あなたの周りに、「この人って調子いいなぁ」と感じる女性はいませんか?

調子がいい女性は、フットワークが軽い反面言動に重みがないため、周りからも「あの女性は軽いから、あまり信用ならない」と思われることが多いです。

そんな調子のいい女性と嫌でも付き合っていかなければならないのなら、出来るだけ自分がストレスを溜めないように適度に付き合いたいと思う人は多いでしょう。

そんな人のために、調子のいい女性の特徴と、どうすれば上手に付き合っていけるのかをご紹介していきます。

調子のいい女の10個の特徴

調子のいい女性は、誠実さを重んじる男性や、同性の女性にはあまり好かれない傾向があります。

何故ならその調子の良さから、軽い言動や冗談が目立ち、日常的に嘘をつくことも多いからです。

また、約束を交わしてもその時の気分で遅刻したりドタキャンしたりすることも多かったりと、とにかく軽々しい言動で周りを不快にさせることが少なくありません。

そのため調子のいい女性同士であれば気さくに付き合うことが出来ますが、真面目なタイプの人やしっかり者のタイプの人とは相性が悪く、そりが合わないことも多いです。

そんな調子のいい女性に共通するいくつかの特徴がありますので、以下にご紹介していきます。

自分に自信がある


調子のいい女性は、自分に自信があることが多いです。

自分に自信があるため、周りの反応や評価を気にすることなく自分勝手に振舞うことが出来ますし、また軽々しく適当なことを口にすることも出来ます。

自分が一番可愛いと思っているため、とにかく何でも自分が一番優先されたいとも考えていますし、また「されるべきだ」とも思っていることが多いです。

それは周りからすれば何の根拠もない自信ですが、根拠はなくとも自信満々でいられるため、ある意味調子のいい女性は幸せな考えを持っているのかもしれません。

周りのどんな人たちよりも自分が一番でありたいと考えており、もしもミスコンのようなイベントが開かれれば堂々と出場して、自分が優勝すると信じて疑わないでしょう。

外見や性格が良いと自負している

調子のいい女性は、自分の外見や性格にも自信を持っています。

周りの女性と比較して常に自分の方が可愛い、綺麗だと考えていますので、自分の自尊心を高めるためにもいつも周りの女性を観察していちいち自分と比較しています。

それをストレートに口に出すことはしなくても、「あの子ってダサいよね、私ならあんな格好で外に出られないよ。」などと他の女性を貶す言動によって、自分への自信を表わすことも多いです。

また、いかにも性格が悪そうな女性や、自己主張をしない女性たちを見下しては、自分の方が性格がいいとも思い込んでいます。

ちょっと募金をしただけで「私って人の助けになりたいといつも思っちゃうから。」と言ったり、他人のトラブルにわざわざ首を突っ込んでは余計なアドバイスをして、「困ってる人がいると放っておけないんだよね。」などといい人アピールをしたりすることもあります。

自分の都合ばかり考えている

調子のいい女性は、いつも自分の都合ばかりを考えています。

会社で全員が協力し合って仕事を頑張っている時にも、「今日は用事があるので早退しま~す」と周りを気にすることなくさっさと早退したり、電車で体調が悪そうな人が目の前に立っていても、「私は疲れてるから」と無視して席を譲ろうとしなかったりします。

そうした自分の都合ばかりを優先した行動を取りますので、当然周りからは非難を浴びることも多いです。

しかし文句を言われると、「私はこんなに大変なのに!」や「そんなのそっちがどうにかすればいいじゃない!」などと、自分の不徳を棚に上げて人の行動を責めたり責任転嫁をしたりすることも少なくはありません。

そもそも、自分の行いを省みることが出来るような人は、自分の都合ばかりを優先することはありませんので、調子のいい女性に自分勝手さを訴えたところで何の効果もないでしょう。

