今と昔を比べてみるとインターネットという存在が様々な部分において大きな変化をもたらしていると言えます。

インターネットが生まれたことによって、今まで不可能だったことが可能になり、私たちの生活スタイルなども大きく変化をしています。

例えば、昔は自分が必要とする情報を手に入れるためには本屋に足を運んだりして、本を読んだりまたは人に聞いたりして必要な情報を収集していました。

しかしながら今は分からないことや気になることがあればインターネットを使って簡単に情報取得することができるようになっています。

また、気になることなどを動画で確認したり、何かしらの手続きなどもインターネットですべて完結できるようになっています。

このように私たちの生活においてインターネットは非常に大きな影響を与えていると考えることができます。

そして、その大きな影響は私たちのコミュニケーションや言葉の部分においても大きな変化をもたらしていると言えます。

今や相手とコミュニケーションを取ったりするのは直接的に会話をするだけではなく、SNSなどを使ってのインターネット上でのコミュニケーションも主流になっています。

そして、それに伴い言葉を使って話のではなく、文字のやり取りなども主流になったことから、インターネット上での特殊な言語表現なども頻繁に用いられるようになっています。

そこで、今回はインターネット上で表現される特別な言葉である、あぼーんという言葉をテーマにして、あぼーんの意味や使い方などをご紹介していきます。

「あぼーん」とは?

あぼーんという言葉を聞いた時に、あなたはどのような想像をしますか?

