日常生活を送っていると様々な人と出会うはずですが、出会っていく人々の中には、まれにあこがれを抱くような人に出会ったりすることがあります。

例えば、どんなことをさせても器用になんでもそつなくこなすことができるような人を見かけたりすることがあるはずです。

そのような人を見て、憧れの感情を抱き、自分もそうなりたいと思った経験は誰しもが一度くらいはあるはずです。

ただ、漠然とそうなりたいと思ったところでそうなれるわけでもなく、どうすればそうなれるのか不思議に感じている人も多いはずです。

そこで、今回は器量という言葉をテーマにして、器量とはどういう意味や使い方をするのか、そして器量がある人の特徴などについてご紹介していきます。

あなたの周りの器量がある人をイメージしながら、その特徴を確認したり、なぜそうなれるのか?ということを考えながらチェックしてみてください。

「器量」とは?

器量がある人に共通する特徴をご紹介する前に、まずは器量という言葉について触れていきたいと思います。

そもそも、器量という言葉をあなたは聞いたことがありますか?

それほど珍しい言葉というわけではありませんが、人によっては器量という言葉がどのような意味を持っているのかよくわからないと感じる人もいるかもしれません。

器量という言葉は様々な場面でも用いることができる利便性が高い言葉であり、ビジネスのシーンからプライベートのシーンまで幅広く使われる言葉です。

まずは、器量という言葉が持っている意味を正しく把握し、それから器量がある人の特徴についても考えていきましょう。

ある事をするのにふさわしい能力や人徳

器量という言葉にはどのような意味があるのかと言うと「ある事をするのにふさわしい能力や人徳」という意味が存在しています。

物事を行ったりする際にはそれに伴った才能や能力、そしてその人自身の魅力が存在しなければ成り立たないようなことがいくつかあります。

具体的にどのようなことが挙げられるのかと言うと、例えばスポーツの指導者などが一例に挙げられるはずです。

なぜならば、スポーツの指導者になるということは当然ながらそのスポーツに対する知識であったり実力を兼ね備えている人間でなければいけません。

もしもスポーツの指導者が素人だった場合と、そのスポーツに精通している知識を持っている人だった場合と比べて考えてみてください。

当然だから前者の人は素人なので的確な指示を行うこともできませんし、具体的な練習方法なども想像することができないことは容易に考えられます。

つまり、それは指導者としては成り立たない、つまり指導者としての器ではないということになります。

それに反して、スポーツに精通している知識を持っている人であれば的確な指示を行うことができますし、効率の良い練習方法を実施することもできるはずです。

つまり、指導者として成り立ち、指導者としての器が存在する、言い換えてみれば、指導者としての器量があるということになります。

このように、ある物事をする際にそれにふさわしい能力や人徳思っているかどうかということが器量という言葉で表現することができるということを覚えてください。

主に女性について容貌、顔立ち


器量という言葉のその他の意味を考えてみた時に、女性に対する意味として「容貌、顔立ち」という意味が存在しています。

女性限定というわけではありませんが、ほぼ女性に対する意味として、このような別の意味が器量という言葉に存在しています。

具体的には「器量の良い女性」という言葉なのでよく用いられたりする場合があります。

意味合いとしては単純に女性の容姿が整っていたり、美しい雰囲気などを持っている場合に使用されたりすることが多いです。

外見が全てというわけではありませんが、やはり外見が美しいと様々な面において得をしたりすることも多いのが事実です。

それも踏まえた上で器量という言葉には、美しさを意味するような意味も存在していますので、女性に対する特別な意味として覚えておきましょう。

主に男性について世間が与える評価、面目

器量という言葉のその他の意味を考えてみた時に、男性に対する意味として「世間が与える評価、面目」という意味が存在しています。

先ほどご紹介した内容に反して、今回は男性に対する意味としてこのような別の意味が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、そのままの意味で世間がその男性に対してどのような評価をしているのかということを意味している言葉です。

