今の時代は昔の時代と比べてとても便利なサービスや商品がたくさん存在していますよね。

便利なサービスや商品が増えることによって、私たちの日常の暮らしのレベルは格段に上がっていると考えることができます。

例えば、便利な商品といえば今では自動掃除機ロボットなどはあって当たり前ですが、ひと昔前まではこのような便利なロボットなど存在していませんでした。

しかし、今ではルンバをはじめとした自動掃除機ロボットは様々なメーカーが販売しており、家庭に一台持っていてもおかしくはないような存在になっています。

それ以外にも、インターネットの発達によってスマートフォンなどが存在するようになり、今では一人一台は持っていてもおかしくない存在です。

人によって、スマートフォンを朝起きてから夜寝る前まで、常に手放さないで生活しているような人もいることです。

そんなたくさんの人間が使用しているスマートフォンですが、スマートフォンを経由して使用できる便利なサービスにはSNSが存在していますね。

最近話題になっているSNSに関してはInstagram、Twitterがあり、それ以外にはFacebookなど様々なサービスが存在しています。

今の時代ではこれらのサービスを知らない方が少なくなっているくらい一般的な認知度が上がっています。

そこで、今回はSNSでよく見られる言葉であるファボをテーマにして、ファボとはどういう意味なのか、そしてファボという言葉を使う時の使い方、そして心境などをご紹介していきたいと思います。

️ネットでよく見るファボってなに?

今ではたくさんの方々がSNSを利用していると思いますが、SNSを利用してる時に時々意味のわからないような言葉を見かける時がありませんか?

例えば、若者たちが積極的に使っている若者言葉というものが存在していますが、今の若者が使っている若者言葉の意味が全くわからずに、何を喋ってるのか不思議に感じるという方はたくさんいると思います。

若い世代からしてみれば簡単な言葉かもしれませんが、若者言葉を積極的に使うような年齢ではなくなってしまった人や、そもそも若者言葉自体に興味がないと感じている方からすれば理解できないのも当たり前だと思います。

SNSやネットなどを利用している時に見かけたりする若者言葉はたくさんありますが、そんな中でも特に意味がわからないという言葉として、ファボという言葉が存在しています。

あなたはファボという言葉を知っていますか?

知っているならば若者言葉に詳しい方なのかもしれませんね。

若者言葉を知る事によって、新しい言葉の意味を知るという意味でも楽しい気持ちになれますし、今の若者たちの流行りなどを知ったり、どういう形でコミュニケーションを取っているのかという事などが知られるようになりますので、興味がない方も一つの新たな勉強だと思って知って頂けると幸いです。

SNSのTwitterの中の機能


一体ファボとはどういう意味なのかと考えた時に、ファボという言葉は「数あるSNSの中のひとつであるTwitterというサービスの中の機能の事」を意味している言葉です。

普段Twitterを積極的に利用している方からすればそこまで難しくない言葉かもしれませんが、普段Twitterを利用していない人だったり、SNSに詳しくない方は分からないと思います。

しかしながら、最近の若い方ならばほぼ大多数の形がTwitterを利用している人ばかりなので、この言葉がかなり一般的になっているのも無理はありません。

知らないという方はファボという言葉はとにかくTwitterの中の機能の一つであるという事を覚えておいてください。

詳しい内容であったり、どのような機能なのかという事については後ほど詳しくご紹介していきます。

そもそもTwitterとは

そもそも人によってはTwitterというサービスがどのようなサービスなのか?ということ自体よくわかっていない方がいるかもしれませんね。

そこで、ファボという言葉の前に簡単にTwitterがどのようなサービスであるのかという事を簡単にご紹介していきたいと思います。

そもそもTwitterとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本部が存在しているツイッターという会社が運営しているサービスであり、エヴィン・ウィリアムズ・ジャック・ドーシーが2003年3月21日に設立した会社として知られています。

今では世の中に存在しているSNSというサービスの中でも認知度はトップクラスのSNSとして知られています。

そして、SNSとは「ソーシャルネットワーキングサービス」の略称であり、意味としては「WEB上で社会的なネットワークの構築のできるサービスやウェブサイト」を意味しています。

