大人になればなるほど、自分の人生に責任を持って行動しなければなりません。

守るべき家族がいる場合、例え他にやりたいことが出来たとしても家族の生活を優先しなければならない事もあります。

それが不幸なのかと言われればそんな事はありません。

例え自分の為に時間やお金を使う事が出来なくなってしまたっとしてもそれ以外にもっと魅力的なものを手に入れる事が出来たという事なのですかから。

けれど、その境地にたどり着くのは30代・40代になっても遅くはありません。

10代・20代のうちは自分のやりたい事を思いきりやるべきです。

【若い】と言うだけで人には無限の可能性があります。

どんなに才能があってもお金が合っても、若さだけは手に入れる事ができません。

若さがあるだけで出来る事の可能性は無限に広がると言っても過言ではないでしょう。

けれど、最近ではそんな沢山の可能性を持っている若者がやりたい事を見つけるが出来ないという事が増えているそうです。

昔に比べ、今の日本はシビアな世界になったのかもしれません。

終身保障が無くなり、いつリストラの対象になってもおかしくなく、一生懸命働いたからと言って結果が必ずしもついてくるわけではありませ。

だからこそ、未来に無駄な期待をしなくなってしまった気持ちもわからないではないでしょう。

けれど、それでも人生は一度きりです。

その一度しかない人生を無駄に過ごしてはいけません。

人間努力次第でどんな可能性も手に入れる事が出来ます。

例え今は何もできないとしても、自分が本気になれば、可能性は出てくるのです。

だからこそ、何もする前から諦めてはいけません。

自分は今何をしたいのか。

何なら出来るのか。

そのことを改めて考えるだけでも未来は大きく変わるのでは無いでしょうか。

手遅れになる前に!今すぐやるべきこと3個

どんなに医学が発達したとしても、いまだに出来ない事があります。

その一つが若返りです。

どんなにお金をかけたっとしても、人間の若返りをする事はできません。

もちろん、外見だけ若返らせる事は可能でしょう。

けれど、内面すべてを若返らせる事はできません。

だからこそ、人間は必ずおいていきます。

老いる事は決して悪い事ではありません。

それだけ人生の中で沢山の経験をする事が出来たと誇りを持つ事が出来るでしょう。

けれど、そのせいで出来る事に制限がかかる事もあります。

仕事を探そうと思っても年齢だけで受ける事すらできない事だってあるのです。

だからこそ、何かを始めるなら若いうちに限ります。

けれど、若いうちはまだまだ心が完成していません。

色々な事に悩んだり傷ついたりする事でしょう。

そのせいで自分には何もないんだと勘違いしてしまいすべてを投げ出したくなる事もあります。

一度投げ出したその人生は、ずっと後ろ向きな気持ちで生活していかなければならなくなります。

だからこそ、自分の可能性を自分が諦めてはいけません。

時間は有限です。

その限りある時間の中で自分がどう行動すべきなのかを冷静に判断する事も大切な事ではないでしょうか。

1.10代20代はきちんと調べればやりたいことにお金がかからなくなることも!


