皆さんは会社でどの様な役職についていますか?

例えば普通に営業の部門として担当をしていたり、SEなどをしているというような人もいるのではないかと思います。

その中でよく聞く言葉で「ゼネラリスト」というような人を見かけるのではないかと思います。

最初はその意味というのが全く分からないというような人もいるかもしれないですよね。

ゼネラリストという人は簡単に言えば、広い知識や能力を持った人という事になります。

言うのであれば器用貧乏というような形を取ることもできますが、全てを万遍なく知識を持っていて活動をできる人のことを言うのです。

ゼネラリストというのは基本的には様々な知識や技術を持っているので、専門的な分野というような事ではないという事になります。

またこの様な人というのは様々な特徴があり、周りを見ることができたり、コミュニケーションなどもスムーズに取ることができる、いわゆる万能な人という事になるのです。

そんなゼネラリストの人ですが、どの様な仕事をしていると思いますか?

万能にできるのであれば、人手が足りないところに行っているのではないかと思う人もいるかもしれないですよね。

ゼネラリストというのは会社にとっては大きな役割を果たすこともあるのです。

今回はそんなゼネラリストについていくつかお教えしたいと思います。

ゼネラリストな人というのはどの様な特徴があり、またどの様な役割をしていると思いますか?

ゼネラリストとは

ゼネラリストというのは初めて聞くというような人もいるかもしれないですよね。

簡単に言えば器用貧乏であったり、万能な人というような意味ではあるのですが、それだけではありません。

ゼネラリストだからこそ任される役割というのもあるので、会社の中では重要な存在にもなったりします。

初めて聴いたという人は、是非このゼネラリストになってみてはいかがでしょうか?

ゼネラリストってどんな人?

ではゼネラリストというのはどの様な人のことを言うのでしょうか?

例えばですが、営業部門であったり様々な部門というようなものが会社にはありますよね。

その中でもこのゼネラリストというような人は、様々な部門に対しての知識や技術を持っているというような人のことを言うのです。

広い範囲の知識や能力を持つ人

広い範囲の知識や能力を持つ人のことを言います。

言うのであれば専門的なものではないという事になりますよね。

よく器用貧乏というような言葉を耳にしますが、特化したものがなく、全てを満遍なくこなすというような意味があります。

ゼネラリストという人はまさにこの広い範囲の知識や能力を持つ、つまりオールマイティな人だという事になるのです。

ゼネラリストになるには他の専門的な職種より、更に厳しいとも言われています。

何故なら先ほどから言っているように広い範囲と知識を持つような人のことを言うからです。

言うのであれば営業部門と販売部門、会計などの様々な知識を大幅把握しているというような事をしないといけないという事なのです。

いわゆるどんな部門に行っても難なくこなせる人という事になります。

スペシャリストとゼネラリスト

よくゼネラリストとペシャリストという言葉を耳にしますがそれぞれどの様な意味だと思いますか?

またこの2つの関係というのはどの様なことを言うのでしょうか?