例えば、冒頭でもご紹介しましたが様々なことを器用にやってのけるような人がまれに存在しています。

初めてやることが何でも器用にこなせて、スポーツもできれば勉強ができるようなパーフェクトな人というのは稀に存在しています。

そして、社会人になれば打って変わって仕事ができるような人などが今度は多くの人に注目されるようになっていきます。

このように、その人の才能に対して周りの人や世間が与えている評価などが比較的高い場合、器量という言葉を使って表現することができるということになります。

例えば、何でもこなせて評価が高いような人は「器量のある男性」などと表現されたりすることがあります。

そして、相反して何を行ってもダメな人などに関しては器量の悪い男性という言葉で表現されたりすることもあります。

そのほかにも、最初は全くダメだったのに気がつけば自然と上手に行えるようになった時などは「器量を上げた」などと表現したりすることもできます。

もののじょうず、名人

器量という言葉のそのほかの意味合いとして「もののじょうず、名人」という意味合いなども存在しています。

これはどういうことかと言いますと、器量という言葉には先ほどもご紹介したように能力という言葉の意味が存在しています。

つまり、能力が高い人を意味している名人という言葉が存在するということになります。

この意味合いも比較的幅広い意味合いで用いられており、様々なことに対してそれが上手だった場合に器量という言葉を用いてそれを表現することができます。

例えば、絵を描くのが上手な人に対しては、絵の器量が高いなどと表現したりすることなどもできます。

また、サッカーが得意な人の場合には「サッカーの器量が高い」という風に表現することができます。

「器量」の類語や関連語

ここまでは器量という言葉の基本的な意味合いについていくつかご紹介していきました。

器量という言葉の意味を理解いただけたところで、ここからは器量という言葉と同じような意味を持っている類語や関連した言葉についてご紹介していきます。

器量という言葉の意味を考えてみると、その他の言葉で同じような意味を持っている言葉がいくつか考えられるはずです。

そして、それに伴って関連した言葉などもいくつか想像できると思いますが、それらを関連付けて理解することによって深い部分まで言葉を理解できるようになります。

そうすることによって自分自身の語彙力を高めることができるようにもなりますし、様々な言葉を関連付けて自分自身の記憶にインプットすることもできます。

この機会に器量という言葉に関連した言葉をある程度記憶に留め、幅広い表現方法を身につけるようにしてみてください。

身体的にも知的にも、適度に、十分に能力に恵まれている

器量という言葉を考えた時に、意味を別の言葉で言い換えてみると「身体的にも知的にも、適度に、十分に能力に恵まれている」という言葉に言い換えることができます。

なぜならば、器量という言葉にはもともと「ある事をするのにふさわしい能力や人徳」という意味があり、言い換えてみると能力に恵まれているということになります。

では、能力に恵まれているということを同じような意味の言葉で言い換えてみると、どのような言葉があるのかいくつかご紹介していきたいと思います。

スキル

まず初めにご紹介する器量という言葉と同じような意味を持っている類語は「スキル」という言葉が挙げられます。

スキルという言葉はどのような意味を持っている言葉なのかというと「訓練を通じて身につけた能力」という意味があります。

日常会話の中でもスキルという言葉を使って物事を表現したりすることがとても多いと思いますが、この言葉は器量という言葉と同じ意味を持っているといえます。

なぜならば、器量という言葉の「ある事をするのにふさわしい能力や人徳」という意味を考えてみたときに、能力という言葉がスキルという言葉で言い表せるからです。

例えば先ほどご紹介した指導者という立場において考えてみると、スポーツの指導者にふさわしい能力の一つとしてそのスポーツの経験や知識が挙げられます。

それはそのスポーツを継続的に行うことによって身に着けた能力、もしくは勉強して得た知識であるといえます。

これは、言い換えで見れば様々な訓練を通じて身につけた自分自身の能力という言葉で表現することができるので、スキルという言葉と同じような意味であると考えられます。

なので、器量という言葉とスキルという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

才能

次にご紹介する器量という言葉と同じような意味を持っている類語は「才能」という言葉が挙げられます。

そもそも才能とはどのような意味なのかと言うと「ある個人の素質や訓練によって発揮される物事を成し遂げる力」という意味があります。

この言葉に関しても器量という言葉と同じような意味を持っている言葉であると考えられます。

なぜならば、器量とは、ある事をするのにふさわしい能力という意味であり、才能とは物事を成し遂げる力を意味しています。

器量のふさわしい能力とは、言い換えてみれば物事を成し遂げる力という言葉で表現することができます。

物事を成し遂げる力があるからこそ、それにふさわしい能力を持っていると言えますので、器量という言葉と同じ意味であると考えることができます。

実際に「指導者にふさわしい器量」と「指導者にふさわしい才能」という文章はどちらも同じような意味で解釈することができます。

つまり、同じような意味を持っている言葉動詞ということになるので、類語の関係性にあるといえます。

連想される言葉


ここまでは器量という言葉と同じような意味を持っている類語をいくつかご紹介していきました。

では、ここからは器量という言葉に連想される言葉をいくつかご紹介していきます。

