CoCoSiA(ココシア)

ファボとは何?若者がファボする時の使い方や心境を解説します


今の時代は、昔の時代と比べてとても便利なサービスや商品がたくさん存在していますよね。

便利なサービスや商品が増えることによって、私たちの日常の暮らしのレベルは格段に上がっています。

例えば、便利な商品といえば今では自動掃除機ロボットなどはあって当たり前です。

でも、ひと昔前まではこのような便利なロボットなど存在していませんでした。

しかし、今ではルンバをはじめとした、自動掃除機ロボットは様々なメーカーが販売しています。

家庭に一台持っていてもおかしくはないような存在になっています。

それ以外にも、インターネットの発達によってスマートフォンを持つようになりました。

今では一人一台は持っていてもおかしくないのです。

人によって、スマートフォンを朝起きてから夜寝る前まで、常に手放さないで生活しているような人もいます。

そんなたくさんの人間が使用しているスマートフォンですが、スマートフォンを経由して使用できる便利なサービスにはSNSがありますよね。

最近話題になっているSNSだと、Instagram、Twitter。

それ以外には、Facebookなど様々なサービスが存在しています。

今の時代では、これらのサービスを知らない方が少なくなっているくらい一般的な認知度が上がっています。

そこで、今回はSNSでよく見られる言葉である「ファボ」をテーマにしていきます。

ファボとはどういう意味なのか。

そして、ファボという言葉の使い方、心境などをご紹介していきたいと思います。

この記事の目次

️ネットでよく見るファボってなに?

今ではたくさんの方々がSNSを利用していると思います。

SNSを利用してる時に、時々意味のわからない言葉を見かける時がありませんか?

例えば、若者たちが積極的に使っている若者言葉というもの。

若者言葉の意味が全くわからずに、何を喋ってるのか不思議に感じるという方はたくさんいると思います。

若い世代からしてみれば、簡単な言葉かもしれません。

しかし、若者言葉を積極的に使う年齢ではない人や、そもそも若者言葉自体に興味がないと感じている人からすれば理解できないのも当たり前だと思います。

SNSで見かける若者言葉はたくさんありますが、そんな中でも特に意味がわからない言葉として、「ファボ」という言葉があります。

あなたはファボという言葉を知っていますか?

知っているならば若者言葉に詳しい方なのかもしれませんね。

若者言葉を知る事によって、新しい言葉の意味を知ることができます。

さらに、今の若者たちの流行りを知ったり、どういう形でコミュニケーションを取っているのかもわかるようにります。

興味がない方も、一つの新たな勉強だと思って知って頂けると幸いです。

SNSのTwitterの中の機能


一体ファボとはどういう意味なのか…。

そう考えた時に、ファボは「数あるSNSの中のひとつであるTwitterというサービスの中の機能の事」を意味している言葉です。

普段Twitterを積極的に利用している方からすれば、そこまで難しくない言葉かもしれません。

ですが、普段Twitterを利用していない人だったり、SNSに詳しくない方は分からないと思います。

しかしながら、最近の若い方ならば、ほぼ大多数の人は、Twitterを利用している人ばかりです。

そのため、この言葉がかなり一般的になっているのも無理はありません。

知らないという方は、とにかくTwitterの中の機能の一つであるという事を覚えておいてください。

詳しい内容であったり、どのような機能なのかという事については後ほど詳しくご紹介していきます。

そもそもTwitterとは

そもそも人によってはTwitterというサービスがどのようなサービスなのか?

ということ自体よくわかっていない方がいるかもしれませんね。

そこで、ファボという言葉の前に、簡単にTwitterがどのようなサービスなのかを紹介していきます。

そもそもTwitterとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本部がある、ツイッターという会社が運営しているサービスです。

エヴィン・ウィリアムズ・ジャック・ドーシーが、2003年3月21日に設立した会社として知られています。

今では世の中に存在しているSNSというサービスの中でも認知度はトップクラスのSNSとして知られています。

そして、SNSとは「ソーシャルネットワーキングサービス」の略称です。

意味としては「WEB上で社会的なネットワークの構築のできるサービスやウェブサイト」を意味しています。

簡単に言えば、「人と人との繋がりを促進したり、人と人との繋がりをサポートしてくれるようなコミュニティ型の会員制サービス」と考えると分かりやすいかもしれませんね。

現在ではそういったサービスは様々存在しています。