簡単に言えば、人と人との繋がりを促進したり、人と人との繋がりをサポートしてくれるようなコミュニティ型の会員制サービスと考えると分かりやすいかもしれませんね。

現在ではそういったサービスは様々存在しており、先ほど少し触れたinstagramであったり、Facebookなどもその一つとして該当しています。

インターネットの発達とともに、距離の離れた人同士が簡単にコミュニケーションをとれるようになったり、友達同士が様々な情報を共有しあって楽しい時間を過ごしたりすることができるようになっているのがまさにSNSの大きな恩恵であると考えることが出来ます。

つまり、Twitterを使えば離れた場所にいる人達や友達と簡単に繋がりあえるようになる素晴らしい使い方ができるようになるのです。

140字でつぶやきができるSNS


SNSは現在ではこの世の中にはたくさん存在しています、ダントツに人気があるSNSといえば今ではInstagramとTwitterの二強になっていると考えることが出来ます。

では、Twitterには具体的にどのような特徴が存在しているのかと考えた時に、Twitterに存在している特徴はその名前の通りツイートという事を使って周りの人や友達とコミュニケーションをとることが可能になっているのです。

Twitterにおけるツイートとは、その名前の通り小鳥がさえずるような事をイメージしており、意味としては短い文章などを投稿する事を意味しています。

具体的には、140字でつぶやきをする事によって短い文章を使って周りの人とコミュニケーションをとることができる、という風に定義されています。

なので、短い文章を呟いていくことによって周りの人々がそれを見て、反応したり、連絡を取り合ったりして、ネット上で会話をしたり、発信したりすることができるという風になっているのです。

よく有名人などがツイートしてそのツイートが原因で炎上してしまったり、そのツイートが問題視されたりするようなことがニュースで報道されたりすることがあると思いますが、これは芸能人がTwitterでつぶやいた文章の事を意味しているのです。

今では有名人などはほぼ必ずと言っていいほどTwitterなどのSNSをアピールするために利用しています。

それを使って炎上商法などを行っているような有名人もいるくらいなので、売名行為に利用されたりするのも日常茶飯事になっています。

とにもかくにも、それだけTwitterのすさまじい影響力を物語っており、それくらいたくさんの人々と連絡を取ったりすることが出来るようになっているサービスと認識してください。

自分自身のアカウントで投稿

Twitterを利用したことがない方は知らないかもしれませんが、Twitterに関しては会員制のサービスになっていますので、必ず利用する前にはアカウントを作って利用する必要性があります。

なので、自分自身のアカウントを作成した状態でツイートを行ってサービスを利用していくという事になります。

もちろん必ず本名で登録しなければいけないわけではなく、仮の名前であったり、ニックネームで登録することも可能となっていますので、匿名性のサービスとしても利用することができます。

ちなみに登録する際に必要になるのが、電話番号、そしてメールアドレスが必要になります。

それらを登録した状態でパスワードを設定していただくような形になり、パスワードを忘れないようにメモしておくことによってログインしてサービスを利用することができるという流れになります。

最近では、Twitteのアカウントなどが乗っ取られてしまうような事案が発生しており、なぜを乗っ取られるのかと考えた時に、他人からパスワードなどを読み取られてしまって、それでログインされてしまうというケースになりますので、パスワードなどは簡単なものに設定してしまうと危険性が増してしまうのでその点は注意するようにしましょう。

画像や動画をつけてつぶやくこともできる

Twitterの使い方に関してですが、先ほどご紹介した通り一般的にはツイートをする事で自分で情報を発信したり、周りとコミュニケーションを取ったりするような使い方が主になるのですが、必ずしも文章だけ投稿しなければいけないというわけではありません。

Twitterを利用する際には、文章の投稿だけではなく画像を投稿したり動画を投稿したりすることも可能になっています。

なので、文章をツイートした状態で一緒に画像や動画などをアップする事なども十分可能になっているのです。

そうすることによって、より楽しい使い方ができるようになり、仲間内でのコミュニケーションなどもかなり濃いものに変化できるようになっているのです。

みんなでどこかに遊びに行った時に、撮影した写真をTwitterなどでアップしたりして、友達同士の絆を確認し合ったり、周りに友達と楽しい思い出をすることができたということを伝えたりする手段にもなりえますので、周りのみんなとプライベートの楽しい出来事を共有しあって、楽しい時間を過ごすことができるようになるサービスでもあるのです。

人によって、自己顕示欲が強かったり、周りの人から認めてもらいたいという承認欲求が強すぎる人は、いかにも充実した自分をアピールするためにかなり誇張した内容や写真などをアップしたりするような人もいますが、それは周りに嫌われてしまうので、アピールなどはほどほどにするようにすると楽しく使えるようになるはずですよ。