人を利用してでも自分は得をしたい

調子のいい女性は、常に自分のことしか考えていません。

そのため、自分が得をするためだったら、どれだけ他人を利用してもいいと考えています。

もちろん誰でも自分のことが一番大切ですので、ピンチの時には我が身を一番に守ることは何もおかしなことではありません。

しかし、まったくピンチでも焦ってもいないような時でも、他人を気遣うことをせずに自分のことしか考えていないため、そのわがままで自分勝手さが普段から言動や行動に表れており、周りの人から嫌煙されることが多いです。

しかし、周りから非難や嫌煙されるからといって、それで自らの行動を省みることはありませんので、変わることも反省することもなくそのままの性格でいるのが調子のいい女性なのです。

人の気持ちを考えていない

調子のいい女性は、常に自分のことしか考えていません。

ということは、人の気持ちをまったく考えていないということになります。

スマホでネットショッピングを楽しんでいるのなら、目の前で困っている人がいても無視して手を差し伸べませんし、自分が痛いことがなければ誰かが痛みに泣いていても慰めることもしないでしょう。

「こんなことを言われたら相手は傷つくかもしれない」「こうされたら相手が嫌な気持ちになるかもしれない」など、相手の気持ちを考えたり、気遣いをしたりすることは一切ありません。

しかしその割に、自分が困った状況になった時には大声で周りに助けを求め、自分がしたように冷たい態度を取られると「人でなし!」と相手を責めるでしょう。

KYな発言が多い

KYすなわち空気が読めない発言が多いのも特徴の一つです。

何せ人の気持ちを考えることが出来ないので、自分が思ったことをそのまま何でも口にしてしまいます。

ぽっちゃり体型の人がいれば、本人は体型を気にしているかもしれないのに「太ってるよね」と平気で相手に言ったり、アトピーで肌荒れを気にしている人に対して「肌荒れやばいね」と笑いながら言ったりと、言われる側からすれば悪意の感じられる言葉であっても、本人は平気で口にしますので嫌われることも多いでしょう。

また、大切な話をしている最中にも、空気を読まずに自分の個人的な話を持ち出すこともあるため、周りの人からはトラブルメーカーや問題児として扱われることも少なくはないでしょう。

人の話を聞かず自分のことばかり話す

調子のいい女性は人の話をよく聞いて相手をおだてることにも長けていますが、それ以上に人の話を聞かずに自分のことばかりを話す人が多いです。

誰かが話をしていれば、「うんうん」といかにも熱心に話を聞いているように見えますが、実際には相手の話からどうやって自分の話へと持っていこうかと頭の中で考えを巡らせていることが大半です。

誰かがメイクに関する話をしていたら、「うんうん分かるよ。実は私もさー」と隙を見つけて自分の話へと持って行き、そのまま自分話の独壇場にすることもしょっちゅうです。

誰でも話を途中で遮られたり、いちいち自分の話にすり替えられたりするのは嫌なので、自分語りを繰り返していると、その内一緒に話をしてくれる人はいなくなってしまうでしょう。

しかしそうなったらまた次のターゲットを見つけてその相手にとりつき、同じことを繰り返すのです。

人の悪口や噂話が大好き


調子のいい女性は、人の悪口や噂話が大好きです。

口を開けばいつも誰かの噂話や悪口、自分語りをしていますので、一緒に行動したところでその女性から得られるものは何もないでしょう。

人の悪口を言う人は、自分も同じようにどこかで悪口を言われていますが、そんなことはお構いなしでベラベラと思ったことをしゃべりまくります。

「〇〇の今日のファッションはダサい」だとか、「〇〇の家はお金持ちに見えるけど実際にはローンばっかりなんだって」など、本人がそれを聞き激怒してきたところでどこ吹く風です。

周りから見ればまるで単なる暇つぶしのように、どんなどうでもいい悪口や噂話をいつもしていますので、こちらもすることがなくて暇な時には話半分で聞いていられますが、忙しい時にはとても話を聞く気になどならないでしょう。

