CoCoSiA(ココシア)

ゼネラリストな人の10個の特徴と会...(続き2)

スペシャリストとゼネラリスト、お互いが対義語であるので2つの意味というのは全く反対の事になってしまうのです。

ゼネラリストな人の10個の特徴

ではそんなゼネラリストな人の特徴についてお教えしたいと思います。

例えば万遍なく見れるというような事はいわゆる周りを見ることができるという事になりますよね。

周りをまとめたり、様々な知識があるのでそれを主として立ち回ることもできるのではないかと思います。

また余裕がありコミュニケーション能力もあるという事があるでしょう。

基本的にコミュニケーション能力がある人というのは、誰とでも話せるというような事を言いますが、ゼネラリストの場合はそれぞれの部門の人達と対等に話すことができる能力を持っているという事です。

その部門に関しての話などにもついていくことができるので、周りからの信頼も厚いことでしょう。

また新しいことに興味を持つというような人も多いのが特徴的でしょう。

満遍なく知っているというのはいわゆる雑学のようなものに近いですが、満遍なく知るというような事は、勉強を少しでもしようという気持ちが無いとできないことですよね。

ゼネラリストの人というのは様々な特徴がありますが、その特徴というのはとても頼れる人だという事になるのです。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

1.周りが見渡せる

ゼネラリストの人は周りを見渡せる特徴があります。

言うのであればこれは視野が広いという事にも繋がります。

基本的にその事1つを見るのではなく、様々なことを見るので、どの様な状況でどの様なことが足りないのか、できているのかというような状況判断をも下すことができるのです。

周りを見渡すというのは基本的に視野が広くなければできないことですが、まさにゼネラリストの人というのはこの視野の広さを生かした行動をすることができるのではないかと思います。

周りをまとめることができる

周りが見渡せるという事は周りをもまとめる力があるという事になります。

基本的には様々な知識を持っているのでその周りの人達をまとめる能力もあるという事になるのです。

基本的に周りをまとめるような人というのはその部署の上の立場にいるような人ですが、ゼネラリストの場合は万遍なく周りをまとめることができる力を持っているという職種なので、基本的にその人達よりも上の立場になるというような事もあるのかもしれません。

専門的な知識などは無くても、半分以上の事を知っているというのがこのゼネラリストの特徴なので、周りをまとめることもできるという事になります。

2.余裕がある

行動からして余裕があるというような特徴もあるでしょう。

例えばゼネラリストの人というのは基本的に行動力があるので、様々なことに関して手を出したりします。

しかしながら専門家からするとそれは凄いことになるのです。

いわゆる専門家、スペシャリストとゼネラリストの大きな違いというのは余裕などが無いという事にもなるのです。

スペシャリストの場合はその知識しか持っていないので、その知識のことしか分からないのに対し、ゼネラリストの人は幅広く知識を持っているので余裕が出てくるという事になるのです。

深い経験と広い知識から生まれる余裕

ゼネラリストの人というんは深い経験と広い知識から生まれる余裕を持っているという事になります。

よく友達との関係で広く浅くというような事や狭く広くというような関係を言いますが、この様なゼネラリストの場合は広く深くというようなイメージを持つことができるのではないかと思います。

深い経験というのはいわゆるその部署でも働いたことがあるという経験であったり、広い知識というのは他の部署でも働くことができるというような知識を持っているので、様々なアイデアや引き出しを多く持っているという事にも繋がるのです。

またこの様な人はどんな事でも知っているようにも思えるので、分からないことがあればゼネラリストの人に聞く、というような事もあるのではないかと思います。

3.コミュニケーション能力がある


コミュニケーション能力もあるというのがゼネラリストの特徴でもあります。

逆に言えばコミュニケーション能力が無いゼネラリストの人はいないという事になるのです。

それは何故なのかというと、基本的に会社内というのはその部署ごとに分かれていますよね。

会社に働いている人は違う部署の人は知らない、なんていうような事もあるのではないかと思います。

しかしながらゼネラリストの人というのは多くの知識やその経験などを生かして、様々な人と会話をすることができるのです。

言うのであればその会社のゼネラリストの人というのは誰とでも会話をすることができるという特徴があるのです。

コミュニケーション能力がただあるという訳ではなく、その知識を幅広く持っているからこそ、様々な会話に入ることができるのではないかとも思います。

誰とでも上手く会話ができる

誰とでも上手く会話をすることができるような人が多いのは、まさに広く深くその知識を持っているからなのです。

時には会話が弾み、時には相談をされるというような事もあるでしょう。

ゼネラリストというのは様々な人と話す機会が多いので、コミュニケーション能力が無いゼネラリストというのは存在しないのです!

皆さんも機会があれば是非ゼネラリストの人と会話をしてみてはいかがでしょうか?

誰とでも上手く会話をすることができる人なので、気兼ねなく会話をすることができるかもしれませんよ?

4.周りから信頼されている

ゼネラリストの特徴として周りからの信頼も厚いというような事があるでしょう。

どの様なことでも知識を持っているという人は、誰からも「この人の言うことであれば」というような考えになるのではないかと思います。