皆さん一度は付箋を使ったことがあるのではないでしょうか?

最近では、普通のメモ用紙のようなものではなく、キャラクターがデザインされたものや機能的なものまで、たくさんの種類が販売されています。

そんな付箋ですが、実は様々な活用法があるのはご存知でしたか?

今回は「こんな使い方があったんだ!」「これは便利!」という使い方をメインで、ご紹介していこうと思います。

ちょっと得する付箋の使い方を知って、生活の知恵として役立ててもらえればと思います♪

それでは、気になる付箋の活用法についてご紹介していきましょう。

付箋とは?

まず、付箋とは何か!ということをご説明しましょう。

みなさん一度は使ったことがあると思うので、基本的な説明は必要ないかもしれませんね。

付箋とは、メモ用紙のサイズから小さな帯のようなものまで、比較的小さなサイズのメモ用紙といったところです。

しかし、メモ用紙と一番異なるポイントは裏が粘着式になっているということです!

これが以外と便利で、パソコンや冷蔵庫などに貼り付けたり、ノートのまとめに使ったりと色々な使い方が出来てとっても便利です♪

そんな誰もが利用するけど、ちょっと便利な事務用品の「付箋」の使い方をご紹介していきますね♪

付箋の使い方アイディア17選を紹介!

みなさんは付箋の使い方が1つだと思っていませんか?

いえ!実はもっとたくさんあるんです!

オフィスや学校生活など様々な場面で活躍する付箋ですが、では実際どういった場面で使用すれば便利なのか、

またどんな活用法があるのか、17個の活用法をご紹介していきましょう♪

まずは、役立つアイディア集として、実際使用してみて役に立った活用法をご紹介していきます。

意外と忘れがちなことや、付箋を貼るだけで仕事の効率がアップするなどとても効果が高い方法が満載です♪

ここでは、10個のアイディアに分けてご紹介していきますので、是非記事を読んで実践してみましょう。

今よりも少し、仕事や普段の生活が便利になるかもしれませんよ♪

1.一日の予定を書く

まず、オーソドックスな使い方として、一日の予定を書いておくことです。

誰しもがそうですが、意外と一日にやらなければならないこと、というのは多いもので、どれかを忘れてしまいがちですよね。

そんな時「付箋」が登場です!