目立ちたがり

調子のいい女性には目立ちたがりの人が多いです。

ベラベラとどうでもいいおしゃべりをするのも他人の気を引きたいからで、それで周りに嫌われたとしても調子よくしゃべることで誰かが自分を見ることを期待しています。

「〇〇さんて不倫してるんだって」や「〇〇の話はつまらない」など、噂話や悪口を面白おかしく話すのも、それで少なからず他人が反応するためです。

誰もがまったく無関心で話を聞かずに視線さえ向けなければ、もしかしたら自分のしていることは無駄なのだと気付いて静かになるのかもしれませんが、残念ながら一定数は常にその人の話に反応してしまう人がいます。

するとますます調子に乗って目立とうとしますので、より一層周りには迷惑な存在になってしまうでしょう。

また、口だけでなく行動で目立とうとしたり、奇抜もしくは派手なファッションで人目を引こうとしたりすることも多いです。

公然と「目立つのが好き!」という人もいますが、わざとらしいしおらしさを装うこともあります。

褒められたい欲求が強い

調子のいい女性は人から褒められたいという欲求が強いです。

自分がベラベラとおしゃべりをしたり、目立つ行動を取ったりするのも、それによって人から注目されて褒められたいという承認欲求の表れでもあります。

承認欲求自体は誰にでもあるものですので、それ自体が悪いというわけではありません。

しかし、本当の意味で人から認められたり、尊敬されたりするような行動ではなく、悪目立ちをして認めてもらおうとするため、自分の望む通りの褒め言葉をいつももらえるということはないでしょう。

それでも人から褒められたいという気持ちが強いため、露出の多い格好をして「あの人スタイルいいね」「綺麗だね」と言われるのを期待したり、知っていることを賢しげにベラベラとしゃべっては、「頭いいんだね」と褒められたいという思いが言動や行動に表れていることも多いでしょう。

傍から見ればまるきり子どもじみた行動ですが、本人はそのことに気付いてはいないでしょう。

自分は特別な存在だと信じ切っている

調子のいい女性は自己陶酔型が多いため、自分のことを特別な存在だと信じ切っている人も少なくはありません。

周りの女性の中でも自分が最も綺麗だと感じていたり、他の人よりも頭が良くて賢いと考えていたり、客観的なデータにも何にも基づいていないのに、根拠のない自信を持ち、「自分は特別だ」ということを信じ切っています。

だからこそ他人とは違う特別扱いをされたがりますし、「きみだけだよ」「あなただけよ」という特別さを感じさせる言葉が大好きです。

ちょっと特別だという態度を取られると舞い上がってしまって、「ほらねやっぱり私は特別」とますます調子づくこともあるでしょう。

自分を特別扱いしない人をバカだと思っている

自分を特別な、選ばれた人間だと思い込んでいると、自分を特別扱いしない人のことをバカだと思ったり、浅はかだと見下したりします。

周りにいる男性のほとんどが自分を美人だと褒めたたえる中で、一人だけ自分に靡かない男性がいれば、「あの人は分かってない」「感性がおかしい、変人だ」と決めつけて、相手が自分のことを魅力的だと判断しないことを否定します。

自分だけは特別だと考えているので、自分を他の人と平等に扱ってくる人や、まったく特別視もせずにごく普通に接してくる人に対しても、何を言われたわけでもないのに不快に感じ、相手を敵視したり悪く言ったりします。

傍から見ればかなり勘違いも甚だしいですが、本人は至って真面目に自分は特別だと考えています。

相手によって態度を変える

調子のいい女性は、相手によってころころと態度を変えます。

お金持ちやイケメンの男性の前ではベタベタと女らしさをアピールして媚びるのに、無関心な男性に対してはとことん冷たい素振りを見せたり、上司や立場が上の人間には出来た女性を演じたりすることもしょっちゅうです。

とくに同性の前と異性の前とで態度を変えることが多く、男性の前では可愛くブリっ子したりか弱い女を演じたりするのに、同性である女性の前ではスパスパとタバコをふかしながら胡坐をかくようなことも珍しくはありません。

まさに男性の知らない「裏の顔」を持っているのが調子のいい女性の特徴です。

目当ての男性を手に入れるためにはそのくらいのずる賢さは必要かもしれませんが、現実を知った時の男性のショックは大きいでしょうし、また同性からは非難が激しいでしょう。

