CoCoSiA(ココシア)

ゼネラリストな人の10個の特徴と会...(続き4)

様々な人の話などを聞くという事は、何か悩みはないか、会社で何が必要なのかというような事も聞きだすことができますよね。

その様な仕事をしているというのもゼネラリストの特徴なのではないかと思います。

8.的確な指示ができる

ゼネラリストの人の特徴としては的確な指示ができるというような事もあります。

例えばどの様にすれば分からないというような社員に対してアドバイスをしたり、今すべき事というのはものを的確に指示をすることができるのです。

その部署などを周り状況を把握した後で、どの様にするというような指示などもあるかもしれませんが、ゼネラリストの人というのは場を仕切るような事もできるので、万遍なく仕事をすることができるのではないかと思います。

最善の指示を出すことができる

また最善の指示を出すことができるという特徴をも持っています。

ゼネラリストを長くしているという人やゼネラリストになって会社に長くいるというような人は、最善の指示を出すことができるのではないかと思います。

その理由というのは幅広い経験や知識もありますが、何よりその会社のことを知り尽くしているからというのもあるでしょう。

例えば何が足りないのか、何が必要なのか、今何をすべきなのかというような事は全て最善の指示で出すことができるのです。

9.臨機応変な対応ができる

またこの様な人というのは臨機応変な対応をすることもできます。

どんな不測の事態になっても直ぐに対応方法を考えだし、それを指示するというような事もできるのです。

臨機応変というのは言うのであれば、その時になった時にどの様に判断をするのか、というような事が重要になってきますよね。

いい加減な対応をしてしまうとマイナスな印象になったり、会社にダメージが入るかもしれません。

しかしながら臨機応変に的確な対応を取ることができればダメージを受けずに済むという事になるのです。

それが例えば経済的なものであったり、営業的な面でも同じような事が言えるのです。

どの様な部署や部門に行ってもその対応をすることができるというのがゼネラリストの強みとも言えるのではないかと思います。

幅広い知識と能力で臨機応変に対応

幅広い知識と能力で臨機応変に対応をしたいと誰もが思うことでしょう。

ゼネラリストの人はその知識を多く持っているので、いわゆる臨機応変に対応をするという代表的な例と言っても過言ではありません。

幅広い知識と能力があれば、様々なところでも活躍をすることができますよね。

特にその知識だけではなく、技術などもあるというような人であれば尚更凄いことです。

人というのは器用貧乏な人もいますが、得意なことや不得意なことがはっきりとしています。

例えばプログラミングなどはできても、コミュニケーション能力が乏しいというような人もいます。

コミュニケーション能力があってもプログラミングができないというような人もいるという事です。

しかしながら幅広い知識と技術や能力でカバーをすることができるゼネラリストは、まさに臨機応変に動いて行動をしている人なのではないかとも思います。

周りからの信頼も厚く、憧れるというような人も多いのではないでしょうか?

10.引き出しが多い

引き出しが多いという事もあるでしょう。

これは頭の引き出しが多いという事です。

基本的にゼネラリストの人は幅広い知識を持っているので、様々な引き出しを開けてはそれを解決しようと努力をします。

特に最善の策を考えたりすることもできるので、いわゆる無難な解決方法というようなものを持っているという事にもなるのです。

基本的にどんな状況においても直ぐに判断をくだすというような事はなく、一度考えるというような事をします。

なのでこうすれば良いというような適当なものではなく、今一番対策できることは何なのだろうかという事を考えて問題を解決していくのです。

豊富な知識で問題を解決できる

豊富な知識で問題を解決することもできます。

例えばですが、豊富な知識を持っていなければゼネラリストになることはできず、また解決をすることもできないですよね。

臨機応変に行動ができるというゼネラリストの強みというのは、まさにこの引き出しの豊富な知識ということが言えるのではないかと思います。

ゼネラリストな人は会社で何をしている?

ではそんなゼネラリストの人というのは会社で何をしているのかと気になる人もいるのではないかと思います。

実際にすぺシャリテとは違い、部門ごとに属さないような人なので、様々な所に顔を出すというような事もあるのではないかと思います。

しかしながら会社側からするとゼネラリストというのはとても重要な役割を持っているのです。

例えば他部署間との調整であったり、全体の状況と把握と対策などを任されています。

よくどの位置に属するのかという話にもなるのですが、ゼネラリストというのは基本的に総合職というような事でも言われているので、様々なことをしています。

ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

他部署間との調整

まず他部署間との調整をしているのがゼネラリストな人の仕事です。

例えばですが、他の部署との連携を取るというような事はどうしてもありますよね。