CoCoSiA(ココシア)

和む女性の10個の特徴!場を和ませる愛されキャラになる方法


皆さんの身の回りに場の雰囲気を和ませる女性いませんか?

やはり男女平等の世の中になってきたとは言え、まだまだ女性にはそのような和むような癒しを求めているところがあります。

もちろん、男性が皆が皆そのような女性が好きな人ばかりではないけれど、調べたデータによると、男性の52%がそのような和むような天然系の女性を好む傾向があるようです。

約半数以上ですよね。

という事は、和み系女性を目指せば、モテる女性になれるのかもしれません。

この記事では、和む女性の特徴や場を和ませる愛されキャラになる方法についてご紹介します。

和む女性の10個の特徴

和む女性とはどのような女性のことを言うのでしょうか?

いろいろと、和む女性の特徴がありますので、その特徴を見ていきましょう。

調べていくと10個ぐらいあるようですね。

もしかしたら特に意識しなくても、皆さんにもそのような特徴があるのかもしれません。

もし、そのような特徴が今のところ特にないと言うことであれば、意識して目指してみるのもありです。

では、一つ一つ見ていきましょう。

1.いつも笑顔


やはり和む女性の基本としてはいつも笑顔でいるところがあります。

確かに、いつも怒っているとか、いつも泣いているようであると、和み要素とは程遠いところがあります。

ですので、いつも笑顔であることが和みや癒しを与えることができる女性の特徴と言っても良いでしょう。

あまり小さなことにカリカリせずに、少々の事は笑って流す位の人を目指していけば間違いないのではないのでしょうか?

著者も昔かなりネガティブな一面があったので、その思考を変えるために、あまり根詰めないようにしました。

例えば道を間違えても、ドライブができてよかったと考えるようにするのです。

そうすることによって、あまりイライラしなくなり、心に余裕が生まれました。

どちらかと言うと、著者は母や兄弟に運転してもらうことが多い立場ですが、道を間違えてしまっても、そのように言うと余裕が生まれるらしく双方に余裕ができるのでいいなと思っています。

そのように、思考を変えることから始めるようになるかもしれないけれど、その思考がうまくハマればそこまで難しくありません。

まずはそのようなところを目指してみませんか?

営業スマイルではなく自然と出る笑顔なのがポイント

笑顔と言うと、ついつい営業スマイルのような笑顔を考えてしまう人もいるでしょう。

笑顔だけだと確かにすぐにできるけれど、とってつけたような笑顔となると営業スマイルになってしまいます。

なごみ系の女性の特徴としては、自然と出る笑顔というのが非常にポイントが高いのです。

そうするためには、まず思考から変えていく必要があります。

先ほど触れたように、そのように考えることでだんだんと営業スマイルではなく自然と笑顔が出るようになるかもしれません。

結構イライラするので疲れますよね。

著者も若い頃はイライラしたりするところがありましたが、それに疲れて思考を変える努力をしたところ、大分それは板に着くようになりました。

ですので皆さんもきっとできるようになります。

ですので思考を変えるところから始め、自然と笑顔が出るようにしましょう。

2.行動がゆったりしている

こちらは気質にもよるので一概には言えませんが、行動がゆったりとしている人の方が、癒しとしてはプラスに効果があります。

ただ、最近は女性の社会進出などもあり、そのように行動がゆったりとしている人をよしとする人が少なくなってきました。

やはり、今頃の仕事はどちらかと言うとスピードが勝負です。

最近いろいろなものを機械化されていますので、単純作業のほとんどが機械にとって代わられています。

ですのでどちらかと言うと接客業であったり、臨機応変な対応が必要な仕事の方が多い1面があります。

ですので、行動がゆったりとしている人はそのような世界では割を食いやすいところがあります。

ですので、そちらを目指していない人はもちろんのこと、行動がゆったりとしているがためにあまり良い評価を得られていない人もいるのかもしれません。

ですが、和み系の女性と言うと、行動がゆったりとしていて余裕がある人が多いです。

やっぱりそういう人の方が、男性は癒されるところがあるようです。

著者も色々と学生時代にバイトをしたりして、いろいろなおじさまと話すことがありましたが、やはり仕事ができる男性ほど行動がゆったりとしているような女性を求めるところがあるようでしたね。

3.天然

天然と言うとイライラされると思いがちですが、案外好意的に見ている男性が多いです。

それは可愛く見えるとか癒されると言うような印象があるからなようです。

男性は保護本能があるので、「こいつを守ってやらなければ」と思うような女性に弱いようですね。