いるような言葉ではありませんので、そもそもの意味合いがわからなかったり、意味が複数存在していること自体知らない場合が多いと思います。

なので、まずは実情という言葉の意味をそれぞれ解説していきながらご紹介していきます。

実際の事情

まずはじめにご紹介する実情という言葉の意味合いとして「実際の事情」という意味が挙げられます。

実際の事情とはどういう意味かといいますと、簡単に言えば本当の事情という言葉で表現することができると思います。

例えば、どのような場面で使用されるのかといいますと、今の状況を相手に対して伝えたりするときに使用されたりする場合がほとんどです。

具体的には、世の中に存在している様々なことを知ったりする場合は当事者でなければ知李得ない場合があることは当たり前ですよね。

例えば、自分の知らない場所で事件が起こったりした場合、なぜその事件が起こったのか、当然ながら当事者でなければ知りえないことになると思います。

なので、事故の実情は~という風にその事件の本当の事情などという意味合いで表現することができるのです。

このように、幅広い状況で実情という言葉は表現することができるということになるのです。

一般的にはこのような意味で用いられたりする場合がかなり多いので、まずは一般的な意味合いとして事情とは実際の事情という意味があることを覚えておいてください。

現実の状態

次にご紹介する実情という言葉の意味合いとして「現実の状態」という意味が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、そのままの意味合いで実際のありさまを意味している言葉であると考えることができます。