器量という言葉から連想される言葉はいくつか存在しており、これらを連鎖的に意識することで語彙力を高め語彙力を高めることができるようになります。

器量という言葉は日常生活の中で用いる機会も多いので、関連した言葉を覚えておくことによって自然と会話の表現が広がります。

そうすることによってより相手から理解されやすい言葉の組み合わせを行うこともできるようになりますので、チェックしてみてください。

度量

まず初めにご紹介する器量という言葉から連想される言葉として「度量」という言葉が挙げられます。

度量という言葉はどのような意味なのかというと「他人の言行を受け入れる心の広さ」という言葉の意味があります。

器量という言葉にはあることをするのにふさわしい人徳という意味も存在しており、人徳とはその人の器を意味しています。

度量が大きいということは、心が広いということになり、心が広い人間は自然と人徳も併せ持った魅力的な人間が多いです。

つまり、度量という言葉は器量という言葉に関連した言葉であると考えることができます。

才覚

次にご紹介する器量という言葉から連想される言葉として「才覚」という言葉が挙げられます。

才覚とはどのような意味なのかというと「素早く頭を働かせて物事を処理すること」を意味しています。

器量という言葉にはあることをするのにふさわしい能力という意味が存在しており、これは仕事などにおいても広く共通しています。

つまり、器量がある人間は仕事ができる人間であり、仕事ができる人間は様々な物事に対して素早く適切な対処をすることができる人がであるといえます。

そして、素早く適切な対処ができるということはいいかいてみれば才覚という言葉で表現することができるので、器量という言葉に関連した言葉であるといえます。

「器量」の使い方

ここまでは器量という言葉から連想される言葉をいくつかご紹介していきました。

そして、ここからは器量という言葉の具体的な使い方を例文に沿ってご紹介していきます。

意味を正しく理解していても、正しい使い方ができていないと言葉をマスターしているとは言えません。

正しい意味を理解し正しい使い方を心得ることによって、初めてその言葉を理解したと言えますので、改めて器量という言葉の使い方をチェックしてみましょう。

彼女ほどの器量があれば、どこでも通用する

器量という言葉を用いた例文として「彼女ほどの器量があれば、どこでも通用する」という例文が挙げられます。

この例文の意味としては「彼女ほどの才能があればどこでも通用」という意味になります。

そのまま意味を代入してみれば難しい例文にはならず、この例文は該当する女性の能力の高さを表現している例文だと言えます。

女性に対する使い方としては、優れた美しい顔立ちなどの意味もありますので、その時々によって使い分けることで幅広い意味を持たせることも可能だといえます。

器量がある人の6個の特徴

ここまでは器量という言葉の使い方について具体的にご紹介していきました。

器量という言葉の使い方が理解いただけたところで、ここからは改めて器量がある人の特徴についてご紹介していきたいと思います。

あなたの周りにも一人くらいは器量がある人がいたり、もしくはこれまで見かけたりしたことがあるはずです。

器量がある人になりたいと思った経験が誰しも一度くらいはあるはずですが、その具体的な方法などは不透明な部分が存在しています。

では、どうすれば器量がある人になれるのか、そして器量がある人にはどのような特徴が存在しているのか、改めてご紹介していきます。

1.懐が深い

まず初めにご紹介する器量がある人の特徴のひとつとして「懐が深い」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、言い換えてみれば寛大な心を持っている人間であるということになります。

器量という言葉には器という漢字と質量を意味する量という言葉が用いられています。

つまり、器量がある人ということは、器の量が大きい人であるということになりますので、大きな心を持っている人であるという意味が存在します。

器が大きいということは懐が大きい人、深い人ということになりますので、寛大な心を持っている人間が該当するということになります。

その逆に、懐が狭くちょっとしたことでイライラしたり、根に持ったりするような性格の人は器量がある人であるとは言えないはずです。

日常生活を過ごしているとどうしてもイライラさせられたり、腹が立ってしまうようなことは数え切れないほど存在しています。

我慢する必要性はありませんが、それでも全ての事をいちいち表立って表現していたりすると周りの人から嫌な顔されたりすることも必ずあります。

だからこそ、ちょっとしたことではイライラせずに、小さいことはすべて大きい心で受け止めてあげるぐらいの広い気持ちを持つことが器量の良さにつながります。

もしもあなたが器量がある人になりたいと思うのであれば、些細なことなどをいちいち細かく気にしたりするようなことは必ずなくすようにしてください。

どのようなことがあったとしても笑って受け止めてあげられるくらいの大きな器を見せてあげることで、相手は自然とあなたに対して器の大きさを感じてくれるはずです。

そして、それを印象付けることができれば自然と器が大きい人、つまり器量がある人という印象につながるようになります。

2.余裕がある

次にご紹介する器量がある人の特徴のひとつとして「余裕がある」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどご紹介した懐が深いという言葉とかなり似通った意味だと言えます。

あなたの周りに常に余裕がなく物事を行ってるような人はいませんか?