職場などでも耳にしたことがあるという人もいるかもしれないですよね。

いわゆるこの2つは対極な関係にあるという事を覚えておくようにしましょう。

スペシャリスト

スペシャリストというのは簡単に言えばその専門で仕事をしている人達のことです。

例えばサウンドエンジニアであればそのサウンドエンジニアを専門として働いている人、営業部門であれば営業部門として働いている人のことをスペシャリストと言います。

基本的にどの会社でもそうですが、スペシャリストの人達が多いですよね。

でなければ全員が万遍なくできるというような状態になってしまい、誰でもできるような仕事というような形にもなってしまいます。

しかしながらスペシャリストというのはその職種にしか分からない専門的な知識を持っているのです。

なのでスペシャリストとゼネラリストというのは対極な関係にあるという事になるのです。

ゼネラリスト

対してゼネラリストと呼ばれる人達は、その専門的な分野は持っておらずとも万遍なくその知識や技術があるような人のことを言います。

更に簡単に言えば雑学以上の知識を持っているという事になりますね。

幅広い知識を持っているというような人はいても、それを仕事にするというような事は難しいと思う人も多いかもしれません。

基本的にゼネラリストというのは様々な時間をかけて今の職種についている人が多いです。

直ぐになれるようなものではないという事を覚えておきましょう。

スペシャリストとゼネラリスト、お互いが対義語であるので2つの意味というのは全く反対の事になってしまうのです。

ゼネラリストな人の10個の特徴

ではそんなゼネラリストな人の特徴についてお教えしたいと思います。

例えば万遍なく見れるというような事はいわゆる周りを見ることができるという事になりますよね。

周りをまとめたり、様々な知識があるのでそれを主として立ち回ることもできるのではないかと思います。

また余裕がありコミュニケーション能力もあるという事があるでしょう。

基本的にコミュニケーション能力がある人というのは、誰とでも話せるというような事を言いますが、ゼネラリストの場合はそれぞれの部門の人達と対等に話すことができる能力を持っているという事です。

その部門に関しての話などにもついていくことができるので、周りからの信頼も厚いことでしょう。

また新しいことに興味を持つというような人も多いのが特徴的でしょう。

満遍なく知っているというのはいわゆる雑学のようなものに近いですが、満遍なく知るというような事は、勉強を少しでもしようという気持ちが無いとできないことですよね。

ゼネラリストの人というのは様々な特徴がありますが、その特徴というのはとても頼れる人だという事になるのです。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

1.周りが見渡せる

ゼネラリストの人は周りを見渡せる特徴があります。

言うのであればこれは視野が広いという事にも繋がります。

基本的にその事1つを見るのではなく、様々なことを見るので、どの様な状況でどの様なことが足りないのか、できているのかというような状況判断をも下すことができるのです。

周りを見渡すというのは基本的に視野が広くなければできないことですが、まさにゼネラリストの人というのはこの視野の広さを生かした行動をすることができるのではないかと思います。

周りをまとめることができる

周りが見渡せるという事は周りをもまとめる力があるという事になります。

基本的には様々な知識を持っているのでその周りの人達をまとめる能力もあるという事になるのです。

基本的に周りをまとめるような人というのはその部署の上の立場にいるような人ですが、ゼネラリストの場合は万遍なく周りをまとめることができる力を持っているという職種なので、基本的にその人達よりも上の立場になるというような事もあるのかもしれません。

専門的な知識などは無くても、半分以上の事を知っているというのがこのゼネラリストの特徴なので、周りをまとめることもできるという事になります。

2.余裕がある

行動からして余裕があるというような特徴もあるでしょう。

例えばゼネラリストの人というのは基本的に行動力があるので、様々なことに関して手を出したりします。

しかしながら専門家からするとそれは凄いことになるのです。

いわゆる専門家、スペシャリストとゼネラリストの大きな違いというのは余裕などが無いという事にもなるのです。

スペシャリストの場合はその知識しか持っていないので、その知識のことしか分からないのに対し、ゼネラリストの人は幅広く知識を持っているので余裕が出てくるという事になるのです。

深い経験と広い知識から生まれる余裕

ゼネラリストの人というんは深い経験と広い知識から生まれる余裕を持っているという事になります。

よく友達との関係で広く浅くというような事や狭く広くというような関係を言いますが、この様なゼネラリストの場合は広く深くというようなイメージを持つことができるのではないかと思います。

深い経験というのはいわゆるその部署でも働いたことがあるという経験であったり、広い知識というのは他の部署でも働くことができるというような知識を持っているので、様々なアイデアや引き出しを多く持っているという事にも繋がるのです。

またこの様な人はどんな事でも知っているようにも思えるので、分からないことがあればゼネラリストの人に聞く、というような事もあるのではないかと思います。

3.コミュニケーション能力がある


コミュニケーション能力もあるというのがゼネラリストの特徴でもあります。

逆に言えばコミュニケーション能力が無いゼネラリストの人はいないという事になるのです。

それは何故なのかというと、基本的に会社内というのはその部署ごとに分かれていますよね。

会社に働いている人は違う部署の人は知らない、なんていうような事もあるのではないかと思います。

しかしながらゼネラリストの人というのは多くの知識やその経験などを生かして、様々な人と会話をすることができるのです。

言うのであればその会社のゼネラリストの人というのは誰とでも会話をすることができるという特徴があるのです。

コミュニケーション能力がただあるという訳ではなく、その知識を幅広く持っているからこそ、様々な会話に入ることができるのではないかとも思います。

誰とでも上手く会話ができる

誰とでも上手く会話をすることができるような人が多いのは、まさに広く深くその知識を持っているからなのです。

時には会話が弾み、時には相談をされるというような事もあるでしょう。

ゼネラリストというのは様々な人と話す機会が多いので、コミュニケーション能力が無いゼネラリストというのは存在しないのです!