色々な可能性を探す中で、人によってはお金が無いからこそ挑戦する事が出来ないと思っている場合もあるでしょう。

たとえば、なりたい職業を見つけたとしてもそれになる為には、大学や専門学校に行かなければならない場合もたたあります。

そん時にお金が無いと、結果的に夢を諦めなければならなくなってしまう事もあります。

小さい頃から、親から『うちにはお金が無い』と言われて育った子供たちはそのせいで夢を持つ事すら諦めてしまう事もあります。

どうせ出来ないんだとやる前から諦める事によって自分の心が傷つくのを避けているかもしれません。

けれど、選択肢は一つではありません。

やり方を変えれば、自分の可能性を伸ばす事はいくらだってできるのです。

知る事を諦めてしまうと、その方法すら気が付く事が出来なくなってしまう場合もあります。

だからこそ最初からあきらめてしまうのでは無くどうしたら出来るようになるのかを考える事も大切です。

奨学金や助成金、市の講座などを調べてみよう

お金が無いと、人は学ぶ事が出来ません。

日本の義務教育は中学校までです。

最近では、高校が無償化になったこともあり、殆どの人が高校までは通う事が出来るでしょう。

けれど、その先の大学・短大・専門学校にはお金がかかります。

人は、学歴でその価値が決まるものではありません。

けれど、学歴が無いと出来ない事があるのも事実です。

自分がなりたい仕事があたとしても資格と取る際には学歴が必要な場合もあります。

そもそも学歴がないと面接すら受ける事が出来ない場合もあるのです。

だからこそ、自分がなりたいものに学歴が必要なが場合にはどうすれば学校に行く事が出来るのかを考える必要があるでしょう。

日本には奨学金や助成金などの制度があります。

奨学金の場合には国からお金を借りる制度の事を指します。

これは、あくまでも借りるだけなのでいずれ返さなければなりません。

沢山借りれば、それだけ返済も大変な思いをする可能性もあります。

ですが、奨学金のお金で学校に行く事が出来れば、結果的に沢山のお金を稼ぐ事が出来るようになる場合もあるのです。

その為、借金だからと言って必ずしも悪い事だとは言えません。

助成金や市の講座などは、その学校や地位によって基準が変わってくるでしょう。

けれど、実際に手元にお金が無かったとしても学ぶ事が出来る可能性はいくらでも残されています。

今お金を使っていることはやりたいことよりも重要なのか考えてみよう

何かを得る為には、何かを我慢する必要があります。

もし何かを始めたいと思うのであればそれが出来るようになる為にも、我慢できる事は我慢していきましょう。

例えば、実際お金が無いというのであれば無駄な部分を節約する以外に方法がありません。

お金には限りがあります。

使えば使っただけ無くなっていく事は当たり前の事でしょう。

だからこそ、自分が何にどれだけお金を使っているのかを理解してそれを節約していくのです。

自分がやりたい事が本当の気持ちなのであれば、多少我慢をしたとしても前向きな気持ちで節約を意識する事が出来るようになるのではないでしょうか。

お金がなければ作り出そう

どんなに節約しても、お金が無い時には無いのです。

奨学金などに頼る事も出来ますが、生きて聞く為には学費以外のお金も必要となります。

その場合、全てのお金を借りてしまうと後からの返済がとても大変なものとなってしまいます。

だからこそ、少しでも未来の負担を減らす為にはお金を我慢するだけではなく、作り出そうとする事も大切です。

お金を作り出すという事は、つまりは働く事です。

何の目標も無く、ただ淡々と仕事を続けるにはモチベーションが上がらずに嫌な気持ちになる事もあるでしょう。

ですが、何かに向かって頑張るのであれば気持ちも強くもつ事が出来るかもしれません。

お金を稼ぐ事は簡単な事ではありません。

けれど、無理な事でもありません。

自分の夢を実現する為には、時には頑張る事も必要です。

2.今の生活に満足している人は、生活を維持することがやりたいこと!

