CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ゼネラリストな人の10個の特徴と会社での役割


皆さんは会社でどの様な役職についていますか?

例えば普通に営業の部門として担当をしていたり、SEなどをしているというような人もいるのではないかと思います。

その中でよく聞く言葉で「ゼネラリスト」というような人を見かけるのではないかと思います。

最初はその意味というのが全く分からないというような人もいるかもしれないですよね。

ゼネラリストという人は簡単に言えば、広い知識や能力を持った人という事になります。

言うのであれば器用貧乏というような形を取ることもできますが、全てを万遍なく知識を持っていて活動をできる人のことを言うのです。

ゼネラリストというのは基本的には様々な知識や技術を持っているので、専門的な分野というような事ではないという事になります。

またこの様な人というのは様々な特徴があり、周りを見ることができたり、コミュニケーションなどもスムーズに取ることができる、いわゆる万能な人という事になるのです。

そんなゼネラリストの人ですが、どの様な仕事をしていると思いますか?

万能にできるのであれば、人手が足りないところに行っているのではないかと思う人もいるかもしれないですよね。

ゼネラリストというのは会社にとっては大きな役割を果たすこともあるのです。

今回はそんなゼネラリストについていくつかお教えしたいと思います。

ゼネラリストな人というのはどの様な特徴があり、またどの様な役割をしていると思いますか?

ゼネラリストとは

ゼネラリストというのは初めて聞くというような人もいるかもしれないですよね。

簡単に言えば器用貧乏であったり、万能な人というような意味ではあるのですが、それだけではありません。

ゼネラリストだからこそ任される役割というのもあるので、会社の中では重要な存在にもなったりします。

初めて聴いたという人は、是非このゼネラリストになってみてはいかがでしょうか?

ゼネラリストってどんな人?

ではゼネラリストというのはどの様な人のことを言うのでしょうか?

例えばですが、営業部門であったり様々な部門というようなものが会社にはありますよね。

その中でもこのゼネラリストというような人は、様々な部門に対しての知識や技術を持っているというような人のことを言うのです。

広い範囲の知識や能力を持つ人

広い範囲の知識や能力を持つ人のことを言います。

言うのであれば専門的なものではないという事になりますよね。

よく器用貧乏というような言葉を耳にしますが、特化したものがなく、全てを満遍なくこなすというような意味があります。

ゼネラリストという人はまさにこの広い範囲の知識や能力を持つ、つまりオールマイティな人だという事になるのです。

ゼネラリストになるには他の専門的な職種より、更に厳しいとも言われています。

何故なら先ほどから言っているように広い範囲と知識を持つような人のことを言うからです。

言うのであれば営業部門と販売部門、会計などの様々な知識を大幅把握しているというような事をしないといけないという事なのです。

いわゆるどんな部門に行っても難なくこなせる人という事になります。

スペシャリストとゼネラリスト

よくゼネラリストとペシャリストという言葉を耳にしますがそれぞれどの様な意味だと思いますか?

またこの2つの関係というのはどの様なことを言うのでしょうか?

職場などでも耳にしたことがあるという人もいるかもしれないですよね。

いわゆるこの2つは対極な関係にあるという事を覚えておくようにしましょう。

スペシャリスト

スペシャリストというのは簡単に言えばその専門で仕事をしている人達のことです。

例えばサウンドエンジニアであればそのサウンドエンジニアを専門として働いている人、営業部門であれば営業部門として働いている人のことをスペシャリストと言います。

基本的にどの会社でもそうですが、スペシャリストの人達が多いですよね。

でなければ全員が万遍なくできるというような状態になってしまい、誰でもできるような仕事というような形にもなってしまいます。

しかしながらスペシャリストというのはその職種にしか分からない専門的な知識を持っているのです。

なのでスペシャリストとゼネラリストというのは対極な関係にあるという事になるのです。

ゼネラリスト

対してゼネラリストと呼ばれる人達は、その専門的な分野は持っておらずとも万遍なくその知識や技術があるような人のことを言います。

更に簡単に言えば雑学以上の知識を持っているという事になりますね。

幅広い知識を持っているというような人はいても、それを仕事にするというような事は難しいと思う人も多いかもしれません。

基本的にゼネラリストというのは様々な時間をかけて今の職種についている人が多いです。

直ぐになれるようなものではないという事を覚えておきましょう。

ページトップ