日常的にインターネットを駆使している人からしてみれば、聞いたことがある人や意味を知っているという人も多く存在しているかもしれません。

しかしながら、あまりインターネットを利用しないような人からしてみるとどのような意味を持っている言葉なのかよくわからないと感じることもあるはずです。

あぼーんという言葉は現実的な世界よりかは、インターネット上の世界で用いられる表現方法であり、インターネット掲示板などで広く利用されている言葉です。

非常に様々な意味が存在している言葉であり、幅広い用途で用いられる言葉の一つでもあります。

なかなか使用する機会は少ないかもしれませんが、インターネット上で会話をすることの増えた現代においては、意味を知っておくのも無駄なことではありません。

そこで、まずはあぼーんという言葉がどのような意味を持っているのかということを具体的にご紹介していきたいと思います。

消滅、削除などを意味するインターネットスラング


あぼーんという言葉はどのような意味を持ってるのかと言うと「消滅、削除」などの意味を持っている言葉だといえます。

先ほどもご紹介したように日常生活の中で用いられることはあまり多くはなく、どちらかといえばインターネット上で表現される言葉の一つだと言えます。

なぜならば、あぼーんという言葉はもともと日常生活の中で生まれた言葉というよりかはインターネット上で生まれた言葉という区分に該当しているからです。

インターネット上で生まれた言葉や、インターネット上で使用されている俗語の総称などをインターネットスラングという言葉で表現されています。

インターネットスラングには数多くの言語が存在しており、あぼーんという言葉はその中の一つであると考えられます。

電子掲示板などで一時期盛んに用いられた

あぼーんという言葉はもともと電子掲示板などで一時期盛んに用いられた表現方法の一つとして知られています。

電子掲示板は様々なものが存在していますが、その代表的なものの一つとして2ちゃんねるという電子掲示板が挙げられます。

2ちゃんねるとは匿名掲示板であり、様々な立場のひとが情報収集をしたり、情報を交換したりする場所として用いられています。

このような電子掲示板などであぼーんという言葉はよく用いられており、次第にそれが浸透していき一般的な人にまで知れ渡ったという背景を持っているといえます。

「あぼーん」の発生

ここまではあぼーんという言葉の意味について詳しくご紹介していきました。

あぼーんという言葉の意味を理解いただけるところで、ここからはあぼーんということだがなぜ発生したのかということについて触れていきたいと思います。

あぼーんという言葉は先ほどもご紹介したようにインターネットスラングとして知られています。

インターネットスラングとはインターネット上で生まれた言葉や、インターネット上で使われる俗語などの総称として知られています。

そして、インターネット上で生まれた言葉に関しては一見すると意味が分かりにくい言葉なども数多く存在しています。

しかし、生まれた意味などを知ってみるとなるほどなと思わせてくれるような語源を持っているものも数多く存在しています。

あぼーんという言葉はその一つであり、意味を知れば納得できるような語源を持っている言葉でもあります。

あぼーんという言葉の意味を念頭に置いたうえで、インターネット上でどのようにして発生したのか、その経緯をチェックしてみてください。

2ちゃんねる掲示板にて

あぼーんという言葉の発生について考える際には、先ほどご紹介した電子掲示板である2ちゃんねるの存在が欠かせません。

そもそも2ちゃんねるとは何なのかと言うと、インターネット上に存在する電子掲示板の中でも最大級の規模を誇っている掲示板です。

最大級の規模なので当然その利用者数もかなり多くの人間が利用しており、もともと2005年の段階でも1000万人が利用していたという調査結果が出ています。

それぐらいたくさんの人が利用している電子掲示板ですが、ここであぼーんという言葉は多く利用されています。

荒らしや個人情報等の不適切な投稿を削除した痕跡として表示されたことから

なぜあぼーんという言葉が2ちゃんねるで利用されていたのかというと、電子掲示板ならではの理由が存在しています。

電子掲示板とは簡単に言えば様々な人が匿名で書き込みを行うことができるような場所であると言えます。

先ほどもご紹介したように、電子掲示板を利用する主な目的としては情報交換や様々な情報を収集したりするような使われ方をしています。

しかしながら、匿名性があるということも踏まえると、書き込まれる情報に関しては不適切な情報も存在することがあります。

例えば、誰かしらの個人情報が掲示板に記載されてしまったり、一般的な目線で良く思われないような情報などが記載されるということです。

匿名の人物が気軽に投稿することができるので、このようなことが生まれるのはいたしかたないことでもあります。

しかしながら、そのような内容をそのまま放置するということはあってはならないことなので、当然しかるべき対処が求められるようになります。

そのような場合に関しては記載されている内容を削除することが秩序を保つ一つの方法として取り入れられています。

そして、そのような内容などを削除したあとに、その功績としてあぼーんという言葉が利用されているといえます。

例えば、Aさんの個人情報などを記載しているような書き込みがあったとして、当然その書き込みは削除しなければいけません。

その時に、書き込みが気づけば「あぼーん」と表示されるようになり、それは掲示板の管理人がその投稿を削除したという一つの証拠になり、痕跡になるということです。

これがインターネット上におけるあぼーんという言葉の一つの使用方法として考えられています。

「あぼーん」の語源

ここまではあぼーんという言葉が2ちゃんねるでどのようにして用いられているのかということをご紹介していきました。

しかしながら、ここで不思議に感じるのがあぼーんという言葉とあぼーんという言葉の意味の関連性についてということです。

言葉には意味が存在しており、その意味に関してはその言葉と関連性がある意味合いであることがとても多いです。

しかしながら、インターネットスラングに関してはその意味合いなどが言葉から読み取ることができないような存在がいくつもあります。

あぼーんという言葉に関しても、消滅、削除などの意味を連想できるような言葉ではないので、意味がわかりにくいと感じる人もとても多いはずです。