フォロー・フォロワーの関係

Twitterを利用する場合、Twitterならではの様々な専門用語などが使われたりする場合が多くなります。

例えば、Twitterならではの専門用語といえば、フォロー、フォロワーなどが一般的に知られている専門用語になります。

Twitterを利用していないと、言葉の意味が分からないと思いますが、英語の本来の意味を理解していればそこまで難しくはない言葉です。

簡単に説明すると、フォローするというのはその名前の通り相手のアカウントをフォローしてあげることによってその人間がツイートをすると自分のタイムラインに表示されるようになるという行為のことになります。

タイムラインとは、自分と関わりがある人物やつながりがある人物などのつぶやきが表示される機能の事を意味しています。

つまり、相手のことをフォローしてあげると相手のつぶやきなのが自分がすぐに確認できるようになるということです。

これを利用することによって、自分が関わりを持ちたい人間と積極的に関わることができるようになり、その人間のプライベートの様子などが素早く確認できたりするようになるということです。

一般的な使い方としては、友達のアカウントをフォローしてあげたり、自分が好きな有名人や芸能人などのアカウントをフォローしてあげることによって、つながりを生み出すことができるようになるということです。

そして、フォロワーという言葉に関しては、自分のアカウントをフォローしてくれている人間のことを指し示している言葉です。

よく、話題の人物などがどれくらい話題なのかという事を示すためにTwitterのフォロワー数などを表現したりしているテレビ番組の演出などがあると思います。

これが、フォロワーという言葉の主な意味になっています。

通して考えるとそこまで難しくない言葉だということがお分かりいただけるはずです。

たくさんの友達を作ったり、たくさんの人と関わることによってフォロワーの数も増えていくようになりますので、インターネットの世界でたくさんの人と繋がりあることができる素晴らしい関係性を作り上げることができるサービスということになるのです。

ふぁぼ=ツイートをお気に入りすること

Twitterというサービスがどのようなサービスなのか、ということがお分かりいただけたところで、ファボという言葉が具体的にどういう意味を持っている言葉なのか、という事について触れていきたいと思います。

ファボという言葉の持っている意味としては先ほど「数あるSNSの中のひとつであるTwitterというサービスの中の機能の事」という意味としてご紹介しましたが、具体的なその機能に関しては「ツイートをお気に入りすること」という意味をもっている言葉になります。

これはどういうことかと言いますと、例えば自分と関わりのある人間がツイートをすることによってその人のツイートを見たりすることができるようになるわけなのですが、そのツイートの中には時々自分にとって、とても魅力的なツイートが存在している場合があるはずです。

それは個人差がありますので、どのようなツイートに対して感動したり、魅力的に感じたりするのかという事はバラバラだと思いますが、基本的に自分にとって魅力的だと感じたツイートはお気に入りにしたりする事が一般的です。

お気に入りと言うと、インターネット上の使い方で言えばそのページのURLを保存したりするようなことを想像される方が多いのですか、このお気に入りという意味は俗に言う「いいね」というサービスを想像していただければわかりやすいかもしれませんね。

例えば、友達がプライベートの写真を公開しており、その友達のツイートに対して素晴らしいと感じた人はいいね!と言いたくなるはずです。

そのような時にお気に入りする、つまりファボをしてあげる事で距離が縮まったり、友達に称賛を送ったりすることが出来るようになるという事です。

英語の「favorite」から

Twitterのファボとは、もともとどういう言葉から派遣されて生まれた言葉なのかということが気になる方もいると思います。

なぜこのような言葉が生まれたのかと考えると、もともとは英語の「favorite」から生まれた言葉であると言われています。

なかなか、相手のツイートに対して「フェイバリットしたよ!」というのはちょっと長くて言いづらいですよね。

なので、お気に入り、つまり「favorite」から略称されてファボという言葉が親しまれているようになっているのです。

一般的な会話を想像してみると、「さっきツイートしたでしょ?」→「さっきのツイートファボってあげたよ~!」などの使用例を想像することが出来ます。

こうして考えてみると、意味が分からなかったような言葉でも、意外と単純な言葉の成り立ちだということがわかりいただけるはずです。

若者言葉は基本的に簡単な略称などが行われて生まれているような言葉がたくさんあります。

相して考えてみるとちょっと考えてみればすぐに理解できるような言葉がたくさんありますので、若者言葉を知るのがとっても楽しく感じられるようになるはずです。

ふぁぼの派生語

ファボという言葉がどういう意味なのかという事を理解すれば、若者たちがツイートしているような内容などもある程度理解することができるようになると思いますが、ファボという言葉だけを理解しても、少し理解力が追い付かない場合などがあります。