先ほどご紹介した実際の事情という言葉と少し似ていると感じる言葉ですが、実は若干の意味の違いは存在していますので注意してください。

先ほどご紹介した実際の実情という言葉に関しては、どちらかといえばその物事の本当のことを意味している言葉であり、現実に限られる話ではありません。

しかし、今回ご紹介している意味は現実の状態そのものを言い表している意味合いになります。

なので、今目の前の現実の状態に対して用いられる言葉になるので、若干の使い分けなどが必要になる言葉ということになります。

しかしながら、どちらの言葉もまったく異なる意味合いではありませんので、ある程度似通った意味としても捉えることができます。

だからこそ理解が難しくなったりするようになりますので、この若干の意味の違いを改めて正しく認識できるようにしておきましょう。

真実のこもった心

次にご紹介する実情という言葉の意味合いとして「真実のこもった心」という意味が挙げられます。

これはどういう意味かと言いますと、簡単に言えば自分自身の本心であると考えることができます。

私たち人間は何を考えているのかということは相手にははっきりと見えない存在になりますよね。

なぜならば、私たちが考えていることは形として目に見えるようなものではなく、自分の心の中で考えていることになるからだと言えます。

もちろん自分自身の表情であったり仕草などからある程度何を考えているのかということが筒抜けになったりするようなことは十分考えられます。

しかしながら、必ずしも相手の本心を見極められるかと言われればそうではありません。

実際に目の前の相手が何を考えているのか、何を想像しているのか、見ただけでは全くわかりませんし、それを知る手段は一般的には持ち合わせていないですよね。

なので、相手が何を考えているのか、何を思っているのかということは本人でしか知りえないことになります。

そして、この実情という言葉の意味には真実のこもった心という意味がありますので、自分が本当に思っていることを意味しているという言葉になるのです。

なので、相手が本当に思ってしてくれたんだな、と感じた場合や、自分がこう思ったということを相手に伝えたりする際に用いられる言葉であるということになります。

まごころ

次にご紹介する実情という言葉の意味合いとして「まごころ」という意味が挙げられます。

これはどういう意味かと言いますと、先ほどご紹介した真実のこもった心という言葉の意味合いとかなり似ている言葉です。

そもそも、まごころという言葉の意味としは「偽りのない心のこと、誠の心、まっすぐな心、忠実な心、忠誠心」といったような意味合いが存在しています。

なので、結果的には真実のこもった心という言葉の意味とほぼ同じ意味であり、あまり使い分ける必要のない意味合いでもあります。

なので、自分自身の偽りのない心であったり、相手のまっすぐな心などに対して使用したりする言葉として知っておいてください。

️実情の意味まとめ

ここまでは実情という言葉の意味についてまとめてご紹介していきました。

事情という言葉は先ほどもお伝えした通りなかなか現実的に使ったりする機会が少ない言葉でもあります。

なので意味合いが曖昧になってしまったりして、なかなか理解し難い言葉として認識されている場合がほとんどです。

しかしながら、今回ご紹介したようにそこまで難しくない意味合いを持っている言葉でもあります。

複数の意味を持っている言葉ですが、まとめて言葉の意味を考えてみるとそこまで意味自体に差があるようなものでもありません。

どの言葉も意味も、一言でまとめてみると現実という言葉や真実という言葉の意味が込められている言葉ばかりです。

なので、ある程度に通った意味合いが込められていたりするので、そこまで開きのない意味で覚えるのは難しくありません。

知っておけば様々な状況で実際は使用できる言葉でもありますので、この機会に覚えて様々なシチュエーションで利用するようにしてみてください。

️実情の使い方

ここまでは実情という言葉の基本的な意味について詳しくご紹介していきました。

ある程度実情という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは実情という言葉の具体的な使い方についてご紹介していきたいと思います。

正しい言葉の意味を理解していたとしても正しくする言葉を使うことができなければ、相手に対して自分の考えていることを伝えることはできません。

間違った言葉の使い方をしてしまうことによって意思疎通ができないだけではなく、相手に対して悪い印象を与えてしまうことにもつながります。

なので、意味合いだけではなく正しい使い方にも着目してしっかりとマスターできるようにしておきましょう。

なぜこのような事件が起こったのか実情を調査する

まずはじめにご紹介する実情の使い方として挙げられる例文は「なぜこのような事件が起こったのか実情を調査する」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言いますと、簡単には「事件が起こった事情を調査する」という意味合いとして解釈することができます。

当然ながら事件が起こるということは被害者と加害者が存在するということになります。

しかしながら事件の本当の経緯を考える場合はその当事者の人間の気持ちなどを聞かないと事件がなぜ起こったのか、起こしたのかわからないですよね。

なのでなぜこのような事件が起こったのかということを調査する必要性があるということになります。

その調査というのが加害者の気持ち、つまり実情を調査する必要性があるということになりますので、実情という言葉が用いられるようになるのです。

実情という言葉の基本的な使い方の一つになりますので、実情という言葉の使い方にも着目して覚えておいてください。

相手に実情を尋ねてみる

次にご紹介する実情の使い方として挙げられる例文は「相手に実情を尋ねてみる」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言いますと、簡単に言えば「相手に対して事情をたずねてみる」という言葉の意味を持っています。

実情という言葉の意味には相手の心であったり、相手の本当の気持ちなどという意味も込められています。

なので、相手に対して本当に思っていること、本当の事情などを聞くという場面でも使用されたりすることが多いです。

なので、先ほどご紹介した事件の真相を解明するために事情聴取を行うという場面でも実情という言葉は用いられることもあります。

しかし、事件が起こった時だけではなくビジネスの場面においてもこのような表現は用いられるようになります。

例えば、会社内で何か問題が発生した場合、当事者の人間に対して事情を聴取したりするようなことは当たり前に行われています。

また、様々な場面において当事者の気持ちなどを確認する必要がある場面はあるとおもいますので、そのような場面で使用することができる言葉でもあります。

なので、幅広い場面で使用することができる言葉でもあるということを覚えておきましょう。

実情を察知する

次にご紹介する実情の使い方として挙げられる例文は「実情を察知する」という例文です。

これはどういう意味かといいますと、そのままの意味で「相手の実情を理解する」という意味で使用されます。

つまり、相手の本当の気持ちであったり、相手がどのようなことを思っていたのかということを理解した場面で用いられる言葉です。

実情を話したりするような場面は様々な場面があるとご紹介しました。

なので、当然ながらその様々な場面において用いることができる文章表現にもなりますので、この例文も実情という言葉の一般的な使い方の一つとして覚えてください。

意外と意味を正しく理解しておけば、様々な場面で使用することができる利便性が高い言葉でもあります。

少し固い表現方法の言葉にもなりますので、なかなか親しい間柄の人に対しては使用することがないかもしれませんが、目上の人と話すときには重宝できる言葉遣いでもあります。