一日の流れを箇条書きにして、目に付くところに貼っているだけで、もの忘れ防止なりますし、仕事でも期限を忘れてしまうということがなく、とっても便利です。

携帯に予定を入れておくのもいいかもしれませんが、いつでも確認できるわけではありません。

付箋であればシーンや状況を問わず確認しやすく、目につきやすいことから予定を書いておくには最適です。

一日の予定で重要なものは、付箋一枚に大きく赤字などで書くとより効果的ですよ♪

2.クリアファイルに貼り付ける

続いての活用方法は「クリアファイルに貼り付ける」という方法です。

クリアファイルって最初に書類を入れた時は、何が入っているか覚えているものですが、

時間がたったり、だんだんと入っているものの量が増えてくると、どのファイルに何が入っているか忘れてしまった!という経験をした人もいるのではないでしょうか。

そんな時、クリアファイルに付箋を貼り付けてみてはいかがでしょう。

中に入っているものを記載したり、分類分けを記載するだけでも、大体どこに何があるのか把握することができます。

いちいちクリアファイルの中身を確認しながら、メンドクサイ手間を省くことが出来ますね。

また、クリアファイルに直接書き込んでしまうと、中身が必要になって別のものを入れようと思った時、書き直しが聞かず、とっても不恰好になってしまいますね。

付箋であれば、すぐに剥がして新しい内容を記載することが出来、見た目もきれいで、

新しくファイルを購入する必要もなく、経済的にもお得ですよ♪

時間がある時に、クリアファイルに付箋でタイトルを付けたり、中身を箇条書きにしてみましょう♪

3.粘着力を使ってパソコンのキーボードの掃除

続いては「粘着力を使ってパソコンのキーボードの掃除」です。

ちょっと変わった付箋の使い方で、これこそアイディア的な付箋の使い方と言えるのではないでしょうか。

パソコンを使う人ならわかると思いますが、キーボードの隙間って意外と汚れたり、ホコリが溜まったりするんですよね。

しかも、細かい作りになっているだけにお掃除がとっても大変です。

エアダスターなどで掃除してもいいですが、毎回購入しているとちょっとお高くついてしまいますし、何より準備したり買い足したりと面倒ですよね。

そんな時、役目を果たした付箋の登場です!

付箋は紙で出来ているので、細かい隙間にもスイスイ入り込むことが出来ます。

しかも粘着力がある為、ホコリやゴミを取るのにうってつけ!

すでに役目を果たした付箋ですので、後は捨てるだけと無駄なく活用することが出来ます♪

キレイ好きのあなた、節約上手のあなたにはおすすめの活用法ですよ。

ちなみに、パソコンのキーボードだけでなく、窓の桟やエアコン・ファンヒーターのフィルターのホコリ取りにも活用することが出来るので、是非試してみてくださいね♪

4.ノート作成時に重要なところを付箋に書いて貼る

続いては「ノート作成時に重要なところに付箋を書いて貼る」という方法です。

皆さんノートを書く時に、様々な工夫をしていると思います。

例えば、蛍光ペンを使ったり、ペンの色を変えてみたり、定規で囲ってみたりと色々な方法がありますよね。

そんな時、大事な部分に付箋を貼り付けてみてください。

付箋が貼られていると、すぐに目に付き重要な部分を一目で確認することができます。

しかも、紙の厚みがあるので、重要な部分が開きやすいという特徴もあります。

ちょっとインデックス代わりのような使い方ですね♪

さらにおすすめの使用方法として、ノートの紙の色と違う配色にしてみたり、

自分がわかりやすいように、付箋にイラストなど書いてみても面白いかもしれません。

もっとキレイにノートをまとめてみたいけど、方法が思いつかないというあなた!

自分なりのノートのまとめ方に、是非付箋を取り入れてみてくださいね♪

今よりキレイで快適なノートになること間違い無しですよ♪

5.透明なガラスに貼って事故防止

続いては「透明なガラスに貼って事故防止」です。

これは意外や意外な使い方ですが、こんな活用法もあるんです。

みなさんも透明な大きなガラスがあり、近づくまで気付かずちょっと危ない思いをしたことはありませんか?

気の利いた場所であれば、張り紙などをしてくれているところもあるでしょう。

しかし、張り紙などをしているとセロテープの後などが目立ち、後々処理が大変です。

工事などで、臨時に張り紙をしたい時はなおさらですね。

そんな時、付箋であれば、簡単に取り付けて使い終わったら、直ぐにキレイに剥がすことが出来ます♪

少し目立つ色の付箋を選んで貼り付けると、より効果的ですね。

みなさんの周りで、よくガラスにぶつかったり、ぶつかりかけたりする場所に付箋を一枚貼り付けてみてはいかがでしょう。

6.食材に賞味期限を記入して貼り付ける

続いて「食材の賞味期限を記入して貼り付ける」という方法です。

みなさんも経験があると思いますが、食材を購入したものの、賞味期限が記載されていない。

「あれ?これいつ買ったっけ?」という経験をしたことがあると思います。

そんな時、食材に付箋を貼り付けてみましょう。

それだけで、食材の賞味期限が一目で確認でき、食あたりなど悪くなった食材を使う危険性も格段に下がります。

それだけでなく、付箋は目につきやすいので、賞味期限が切れそうなものが気付きやすく、

食材を無駄にしてしまうということも、少なくなるでしょう。

安全でかつ、経済的に付箋を活用してみませんか?

