CoCoSiA(ココシア)

器量とは?意味や使い方、器量がある人の6個の特徴を紹介


日常生活を送っていると様々な人と出会うはずですが、出会っていく人々の中には、まれにあこがれを抱くような人に出会ったりすることがあります。

例えば、どんなことをさせても器用になんでもそつなくこなすことができるような人を見かけたりすることがあるはずです。

そのような人を見て、憧れの感情を抱き、自分もそうなりたいと思った経験は誰しもが一度くらいはあるはずです。

ただ、漠然とそうなりたいと思ったところでそうなれるわけでもなく、どうすればそうなれるのか不思議に感じている人も多いはずです。

そこで、今回は器量という言葉をテーマにして、器量とはどういう意味や使い方をするのか、そして器量がある人の特徴などについてご紹介していきます。

あなたの周りの器量がある人をイメージしながら、その特徴を確認したり、なぜそうなれるのか?ということを考えながらチェックしてみてください。

この記事の目次

「器量」とは?

器量がある人に共通する特徴をご紹介する前に、まずは器量という言葉について触れていきたいと思います。

そもそも、器量という言葉をあなたは聞いたことがありますか?

それほど珍しい言葉というわけではありませんが、人によっては器量という言葉がどのような意味を持っているのかよくわからないと感じる人もいるかもしれません。

器量という言葉は様々な場面でも用いることができる利便性が高い言葉であり、ビジネスのシーンからプライベートのシーンまで幅広く使われる言葉です。

まずは、器量という言葉が持っている意味を正しく把握し、それから器量がある人の特徴についても考えていきましょう。

ある事をするのにふさわしい能力や人徳

器量という言葉にはどのような意味があるのかと言うと「ある事をするのにふさわしい能力や人徳」という意味が存在しています。

物事を行ったりする際にはそれに伴った才能や能力、そしてその人自身の魅力が存在しなければ成り立たないようなことがいくつかあります。

具体的にどのようなことが挙げられるのかと言うと、例えばスポーツの指導者などが一例に挙げられるはずです。

なぜならば、スポーツの指導者になるということは当然ながらそのスポーツに対する知識であったり実力を兼ね備えている人間でなければいけません。

もしもスポーツの指導者が素人だった場合と、そのスポーツに精通している知識を持っている人だった場合と比べて考えてみてください。

当然だから前者の人は素人なので的確な指示を行うこともできませんし、具体的な練習方法なども想像することができないことは容易に考えられます。

つまり、それは指導者としては成り立たない、つまり指導者としての器ではないということになります。

それに反して、スポーツに精通している知識を持っている人であれば的確な指示を行うことができますし、効率の良い練習方法を実施することもできるはずです。

つまり、指導者として成り立ち、指導者としての器が存在する、言い換えてみれば、指導者としての器量があるということになります。

このように、ある物事をする際にそれにふさわしい能力や人徳思っているかどうかということが器量という言葉で表現することができるということを覚えてください。

主に女性について容貌、顔立ち


器量という言葉のその他の意味を考えてみた時に、女性に対する意味として「容貌、顔立ち」という意味が存在しています。

女性限定というわけではありませんが、ほぼ女性に対する意味として、このような別の意味が器量という言葉に存在しています。

具体的には「器量の良い女性」という言葉なのでよく用いられたりする場合があります。

意味合いとしては単純に女性の容姿が整っていたり、美しい雰囲気などを持っている場合に使用されたりすることが多いです。

外見が全てというわけではありませんが、やはり外見が美しいと様々な面において得をしたりすることも多いのが事実です。

それも踏まえた上で器量という言葉には、美しさを意味するような意味も存在していますので、女性に対する特別な意味として覚えておきましょう。

主に男性について世間が与える評価、面目

器量という言葉のその他の意味を考えてみた時に、男性に対する意味として「世間が与える評価、面目」という意味が存在しています。

先ほどご紹介した内容に反して、今回は男性に対する意味としてこのような別の意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、そのままの意味で世間がその男性に対してどのような評価をしているのかということを意味している言葉です。

例えば、冒頭でもご紹介しましたが様々なことを器用にやってのけるような人がまれに存在しています。

初めてやることが何でも器用にこなせて、スポーツもできれば勉強ができるようなパーフェクトな人というのは稀に存在しています。

そして、社会人になれば打って変わって仕事ができるような人などが今度は多くの人に注目されるようになっていきます。

このように、その人の才能に対して周りの人や世間が与えている評価などが比較的高い場合、器量という言葉を使って表現することができるということになります。

例えば、何でもこなせて評価が高いような人は「器量のある男性」などと表現されたりすることがあります。

そして、相反して何を行ってもダメな人などに関しては器量の悪い男性という言葉で表現されたりすることもあります。

そのほかにも、最初は全くダメだったのに気がつけば自然と上手に行えるようになった時などは「器量を上げた」などと表現したりすることもできます。

もののじょうず、名人

器量という言葉のそのほかの意味合いとして「もののじょうず、名人」という意味合いなども存在しています。

これはどういうことかと言いますと、器量という言葉には先ほどもご紹介したように能力という言葉の意味が存在しています。

つまり、能力が高い人を意味している名人という言葉が存在するということになります。

この意味合いも比較的幅広い意味合いで用いられており、様々なことに対してそれが上手だった場合に器量という言葉を用いてそれを表現することができます。

例えば、絵を描くのが上手な人に対しては、絵の器量が高いなどと表現したりすることなどもできます。

また、サッカーが得意な人の場合には「サッカーの器量が高い」という風に表現することができます。

「器量」の類語や関連語

ここまでは器量という言葉の基本的な意味合いについていくつかご紹介していきました。