なぜなのかと考えた時に、今の若者たちはファボという言葉からさらに発生した言葉を使っているからだと考えることができるのです。

具体的にどういう意味なのかと考えると、ファボという言葉にさらに言葉を付け足して使ったり、状況によって言葉を変化させて使っているのです。

そのように考えると、基本的なファボという言葉だけを知っていても対応出来ない場合などがありますので、注意をしなければいけないのです。

そこで、ここからはファボという言葉の派生語について、意味とその状況を踏まえながらご紹介していきたいと思います。

ふぁぼる=ツイートをお気に入りすること

まずはじめにご紹介するファボという言葉の派生語は「ファボる」という言葉です。

ファボるという言葉はどのような意味を持っている言葉なのかと考えた時に、ファボるは「相手がツイートしている内容をお気に入りしてあげること」を意味しています。

つまり、自分の友達がツイートをすることによって自分のタイムラインに友達のツイートが表示されるようになりますよね。

そこで、友達のツイートをファボしてあげることによって「友達のツイートをファボる」という状況になることが出来るのです。

相手に対してしてあげるということから、ファボるという言葉の形に変化していると考えることが出来ます。

ふぁぼられる=ツイートをお気に入りされること

次にご紹介するファボという言葉の派生語は「ファボられる」という言葉です。

ファボられるという言葉がどのような意味を持っているのかと考えた時に、ファボられるという言葉は「自分がツイートした内容を誰かからお気に入りされること」を意味しています。

つまり、自分がツイートした内容を自分以外の他人がお気に入りしてくれることによって「自分のツイートがファボられる」という状況になるということです。

簡単に言えば、自分の投稿した内容が誰かからいいね!とされたという事になりますので、相手からファボられるととても嬉しい気持ちになることができるという事です。

ネット上の事なので、何が嬉しいのか理解できないという方もいるかもしれませんが、人とのつながりを生み出す場所で相手からファボられるのは以外と嬉しいものです。

相手のツイートに対してファボってあげると、相手からも自分のツイートをファボられるようになりますので、積極的にファボるようにしてみてください。

ふぁぼ稼ぎをする人もいる

Twitterを行なっている人の中には、いかにしてファボを稼ぐことができるかということに重点を置いてTwitterを行っている人がたくさんいます。

なぜかというと、たくさんの人からファボられるという事は、考えてみればたくさんの人にいいねと言われているということになりますので、それだけ自分の注目度が高く、周りから認められていると認識することができる確認ともいえるからです。

Facebookの時もいかにしてたくさんの人からいいねをしてもらうのか、という事を重点的に考えているような人がいるのと全く同じケースです。

それだけたくさんの人がファボの数を重要視していると考えることができるのですが、具体的にどれぐらい重要視されているのか言うと、現在でもファボられた回数がとても多いツイートが、ファボられた回数によって決まるランキングなどに記載されるなどのサービスなども存在しているほどです。

そこにランクインすることによって自分がいかに周りの人間から承認されているのかということが目にわかるようになりますので、一種の優越感に浸ることができる方法だと認められているのです。

ふぁぼを管理するソフトもある

このファボがどれくらい重要視されているのかという事を証明してくれるような存在なども現在はたくさんあり、その一つとしてファボを管理してくれるソフトなども提供されているようになっているのです。

具体的に、favologというアプリが存在しており、このアプリを使うことによって自分がお気に入りしたツイートを続けてやったりユーザーごとに表示したりすることができるようになり、さらにはタグを付けてまとめることができるようになっています。