皆さんも機会があれば是非ゼネラリストの人と会話をしてみてはいかがでしょうか?

誰とでも上手く会話をすることができる人なので、気兼ねなく会話をすることができるかもしれませんよ?

4.周りから信頼されている

ゼネラリストの特徴として周りからの信頼も厚いというような事があるでしょう。

どの様なことでも知識を持っているという人は、誰からも「この人の言うことであれば」というような考えになるのではないかと思います。

基本的に何でも知っているというような立ち位置にもなるので、分からないことがあればゼネラリストに聞くというような人もいるかもしれませんね。

ゼネラリストは仕事の1つとしては現場を仕切るリーダーにもなることができます。

なので周りからこの様にすれば良いというような指示をすることもできるので、基本的に周りからの信頼も厚いという事になるのです。

「この人の言うことなら」と信頼が厚い

「この人の言うことなら」ととにかく周りの信頼が厚いのもこのゼネラリストの特徴でもあるのです。

言うのであれば分からないことやどうすれば良いのかという疑問などを全てゼネラリストの人が答えてくれて、その通りにするというような事が多いのです。

例えばですがより専門的な分野であればスペシャリストに聞くのが正しいですが、一般的な質問であったり、会議状態になっているような事であればゼネラリストに聞くことをオススメします。

また、その時というのはかってに判断をするのではなく、まず質問的なものは全てゼネラリストに聞くというような事でも良いかもしれません。

適切な指示を受け取ることができます。

5.新しいことに興味を持つ


新しいことに興味を持つというような事もゼネラリストの特徴と言えるでしょう。

いわゆる何でも吸収をしてしまうような人なので、興味があることについては勉強をして覚えるというような事をしてしまうのです。

特に会社の事以外のことでも様々な趣味を持っていたりするのではないかと思います。

幅広く手をつけているというような事にも繋がるので、その様な趣味もあるのか、この様なことにも知っているのかと驚かれることもあるかもしれませんね。

しかしながらゼネラリストというのは基本的には広く浅くというような知識ではなく広く深くという知識を持っているので、専門的なこともまれに出てくるのではないかとも思います。

簡単になれるというような職種ではないということです。

知識を深める好奇心を持ち続けている

知識をどんどん深めたいという好奇心を常に持ち続けているというのもあるでしょう。

言うのであれば知識を深めるために様々な時間などをかけてその事を覚えようとするのです。

よく専門的であり興味なことであれば吸収は早いですが、知識を深める好奇心を様々なことで持っているというような人はいないですよね。

ゼネラリストだからこそこの様なことを思い続けるのではないかとも思います。

広く深くというような事は普通はできないですよね。

雑学などの延長線でもあるので、本格的な勉強をしているという事にもなるのです。

万能な人というのは実は凄いと実感するのではないかとも思います。

6.笑顔のイメージがある

笑顔のいメージがあるというような人もいるのではないかと思います。

何故笑顔のイメージがあるのかと言うと基本的に笑顔というのは常に笑っているというような人のことを言いますよね。

言うのであれば今を楽しんでいるという人です。

ゼネラリストの多くの人というのはこの職種を楽しんでいる人達ばかりなのではないかと思います。

様々な幅広い知識を仕事で使うことができる職種というのはこのゼネラリストだけなのかもしれませんね。

なので不意に笑顔にもなったりするのではないかと思うのです。

基本的にゼネラリストの人がピリピリとしてしまうと周りも緊張であったり、空気が重いと感じることが多いかもしれませんが、笑顔で接することにより、社員たちの空気なども軽くしているというような効果もあるのではないかと思います。

