CoCoSiA(ココシア)

ワッチョイ(強制コテハン)とはどういう意味?ネットで使われる時の使い方を解説します

ワッチョイを真剣にやっている顔
私たちの生活を便利にしてくれるインターネットですが、インターネットが生まれたことによってインターネット上に掲示板というものが存在するようになり、様々な交流の場が生まれました。

顔も知らない人と簡単に交流ができたり、関わりが持てるようになっています。

掲示板はたくさんの疑問を解決する場でもありますが、その反面知識がないとトラブルを招きやすい場でもあります。

そこで、今回はそんなインターネット掲示板をテーマにして、知らない方が多いワッチョイ(強制コテハン)ということについてご紹介していきたいと思います。

インターネット掲示板を利用する上で必要不可欠な知識になり、トラブルを防ぐことにも繋がりますので、意味を理解しておきましょう。

この記事の目次

ワッチョイ(強制コテハン)ってなに?

おそらくあまりインターネットなどに詳しくない方からしてみれば、ワッチョイという言葉を聞いても意味がわからないのではないでしょうか。

大体の方がお祭りか何かを想像すると思うのですが、ワッチョイはお祭りに関係する言葉ではなく、インターネットに関係する言葉です。

では、ここからはワッチョイという言葉がどのような意味を持っているのか、そしてワッチョイという言葉が具体的にインターネット掲示板において何を示しているのかということについてご紹介していきます。

接続情報と使用ブラウザによって書き込みに付与される文字列

ワッチョイを暗い部屋でやっている女性
ワッチョイとは「ニックネームの一つ」です。

このワッチョイという言葉以外にも様々なものが存在しています。

例えば、スプー、スプッ、ペラペラ、アウアウなどなど…挙げてみればきりがないほどで、ざっと考えると60~70程度は存在するニックネームなのです。

では、このニックネームが何を意味しているのかと考えたときに、このニックネームは「接続情報と使用ブラウザによって書き込みに付与される文字列」なのです。

難しく感じる方もいるかもしれませんが、簡単に言えばどのようにインターネット回線に接続して、どのようなブラウザーを立ち上げて書き込みをしているのかということによって変化するということになります。

例えば、先ほどご紹介したワッチョイというニックネームに関しては、元々適当にニックネームが与えられているのではなく、固定回線での書き込みを行っている人間はワッチョイという名前がつくようになっているのです。

そして、同様にも紹介したスプーやスプッというニックネームに関しては、ドコモスマホなどが該当しています。

つまり、ドコモのスマートフォンを使って何かしらの書き込みを行った時に、スプーやスプッという言葉が表示されるようになっているのです。

なので、ある程度ニックネームがどのように付けられるのかということを把握している人からしてみれば、どのような状況で書き込み行っているのかということが多少なりわかりやすくなるということになるのです。

これを知らないでインターネット上に書き込み行ったりしている人が多くいるのですが、実際はある程度自分の環境露呈しているということにつながるのです。

ワッチョイ(強制コテハン)の意味

あまりインターネットに詳しくない方であったり、初めてワッチョイという言葉を聞いた方からしてみれば、ワッチョイというものの存在意義自体がよくわからないと感じる方もいるかもしれませんね。

そもそも、ワッチョイがどのような役割を担っているのかと考えると、「強制ハンドルネーム」のようなものと考えていただければわかりやすいかもしれません。

自分で選んでニックネームを選択するわけではありませんので、勝手にニックネームが定められるという時点で強制ハンドルネームと言っても間違いではありませんよね。

ちなみに、調整ハンドルネームとして使用されているのがワッチョイというニックネームだけではなく、ワッチョイの後に続く数字に関しても同様です。

例えば、あるインターネット掲示板で書き込みなどを行う際には、『ワッチョイ ◯◯◯◯◯ー◯◯◯◯ー◯◯◯◯◯◯◯ー◯』のような形で、数字やアルファベットの羅列などが存在するようになります。

これらもほぼ同じようなものであり、自分自身のIPアドレスなどから決められたり、使用しているブラウザのユーザーエージェントから決められるような文字列であったり、この2つの要素から導き出されるオリジナルの数字がさらに後列に付け加えられたりして、完全に強制で付け加えられるようになるのです。

これらは毎週木曜日に変わるものもあれば、毎日変更されるようなものなども存在しており、かなり複雑な文字列となっています。

ワッチョイ(強制コテハン)は2chで生まれた

ソファーの上でパソコンでワッチョイ
ワッチョイはもともと2chで生まれたと言われています。

インターネットに詳しい方ならば2chを知っていると思いますが、知らない方もいるかもしれませんね。

絶対に知る必要性は特にありませんが、これからはインターネットが使えて当たり前の時代になり、インターネットに関する基本的な知識などの持っておいて損になるようなこともありません。

そこで、ここからは簡単に2chがどのようなものであり、どのように使うべき存在なのかということについてご紹介していきます。

これらを正しく理解した上で、ワッチョイが生まれた理由や、ワッチョイがどういう特徴を持っているものなのかということを改めて理解すると、納得しやすくなると思います。

2chてどんなもの?

2chとは「日本最大の電子掲示板のこと」を意味している言葉です。

つまり、簡単に言えばインターネット上の掲示板であると考えると分かりやすいと思います。

今の時代はインターネットが発達したことによって、見ず知らずの相手と簡単に会話をすることが可能になっています。

その典型的な例が2chであり、電子掲示板であると言えます。

電子掲示板はインターネットコミュニティとも呼ばれており、必ずしも2chのように大きなものだけを指し示した言葉ではありません。

場合によっては、個人のウェブサイトに開設したりするような小規模なものなども存在しており、その代償は全く問われることはありません。

しかし、2chに関しては先ほどもご紹介した通り、日本最大の存在になっていますので、過去に2chがニュースになるようなことなどもあるほど、その存在は大きくなっています。

スレッドフロート型の掲示板

2chは簡単にお伝えするとすればフロート型掲示板と言われている形態の一つであり、別名ではフローティングスレッド型掲示板とも呼ばれています。

具体的に説明するとすれば、電子掲示板の中には細かく考えてみれば様々なトピックであったり、様々な話題ごとにスレッドと呼ばれるまとまりが存在しています。

これらのいくつも存在しているスレッドはそれぞれ最終的に投稿された時間によって該当するスレッドが全ての一覧の中から上位の位置に浮上してくるため、スレッドフロート型掲示板と呼ばれているような所以になっています。

つまり、比較的たくさんの方が関心を持っているようなスレッドがなるべく上位に上がるようになっており、たくさんの方の目に触れられるようになるということです。

ちなみに、2chと呼ばれているのは実は過去の名前であり、現在は2chではなく、5chと呼ばれており、2017年10月から変更されています。

そんな5chにはとても面白いキャッチフレーズが存在しており、「ハッキングから今晩のおかずまで」というようなキャッチフレーズがあります。