もしも余裕がなく物事を行っているような人がいるのであれば、おそらくその人に対する印象などはあまりあるものではないはずです。

なぜならば、余裕がない人は一般的に視野が狭く、怒りっぽかったり、あまり優秀であるとは思えない特徴を持っている場合がほとんどだからです。

これを傍目から見てみると、どうしても人間的な魅力は感じられず、人としてもあまり尊敬できるような人ではないと判断してしまいがちになります。

しかしながら、その逆に常に物事に対して余裕を持っている人を比較して考えてみると、とても優秀な人や魅力的な人が多く感じるはずです。

なぜならば、余裕がある人は視野を広く保ち、細かいことでは怒らなかったり、物事をそつなくスマートにこなせるような人が多いからです。

そのような人を見ていると、優秀な人が多いので自然と憧れの感情を持ったりすることもありますし、安心感を覚えるようになります。

そうすることによって、自然と人望なども集まりますし、人間的な魅力にひかれてついていきたいと思えるような感情が芽生えるはずです。

余裕がある人はそれだけでこれほどまでに大きなメリットを得ることができ、人からすかれるようになると言えます。

もしも何事においても余裕がなく物事を行っているのであれば、まずは心の余裕を持てるように自分なりに工夫をすることが重要だといえます。

余裕がなく物事に対して取り組んでいる段階では、決して器量がある人だと周りから思われることはありませんので注意してください。

どうすれば自分の心に余裕を持ち、物事をスマートに行えるのかということを常に考え改善していく癖を身に着ければ、自然とスマートさ、つまり余裕が身につくはずです。

3.常に冷静

次にご紹介する器量がある人の特徴のひとつとして「常に冷静」ということが挙げられます。

器量がある人に関しては先ほどご紹介したように何事を行う際も常に余裕を持って取り組むことができる人が多いです。

それに反して心に余裕を保つことができない人は、常にいっぱいいっぱいになってしまい、冷静さを欠いてしまう人が多いです。

つまり、余裕がある人ほど自分自身の心などを冷静に保つことができる人が多いということになります。

そして、冷静に心を保つことができれば、自然と周りからは器量がある人であると判断されやすくなります。

なぜかというと、自分の心を冷静に保つことができれば小さなことで動揺したりすることもなくなりますし、必要以上に感情的になったりすることもありません。

そうすることによって、自然と周りからはどんなことがあっても堂々としている安心できる人間、頼りがいのある人間だと思われるようになります。

そうなることによって周りの人はその人物に対して魅力を感じたり、仕事ができる印象を持ち、器量がある人というイメージが定着していくようになります。

その反対に、小さなことで自分の心が動揺してしまったり、すぐに感情的になってしまっている人を見かけると器量が悪い人だという印象につながります。

もしもあなたはよりも上の立場の人間が小さいことですぐに動揺したり、細かいことですぐに感情的になったりする人だとあなたはどう思いますか?

おそらく大多数の人がこのような人についていきたくない、全く憧れないと答えるはずです。

つまり、常に冷静沈着で物事を判断することができるような人間ほど器量がある人間だと思われやすく、器量がある人の特徴にもつながるといえます。

器量がある人間になりたいのであれば、まずは物事に対して冷静な判断が行えるような精神力を身に着けることが重要です。

自分に対する自信を持つことで、自然と落ち着きや冷静さなどは身に着けられるようになります。

日常生活の中で成功体験を積み重ねていくことによって自然と自信を得ることができ、様々な状況で冷静になることができるので、まずは成功体験を作ることを意識しましょう。

4.裏表がない

次にご紹介する器量がある人の特徴のひとつとして「裏表がない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、言い換えてみればどんな人に対しても分け隔てなく接することができるような人間かどうかということです。

裏表がないということはその名前の通り、性格に裏表がなく、どのような人に対しても一律の対応を行うことができる人だと言えます。

もしもあなたの周りに人によって態度をコロコロ変えたりするような人がいれば、自然とその人に対する印象は悪くなると思います。

例えば、自分よりも立場が偉い人間にだけペコペコして、自分よりも立場が下の人間に対しては罵倒したりするような人を見ると嫌な気持ちになりませんか?

