CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

生きがいがない10代・20代の6個の理由


大人になればなるほど、自分の人生に責任を持って行動しなければなりません。

守るべき家族がいる場合、例え他にやりたいことが出来たとしても家族の生活を優先しなければならない事もあります。

それが不幸なのかと言われればそんな事はありません。

例え自分の為に時間やお金を使う事が出来なくなってしまたっとしてもそれ以外にもっと魅力的なものを手に入れる事が出来たという事なのですかから。

けれど、その境地にたどり着くのは30代・40代になっても遅くはありません。

10代・20代のうちは自分のやりたい事を思いきりやるべきです。

【若い】と言うだけで人には無限の可能性があります。

どんなに才能があってもお金が合っても、若さだけは手に入れる事ができません。

若さがあるだけで出来る事の可能性は無限に広がると言っても過言ではないでしょう。

けれど、最近ではそんな沢山の可能性を持っている若者がやりたい事を見つけるが出来ないという事が増えているそうです。

昔に比べ、今の日本はシビアな世界になったのかもしれません。

終身保障が無くなり、いつリストラの対象になってもおかしくなく、一生懸命働いたからと言って結果が必ずしもついてくるわけではありませ。

だからこそ、未来に無駄な期待をしなくなってしまった気持ちもわからないではないでしょう。

けれど、それでも人生は一度きりです。

その一度しかない人生を無駄に過ごしてはいけません。

人間努力次第でどんな可能性も手に入れる事が出来ます。

例え今は何もできないとしても、自分が本気になれば、可能性は出てくるのです。

だからこそ、何もする前から諦めてはいけません。

自分は今何をしたいのか。

何なら出来るのか。

そのことを改めて考えるだけでも未来は大きく変わるのでは無いでしょうか。

手遅れになる前に!今すぐやるべきこと3個

どんなに医学が発達したとしても、いまだに出来ない事があります。

その一つが若返りです。

どんなにお金をかけたっとしても、人間の若返りをする事はできません。

もちろん、外見だけ若返らせる事は可能でしょう。

けれど、内面すべてを若返らせる事はできません。

だからこそ、人間は必ずおいていきます。

老いる事は決して悪い事ではありません。

それだけ人生の中で沢山の経験をする事が出来たと誇りを持つ事が出来るでしょう。

けれど、そのせいで出来る事に制限がかかる事もあります。

仕事を探そうと思っても年齢だけで受ける事すらできない事だってあるのです。

だからこそ、何かを始めるなら若いうちに限ります。

けれど、若いうちはまだまだ心が完成していません。

色々な事に悩んだり傷ついたりする事でしょう。

そのせいで自分には何もないんだと勘違いしてしまいすべてを投げ出したくなる事もあります。

一度投げ出したその人生は、ずっと後ろ向きな気持ちで生活していかなければならなくなります。

だからこそ、自分の可能性を自分が諦めてはいけません。

時間は有限です。

その限りある時間の中で自分がどう行動すべきなのかを冷静に判断する事も大切な事ではないでしょうか。

1.10代20代はきちんと調べればやりたいことにお金がかからなくなることも!


色々な可能性を探す中で、人によってはお金が無いからこそ挑戦する事が出来ないと思っている場合もあるでしょう。

たとえば、なりたい職業を見つけたとしてもそれになる為には、大学や専門学校に行かなければならない場合もたたあります。

そん時にお金が無いと、結果的に夢を諦めなければならなくなってしまう事もあります。

小さい頃から、親から『うちにはお金が無い』と言われて育った子供たちはそのせいで夢を持つ事すら諦めてしまう事もあります。

どうせ出来ないんだとやる前から諦める事によって自分の心が傷つくのを避けているかもしれません。

けれど、選択肢は一つではありません。

やり方を変えれば、自分の可能性を伸ばす事はいくらだってできるのです。

知る事を諦めてしまうと、その方法すら気が付く事が出来なくなってしまう場合もあります。

ページトップ