では、なぜあぼーんという言葉には消滅、削除などの意味が含まれるようになったのか。

そしてあぼーんという言葉はどのようにして生まれたのか、ご紹介していきます。

骸を意味する「abone」から


あぼーんという言葉の語源に関しては、諸説あると言われています。

なのでどの説が正しい語源になるのかということは今現在においても不確定であり、どれが正しいかということはまったく判明していません。

その上で、まずは一つの説をご紹介していきます。

あぼーんという言葉が生まれた一つの説として「abone」という言葉から生まれたという説があります。

これはどういうことかと言いますと、「abone」という言葉は直訳すると骸という言葉を意味している言葉です。

骸とは死体や亡骸などを意味する言葉であり、いわく死などを連想させるような言葉でもあります。

そして、先ほどご紹介したようにあぼーんという言葉は掲示板などで使われる際には投稿された内容を削除したりする意味合いで用いられています。

つまり投稿される内容が削除されるということは別の言葉で表現してみるとその投稿が死を迎えるということになります。

人間においても同じであり消滅するということは死を迎えるということになりますので、この英語の意味合いからあぼーんという言葉は生まれたのではないかと言われています。

実際に電子掲示板の名前の一つとして「abone」という名前も付けられているので、一つの有力な説であるといえます。

骨だけ残ったからきている説も

あぼーんという言葉の語源として「abone」という言葉が存在するとご紹介しました。

「abone」という言葉には骸という意味があるとお伝えしましたが、「abone」には別の意味として骨組みだけが残った体という意味もあります。

よくゲームなどをしている人は分かると思いますが、ゲームなどをしていると骨だけが残っている死体を意味したようなアイコンなどがあります。

漫画などでもこのような表現をしたりすることがよくありますが、これらの表現からあぼーんという言葉が生まれたという説もあります。

なので、「abone」という言葉自体からきているのか、骨組みだけから「abone」という言葉に結び付けて表現されているのか複数の説があるといえます。

漫画「稲中卓球部」より

あぼーんという言葉における語源として、漫画「稲中卓球部」から生まれたという説もあります。

そもそも、「稲中卓球部」がどのような漫画か知らないという人も多いと思いますので、簡単に触れていきます。

稲中卓球部とは古谷実によって描かれているギャグ漫画作品として知られています。

週刊ヤングマガジンに掲載されており、1993年から1996年まで描かれており、たくさんの人に愛された漫画作品であるといえます。

多彩な人物が登場し、意表を突くようなギャグや思春期真っ只中の少年、少女などが織りなす青春などを描いているようなストーリーでもあります。

今日のインターネットが普及するような時期とも重なっており、なおかつ当時たくさんの人に読まれていた作品でもありますので、語源になりえた可能性はとても高いといえます。

では、具体的に稲中卓球部のどのような内容からあぼーんという言葉が生まれたのかということについて触れていきます。

第4巻にて、下品でくだらない行為を繰り返す前野にはじまる

あぼーんという言葉が稲中卓球部によって生まれたとされる説の理由として、第4巻の件が挙げられます。

第4巻において、登場人物である前野という人物が行った行為があぼーんという言葉が生まれたきっかけではないか?とささやかれています。

稲中卓球部において前野という人物は主要のキャラクターであり、常に下品でくだらない行為などを繰り返す人物として知られています。

卓球部員にもかかわらず卓球の練習をしないで、自己中心的で頭も悪く性的欲求が強いため変態としていじられている背景を持っています。

では、肝心のシーンはどのようなシーンなのかというと、この前野が何も考えられないぐらいいっぱいいっぱいの状況で生まれたと言われています。

いっぱいいっぱいの張り詰めた状況の中で、前野の頭があぼーんという効果音で爆発した描写が第4巻に存在していました。

よく緊張した状態や頭が真っ白になった状態で頭が爆発したりする描写などが漫画作品においては取り入れられています。

このような描写に対して、頭があぼーんという効果音で爆発したことが、あぼーんという言葉が生まれた一つのきっかけなのではないかと囁かれているのです。

ここから派生し、2チャンネルで消えての願いを込めて称した

当時稲中卓球部がたくさんの人から読まれている人気作品であり、インターネットがちょうど発達した時期でもありますので、これが背景にあるのではないかという説があります。

そこから派生して、最終的に2ちゃんねるなどの電子掲示板などで利用されるようになっていったという説が先ほどの説と対照的にささやかれているのです。

電子掲示板においては様々なやり取りが存在しており、そのやり取りの中には過激なやり取りなどもいくつか存在しています。

相手に対して罵ったりすることもありますし、相手から罵られたりすることも日常茶飯時だと言えます。

そのような中で相手に対し消えてほしいという感情などを持ったり、それを言葉にしようとした時は、あぼーんという言葉が派生して生まれたと言われています。

どちらの説が明確に正しい説なのかということは分からないですが、少なくともこの二つの説もどちらかがあぼーんということだが生まれる所以になっているといえます。

「あぼーん」が進化して

あぼーんという言葉の意味についてある程度理解いただけたところで、ここからはあぼーんという言葉の進化について触れていきます。

元々あぼーんという言葉に関しては消滅、削除という意味が存在していますが、現在において非常に幅広い意味を持っている言葉として使われています。

あぼーんという言葉のみに限らず、言葉の中には元々の意味から派生して様々な意味が付け加えられていくような場合なども多く存在しています。

では、あぼーんという言葉に関してはどのような意味がどのような形で膨らんできたのかということについてご紹介していきたいと思います。

掲示板での発言削除が転じて、意味が膨らむ

あぼーんという言葉は先ほどもお伝えした通り、インターネット掲示板などでもともと用いられていました。

インターネット掲示板などの書き込みに対して、不適切な書き込みなどを消去したり削除したりする場合に用いられていましたが、そこから転じて意味が膨らんでいったといえます。