しかしそんなこともまったく関係ないとばかりに、いつでもどこでも人によってころころと態度を変え続けるでしょう。

気分がすぐ顔に出る

調子のいい女性は自分の感情を隠すのが下手くそです。

媚びを売っている時ですら、不快に感じることがあったら笑顔が引きつりますし、普段であれば尚の事喜怒哀楽の感情が激しく顔に出ます。

そのため、自分が嬉しい時にはにこにこと笑顔を振りまいているのに、ちょっとないがしろにされたら大袈裟に悲しんで見せたり、気分を害したらこれでもかとばかりに不機嫌さを顔に態度に出したりします。

あまりに子どもじみた行動ですが、本人はそうすることで自分に気を遣って欲しいという思いがありますので、わざわざ他人に自分の感情を知らせるように、すぐに感情を顔に出します。

そして周りがご機嫌取りをすれば満足してまた笑顔に戻ります。

まるで自分がお姫様になったかのように振舞うため、付き合い始めた当初はそんな様子が可愛く思える彼氏も、次第にその面倒くささにうんざりしてしまうでしょう。

調子のいい女、あなたの周りにもいませんか?

調子のいい女はどこにでも存在します。

学校でも会社でも、友人の中や家族の中にまで、10人女性が集まったなら、最低でも1人はそんな調子のいい女性が紛れていることでしょう。

そんなに調子のいい女性の割合が多いのは、元々女性が感情的になりやすいということと、それを隠せない人が多いこと、また承認欲求が強いことが理由として挙げられるでしょう。

今挙げたことはもちろん男性にも当てはまりますが、女性は男性よりも日常生活の中で自分をコントロールして女優になり切ることが上手いため、より顕著にそれが表れてしまうのかもしれませんね。

また、男性は本来家族を守る側で自立心が強いのに対し、女性は守られる側になることが多いため、他人に対する依存心や執着心が強い傾向もあります。

そのため「寂しい」「自分を見て欲しい」という気持ちが強い人ほど、そうした調子のいい性格になるのかもしれません。

あなたの周りで「この人調子いいな~」と思う人がいたら、その人をよく観察してみてください。

きっといつも人に構って欲しくて仕方がないという様子が態度に出ていることでしょう。

調子のいい女は嫌われる

これまでにご紹介してきた内容からも分かるように、調子のいい女性というのは人から嫌われやすいです。

同性と異性の前とで顕著に態度が変わる人は女性に嫌われやすいでしょうし、また調子のいい嘘ばかりつくような人は男性からも嫌われやすいです。

調子のいい女性はとにかく言動や態度が軽々しく見られるため、発言する内容にも重みが感じられませんし、また信用にも値しないと判断されることが多いです。

そのため表面上の友人はいるかもしれませんが、本当にピンチになった時に周りに頼っても、助けてくれる人は恐らく少ないでしょう。

そして当人がそんな自分を省みない限り、それは改善されることはないのです。

調子のいい女は若い女性のほうが多い

調子のいい女性は、比較的若い女性の方が多いです。

何故かというと、若い女性はその若さゆえに周囲からはちやほやされやすいからです。

若い内はどんな女性でも華があります。

地味にしていても肌や髪の艶は美しいですし、自分磨きをしている女性ならば余計に男性からはモテるでしょう。

多少性格がわがままや自分勝手だったとしても、「それもまた魅力の一つ」と周りからは許されることが多いため、「自分は特別」だと勘違いしてしまう女性が若い人には現れやすいのです。