このような専門のアプリが出てくるぐらいたくさんの人が重要視していると考えることが出来るのです。

️ふぁぼ(いいね)するときの使い方

Twitterを初めて利用する形からしてみれば、相手のツイートをファボるという行為自体がどのようにすればいいのかわからないと感じる方もいるかもしれません。

これからTwitterを始めたいと思っている人もいるかもしれませんので、ここからは簡単に相手のツイートをファボるやり方についてご紹介していきたいと思います。

まだ相手のツイートをファボった事がない方は参考にしてみてくださいね。

ツイートの下にある♡ボタンを押す

相手のツイートをファボってあげる場合は、相手が投稿したツイートの下の部分を確認するようにしてみてください。

相手の投稿したツイートの下の部分に必ずハートマークが存在しているようになっています。

一昔前まではスターマークだったのですが、現在電話スターマークがハートマークに変換していますので、このスターマークをタップするようにしてみてください。

そうすることによってハートマークの色がピンクに変化するようになり、ファボった証拠になります。

ちなみに細かい内容かもしれませんが、昔はfavoriteだったのですが、今ではいいねになっていますので、この点も変化している内容という事を解釈するようにしてみてください。

自分のプロフィールページからふぁぼ(いいね)一覧が見れる

Twitterを利用していると、ある程度の期間利用している方はファボったツイートなどがたくさんあるようになると思います。

その場合は、過去にファボったツイートなどを一括で確認できるようになります。

自分のプロフィールページ見れるようになるのですが、おすすめの方法としては管理アプリなどを利用する事がおすすめであり、先ほどご紹介したfavologなどがたくさんの方から利用されているアプリになりますので、これらを活用してみると上手に管理できるようになるのでおすすめですよ。

️ふぁぼ(いいね)するときの心境

Twitterを利用している方でなければ、細い感情などはわからないかもしれませんが、Twitterを利用している時にもしも相手をファボる場合、どのような心境で相手にファボしてあげていますか?

これは人によって価値観等も違いますし、考え方なども違いますので、一概に正解は存在していないのですが、それでもこれからSNSを始めたいと思っている方からすれば貴重な意見になるはずです。

そこで、ここからは相手のツイートに対してファボる時の心境についていくつかご紹介していきたいと思います。

これからSNSを初めようと思っている方は基本的な使用状況などを勉強するきっかけにしてみてください。

面白いと思ったとき

相手のツイートに対してファボる時の心境としては相手のツイートが面白いと思った時である場合が挙げられます。

なぜ相手のツイートが面白いと思った時にファボるのかと考えると、相手のツイートが面白く、大きく感情を揺り動かされた時にファボる場合が多くなるのです。

なので、いかにたくさんの人からファボられるようにするかと考えると、面白いツイートなどを行う事によってそれを見た人からたくさんファボられるようになるはずです。

なので自分が相手のツイートをファボる時は面白いと思った時にファボる場合が多いと考えることが出来ます。

感動したとき

相手のツイートに対してファボる時には、感動したときも相手のツイートをファボる事が多くなります。

相手のツイートをファボるときは、相手のツイートが感動するような内容だった場合に、感動するツイートを見て感激した人がファボる場合が多くなります。

なので、裏を返せばたくさんの人が感動するようなツイートをすることによって、たくさんの人間からファボられるようになると考えることも出来ます。

なので、自分がしてあげたくなる場合を想定した逆の事をしてあげるとファボられる確立も高くなるということです。

ファボる時は難しく観がずに、いいねと言ってあげたくなる時を想像してみればそこまで使い方が難しく感じる事はほぼないと思います。

見たよという合図

相手と自分が友達同士の関係性にあるのであれば、相手のツイートの内容によってファボるかどうかという事などはそこまで考えていない方の方が多くなります。

つまり、友達がツイートしてるのを見ると、その時点で相手のツイートをファボるような人などが以外とたくさんいると思います。

どちらかといえば、相手のツイートを確認したということの合図代わりに使ってる人も多かったりするので、ファボる行為をする場合の状況は単に見ただけで使われる事などもしばしばあるという事を忘れないでください。

普段からこのようにしておけば、相手からもファボられることが多くなりますので、持ちつ持たれつの関係性を解釈すると分かりやすいかもしれませんね。

️Twitterのふぁぼ、あなたも使ってみよう!

SNSなどを普段あまり利用していない方や、これからSNSを利用しようと考えている人からすればわからないことだらけだったかもしれませんが、今やSNSは私たちの生活には欠かせないぐらいの認知、知名度を誇っている大きなサービスです。

これらを知らないと流行の波に乗り遅れてしまう可能性もありますので、今まで知らなかったよ方や興味がなかったという方も、これをきっかけにSNSに興味をもって積極的に利用してみる事をおすすめします。

是非Twitterのファボ、あなたもこれをきっかけに活用してみてくださいね。