親しみやすい

特に親しみやすいというのが何よりも特徴的なのではないかと思います。

言うのであれば、誰とでも笑顔で喋るような人という事になるので、ゼネラリストの人を苦手という風に思うような人も少ないという事になります。

基本的にはゼネラリストの人はどの部署などに行っても誰とでも話せるような人が多いです。

それは親しみやすいからだとも思います。

これはコミュニケーション能力があるからこそなのではないかとも思うのです。

7.話がしやすい

話しがしやすいというのもあるでしょう。

基本的に話がしやすい人がゼネラリストになっている可能性が高い傾向にもあります。

何故ならゼネラリストで大事なことは、その幅広い知識もありますが、何より人と会話をすることが多いという事にあるのです。

なのでコミュニケーション能力が無ければ、このゼネラリストには向かないという事になります。

話がしやすい人というのはいつまでも話しをすることができますよね。

それは知識などもありますが、相手のことをよく聴いて考えて物を言う人だからなのではないかとも思います。

仕事内容など知識がある分、話がしやすい

仕事の内容などの知識がある分、更に話がしやすいというような事もあるのではないかと思います。

人の話を聞くのが上手いのでつい長く話し込んでしまうというよな人もいるかもしれないです。

ゼネラリストの人というのは周りの視野を広くもち、1人1人を見ているように動いている人も多いです。

なので仕事内容など知識があると、さらにその事について話をしたり、またプライベートなどの話をしたりするというような事もあるのではないかと思います。

様々な人の話などを聞くという事は、何か悩みはないか、会社で何が必要なのかというような事も聞きだすことができますよね。

その様な仕事をしているというのもゼネラリストの特徴なのではないかと思います。

8.的確な指示ができる

ゼネラリストの人の特徴としては的確な指示ができるというような事もあります。

例えばどの様にすれば分からないというような社員に対してアドバイスをしたり、今すべき事というのはものを的確に指示をすることができるのです。

その部署などを周り状況を把握した後で、どの様にするというような指示などもあるかもしれませんが、ゼネラリストの人というのは場を仕切るような事もできるので、万遍なく仕事をすることができるのではないかと思います。

最善の指示を出すことができる

また最善の指示を出すことができるという特徴をも持っています。

ゼネラリストを長くしているという人やゼネラリストになって会社に長くいるというような人は、最善の指示を出すことができるのではないかと思います。

その理由というのは幅広い経験や知識もありますが、何よりその会社のことを知り尽くしているからというのもあるでしょう。

例えば何が足りないのか、何が必要なのか、今何をすべきなのかというような事は全て最善の指示で出すことができるのです。

9.臨機応変な対応ができる

またこの様な人というのは臨機応変な対応をすることもできます。

どんな不測の事態になっても直ぐに対応方法を考えだし、それを指示するというような事もできるのです。

臨機応変というのは言うのであれば、その時になった時にどの様に判断をするのか、というような事が重要になってきますよね。

いい加減な対応をしてしまうとマイナスな印象になったり、会社にダメージが入るかもしれません。

しかしながら臨機応変に的確な対応を取ることができればダメージを受けずに済むという事になるのです。

それが例えば経済的なものであったり、営業的な面でも同じような事が言えるのです。

どの様な部署や部門に行ってもその対応をすることができるというのがゼネラリストの強みとも言えるのではないかと思います。

幅広い知識と能力で臨機応変に対応

幅広い知識と能力で臨機応変に対応をしたいと誰もが思うことでしょう。

ゼネラリストの人はその知識を多く持っているので、いわゆる臨機応変に対応をするという代表的な例と言っても過言ではありません。

幅広い知識と能力があれば、様々なところでも活躍をすることができますよね。

特にその知識だけではなく、技術などもあるというような人であれば尚更凄いことです。

人というのは器用貧乏な人もいますが、得意なことや不得意なことがはっきりとしています。

例えばプログラミングなどはできても、コミュニケーション能力が乏しいというような人もいます。

コミュニケーション能力があってもプログラミングができないというような人もいるという事です。

しかしながら幅広い知識と技術や能力でカバーをすることができるゼネラリストは、まさに臨機応変に動いて行動をしている人なのではないかとも思います。

周りからの信頼も厚く、憧れるというような人も多いのではないでしょうか?