消滅したり削除したりするということは、言い換えてみれば様々な言葉に関係しているたとえだと考えることができます。

そして、その関係した言葉などに関してもあぼーんという言葉で表現することができ、そこから徐々に意味が膨らんでいったといえます。

では、あぼーんという言葉と表現でできるそのほかの意味にはどのような言葉の意味が存在しているのかご紹介していきます。

逝ってしまった

まず初めにご紹介するあぼーんという言葉の進化した意味合いとして「逝ってしまった」という意味が存在しています。

これはどういうことかといいますと、あぼーんには消去や削除という意味が存在しています。

そして、もともとの語源などに関しても「abone」という言葉が用いられているように、骸などの関係性も考慮されているといえます。

つまり、これを言い換えてみると、消去、削除とは死んでしまうということに例えることができます。

なので、誰かが死んでしまったり、逝ってしまったりした際にあぼーんという言葉を使って表現することができるということになります。

例えば、ゲームなどをプレイしていて自分が使っているキャラクターなどが死んでしまったりしたとします。

そのような場合に関しては「あぼーんしてしまった」という風に表現したりすることによって、「死んでしまった」という意味に略すことができるということです。

ダメになった

次にご紹介するあぼーんという言葉の進化した意味合いとして「ダメになった」という意味が存在しています。

なぜあぼーんがダメになったという意味が含まれるのかというと、これも逝ってしまったという言葉に関係しているといえます。

あぼーんという言葉には、先ほどご紹介したように何かが逝ってしまったり、死んでしまった際に用いられるとご紹介しました。

これらに関しては、あくまで生物などが死んでしまった際に用いられる表現ですが、これはものにも表現することができるということです。

例えば、自分自身が使っているものが壊れてしまったり、おかしくなってしまった際に用いることができるということです。

ものには生命が宿っているわけではないので、死を迎えるということは壊れてしまうという言葉で表現することができます。

なので、人間のような生命があるものだけではなくもののような無機質なものに対してもあぼーんという言葉を使って歯を表現することができるということです。

例えば自分が使ってる携帯電話が壊れた際には「携帯電話があぼーんした」という風に表現すると、ダメになったという意味合いで表現することができます。

このように考えてみれば、日常生活の様々な場面においてあぼーんしたという言葉は表現することができます。

消えた

次にご紹介するあぼーんという言葉の進化した意味合いとして「消えた」という意味が存在しています。

なぜあぼーんには消えたという意味合いが存在しているのかというと、消えたという言葉には、死を連想するイメージがあるからです。

どういうことかといいますと、例えば人が死んでしまった場面を想像してみてください。

その人の肉体は残るかもしれませんが、何その肉体も消滅しますし、人の中に存在している魂などもその時点で消滅してしまいます。

つまり、死を迎えるということはその人が消えてしまうということに他なりませんよね。

あぼーんという言葉には先ほどご紹介したように、逝ってしまったり、ダメになったりするという意味が含まれています。

つまり、死という意味などを含めて表現することができますので、消えたという言葉の意味に関しても同様の意味合いで表現することができるということになります。

なので、あぼーんという言葉には消えたという意味合いも含まれ、同じような表現方法で用いることができるということになります。

例えば、文章で表現するとすれば、ゲームなどであるキャラクターがいなくなってしまったりする際には「〇〇があぼーんした」という風に表現できます。

このように、あぼーんは幅広い意味で表現することができるといえます。

使用不能になった

次にご紹介するあぼーんという言葉の進化した意味合いとして「使用不能になった」という意味が存在しています。

この意味に関しても自然と連想することができるはずです。

なぜならば使用不能になるということは、言い換えてみれば使うことができない、壊れてしまうということを連想させられます。

そして、壊れてしまうということはダメになるということであり、同じような意味になると考えることができます。

なので、あぼーんという言葉を使って使用不能になったという言葉を表現することができるといえます。

文章を考えてみれば、自分が普段使っているものなどが使用不可な状態になった際には「いつも使ってる〇〇があぼーんした」という風に表現することができます。

捕まった

次にご紹介するあぼーんという言葉の進化した意味合いとして「捕まった」という意味が存在しています。

一見するとあぼーんという言葉と捕まるという言葉の意味は関連性がないように感じるかもしれません。

しかしながら、よくよく考えてみると関連性がある言葉として位置づけられています。

なぜかと言うと、捕まるということは自然と死を連想したり、もう終わりというような印象を与えますよね。