なので、幅広い場面で積極的に使用するようにしてみてください。

️実情と実状の違いとは

ここまでは実情という言葉の使い方を例文を交えてご紹介していきました。

ある程度実情という言葉の使い方を理解いただけたところで、ここからは実情という言葉に似た意味を持っている言葉についてご紹介していきたいと思います。

実情という言葉には実はかなり似た言葉が存在しており、実状という言葉が存在しています。

この二つの言葉の意味はかなり似ている言葉の意味を持っていたりしますし、そもそも漢字自体はかなり似ている言葉でもあります。

そういった背景から二つの言葉の意味が混同してしまって使い分けができないと感じてるような方がとても多いです。

読み方などに関しては全く同じなので日常的な会話の中ではそこまで使い分けに困ったりすることはないと思いますが、文章表現では違和感を覚える結果になる可能性があります。

なので、改めてこの二つの言葉の意味を正しく理解し、正しい使い分けができるようにしていきましょう。

実状の意味

実情と実状の違いを考える上で、まず考えなければいけないこととしては実情という言葉の意味と実状という言葉の意味の違いを正しく理解することです。

なので、まずは実状という言葉の意味を簡単にご紹介していきたいと思います。

実状という言葉に関しても、実情という言葉と同様に複数の意味を持っているような言葉になります。

なので余計に意味がややこしくなってしまいがちになるので、十分気を付けて意味の違いについて着目していきましょう。

ビジネスの場面においても使用する可能性がある言葉なので、社会人の方は特に気を付けて考えてください。

物事の本当のありさま

まずはじめにご紹介する実状という言葉の意味としては「物事の本当のありさま」という意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、先ほどご紹介した実情という言葉の意味とかなり似ていますが、実際の物事の状態を意味している言葉であると考えることができます。