恋愛面では男性からちやほやされますし、また職場でも若い内は仕事でミスをしても「まだ若いから仕方ないね」と許してくれる上司も多いでしょう。

そんな周りの環境によっても、調子のいい女性というのは生まれてしまうのでしょう。

ただしそれは若い内だけのものですので、年齢を経てくれば次第に誰も相手にはしてくれなくなるでしょう。

そうなってようやく、自分が勘違いをしていたことに気付く女性も少なくはないでしょう。

年齢を経るにつれて客観性を持ち、反省する

ある程度年齢を経てくると、自分が若い内はいかに甘やかされていたのかということに誰もが気付きます。

そして自分が調子のいい性格になっていたことに気付いてようやくそこで反省をして、自ら変わろうと努力する女性は多いです。

残念ながら中には歳をとっても自分を特別視し続けてしまう人がいます。

自分で自分を特別視するのは問題ありませんが、それを若い頃と同じように周りにも求めてしまうと、直ぐに周りの人は離れていってしまうでしょう。

しかしきちんと客観性を持って自らを反省することが出来る人は、その内年相応な大人の女性として過ごせるようになるでしょう。

女性には歳をとっても、歳相応の美しさがあります。

その美しさを存分に発揮出来るためにも、今の自分に合ったものをきちんと自覚して行動することが必要とされるのでしょう。

なぜ調子のいい女になるのか

そもそも、なぜ調子のいい女性というのが生まれてしまうのでしょうか?先ほど若い内は華があるため、周りが甘やかしてくれると書きましたが、それ以外にも女性が調子に乗ってしまう理由がいくつかあります。

それさえなかったら、調子に乗り過ぎずに済んだかもしれません。

そうすれば若い内から、もっと深い付き合いの友人が出来たかもしれませんし、自分を心から大切に思ってくれる男性と出会えたかもしれません。

また、会社でももっと上を目指して努力をして、今頃は出世出来ていたかもしれません。

「たられば」を話していても切りがありませんが、そんな後悔をしてしまわないためにも、以下の調子に乗ってしまいそうな要素をしっかりと把握しておきましょう。

ちやほやされて大事に大事に育てられた

女性に限らず、男性でも同じことが言えますが、ちやほやされて大事に大事に育てられてきた人は、調子のいい性格になってしまうことが多いです。

ちやほやされるということは、何でも甘やかされるということです。

したい時にやりたいことが出来て、困れば必ず誰かが手を差し伸べてくれる、そんな生活をずっとしてきたのなら、「自分は特別」なのだと勘違いしてしまってもある意味仕方がないでしょう。

子どもの頃から独立するまでずっとそうして生きてきた人は、本当に周りのことなど気にもせず、いつでも自分の気持ちだけを優先すれば良かったので、いざ社会に出てからは大変な思いをすることが多いです。

子どもの頃から周りに協調して、時に自分が周りを助けてという生き方をしてきた人であれば、社会に出てからも直ぐに周りに溶け込むことが出来るでしょう。

しかしそれとは正反対の生き方をしてきたのなら、それはもはや本人の責任とは言えないかもしれません。

人は育った環境一つで性格が決まってしまいます。

生まれてから「蝶よ花よ」と育てられた女性は、社会に出て初めて世の中の厳しさや現実を痛感することになるのでしょう。

今まで何でも思い通りにいっていた

順風満帆で、今まで何一つとして不自由してこなかった人も、調子のいい性格になってしまうことが多いです。

何をしても思い通りになっていたのですから、自分が思ったことは何でも口にしてしまいますし、わがままも言いたい放題でしょう。

仮に誰かがそれに異を唱えたなら、その相手を反対に「おかしな人」だと思ってしまうかもしれません。

それほど自分は正しくて周りが間違っているという考えが固まってしまいますので、それを覆すのはなかなか至難の業でしょう。

調子のいい女との上手な付き合い方

育った環境がどうであれ、調子のいい女性が自分の周りにいると迷惑に感じることが多いでしょう。

人の話を聞かない、自分語りする、構ってちゃんオーラが半端ないなど、毎日一緒にいると鬱陶しく感じてしまうことも多いでしょう。

そんな人と一緒に居続けては自分のストレスが溜まってしまうだけですので、出来るだけ上手に付き合って被害を被らないように努めた方が良いでしょう。

では、実際にどんなふうに振舞えば、調子のいい女性と適度な付き合いが出来るのでしょうか?以下にその方法をご紹介します。

必要最小限で付き合う

あらゆるトラブルを回避するために必須の行動が、「必要最小限」で付き合うことです。

調子のいい女性は、数日一緒にいれば大体その性格が把握出来ますので、「あ、これ面倒臭いタイプだ」と思った時点で良い顔をするのは止めて、さっさと付き合いを必要最小限に留めましょう。