それと同時に、その人の人間性を尊敬することはできずに、器量の乏しい人間だと判断するはずです。

その反対に、どんな人にも分け隔てなく対応することができる性格に裏表がない人間を見ると自然と器量の良さを感じるようになるはずです。

損得勘定抜きにして、どのような場合でも平等に接することができる人間は自然と人から好かれますし、その人間性を高く買われるようになります。

なので、器量がある人間の特徴としては裏表がない性格をしている人が該当すると考えることができます。

器量がある人間になりたいと思うのであれば、裏表があるような性格をしてる場合はまずはそれをなくし、平等に接することを心掛けるようにしてください。

それを継続して行うことによって、器量のある人間のイメージが次第に定着していくようになるはずです。

5.感情のコントロールができる

そもそも感情のコントロールができる人間とはどういう人間なのかと言うと、言い換えてみれば常に冷静に物事に対応することができる人だと言えます。

感情のコントロールができない人間はその場その場の感情に任せて短絡的な行動をとってしまいがちになります。

例えば、自分にとって不都合な事が起こったり、自分が気に食わないようなことが起こったりした際にはすぐに周りに対して当たり散らしたりする行動を取ります。

また、嫌なことが起こったりした際にはすぐにくよくよしたり、どうすることもできないような状況になると逃げ出したり、人のせいにしてしまうような人が多いです。

しかし、感情のコントロールを行うことができる人間はどのような状況にあったとしても、冷静に物事を対処することができる大きな力を身につけています。

嫌なことがあってもぐっとこらえて我慢をすることができますし、嫌な事やどうすることができないようなことが起こっても逃げ出さずに真正面から受け止めます。

そして、すぐにそれを改善するための最善の策などを考えたり実行に移したりすることができる機敏さも持ち合わせていることが多いです。

つまり、感情のコントロールができるかできないかということによって、器量の良さなども大きく変化するようになるといえます。

なので、器量のある人間は感情のコントロールができる人間であるという特徴を兼ね備えているといえます。

その場その場の感情に踊らされて、確固たる自分の意思を貫けないような人間は周りから器量のある人間だとは絶対に思われません。

冷静に物事を把握し、どうすればいいのかということを常に客観的に考えられる精神力を身につけることが、感情をコントロールする一つの手段だと言えます。

自分の感情をコントロールすることができない人は、まずは物事を客観的に分析する癖を身に着けてください。

6.ストレスに強い

今の時代はストレス社会と呼ばれているように、様々な場面でストレスを感じやすい社会になっていると言えます。

だからこそ、ストレス耐性が強い人間は周りから一目置かれるようになりますし、自然と大きな成果を発揮しやすくなります。

なぜならば、ストレス耐性が低い人間はちょっとしたストレスがあるとすぐに嫌になったり逃げ出したりしてしまいがちな人が多くなります。

なので、ストレス耐性が強くしっかりと自分自身の意思を貫いたり、最後まで行動を起こすことができる人間が勝ち残りやすいといえます。

そして、ストレスに強い人間は周りの人から見て、やはり一目置かれる存在になり、器量のある人間だと判断されるようになります。

従って、ストレスに強い人は器量がある人の特徴の一つに該当されると考えることができます。

もしも自分自身がストレスに弱いと思っているのであれば、まずは自分自身の考え方を変えてみることが必要だと言えます。

そもそもストレスに強い人間は周りの人がストレスに思っているようなことをストレスだと思っていない人がとても多いです。

それは細かいことなどをいちいち気にしないような性格だからということも理由の一つだといえますので、細かい事いちいち考えることをやめてみるのも一つの手だと言えます。

もしくは、自分が受けているストレスを極力なくすための工夫を日常生活の中で行ってみることも一つの予防手段だと考えることができます。

自分がどのようなことにストレスを感じているのかということを明確に理解し、それに対する対処法や考え方の転換などが求められるといえるでしょう。

器量という言葉を正しく使おう

今回は器量という言葉をテーマにして、器量という言葉の意味や使い方、そして器量のある人の特徴などについてご紹介していきました。

器量という言葉は日常生活の中でも使用したりする機会が多い言葉なので、この機会に正しい使い方を理解し、適切な場面で正しく表現できるようにしてみてください。

また、器量のある人の特徴を理解することで、器量のある人間になるためのヒントも得られたはずです。

意識していなかったことを改めて意識して継続することは非常に大変なことではありますが、継続することによって新しい魅力を兼ね備えることができるようになります。

自分自身の努力次第で器量の良さをアピールすることは十分可能なので、この機会に器量のある人を目指してみてはいかがでしょうか?