7.冷蔵庫の在庫を記入

続いては「冷蔵庫の在庫を記入する」という方法です。

節約好きのあなた、主婦の方ならこの活用方法の意味がすぐにわかると思います!

冷蔵庫を開け閉めするだけで、電気代が余分にかかってしまうことはご存知ですか?

これは、冷蔵庫の内部は一定の温度に保たれており、外気が入りこむことにより、

温度が上昇して、元の温度に戻そうとして電力を使うからです。

冷蔵庫の開け閉めを防ぎ、節約したい方必見!

食材を入れる前に、冷蔵庫に付箋を貼り付け、冷蔵庫の中のものリストを作成してから収納するようにしましょう!

そして冷蔵庫から出して、使い終わったら付箋に線を引いて消していきます。

これだけで、冷蔵庫を開けることなく中身の確認をすることができますね♪

さらに便利な活用方法として、冷蔵庫のものを収納した大体の位置に合わせて付箋を貼り付けることです。

そうすることにより、取り出す時に素早く必要なものを取り出すことが出来、さらに節約することが出来ますよ♪

8.人に借りた本に貼る

続いては「人に借りた本に貼る」という活用法です。

皆さんも「あれ?こんな本持ってたっけ?」という経験はありませんか?

本というのは、すぐに読まないケースもありついつい借りていること自体忘れがちですよね。

そんな時、人から借りている本の表紙の部分に付箋を貼ってみてはいかがでしょうか?

すぐに自分のものではないと判断でき、返し忘れ防止にも繋がります♪

借りた方は忘れていても、貸した方はいつまでも覚えているものです。

そんな人間関係のトラブルを未然に防ぐ為にも、是非付箋を活用してみてください!

9.本やDVDに返却期限を貼る

続いては「本やDVDに返却期限を貼る」という活用法です。

レンタルの本やDVDには返却期限がありますよね?

しかし、1週間レンタルなどにしていると、仕事が忙しかったりとついつい返却期限を過ぎてしまうことがあります。

返却期限を過ぎてしまうと、すぐに返却しても延滞料として倍近くの料金が取られてしまうこともあるでしょう。

そんな返し忘れ防止に、本やDVDの表面に付箋を貼ってみてはいかがでしょう?

返却日が書かれたレシートを確認することなく、一目で期限の確認をすることができます。

せっかく安い値段でレンタルしたものでも、延滞料を取られては意味がありません。

そういった無駄な出費を抑えることにも有効な使い方ですよ♪

10.コードやLANケーブルの仕分け

続いては「コードやLANケーブルの仕分け」に使う方法です。

自宅で生活していると、たくさんの家電製品を使うことになります。

しかもキッチンやパソコン周辺などは複数のコードが密集する可能性が高くなります。

「あれ?このコードが抜きたかったけど別の抜いちゃった、、、」という経験をした人もいることでしょう。

あまり使っていないもののコードであれば問題ないですが、炊飯中の炊飯ジャーや作業しかけのパソコンだったりすると、考えるだけでも嫌な気持ちになりませんか?

そんな自体を防ぐ為にも、それぞれのコードに付箋を巻き付けて、何のコードか一目で確認できるようにしましょう♪

そうすることにより、間違ってコードを抜いてしまう!という事態はまず起こることはないでしょう。

この活用法はホントに便利なのでおすすめですよ♪

おもしろアイデア集

先ほどまでは、役立つアイディア集をご紹介させて頂きました。

次の項目では、「こんな使い方もあるの?」と驚くような、ちょっと面白い付箋の使い方をご紹介しようと思います♪

項目は7項目に分けてご紹介させて頂きます。

どれか気になるものがあれば、手軽に試すことが出来るので是非試してみてください♪

意外と嵌っちゃうかもしれませんよ。

11.メモリージャーとして使う

まず始めに「メモリージャーとして使う」ことです。

「メモリージャーって何?」という方も少なくないと思います。