やりたい事を考えたとき、何も浮かばない事もあるでしょう。

そんな時に「自分はつまらない人間だ」と落ち込んでしまう事もあるかもしれません。

そもそも夢など考えたことも無いという人だっているかもしれません。

ですが、それもその人が無感情な人なわけではありません。

きっと今の生活に満足しているのです。

人はないか不満があるとそこから抜け出したいと思うものです。

出来るだけ早くその場から抜け出す為に様々な努力をします。

それがやる気の原動力になる事だってあるでしょう。

けれど、今の生活に満足しているからこそ、他を見る気持ちにならないのです。

変化を求めない性格も、今の若者にありがちなタイプです。

ですが、どんな日々を全く努力をせずに維持する事はそう簡単な事ではありません。

実際には変わらないように努力をする必要があるのです。

それすらも、今やりたいことだと言えるでしょう。

夢は何もすべてを変える事だけではありません。

自分の大事な場所を守る。

それもまた夢の一つだと言えるでしょう。

将来欲しい年収をベースに、なりたい職業を絞ってみよう

特になりたいものが無い場合には、将来に必要なお金を計算してみましょう。

お金の価値観は人によってさまざまです。

10万で満足する事が出来る人も居れば、100万円あっても満足できない人も居ます。

だからこそ、まず自分がどれほどのお金が必要なのかを考えてみるのです。

その結果、その金額を稼ぐ事が出来る職業を探せばいいのです。

仕事に対するモチベーションの持ち方は人によってさまざまです。

仕事の内容自体に満足感を感じている人もいれば、それによって得る事が出来る報酬に満足感を感じている場合もあります。

勿論、両方感じる事が出来る事がベストです。

けれど、実際には両方を得る事はそう簡単な事ではありません。

大概、どちらかを我慢している事でしょう。

何を優先するかはあなた次第です。

もし、今の生活事態を維持したいと思うのであれば仕事の内容に関しては、多少我慢する気持ちも必要です。

人生はおかねだけでは無いけれど、お金が無ければできない事が多々ある事も事実です。

理想の生活をする為には、お金が必要なのです。

その為にはそのお金を稼ぐ仕事を探す事も一つの方法です。

結婚もやりたいことの1つになる

将来に夢は、何も仕事だけに限ったことではありません。

「結婚」という人生最大の出来事もその一つだと言えるでしょう。

今の時代、将来の夢が結婚だというと馬鹿にされる事もあるかもしれません。

けれど、そんな事を気にする必要はありません。

自分の人生なのですから、自分が納得する結果を掴む事が出来ればそれでいいのです。

「結婚」を将来の夢にしていると、周りからはいろいろ言われる事もあります。

ですが、今の時代結婚はそう簡単なものではありません。

時には就職するよりもずっとずっと難しい場合もあるのです。

だからこそ、それ相応の努力をする必要もあり、誰でも簡単に出来るものでは無いのです。

結婚を将来の夢にするのであれば、それだけ自分自身を魅力的な女性にする事が必要です。

その経験は、結果的に人生をより豊かなものにしてくれるものとなるかもしれません。

3.まずはやってみよう、続けてみれば道はみえてくる


何もやりたい事が見つからない場合は、、下手にいろいろな事を考えてもうまくいかないものです。

頭で考えてもうまくいかないのであれば、まずは行動に移してしまいましょう。

やりたい事が見つからないのであれば見つからないなりに、とりあえずなんでもいいので初めてみましょう。

これがやりたいという強い希望が無かったとしても、なんとなく興味があるものはあるはずです。

やってみたら面白いかもしれない。

そんな小さな興味だって十分何かに出会う事が出来る可能性を秘めています。

結局頭の中でどれだけシュミレーションをしたとしても、実際に経験する事にはかないません。

やってみる事によって見えてくる事もあるはずです。

それを経験する事によって、自分がしたい事にであう事が出来るようになる事だってあるかもしれないのです。

本当はやりがいを持って働く事が出来る仕事があるのにも関わらず、それになかなか出会う事が出来ない人は、きっと経験が足りないのでしょう。

経験が足りないからこそ、その職業を思い当たる事すらできなくなってしまうのです。

自分の人生の可能性を掴む事が出来るのは自分しかいません。

だからこそ、その時間を無駄にしないように過ごしてみてください。

一歩踏み出す勇気がないのなら、友達を誘って見るのも手

はじめての事を経験するには勇気が必要です。

新しい事を始める事が苦手な人はそれだけでなんとなく尻込みしてしまう事もあるでしょう。

本当はあなたの才能にぴったりの仕事があるのにも関わらずそれに気が付く事が出来ずに終わってしまう事も多々あるかもしれません。

だからこそ、経験を積む事がとても大事な経験です。

もし、一人で開始する事が苦手な人は友達を誘ってみる事も一つの方法です。

友達を誘う事によって緊張を緩和する事が出来るでしょう。

一緒に頑張る事で、切磋琢磨していい結果を得る事だって出来るかもしれません。

なんでも一人で乗り越える必要はありません。

もし手を貸してくれる人が居るのであれば、その人の手を取り一緒に頑張る事もまた一つの方法だと言えるでしょう。