10.引き出しが多い

引き出しが多いという事もあるでしょう。

これは頭の引き出しが多いという事です。

基本的にゼネラリストの人は幅広い知識を持っているので、様々な引き出しを開けてはそれを解決しようと努力をします。

特に最善の策を考えたりすることもできるので、いわゆる無難な解決方法というようなものを持っているという事にもなるのです。

基本的にどんな状況においても直ぐに判断をくだすというような事はなく、一度考えるというような事をします。

なのでこうすれば良いというような適当なものではなく、今一番対策できることは何なのだろうかという事を考えて問題を解決していくのです。

豊富な知識で問題を解決できる

豊富な知識で問題を解決することもできます。

例えばですが、豊富な知識を持っていなければゼネラリストになることはできず、また解決をすることもできないですよね。

臨機応変に行動ができるというゼネラリストの強みというのは、まさにこの引き出しの豊富な知識ということが言えるのではないかと思います。

ゼネラリストな人は会社で何をしている?

ではそんなゼネラリストの人というのは会社で何をしているのかと気になる人もいるのではないかと思います。

実際にすぺシャリテとは違い、部門ごとに属さないような人なので、様々な所に顔を出すというような事もあるのではないかと思います。

しかしながら会社側からするとゼネラリストというのはとても重要な役割を持っているのです。

例えば他部署間との調整であったり、全体の状況と把握と対策などを任されています。

よくどの位置に属するのかという話にもなるのですが、ゼネラリストというのは基本的に総合職というような事でも言われているので、様々なことをしています。

ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

他部署間との調整

まず他部署間との調整をしているのがゼネラリストな人の仕事です。

例えばですが、他の部署との連携を取るというような事はどうしてもありますよね。

部署というのは様々ありますが、その1つの部署が好き勝手にするというような事は決してないと思います。

そんな時にこのゼネラリストがその部署間の調整を行うのです。

この部署はこの様にして欲しい、こっちの部署はこの様にしよう、というような調整をするので、いわゆる全体をバランスよくまとめるというようなイメージが強いのではないかとも思います。

会社全体の状況の把握と対策

また会社全体の状況の把握と対策を取ることもできます。

言うのであれば何か問題になったことに対してどの様に対応をするのか、今の状況とどの様な対策を取ることができるのかというような事ができる人なのです。

会社全体の状況を管理するという言い方も良いでしょう。

基本的にゼネラリストというのは先ほども言ったように総合職とも呼ばれるので、様々な視点で今の状況や全体を把握しているという事になるのです。

現場のリーダー

またゼネラリストというのはその現場のリーダーにもなることができます。

例えば現場での仕事というような事もありますよね。

基本的に現場仕事というのは工場であったり建設関係の仕事などではその様なことがあると思います。

その現場でを仕切ることができるリーダーにもなることができるというのがゼネラリストの仕事です。

どの様にことを進めるのか、今日の目標はどこまでなのかというような事を決めたりもする人なのではないかと思います。

そしてその事を会社側に伝えるというような仕事もあります。

基本的にどこまで状況が進んでいるのか、どこまでできたのか、というような事を会社側にも伝えるという事になるのです。

社員に対するマネジメント

また社員に対するマネジメントをするような事もあるでしょう。

マネジメントというのは簡単に言えば経営をしたり管理をしたりするというような事です。

社員に対するマネジメントというのは似ている表現ではマネージャーというような意味もありますよね。

いわゆる社員たちの管理をするというような事です。

どの様な状況であり、どのように思っているのか、何か困っていることなどは無いか、役割はちゃんとできているのかなど様々なことに気を配ることができるゼネラリストだからこそできる仕事なのではないかとも思います。

まとめ

いかがでしたか?

ゼネラリストというのはスペシャリストとは違った魅力のあるものだと思います。

よくどちらが良いのかというような言葉もありますが、どちらもそれぞれ魅力があり、どちらも活躍できるような職種だという事を覚えておくようにしましょう。

また、ゼネラリストのような人になりたいというような人は、まず幅広い知識を深く知る必要があります。

広く浅くなのではなく、深く知ることも必要となるのでゼネラリストになることが難しいというような人もいるかもしれないですよね。

しかしながらその様なことではなく、深く知識を知って是非その力を発揮してみてはいかがでしょうか?

今からでもゼネラリストになるというような人も多くいるかもしれません。

忙しいと感じる人も多いかもしれませんが、楽しい職種でもあるのでゼネラリストになってみてはいかがでしょうか?