特にゲームなどの世界においては、敵に捕まったりする事などが死んでしまう条件になったりすることもあります。

なので、捕まるということは逝ってしまうという言葉の意味を連想させるので、あぼーんという言葉でひとくくりにして表現することができます。

少し意味が派生しすぎているかもしれませんが、あぼーんという言葉を使って捕まったという言葉の意味を表現することも可能だといえます。

「あぼーん」の使い方

ここまではあぼーんという言葉の進化した意味合いについていくつかご紹介していきました。

あぼーんという言葉には、想像以上に様々な意味合いが存在しており、表現することができることがお分かりいただけたと思います。

では、ある程度あぼーんという言葉について理解いただけたところで、ここからはあぼーんという言葉の使い方について触れていきたいと思います。

言葉の意味だけを知っていたとしても、正しい使い方が出来なければその言葉をマスターできるとは言えません。

間違った使い方をしてしまうことによって、結果的に正しい意図が伝わらなかったり、間違った解釈を受け取られる可能性があるからです。

なので、これからご紹介するあぼーんという言葉の正しい使い方を把握し、正しい使い方ができるように注意して使用してみてください。

例文

あぼーんという言葉の正しい使い方を理解するために、あぼーんという言葉が使用されている例文をいくつかご紹介していきます。

あぼーんという言葉が使用されている例文を確認し、あぼーんという言葉がどのようにして使用されているのかということを注意して見てください。

インターネットスラングなどは、意味がわかりにくかったり、用い方などが想像つかなかったりすることが多いので、あぼーんも同様に使い方が想像しにくい言葉でもあります。

しかし、基本的な形さえ理解しておけばそこまで難しい用途にはならないので、基本的な使い方の例文をいくつかチェックし、間違った使い方をしないように意識してください。

スマホがあぼーんしたので、新しく買った

まず初めにご紹介するあぼーんという言葉が含まれている例文として「スマホがあぼーんしたので、新しく買った」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味が存在しているのかと言うと「スマホが壊れたので新しく買った」という意味が存在しています。

この例文はそこまで難しい例文ではなく、あぼーんという言葉の意味をそのまま代入していただければすぐに分かるはずです。

あぼーんは消滅や消去という言葉の意味が存在していますが、ものにたいしてはダメになったなどの意味で用いられることが多いです。

つまり、この例文に関してはスマホがあぼーんをしたと、あぼーんがスマホにかかっているので、スマホがだめになった、壊れたという意味で用いられています。

そして、スマホがダメになったので新しく買ったという解釈をすれば、全体的な意味として通るようになります。

あぼーんの意味を正しく理解し、何に対してあぼーんをかけるのかということを意識すれば、そこまで難しい文章表現にはならないはずです。

ハードディスクが突然あぼーんした

次にご紹介するあぼーんという言葉が含まれている例文として「ハードディスクが突然あぼーんした」という例文が挙げられます。

これはどのような意味なのかと言いますと「ハードディスクが突然使用不可になってしまった」という意味で解釈することができます。

この例文に関してもそこまで難しい意味にはならず、あぼーんという言葉の意味をそのまま代入すればすぐに想像できるはずです。

あぼーんという言葉が物に対してかかっている場合は、だめになったり、使用不可になるという意味で用いられることが多いので、この場合もその意味を代入すれば問題ありません。

ハードディスクの中身が消去したという言葉の意味にもつなげることができますが、その場合は「ハードディスクの中身が(データが)あぼーんした」という風に表現します。

なので、どのような言葉が用いられており、何に対してどのような意味がかけられているのかということを正しく考えることが正しい解釈になることを意識してください。

「あぼーん」を正しく使おう

今回はあぼーんという言葉をテーマにして、あぼーんという言葉の意味や使い方、語源などについてご紹介していきました。

あぼーんという言葉はインターネットスラングなので、元々用いられる機会としてはインターネット上で用いられる機会がほぼを占めています。

なかなか日常生活の中で用いたりする機会はないかもしれませんが、ある程度ネットに関する知識を持ち合わせている人であれば通じる可能性は高いです。

またニュアンスだけでなんとなく意味を理解できる人もいる場合もありますので、その時々によって使い分けてみると面白いニュアンスで言語表現ができるはずです。

あぼーんという言葉は正しく使い、適切な場面で表現することによっておどけた表現にもなり、その場の空気を暖かくするような効果も見込むことができます。

ちょっとした気分転換や、その場の空気を変えたりする時に用いてみると効果的な使い方ができるので、積極的に正しく使ってみてください。