ずるずると仲良くしていると、勝手に向こうがこちらを「親友」だと思い込むこともあります。

そうなっては付き合わないようにするのも難しいですし、何かあれば「〇〇ちゃんが酷い!」と周りに言い触らすことも平気でするでしょう。

そうなってはますます面倒臭い事態に陥りますので、相手の性格が分かった時点で付き合いを狭めましょう。

「可哀想だから」や「何だか放っておけないから」などという偽善すら自分のためにはなりませんので、後悔する前に素早く行動しましょう。

発言内容に対してあまり賛同しない

調子のいい女性は、自分に賛同してくれる人や褒めてくれる人が大好きです。

自分に賛同してくれる人とばかり付き合おうとしますので、ターゲットにされないためにも相手の発言内容に対してはあまり賛同しないようにしましょう。

もちろんわざわざすべての意見に反対する必要はありません。

意見や賛同を求められた時に、自分が違う意見であればそのまま相手に伝えましょう。

きっと面白くない顔をするでしょうが、その後もベタベタと付きまとわれるよりはマシでしょう。

いい顔をせずに、ハッキリと自分の意見を伝えましょう。

感想を伝えて客観性を持たせる

調子のいい女性は、自分の気持ちや意見がすべてだと思っています。

また、周りの人も自分と同じ意見だと信じて止みませんので、その勘違いを指摘することで、相手に少しずつ客観性を持たせることが出来ます。

例えば調子よく何か言った時に、「自分はそれをこう思うよ」と別の感想をあえて伝えます。

すると相手はこちらの意見を変だと言ってくるかもしれませんが、そんな時にこそ「誰もがあなたと同じ考えじゃないんだよ。あなたがいいと思うものを嫌だと思う人もいるんだよ。」と伝えてあげましょう。

理解してくれるまで時間はかかるかもしれませんが、もしも相手がこちらの意見に耳を傾けてくれるようになれば、客観性を身につけさせることも可能でしょう。

その人よりもっとすごい女性の話をする

世の中には、上には上の存在がいます。

自分から見てものすごいお金持ちだと思う人にも、実はその人以上のお金持ちなど世界にはゴロゴロいたりするものです。

もしも日本で一番頭のいい学校で一番を取れば、それは物凄く素晴らしいことでしょう。

しかし世界にはもっとレベルの高い学校の首席も存在しますし、同じテストで過去にもっと点数が良かった人もいるかもしれません。

下を見ても切りがありませんが、上を見ても同じように切りがありません。

しかし、調子のいい女性はそれを知らずに、「自分こそが一番特別なのだ」と自負しています。

その鼻をへし折ってやるとまでは言わなくても、現実を突き突けることによって、少しは自惚れが減ることもあるかもしれません。

もしその女性が「学校のミスコンに選ばれた」と自慢しているのなら、もっとレベルの高い学校でミスコンに選ばれた女性の話を教えましょう。

また、仕事が出来ると自慢しているのなら、それ以上に仕事をバリバリとこなしている女性の話を出して、「あの人に比べれば自分たちなんてまだまだだよね」と伝えましょう。

きっと不愉快そうな顔をするでしょうが、そうやって現実を突き突けるのも必要なことでしょう。

まとめ

調子のいい女性とは、一緒にいたところで何のメリットもありません。

そのため基本的には「触らぬ神に祟りなし」と近づかない方が賢明ですが、もしもその人と嫌でも付き合っていかなければならないのなら、出来るだけ自分がストレスを感じないように対処するべきでしょう。

極力接触を最小限にとどめるか、またはその天狗になっている考え方をどうにか指摘しながら変えさせていくか、どちらを選ぶかはあなた次第ですが、どんなやり方でもあなた自身が損にならないように気をつけましょう。