CoCoSiA(ココシア)

オワコンとはどういう意味?使い方と例を紹介


オワコンという言葉を普段何気なく使用されている方は多くいらっしゃると思います。

しかし、実際の意味をちゃんと理解して使用していらっしゃる方はどれぐらいいらっしゃるでしょうか?

また、人がオワコンと言ってもいても実は、オワコンでなかったりといったこともあり、実際ちゃんと使用できている方が少ない印象があります。

また、オワコンと言われているうちはいいものの、オワコンにならずにこの世から消え去った物も多くあり、どれが何がオワコンなのかと聞かれた場合に、実は絶対的に定義できるものがないのです。

つまり、オワコンは人それぞれで違うのです。

では、なぜ、世の中でオワコンと言われているものが存在するのかと言いますと、影響力のある人がオワコンを流しているからという説もあれば、テレビや雑誌などがオワコンとして取り上げることによって、見たり聞いたりした人がオワコンと認識し、口コミなどで世に広まっていくと言われています。

このようにオワコンはとどまることを知りません。

一部の間で終わった思われていたコンテンツが、実はまだ終わっていなかったと言うようなこともあるのです。

つまりはオワコンは情報をいかにしっかり捉えることができているのか計ることもできるのです。

そこで、今回こちらの記事ではオワコンに関していろいろと情報をまとめましたので、オワコンについてしっかり学びましょう。

オワコンをしっかり使用できることで、情報をうまく利用できていることにもなりますよ。

そんなに難しくありませんので、ぜひ、簡単に考えて行きましょう。

この記事の目次

オワコンという言葉を解析しよう!

そもそもオワコンとはと言いますと、「終わったコンテンツ」という言葉の略語であり、正式な日本語と言うよりかは、作られた日本語と言ってもいいでしょう。

年代によっては、この言葉事態を知らないと言った方もいらっしゃるほどです。

ただ、近年は若者を中心に使用されているので、今後は年代に問わず浸透してくる言葉になってくる可能性が高い言葉でもあります。

要は昔流行った物に対しての思いやりがあるためにこのような言葉が生まれたのではないかと言われています。

昔流行った物を今さら口にしても触れてもと言う抵抗があるのですが、それでも思い入れがあるので、忘れたくないという感じになってしまっているのです。

つまり、オワコンとして残っていると言うことは、後世にも語り継がれる可能性のあるコンテンツであるかもしれないのです。

実はオワコンと言われることなく、この世から消え去ってしまったコンテンツは山ほどあり、オワコンになっているのはほんの一部です。

そう考えると、オワコンは、価値のあるコンテンツ、もしくは、影響のあるコンテンツと言えます。

最近は、軽々しく使用されている方がいらっしゃいますが、実はとっても重要なものでもあるのです。

そう考えると軽々しく使用できなくなりますが、軽々しく使用することで、それだけ一般社会に浸透していたのだなというような雰囲気を感じることができます。

オワコンは何の略?


オワコンのは「終わったコンテンツ」の略語です。

しかし、忘れ去られていないという部分では、本当に終わったと言えるコンテンツではないのかもしれません。

オワコンとして残ると言うことはそれだけ人々に影響を与えたコンテンツであると共に、何世代をも通して残る可能性の高いコンテンツになる可能性があるのです。

ある意味、プレミアものと同じような感じの価値観がありますよ。

終わった終わったと言われながら、残っているコンテンツであり、知らないと周囲についていけないかもしれない要素も持っています。

終わったコンテンツなのに不思議ですね。

このように終わったと言われながらも価値観を持っているのがオワコンの魅力でもあります。

年代通じてオワコンに違いがあり、おそらくどの年代も言葉を出せば、「あー」と反応するようなコンテンツが多いと思われます。

何がきっかけで生まれた?

では、オワコンと言う言葉は何がきっかけで生まれたのでしょうか?そもそも世に出現し出したのが2010年でネットから誕生した言葉と言われています。

主にアニメや雑誌、商品やサービスなどを対象に終わったコンテンツとして取り上げられるようになったのが始まりです。

要は、アニメや雑誌などは主に1年のサイクルで終わるようなことが多かったので、そこから「終わったコンテンツ」と言う言葉が生まれたと言われています。

また、次々と新しいコンテンツが生まれてくる世界でもあるので、はやりすたりが重要視される環境であったことから、このような言葉を生んでしまったのではないかと言われています。

要は、オワコンではなく新しいコンテンツに触れていることが勝者であったかのような感じに捉えられている時期がありました。

しかし、今は一時期凄い勢いで流行って何もなかったかのように消えてしまったの場合にオワコンと言われるケースがあり、目まぐるしい時代になっていることもあって、オワコンが誕生しやすい環境になっています。

しかし、誕生してもしっかりオワコンとして残っているのはごくわずかです。

もはやオワコンとして残ることの大変な環境になってしまっているのです。

オワコンの意味とは?

「終わったコンテンツ」の略語であり、ブームが過ぎ去ってしまって時代遅れのコンテンツと言えます。

つまり、オワコンに触れていることが時代遅れの早朝になってしまうのです。

しかし、裏を返せばそれだけ人に影響を与えたコンテンツとも言えます。

オワコンとして残っているだけである意味プレミアものですよ。

では、なぜオワコンが誕生するのかと言いますと、それだけ時代の進むスピードが速くなってしまったと言うことです。

スマホが誕生した時は、まだガラケーの方が使い勝手がいいということでなかなか機種変しようとする人はいませんでした。

しかし、今ではスマホを持っている人の方が当然になって、ガラケーを持っている人の方がレアになっています。