この部分に着目して考えてみると先ほどご紹介した実情という言葉とそこまで大きな差がない意味合いであると感じるようになると思います。

実際に意味そのものに関してはそこまで大きな差はなく、むしろほぼ同じ意味合いであると解釈することも十分可能になっています。

なので、余計に複雑に感じるかもしれませんが、あくまでこの二つの言葉は似ていますが若干の意味の違いが存在しています。

では具体的に何が違うのかと言いますと、何に対して掛けられているのかということが違ってくるのです。

この部分に関しては実状という言葉に用いられている感じが意味の違いが物語っています。

この具体的な違いについては後述しますので、まずは言葉そのものの意味を理解してください。

実際の状況

次にご紹介する実状という言葉の意味としては「実際の状況」という意味が存在しています。

これはどういう意味かと言いますと、その物事の本当の状況を言い表している言葉であると考えることができます。

この言葉の意味に関してもこれまでご紹介してきた意味合いと大きな差があるような意味会ではありません。

先ほどご紹介したもう一つの意味である物事の本当の有様という言葉の意味とそこまで大差がない言葉にもなりますよね。

なので、意味自体はそこまで複雑な意味ではなくほぼ同じような意味合いで使われることがあるので使い分けをする際にはそこまで気を付けることはありません。

あくまで実情という言葉と実状という言葉の意味の違いを理解しておけばさほど難しくない言葉になりますので、意味自体は似ているという認識を持っておいてください。

では、具体的に両者の言葉にはどのような違いが存在しているのかということについて詳しくご紹介していきます。

違う部分は”じょう”の部分

実情という言葉と実状という言葉はかなり似ている言葉であるということをご紹介していきました。

しかし、この二つの言葉には決定的な違いが存在しています。

ではこの二つの言葉はどのような違いがあるのかと言いますと、漢字に着目して考えていただくと非常にわかりやすいと思います。

どちらも読み方は同じですが用いられている漢字が違います。

情と状という漢字がそれぞれ用いられており、これらの漢字があらわしている意味は若干の違いが存在しています。

どちらの漢字もそこまで難しい漢字ではなく、日常的に用いたりすることの多い漢字なので、この部分に着目するとある程度違いを想像することが容易だと思います。

では、それぞれの漢字があらわしている細かい意味の違いをそれぞれ解説していきます。

実情:精神面や心に焦点を当てたもの

まずは実情という言葉に使われている情の漢字に着目して意味合いをご紹介していきます。

実情という漢字は実は精神面や心に焦点を当てたものとして扱われています。

実情の漢字に使われている情という文字は感情の情でも使用されている漢字です。

なので、目に見えない精神面であったり、心に焦点をあてて、意味をあらわしているような言葉であると解釈をする必要性があります。

つまり、「実際の事情、現実の状態、真実のこもった心、まごころ」というもともとの意味は目に見えない内面に対して掛けられている言葉になるということです。

例えば何かしらの事情があったりするときには自分の気持ちが関与しているようなことなどもとても多いと思います。

現実の状態に関しても、目に見えるものだけではなく、身に見えない自分の気持ちや精神面の状態を表すことができますよね。

なので、結果的には実情という言葉は内面に向けられた言葉であるということを覚えておくようにしてください。

これが実状という言葉との決定的な違いになります。

実状:現実の状態に焦点を当てたもの

次に実状という言葉に使用されている状という漢字に着目しながら意味合いをご紹介していきます。

実状という漢字に使用されている状という文字は状態という言葉に使用されている漢字です。

なので、物事の状態に対して掛けられている言葉であり、現実の状態に焦点を当てられているということになります。

例えば実状には「物事の本当のありさま、実際の状況」という意味がありますが、これらはすべて現実的に起こりえている物事の状態などに対して掛けられています。

なので、先ほどご紹介した実情という言葉と比較して考えてみると全く違いことに対して掛けられている言葉であるということがお分かりいただけるはずです。

同じような読み方で同じような漢字が用いられているような言葉でもありますが、その言葉に掛けられている言葉は全く違います。

なので文章表現の中で漢字を間違えてしまうと全く違う意味合いに捉えられたりしてしまう危険性があります。

だからこそ誰が早い段階でこの二つの言葉の違いをはっきりと理解しておく必要性があるので注意してください。

微妙なニュアンスの使い分け

実情と実状の違いついて簡単にご紹介していきました。

先ほどもお伝えした通り二つの言葉は同じような読み方になりますので、なかなか現実的な使い分けが難しい言葉でもあります。

特に会話の中においては同じ読み方になりますので、使い分けが曖昧になってしまったりする特徴を持っています。

微妙なニュアンスの使い分けにはなりますが、文章表現になるとはっきりとその違いが浮き出るようになります。

しかしながら漢字に着目して考えてみるとそれほど難しい使い分けが求められるような言葉ではありません。

漢字とセットで意味合いの違いなどについても覚えることによってしっかりと記憶に刻むことができるようになります。

また、覚えておけば様々な場面で使用することができる利便性の高い言葉にもなりますので、しっかりと覚えておきましょう。

️実情の意味と実状との違いを理解しておこう

今回は実情という言葉をテーマにして、実情という漢字の意味や使い方、似ている言葉である実状という言葉との違いについてご紹介していきました。

なかなか日常的に用いたりすることが少ない言葉でもありますので、意味や使い方などが曖昧になってしまう言葉だと思います。

しかしながら意味を理解して正しい使い方さえ覚えておけば様々な場面で用いることができる言葉です。

ビジネスの場面においても広く活用することができる言葉ですし、適切な言い回しをすれば
わかりやすく物事を伝えられる言葉でもあります。

似ている言葉との意味の違いを把握し、正しく扱えるようにして間違いのない話し方をできるように心がけてください。